また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2755865 全員に公開 ハイキング 比良山系

堂満岳と釈迦岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月23日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候自宅をでるとき晴れ、山に近づくにつれて小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
イン谷口1番手前の空き地
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
47分
合計
6時間28分
Sイン谷口07:5107:55桜のコバ07:5508:32ノタノホリ08:3610:12堂満岳10:1310:36東レ新道分岐10:3710:50金糞峠10:5211:16前山11:4811:52北比良峠11:5312:00比良ロッジ跡12:0012:05比良明神12:23カラ岳12:2312:39釈迦岳12:4013:09比良リフト・比良ロープウェイシャカ岳駅跡13:1513:44神璽谷・釈迦岳分岐13:4414:05登山ポスト(神璽谷道)14:0614:13大津ワンゲル道登山口14:1314:18イン谷口14:1914:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般に明瞭な登山道ですが手入れされてない箇所があります。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

イン谷口1番手前の空き地に駐車、先客2台。
2020年11月23日 07:49撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イン谷口1番手前の空き地に駐車、先客2台。
1
大山口の方には行かず橋を渡って桜のコバへ。
2020年11月23日 07:51撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口の方には行かず橋を渡って桜のコバへ。
桜のコバ分岐、堂満岳に向かいます。
2020年11月23日 07:56撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜のコバ分岐、堂満岳に向かいます。
いきなりの渡渉。丸太橋は滑りそうで止めました、
2020年11月23日 07:59撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの渡渉。丸太橋は滑りそうで止めました、
こんな感じの登山道。
2020年11月23日 08:13撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの登山道。
たぶん後で行く釈迦岳。
2020年11月23日 08:13撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん後で行く釈迦岳。
1
天神山への案内板。
2020年11月23日 08:18撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神山への案内板。
この分岐は右へ行きます。
2020年11月23日 08:21撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は右へ行きます。
分岐点に案内板がないと思ってたら古いのがありました。でもちょっと分かりづらい。
2020年11月23日 08:23撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点に案内板がないと思ってたら古いのがありました。でもちょっと分かりづらい。
ノタノホリの沼?池?どっちでもいいか。
2020年11月23日 08:31撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノタノホリの沼?池?どっちでもいいか。
ほとりにまだ頑張ってるトチの実。
2020年11月23日 08:32撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとりにまだ頑張ってるトチの実。
素晴らしい!
2020年11月23日 08:33撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい!
2
案内板、堂満岳に向かいます。
2020年11月23日 08:35撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板、堂満岳に向かいます。
落ち葉を踏みしめ石の壁を進みます。
2020年11月23日 08:41撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏みしめ石の壁を進みます。
まだ黄葉が頑張ってます。
2020年11月23日 08:50撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ黄葉が頑張ってます。
結構な急登り。
2020年11月23日 08:53撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な急登り。
本日初めての眺望。
2020年11月23日 09:09撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日初めての眺望。
2
出たな妖怪!
2020年11月23日 09:48撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出たな妖怪!
南壁の急登り、この先は頂上。
2020年11月23日 09:59撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南壁の急登り、この先は頂上。
頂上に到着。ガスで眺望もなく小雨なのでそそくさと金糞峠に向かいます。
2020年11月23日 10:10撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着。ガスで眺望もなく小雨なのでそそくさと金糞峠に向かいます。
1
このあたりシャクナゲが群生。
2020年11月23日 10:22撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりシャクナゲが群生。
南比良峠への分岐点。
2020年11月23日 10:23撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南比良峠への分岐点。
びわ湖が少し見えます。
2020年11月23日 10:38撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖が少し見えます。
どなたかの慰霊碑、ここで亡くなられたのでしょうか。
2020年11月23日 10:48撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どなたかの慰霊碑、ここで亡くなられたのでしょうか。
1
金糞峠到着、男性お一人と遭遇。
2020年11月23日 10:49撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠到着、男性お一人と遭遇。
峠のお地蔵さま。
2020年11月23日 10:49撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠のお地蔵さま。
北比良峠に向かいます。
2020年11月23日 11:14撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠に向かいます。
北比良峠手前の建物、昔のものでしょうが現在も使用できるようです。ここでランチタイムです。雨は凌げますが風が強く体感温度4〜5度くらいの感じでした。
2020年11月23日 11:15撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠手前の建物、昔のものでしょうが現在も使用できるようです。ここでランチタイムです。雨は凌げますが風が強く体感温度4〜5度くらいの感じでした。
1
いつも朝早くから作ってくれてありがとうm(_ _)m
2020年11月23日 11:19撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも朝早くから作ってくれてありがとうm(_ _)m
4
北比良峠のケルン。
2020年11月23日 11:53撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠のケルン。
ここはチョット恐かった。
2020年11月23日 11:57撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはチョット恐かった。
3
釈迦岳に向かいます。
2020年11月23日 12:00撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦岳に向かいます。
1
カラ岳の電波塔。
2020年11月23日 12:24撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラ岳の電波塔。
この分岐も釈迦岳方面へ。
2020年11月23日 12:28撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐も釈迦岳方面へ。
釈迦岳頂上。
2020年11月23日 12:36撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦岳頂上。
頂上案内板。ここもガスで眺望なし。
2020年11月23日 12:37撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上案内板。ここもガスで眺望なし。
大津ワンゲル道で下山します。
2020年11月23日 12:40撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津ワンゲル道で下山します。
この分岐は比良リフト方向に向かいます。(今はリフトはありません(+_+))
2020年11月23日 12:45撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐は比良リフト方向に向かいます。(今はリフトはありません(+_+))
足場の悪い急下り。
2020年11月23日 12:52撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場の悪い急下り。
デカイ岩がありました。岩には赤丸印。
2020年11月23日 12:54撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカイ岩がありました。岩には赤丸印。
1
このあたりでやっと眺望が回復。
2020年11月23日 13:09撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりでやっと眺望が回復。
3
本日唯一の紅葉。
2020年11月23日 13:14撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日唯一の紅葉。
3
登ってきた堂満岳もまだガスのなか。
2020年11月23日 13:15撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた堂満岳もまだガスのなか。
1
比良リフトの跡地でしょう。
2020年11月23日 13:15撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良リフトの跡地でしょう。
なんとも言えないキノコ。
2020年11月23日 13:20撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも言えないキノコ。
同じく。
2020年11月23日 13:21撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。
神璽の滝への分岐点に下りてきました。
2020年11月23日 13:45撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神璽の滝への分岐点に下りてきました。
大きな岩がぶつかってます。
2020年11月23日 13:59撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩がぶつかってます。
癒やされる沢。
2020年11月23日 14:02撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
癒やされる沢。
リフト乗り場の建物。
2020年11月23日 14:05撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト乗り場の建物。
朝、渡った橋に無事下山。
2020年11月23日 14:16撮影 by HWV32, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、渡った橋に無事下山。

感想/記録

折角の3連休、紅葉を堪能し秋を惜しむ山行きにと堂満岳へ…ですがあいにくの雨天(泣)

先日の武奈ヶ岳スタート地点、イン谷から
今日は左手に入山。数個の建物が途絶えた頃よりしっかりした登山道。

東陵道の肩を目指して進むと、ノタノホリが出現。ヌマには無数のおちばが浮かび何とも良い雰囲気を醸し出しています。

結構な急登りを過ぎて、尾根道に辿り着くころにはたくさんのイワウチワ。ガスで悲しい位全く眺望がなく堂満岳を目指しひたすら歩きます。

堂満岳から金糞峠を目指しましたが、前回あんなに賑やかだったこの場所も悪天候のせいで殆んど人がおられません。男性が1人いらっしゃいました。

金糞峠から前山を過ぎ北比良峠の手前に雨を凌げるそうな建物があり本日のランチ。辺りが相当冷え込んでおり、風も吹いておにぎりも冷たく味もわからないくらい。これからの季節は皆さんのように調理器具を揃えるべきかも。ランチを食べ終わる頃、ベトナムから働きに来ているという男女4人の若者。日本に来て一年というのに流暢な会話ができる!

ランチの後は、カラ岳、釈迦岳を回り、無事イン谷到着。

今日は景色は楽しめなかったけれど、ベトナムの若者たちにとって、「日本では、高齢者も多くが登山をしている事に驚いている。」という事がわかり国際交流出来た気になった今日の山行きでした。良い景色は次回のお楽しみに!

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:226人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ