また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2718943 全員に公開 沢登り 丹沢

箱根屋沢上流部アブミ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月08日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道ゲート周辺
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
■箱根屋沢 Co660m15m滝
・屏風岩山東尾根Co800mから南南東側に落ち込む支尾根を下降しアプローチ。
 支尾根は下部に行くほど急になる。下部で何となく尾根状が分派しているが
 下流に向かって左尾根状を下りると650m二俣へ下りてしまい、ちょっと厄介な
 20m滝(下からは10mほどにしか見えないが上はトイ状滝になっている)の
 下に出てしまう。この滝を登るなら左手上にある残置スリングへ登っていくが
 大抵の人はこの滝は悪いと言う。巻くなら右手から弱点を斜上気味に登れば
 その上流部の15m滝基部に出られる。
 さて下部の尾根状分派点は右尾根状へ下りていく。やがて右下に15mの上流の
 8m滝が見えてくる。尾根先端は人工15m滝の落ち口に落ち込んでいるので
 その手前辺りから左の弱点をフェイシング・インで慎重に下って、最後は
 滝の基部に向け急な土ザレを下降する。
 体幹バランスの悪い人、悪場のザレ下降に慣れていない人は滑落のリスクも
 あるので止めた方がよいと思います。
・660mにある垂直に近い15m滝は右壁に一段バンドを上がればクラック沿いに
 先人たちの拓いた残置ハーケンが今なお残っている。
 アブミの架け替えにはちょうどよい距離感で今でも静荷重なら充分耐える。
 先人の偉業に感謝。
 終了点は落ち口の奥から5mザレを登った木で取る。このザレも土が抜けたり
 するので要注意。
 ちなみにすぐ上流の8m滝も人工(アブミ)が可能。左隅からスタートする。
 中盤のスタンスが細かい。ここの終了点はあまり取れない。

※箱根屋沢全体の詳細は『丹沢の谷200ルート』(山と溪谷社)を是非ご購入
 ください。

■マウントファーム(JMIA認定)
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

大滝沢林道ゲート奥から左のブタ草?(か不明)の藪を分けて屏風岩山東尾根に上がります
2020年11月08日 08:47撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝沢林道ゲート奥から左のブタ草?(か不明)の藪を分けて屏風岩山東尾根に上がります
屏風岩山東尾根650m付近
2020年11月08日 09:20撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩山東尾根650m付近
来春に向けエネルギーを蓄えているミツマタたち
2020年11月08日 09:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来春に向けエネルギーを蓄えているミツマタたち
800mで東尾根が再び北西に向きを変えたところから南南東支尾根を下ります
2020年11月08日 09:54撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
800mで東尾根が再び北西に向きを変えたところから南南東支尾根を下ります
地形図とコンパスで確認中
2020年11月08日 09:54撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図とコンパスで確認中
急になってくるとフェイシングインで下降します
2020年11月08日 10:20撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急になってくるとフェイシングインで下降します
右下に見覚えのなる8m滝が見えてきました
2020年11月08日 10:23撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下に見覚えのなる8m滝が見えてきました
弱点を見ながら慎重に下降
2020年11月08日 10:36撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弱点を見ながら慎重に下降
最後は土ザレを下降
2020年11月08日 10:42撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は土ザレを下降
ドンピシャリと15m滝基部へ
2020年11月08日 10:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドンピシャリと15m滝基部へ
kamogはトップロープを張り終え、さて登ってもらいましょう
2020年11月08日 12:11撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kamogはトップロープを張り終え、さて登ってもらいましょう
アブミクライミングの要点を説明してスタート
2020年11月08日 12:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アブミクライミングの要点を説明してスタート
斜度は85度くらい。フィフィの長さ、いかに最上段に乗るか、です
2020年11月08日 12:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度は85度くらい。フィフィの長さ、いかに最上段に乗るか、です
適度な間隔で残置がありハングはしていないので巻き込みをしなくても大丈夫
2020年11月08日 12:39撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適度な間隔で残置がありハングはしていないので巻き込みをしなくても大丈夫
架け替えながら
2020年11月08日 13:27撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
架け替えながら
中心に荷重を
2020年11月08日 13:31撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中心に荷重を
陽も一時射しました
2020年11月08日 13:40撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽も一時射しました
お世話になったロープを丁寧にコイル
2020年11月08日 14:07撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になったロープを丁寧にコイル
往路の支尾根を登ります
2020年11月08日 14:25撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路の支尾根を登ります
750mまで登り鹿道を使って750mコルへトラバース
2020年11月08日 14:40撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
750mまで登り鹿道を使って750mコルへトラバース
紅葉もいい感じになってきました
2020年11月08日 15:00撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉もいい感じになってきました
屏風岩山東尾根を下降
最後まで気を抜かず集中力を維持してください
2020年11月08日 15:24撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩山東尾根を下降
最後まで気を抜かず集中力を維持してください

感想/記録
by kamog

箱根屋沢上流の15m滝で今日はアブミ登攀にフォーカスしての講習。
屏風岩山東尾根からアプローチし急な支尾根を下降して滝の基部にドンピシャリ下りました。
地形図上でどこにどの滝があるかがわかっていませんとナビゲーションはできません。
これも過去にたくさんの沢の遡行図を地形図上に細かく取ってきたからこそです。
お二人は本番のアブミは初めてでしたが見事完登!
模擬リードで手順や本番で体感しないとわからない事象が理解されたことと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:313人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ