また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2761376 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 九州・沖縄

貫山・平尾台《九州百名山》

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り後一時雨
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
往路:JR日田彦山線石原町からタクシーで吹上峠
復路:車道+旧道歩きで石原町駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
1時間28分
合計
7時間20分
S吹上峠07:4708:13大平山08:1608:23貫山・中峠分岐点08:45四方台08:5109:09貫山09:1909:39母原林道09:57塔ヶ峯10:0710:21貫山・中峠分岐点10:2510:50岩山11:00中峠11:21権現山(御陵山)11:2311:30周防台11:4511:59桶ヶ辻12:14天狗岩12:2512:36水場12:4212:58貝殻山13:1413:32見晴らし台13:42平尾台自然観察センター13:4613:59吹上峠14:0014:57平尾台入口15:07石原町駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
主要登山道は、焼き払われ見晴らしのいい道
塔ヶ峯はやや難路
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

JR日田彦山線石原町駅
客待ちのタクシーに乗って吹上峠へ
2020年11月22日 07:28撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR日田彦山線石原町駅
客待ちのタクシーに乗って吹上峠へ
吹上峠の旧道登山口
2020年11月22日 07:43撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上峠の旧道登山口
南の方には英彦山山系の山が横たわる
犬ヶ岳(1,131m)
2020年11月22日 07:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の方には英彦山山系の山が横たわる
犬ヶ岳(1,131m)
3
鷹ノ巣山(979m)と英彦山(1,200m)
2020年11月22日 07:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山(979m)と英彦山(1,200m)
3
大平山(587m)山頂
2020年11月22日 08:13撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山(587m)山頂
2
大平山は草原の中に岩がにょきにょき
2020年11月22日 08:18撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山は草原の中に岩がにょきにょき
4
茶ヶ床園地への分岐
2020年11月22日 08:20撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶ヶ床園地への分岐
四方台(619m)への草原の道
2020年11月22日 08:23撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四方台(619m)への草原の道
2
四方台(619m)山頂
2020年11月22日 08:44撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四方台(619m)山頂
平尾台の北端は貫山(712m)
2020年11月22日 08:47撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平尾台の北端は貫山(712m)
1
貫山(712m)山頂の2等三角点「貫山」
2020年11月22日 09:08撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫山(712m)山頂の2等三角点「貫山」
3
貫山(712m)山頂標識は三角点の更に北にある
2020年11月22日 09:09撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貫山(712m)山頂標識は三角点の更に北にある
3
母原林道から塔ヶ峯への取付き
2020年11月22日 09:53撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母原林道から塔ヶ峯への取付き
塔ヶ峯(582m)山頂
2020年11月22日 10:02撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ヶ峯(582m)山頂
3
塔ヶ峯(582m)
一周回って分岐点に戻ってきた
2020年11月22日 10:23撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ヶ峯(582m)
一周回って分岐点に戻ってきた
1
岩山(549m)山頂
2020年11月22日 10:47撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩山(549m)山頂
2
平尾台の草原の向こうに塔ヶ峯(582m)が見える
2020年11月22日 10:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平尾台の草原の向こうに塔ヶ峯(582m)が見える
2
周防台(609m)と右肩に権現山(558m)
2020年11月22日 10:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周防台(609m)と右肩に権現山(558m)
1
権現山(558m)山頂
2020年11月22日 11:21撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山(558m)山頂
3
周防台(609m)山頂
2020年11月22日 11:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周防台(609m)山頂
2
香春岳(511m)は一ノ岳が削り取られ二ノ岳、三ノ岳が無事
2020年11月22日 11:44撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香春岳(511m)は一ノ岳が削り取られ二ノ岳、三ノ岳が無事
3
桶ヶ辻(569m)山頂
2020年11月22日 11:58撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桶ヶ辻(569m)山頂
桶ヶ辻の南稜線にある天狗岩(436m)
2020年11月22日 12:16撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桶ヶ辻の南稜線にある天狗岩(436m)
1
貝殻山(472m)は道が分からず薄の斜面の微かな踏み跡の岩を躱しながら登った
2020年11月22日 13:07撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貝殻山(472m)は道が分からず薄の斜面の微かな踏み跡の岩を躱しながら登った
2
桶ヶ辻(569m)
2020年11月22日 13:07撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桶ヶ辻(569m)
1

感想/記録

 小倉から日田彦山線の列車に乗り、石原町で降りた。駅前で客待ちしていたタクシーに乗り吹上峠まで行った。広い駐車場があるが天候の悪化が予報されているので止められている車は少なかった。旧道登山口から登り始めるとすぐに視界の開けた草原となり、防火帯が焼き払われた稜線は何処でも歩くことができるが傾斜が急になってくるとジグザグに登って行った。高度が増すにつれ平尾台の全貌が現になり爽快な気分だ。
 最初のピークは大平山(おおへらやま587m)で福智山山系や英彦山、犬ヶ岳の山脈が一望できた。塔ヶ峯に向かう筈だったが焼き払われた稜線に沿ってフワッと歩いているとうっかりして四方台に行ってしまった。此処まで来ると戻る訳にはいかないのでそのまま貫山に向かった。鞍部で母原(もはら)林道の終端が来ており反対側には広谷湿原方面への登山道が始まっていた。
 貫山(712m)は、平尾台の最高峰で展望は素晴らしい。北方向には足立山等企救山地の山々が望めた。山頂標識の位置から少し戻り、母原林道方面の分岐を入った草原に2等三角点「貫山」の点標があり角の欠けて痛々しかった。飛ばしてしまった塔ヶ峰が諦め切れず西尾根を下り母原林道に下り立つことを目論んだが西尾根から反れてどんどん北の方に下ってしまい林道歩き1.2劼加わってしまった。
 林道から西側の斜面に赤テープがあり、急登斜面の踏み跡を辿っていくと岩の混じりの難路の末に塔ヶ峰(582m)山頂に達することがでできた。展望は得られず残念だったが予定の山を登ることができ充足感を得られた。予定と逆方向になったが南尾根を下り、大平山西肩の分岐に達した。朝歩いた道を再び下り、鞍部で四方台への道から分かれて薄の覆い被さる踏み跡へと入って行った。足元の踏み跡を見失わないように注意して進むと刈払いのしっかりした登山道に飛び出した。深く浸食された凹地(ドリーネ)の北を回り込むように進んで北取付きから少し登って岩山(549m)山頂に達した。これも草原の山で視界は360°、平尾台の中心部で展望を満喫できた。
 南稜線を下り地図にない道を下り中峠に達した。南に続く周防台へと登り返し、周防台の西に飛び出した権現山に立ち寄るべく分岐を探していると、ピークの直前で踏み跡が分岐した。辿って行くと下山してしまいそうなので途中から藪を漕いで鞍部に達すると踏み跡があり権現山(558m)に達した。草原の山頂で展望素晴らしく眼下に茶ヶ床園地が望めた。踏み跡に添って南に進んだが道はなくなり藪を漕いで鞍部に戻り、踏み跡を辿って稜線に戻った。周防台(609m)に到り、360°の展望を楽しみながら昼食を取った。
 焼き払いされた南稜線を下ると桶ヶ辻で、周防台を通過した親子連れが休憩していた。やはり360°の展望、南南西に真っ直ぐ下ると大岩が聳える天狗岩(436m)に達した。桶ヶ辻・天狗岩の尾根西側の山麓を巻くよう北上しているとポツポツと雨が降りだした。雨具を着て歩き出すとすぐに止んだ。しかしこの後は降ったり止んだりの天候となった。
 貝殻山(472m)は、羊のように岩が林立する岩山のような山容の山で、取付きが分からず北稜線から薄原の微かな踏み跡を辿り稜線に達すると板を何枚も立て掛けたような岩稜帯となり隙間を縫って貝殻山山頂に達すると南側に比較的明瞭な登山道があった。
 南から西に回り込むように下山し、千仏鍾乳洞から上がって来た林道に合流した。この後は基本車道歩きで平尾台集落に達すると県道28号線で自然観察センターがありトイレ休憩を取った。吹上峠に戻り歩いて石原町駅へと向かった。途中県道を離れて旧道登山道がありショートカット出来るが下り場面では入口が不明瞭で2ヶ所逃してしまった。観察センターから6.3劼農亳仰駅に戻ってくることができた。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:185人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 3078
2020/11/26 9:04
 白い羊たち
yamakithidonさん おはようございます。
平尾台の白い羊たちは元気に放牧されていますね、
カルトス地形なので石灰岩の岩(岩の名前これで良かったかな?)
がウジャウジャとニョキニョキとカヤトの原に出ている景色は素晴らしいですね、
また貫山山頂からの展望、海峡と島、そして北九空港も見えいいですよね。
お疲れ様でした。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ