また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2752789 全員に公開 ハイキング 比良山系

ハードル高めの武奈ヶ岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車
湖西線最終電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

仕事で無理しすぎか、頭がズキズキ、目の奥も痛い。
2020年11月22日 01:24撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕事で無理しすぎか、頭がズキズキ、目の奥も痛い。
行動着だと寒すぎて比良駅を出られなかったこともありましたが、今回は頭痛により志賀バイパス高架下で撤退。
2020年11月22日 02:46撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行動着だと寒すぎて比良駅を出られなかったこともありましたが、今回は頭痛により志賀バイパス高架下で撤退。
撤退中、アスファルトを歩く振動でも頭が割れそう。PCの前に置いてあるロキソニンSプレミアムを飲みたい後悔。
2020年11月22日 02:52撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤退中、アスファルトを歩く振動でも頭が割れそう。PCの前に置いてあるロキソニンSプレミアムを飲みたい後悔。
一度比良駅に帰還し椅子に座って目を閉じる。
2020年11月22日 03:04撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度比良駅に帰還し椅子に座って目を閉じる。
2時間半じっとしているのは寒く、痛みも薄れてきたと思うので5:30頃に再出発。
2020年11月22日 05:23撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間半じっとしているのは寒く、痛みも薄れてきたと思うので5:30頃に再出発。
1
青ガレ台(の看板跡)。根元に補助ロープが結ばれています。
2020年11月22日 07:47撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレ台(の看板跡)。根元に補助ロープが結ばれています。
裏側には看板を固定するために縛ったと思われる痕跡があります。
2020年11月22日 07:49撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側には看板を固定するために縛ったと思われる痕跡があります。
中峠に向かう途中、ヨキトウゲ谷の二俣左側。中央奥に次の二俣が見えます。
2020年11月22日 08:44撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠に向かう途中、ヨキトウゲ谷の二俣左側。中央奥に次の二俣が見えます。
この二俣、中央の尾根からシャクシコバの頭へ直登してみようと思います。
2020年11月22日 08:46撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この二俣、中央の尾根からシャクシコバの頭へ直登してみようと思います。
植林を抜けるとシャクシコバの頭は目の前です。
2020年11月22日 09:17撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林を抜けるとシャクシコバの頭は目の前です。
奥に見えるのは蓬莱山。そして真後ろを向くと、
2020年11月22日 09:23撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは蓬莱山。そして真後ろを向くと、
後ろ側は武奈ヶ岳。少し中峠側へ下がった眺望の良いところから撮影してます。
2020年11月22日 09:41撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ側は武奈ヶ岳。少し中峠側へ下がった眺望の良いところから撮影してます。
御殿山を登り返して西南稜1120m地点。隙間の青空で頭痛もすっかり上の空です。
2020年11月22日 10:43撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山を登り返して西南稜1120m地点。隙間の青空で頭痛もすっかり上の空です。
3
本日の武奈ヶ岳山頂気温は13℃、季節も進み風は弱いながら冷たくなり始めています。
2020年11月22日 11:08撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の武奈ヶ岳山頂気温は13℃、季節も進み風は弱いながら冷たくなり始めています。
3
富士見に蛇谷ヶ峰に行っても天気は下り坂で可能性ゼロ、堂満岳から蓬莱山へ南進決定です。
2020年11月22日 13:27撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見に蛇谷ヶ峰に行っても天気は下り坂で可能性ゼロ、堂満岳から蓬莱山へ南進決定です。
1
ここまで登れば小刻みに南比良峠、荒川峠、烏谷山、葛川越、比良岳、木戸峠、びわ湖バレイに至ります。
2020年11月22日 13:43撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで登れば小刻みに南比良峠、荒川峠、烏谷山、葛川越、比良岳、木戸峠、びわ湖バレイに至ります。
びわ湖バレイに入り遠くから聞こえるBGMが楽しげ。しかしロープウェイ最終時刻が迫っていた為、手のひら返しがありました。
2020年11月22日 15:47撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖バレイに入り遠くから聞こえるBGMが楽しげ。しかしロープウェイ最終時刻が迫っていた為、手のひら返しがありました。
1
蓬莱山へ向かう途中スタッフさんより下山を勧められました。私も会社で働いているので安全管理の理由は承知です。
2020年11月22日 16:07撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山へ向かう途中スタッフさんより下山を勧められました。私も会社で働いているので安全管理の理由は承知です。
どう言えば納得いただけたか、これからヘッドライトで通い詰めてスタッフさんとお友達になろうは逆にヘイトを集めるだけで、
2020年11月22日 16:14撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どう言えば納得いただけたか、これからヘッドライトで通い詰めてスタッフさんとお友達になろうは逆にヘイトを集めるだけで、
そうではなくて、打見山でダラダラせずさっさと蓬莱山に登るべきでしたね。Cさん遅いのが得意なのです。
2020年11月22日 16:39撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうではなくて、打見山でダラダラせずさっさと蓬莱山に登るべきでしたね。Cさん遅いのが得意なのです。
1
肉眼では湖西道路の赤い大渋滞が見えます。キタダカ道で下山し18:10頃志賀駅に帰還です。
2020年11月22日 16:44撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼では湖西道路の赤い大渋滞が見えます。キタダカ道で下山し18:10頃志賀駅に帰還です。
1
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:305人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/10/7
投稿数: 117
2020/11/23 23:37
 大丈夫でしょうか?
お仕事が大変なご様子で心配です。
出足が辛かったようですが、下山後も具合が悪くなったりしておられないでしょうか?
青ガレ台の看板、既に外されていたんですね。
どうりで見つからないはずです(^^;)
そもそも大山口でダケ道利用を促しているのに、青ガレルートに今さら立派(だったかは分かりませんが)な看板が付くのはちょっと奇妙だなと思っていました。
打見山までの縦走、お疲れさまでした。
もう山は初冬の雰囲気で寒くなってきてますが、びわ湖テラスはまだ賑わっていそうな感じですね。
登録日: 2012/12/24
投稿数: 173
2020/11/25 7:03
 なんとか、まだ生きてます。
iamrosenさん おはようございます。

みっともない体調不良、ご心配いただき申し訳ありません。
日ごろの夜更かしと仕事から解放され、溜まった疲れが表面化してる感じですね。
頭痛は家を出る時からすでに始まっており、比良駅では車酔いしたような吐き気もあって完全ボコボコでした。
ただの自業自得なので嘆く暇があれば歩いて痛みと真っ向勝負です。
もしiamrosenさんがご来光チャレンジされる際は高気圧配置のお出かけ日和を狙ってくださいね。

その後の体調は無事(偶然)、歩いて治りました。
歩くペースはいつものユルユルですから、終盤元気が戻ってきて私の中では長距離歩行モードまで集中しておりました。
こうなると疲れが軽減され、時間さえあればまだまだ歩けそうな気がします。
短いですが、落ち葉クッションの踏み心地がとても柔らかく、これがiamrosenさんの紅葉だ、葉っぱの色彩が蘇る散歩ができました。
レコにはあまり書いてませんがテンション上がってます。

びわ湖バレイは数日前TVで打見テラスの写真が映し出されたり、普段から賑わっているようですね。
打見テラスに行かなくても、近くの方が演奏したトトロの曲にまったりさせてくれました。

定期的に看板が消失したりしなかったり、比良の闇は深いです。
それでも小奇麗な山であって欲しく手入れをしてみたいですが線引きが難しいですね。

あちこち手を伸ばさず、まず自分ができることを最大限やりきるのが先ですね。(文章力が乏しくすみません)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

直登 撤退 ガレ ロープウェイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ