また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2736289 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 比良山系

【動画】比良山系北部縦走・テント泊(蛇谷ヶ峰〜武奈ヶ岳)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月14日(土) ~ 2020年11月15日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:快晴(風強し)
2日目:基本、晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朽木スキー場の側にある駐車スペースに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間13分
休憩
0分
合計
7時間13分
Sスタート地点07:5009:18蛇谷ヶ峰10:04ボボフダ峠10:45ヨコタニ峠11:24地蔵峠12:39イクワタ峠13:25釣瓶岳13:50細川越14:30武奈ヶ岳14:47コヤマノ分岐15:03パノラマコース分岐
2日目
山行
6時間15分
休憩
0分
合計
6時間15分
パノラマコース分岐07:4507:58コヤマノ分岐08:15武奈ヶ岳08:15細川尾根分岐08:54細川越09:30釣瓶岳09:58イクワタ峠10:42地蔵峠11:21ヨコタニ峠11:21ボボフダ峠12:58蛇谷ヶ峰14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は無いが、蛇谷ヶ峰〜イクワタ峠間はルートをしっかりと見た方が良い。(初めて通る場合)
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

朽木スキー場からスタート。
2020年11月14日 07:42撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽木スキー場からスタート。
2
スキー場内を少しだけ歩くと、登山へと続く道と看板がある。
2020年11月14日 07:52撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場内を少しだけ歩くと、登山へと続く道と看板がある。
4
緩やかな九十九折を登って行く
2020年11月14日 08:44撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな九十九折を登って行く
2
蛇谷ヶ峰
2020年11月14日 09:18撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰
3
展望が素晴らしい
2020年11月14日 09:19撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が素晴らしい
3
須川峠(ホボフダ峠)
2020年11月14日 10:04撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須川峠(ホボフダ峠)
1
林業の道だろうか、暫く登山道と並走する
2020年11月14日 11:11撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業の道だろうか、暫く登山道と並走する
1
太陽はあるが風が強く、肌寒い
2020年11月14日 12:18撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽はあるが風が強く、肌寒い
2
気持ちの良い登山道だ。
2020年11月14日 12:35撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い登山道だ。
3
イクワタ峠
2020年11月14日 12:39撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イクワタ峠
2
武奈ヶ岳が見えた
2020年11月14日 14:43撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳が見えた
4
武奈ヶ岳
テント泊の為に、少し下まで下がる
2020年11月14日 14:47撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳
テント泊の為に、少し下まで下がる
4
コヤマノ分岐
2020年11月14日 15:03撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐
2
スキー場跡地上部にてテント泊
2020年11月14日 15:45撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場跡地上部にてテント泊
6
夕食1.焼そば(インスタント)
2020年11月14日 16:36撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食1.焼そば(インスタント)
4
夕食2.パスタ
2020年11月14日 16:56撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食2.パスタ
4
今日も夕日が綺麗だった
2020年11月14日 16:45撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も夕日が綺麗だった
4
日が沈む
2020年11月14日 17:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が沈む
2
夜、鹿の鳴き声をかなり近くで聞いた。テントのすぐ側まで鹿が来ていたようだ。
2020年11月14日 17:40撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜、鹿の鳴き声をかなり近くで聞いた。テントのすぐ側まで鹿が来ていたようだ。
3
2日目、夜が明ける
2020年11月15日 05:53撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、夜が明ける
4
朝食.ラーメン
2020年11月15日 06:34撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食.ラーメン
3
コヤマノ分岐
同じ道を歩いて、朽木スキー場へと戻る
2020年11月15日 07:58撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐
同じ道を歩いて、朽木スキー場へと戻る
2
武奈ヶ岳、急速にガスが湧いてきた。
2020年11月15日 08:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳、急速にガスが湧いてきた。
4
帰りの道のりも遠い
2020年11月15日 09:42撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの道のりも遠い
3
所々、紅葉が残っている
2020年11月15日 11:11撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々、紅葉が残っている
3
蛇谷ヶ峰まで戻ってきた
2020年11月15日 12:58撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰まで戻ってきた
2
蛇谷ヶ峰からの下りは、紅葉を楽しみながらの消化試合。
2020年11月15日 13:38撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰からの下りは、紅葉を楽しみながらの消化試合。
2
最後にスキー場の紅葉を鑑賞して終了
2020年11月15日 13:58撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にスキー場の紅葉を鑑賞して終了
5
iPhoneで撮影をしてると、本式のカメラが欲しくなる
2020年11月15日 14:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
iPhoneで撮影をしてると、本式のカメラが欲しくなる
3
お疲れ様でした。
2020年11月15日 14:05撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
4

感想/記録
by kuiten




以前から歩きたいと思っていたルートの一つである「蛇谷ヶ峰〜武奈ヶ岳」の縦走路。

全山縦走という形で組み込みたかったが、縦走を終えてからスタート地点に戻る迄の脚の確保が難しかったので、今回はピストンという形で実施した。

朽木スキー場から蛇谷ヶ峰までは緩やかな九十九折を登って行く。
蛇谷ヶ峰からはアップダウンを繰り返しながら、幾つかの峠を経て武奈ヶ岳へと向かう。

同じ比良山系の北部縦走路であるリトル比良よりも体力的には優しい印象。
しかし、リトル比良に比べると踏み跡や赤テープ
等が少し不明瞭な所もあるので、初めて歩く時などは少し意識した方が良いかもしれない。


今回は水場のない所での幕営の予定だった為、合計9.5ℓ(2人分)を担ぎ上げることなった。(結果的には2.5ℓ程余った)
冬山を控えているこの季節には、体力の確認という意味でも、丁度良い機会となった。

季節が晩秋へと移り、太陽が照ると暖かいが風が吹くと寒く、体温調節が難しい所もあったが、終始穏やかな山行を過ごすことが出来た。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:535人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ