また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2724878 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

鉄五郎新道から御岳山そして勝峰山まで縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR青梅線 古里駅
復路:JR五日市線 武蔵五日市駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
40分
合計
7時間40分
S古里駅06:4006:55寸庭橋07:1007:55金比羅神社08:45広沢山08:5509:25大塚山09:45御岳ビジターセンター10:25日の出山10:3511:40タルクボの頭11:50幸神方面分岐11:55白岩山12:10梵天山12:1512:30真藤ノ峰12:50P44813:00P 44113:10深沢山北峰13:20勝峰山13:55登山口14:20武蔵五日市駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金比羅尾根から勝峰山に向かう尾根に入ると、踏み跡は明瞭ですが、道標等は大半が篤志家による手作りの物でした。深沢分岐からは立派な登山道です。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

寸庭橋から(下流)
2020年11月13日 07:30撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寸庭橋から(下流)
寸庭橋から(上流)
2020年11月13日 07:30撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寸庭橋から(上流)
大多摩トレイルより
2020年11月13日 07:35撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大多摩トレイルより
大塚山から御岳集落への道
2020年11月13日 09:47撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大塚山から御岳集落への道
御岳山奥の院
2020年11月13日 09:55撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山奥の院
日の出山山頂。
2020年11月13日 10:40撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出山山頂。
しばらくはこんな木段を下ります。
2020年11月13日 10:57撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはこんな木段を下ります。
ここで金毘羅尾根と分かれて白岩山に向かいます。
2020年11月13日 11:51撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで金毘羅尾根と分かれて白岩山に向かいます。
しばらくはフェンス沿いに進みます。
2020年11月13日 11:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはフェンス沿いに進みます。
本当の白岩山はこの奥だそうです。
只、壊されたフェンスを越えて行かなければなりません。
2020年11月13日 11:56撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当の白岩山はこの奥だそうです。
只、壊されたフェンスを越えて行かなければなりません。
勝峰山 山頂神社
2020年11月13日 13:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝峰山 山頂神社
勝峰山は桜の大木がありました。
春はさぞかし見事でしょう。
2020年11月13日 13:26撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝峰山は桜の大木がありました。
春はさぞかし見事でしょう。
勝峰山からの下り路は、「遊歩道」でした。
2020年11月13日 13:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勝峰山からの下り路は、「遊歩道」でした。

感想/記録

「山と高原の地図」を眺めていると、日の出山から南東に延びる金比羅尾根の東に「勝峰山」がぽつねんと見受けられます。気になったものの登山道の記載も無く、地形図を見ても一部道の記号が無い、しかし日の出山から縦走もされているようなので、行ってみることとしました。
せっかくなので、鉄五郎新道から御岳山に登り、勝峰山につなげることにしました。また、スタートは谷沿いの道なので、紅葉も期待できそうで撮影も楽しみ・・・。
陽が昇ってからのスタートとしようと、いつもより遅めの出発です。寸庭橋のトイレの脇で身支度を整え、大多摩トレイルに入りました。寸庭沢を渡った所で鉄五郎新道へ。登りが急になり標高が上がってくると、紅葉した木々が点在するようになり、対岸の斜面も光に映えます。ついついシャッター休憩が増えてしまいました。大塚山から御岳集落への道も好きな所、奥の院の山容が見事です。
日の出山の山頂でゆっくりと過ごした後、今回のメイン、勝峰山を目指しとりあえず麻生山に向かいます。
「熊の生息域です」との新しい掲示があったので、久し振りに熊鈴を付けホイッスルを下げ、準備万端。
白岩山方面への道に入ってしばらくはフェンスに沿っての歩きです。登り着いた白岩山は本当の白岩山ではないようで、手書きで「奥 ↑」とあり、フェンスが破られています。
ここから深沢分岐までの状態が心配だったのですが、踏み跡は明瞭で、テープも随所にあります。ただし、道標や標識は手作り風のものです。
深沢分岐を過ぎて、僅かな急登を終えると、公園風の勝峰山山頂でした。将門伝説もあるようで、こんなに整備された山だったとは思いませんでした。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:152人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ