また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2717674 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

日光奥白根山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴(午前中強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日光湯元キャンプ場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

全行程約12Km,32,400歩、約10時間、楽しい山旅でした。有難うございました!
コース状況/
危険箇所等
奥白根山から弥陀ケ池に下るコースは、急峻な上、大小の岩に阻まれ、隙間にアイスバーンあるので、三点確保しながら降りる必要があります。
五色山から国境平を経て、湯元に下るコースは、急で、細い足場の悪いルートを延々と下るが、湿っている刈り込んだクマザサに足を置くと滑るので要注意。
その他周辺情報湯元温泉にて、Do Toトラベルを利用しての温泉三昧が魅力です。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
備考 今回は不要であったが、11月中旬ともなれば、アイススパイク等が必要だった。

写真

登山口、奥日光湯元キャンプ場です。
2020年11月08日 06:04撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口、奥日光湯元キャンプ場です。
1
暗い北側斜面を登り切り、外山鞍部に出た途端、眩しい朝日にご対面
2020年11月08日 08:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い北側斜面を登り切り、外山鞍部に出た途端、眩しい朝日にご対面
天狗平、遠くは日光男体山
2020年11月08日 09:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗平、遠くは日光男体山
前白根山頂から「奥白根山」を望む。奥白根山頂から一気に吹き降ろす風で吹き飛ばされそうでした。
2020年11月08日 09:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山頂から「奥白根山」を望む。奥白根山頂から一気に吹き降ろす風で吹き飛ばされそうでした。
3
前白根山分岐点から望む、雄大な「奥白根山」。右下には「五色沼」がある。
2020年11月08日 10:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山分岐点から望む、雄大な「奥白根山」。右下には「五色沼」がある。
3
前白根山分岐点より、森林帯を下りきると「五色沼避難小屋」がある。ここから奥白根山のきつい登りになる。
2020年11月08日 10:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山分岐点より、森林帯を下りきると「五色沼避難小屋」がある。ここから奥白根山のきつい登りになる。
山頂を望むが頂上は見えず! トラバースしてくる人影が小さく見える。
2020年11月08日 11:23撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を望むが頂上は見えず! トラバースしてくる人影が小さく見える。
時折、真後ろの男体山(2,486m)を振返り、高度を確認しながら,「まだか、まだか?」と登って行く。
2020年11月08日 11:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、真後ろの男体山(2,486m)を振返り、高度を確認しながら,「まだか、まだか?」と登って行く。
2
やっと、「白根山神社」が見えて来たが、頂上はさらに右上に登る。
2020年11月08日 12:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、「白根山神社」が見えて来たが、頂上はさらに右上に登る。
1
12:10 奥白根山頂に立つ。(カンペより1ヶ月遅れの達成)
2020年11月08日 12:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:10 奥白根山頂に立つ。(カンペより1ヶ月遅れの達成)
9
奥白根山頂北側から座禅山鞍部(弥陀ケ池)の下りは、急峻な凍り付いた岩場の連続、注意を要します。
2020年11月08日 12:37撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥白根山頂北側から座禅山鞍部(弥陀ケ池)の下りは、急峻な凍り付いた岩場の連続、注意を要します。
2
下る先には、手前が 弥陀ケ池、五色沼、遠くに湯ノ湖が見える。
2020年11月08日 12:49撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下る先には、手前が 弥陀ケ池、五色沼、遠くに湯ノ湖が見える。
2
13:30,弥陀ケ池 通過、地図の五色沼分岐点から五色山(2,379m)に登り、国境平めざして湯元に向かう。ここらから登山者の姿は見当たらない。独り占めの山塊です。
2020年11月08日 13:20撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:30,弥陀ケ池 通過、地図の五色沼分岐点から五色山(2,379m)に登り、国境平めざして湯元に向かう。ここらから登山者の姿は見当たらない。独り占めの山塊です。
14:33 五色山通過、人気は全くないが、鹿の鳴き声と、可愛い姿に癒されました。
2020年11月08日 14:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:33 五色山通過、人気は全くないが、鹿の鳴き声と、可愛い姿に癒されました。
2
14:59 国境平通過、登山道は、所々、雨水に浸食され、木の根を足場に下る。熊笹の上は滑るので要注意。
2020年11月08日 14:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:59 国境平通過、登山道は、所々、雨水に浸食され、木の根を足場に下る。熊笹の上は滑るので要注意。
2
下山中、唯一のスポット。紅葉時期は過ぎたが、逞しく黄色に色ずく木々。
2020年11月08日 15:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中、唯一のスポット。紅葉時期は過ぎたが、逞しく黄色に色ずく木々。
2
そろそろ 日暮れが気になる時間帯だが、男体山・湯ノ湖がまじかに見えて来て、最後のひと踏ん張りどころ。
2020年11月08日 15:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ 日暮れが気になる時間帯だが、男体山・湯ノ湖がまじかに見えて来て、最後のひと踏ん張りどころ。
3
16:44 金精沢出合から、湯元温泉に無事下山、木の傍で小鹿の歓迎を受けました。楽しい山行でした!
2020年11月08日 16:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:44 金精沢出合から、湯元温泉に無事下山、木の傍で小鹿の歓迎を受けました。楽しい山行でした!
2
撮影機材:

感想/記録

先月に、72歳記念登山を計画してカンペまで作ったが、急遽、出掛けられなくなって、やっと、11/8(日)30年振りの奥白根山に登ることが出来ました。家族、孫たちの心配をよそに、協力してくれて感謝しています。いつまでも楽しく山旅が出来るよう、健康登山、体力維持に努めていきます。皆さんありがとう!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:422人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ