また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2762407 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

天地吊橋〜諸沢山南尾根〜合地山〜アンテナ尾根〜日向林道の廃宿舎と無想吊橋散策

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月21日(土) ~ 2020年11月23日(月)
メンバー
天候11/21 晴れ、11/22 曇りのち暴風雨、11/23 晴れ強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間32分
休憩
2時間14分
合計
7時間46分
S沢口山(日向山コース)登山口08:4708:58飛竜橋09:01尾崎坂展望台09:0809:34林道途中10:0510:34千頭ダム11:1911:33天地第一吊橋11:4313:28天地第三吊橋13:5814:43諸沢山南尾根取付き14:5416:33御料諸の沢
2日目
山行
6時間49分
休憩
2時間44分
合計
9時間33分
御料諸の沢07:0608:12諸沢山09:4510:16標高1485mコル10:2310:451548m標高点11:291782m標高点11:3012:08合地山己12:3013:031782m標高点13:0413:401548m標高点13:4113:59標高1485mコル14:0514:40諸沢山14:5716:17アンテナ尾根取付き16:2716:30水場16:3616:39逆河内営林署宿舎3
3日目
山行
5時間16分
休憩
2時間15分
合計
7時間31分
逆河内営林署宿舎308:4209:18逆河内営林署宿舎209:3609:42唐沢橋09:4309:51無想吊橋10:3811:28逆河内営林署宿舎112:1512:28諸沢山南尾根取付き12:45寸又橋15:06千頭ダム15:2015:53尾崎坂展望台16:0116:03飛竜橋16:10寸又峡温泉16:11沢口山(日向山コース)登山口16:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■天地第一吊橋〜天地〜逆河内川上西河内出合付近
天地第一吊橋からの急坂の直登はボロボロと崩れます。下りでは個人的には利用したくない。
天地と802m標高点のコルから逆河内川上西河内出合付近への下り始めには道もありトラロープもつけられていますが、肝心の川に下りるところはほぼ全面崖に近い状態で道もロープもなにもありません。ロープを出すことをオススメします。
逆河内川の渡渉はこの時は脛くらいですが、とても長いので凍死します。
■諸沢山南尾根
ところどころ険しい箇所はあるもののあまり危険はなく藪こぎもないよい尾根歩きができます。Docomo電波は標高1250m付近のみありました。
■諸沢山〜合地山
こちらもところどころ険しい箇所はあるものの、藪こぎは全くといっていいほどありませんでした。倒木も合地山の直下標高差200mくらいにあるくらいで、そこに関してもそんなに気になるほどはありませんでした。とても歩きやすい尾根です。
■アンテナ尾根
諸沢山からしばらくは尾根伝いにケーブルが伸びている。このケーブルは標高1550mで別の尾根に向かってしまうのでそこで見限ります。アンテナ尾根は標高1430m以上は崩れやすい岩で険しい箇所があるものの、地形図で見た急峻さから感じるほどの大変さはなく下ることができました。
■日向林道
日向林道は千頭ダムから寸又橋まででとてつもなく危険な崩壊地が2箇所あります。通行しない方が無難です。諸沢山南尾根取付きからアンテナ尾根取付きまではそこに比べれば比較的マシなものの、それなりに危険な崩壊地が2つあり、またちょっとした崩壊は無数にあります。
水場は3番目の逆河内宿舎の100m北、2番目の逆河内宿舎の100m北のみだと思います。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

杉尾展望休憩所からの朝焼け
2020年11月21日 06:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉尾展望休憩所からの朝焼け
のんきにミニストップで朝飯です。
2020年11月21日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんきにミニストップで朝飯です。
寸又峡出発。自転車で右岸林道を行きます。
2020年11月21日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寸又峡出発。自転車で右岸林道を行きます。
1
ゲート通過。
2020年11月21日 09:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート通過。
中部電力の車とすれ違い、この先に2人入っていて行き先が諸沢山と聞く。まさかそんなマニアが入っているとは!!
2020年11月21日 09:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中部電力の車とすれ違い、この先に2人入っていて行き先が諸沢山と聞く。まさかそんなマニアが入っているとは!!
まさかのTwitterの知り合いで、右岸林道途中で30分くらい話し込んでしまった後の30分は自転車を降りて一緒に歩きました。そんなこんなで千頭ダム10時35分到着・・。
2020年11月21日 10:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかのTwitterの知り合いで、右岸林道途中で30分くらい話し込んでしまった後の30分は自転車を降りて一緒に歩きました。そんなこんなで千頭ダム10時35分到着・・。
1
千頭ダムでも45分も話が盛り上がってしまい、11時20分千頭ダム発となる。2人は日向林道経由、自分は天地経由なのでここで一旦お別れです。
2020年11月21日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭ダムでも45分も話が盛り上がってしまい、11時20分千頭ダム発となる。2人は日向林道経由、自分は天地経由なのでここで一旦お別れです。
4
千頭ダムから寸又川の左岸を進む。
2020年11月21日 11:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭ダムから寸又川の左岸を進む。
トンネルをくぐる。
2020年11月21日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルをくぐる。
2
天地第一吊橋を渡ります。
2020年11月21日 11:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地第一吊橋を渡ります。
1
まだ残っていてほしい吊橋第一位です。
2020年11月21日 11:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残っていてほしい吊橋第一位です。
2
天地吊橋からは前回はトラバースルートを行ったので道があって楽ちんでしたが、今回は多くの方が通る急峻ボロボロな尾根を無理やり上がってみました。登るのはいいとしてここを下るのは嫌だなという感じでしたね。
2020年11月21日 13:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地吊橋からは前回はトラバースルートを行ったので道があって楽ちんでしたが、今回は多くの方が通る急峻ボロボロな尾根を無理やり上がってみました。登るのはいいとしてここを下るのは嫌だなという感じでしたね。
1
天地ちょい下に出たところから北東の尾根を下り鞍部から逆河内川に降りることを試みますが、まさかの道があってトラロープがかけられています。
2020年11月21日 13:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天地ちょい下に出たところから北東の尾根を下り鞍部から逆河内川に降りることを試みますが、まさかの道があってトラロープがかけられています。
1
下に進んでいくと道はなくなりトラロープが垂れ下がっているだけですが大分楽ができます。しかしこのまま楽ちんか?と思ったここでトラロープ完全消失。最下部は木も少なく掴めるところのないボロボロな急斜面なので、逆河内川に降りるために比較的安全なところを探して結構トラバースするハメになりました。今回はロープは出しませんでしたが、正直出すべきところとは思いました。
2020年11月21日 13:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に進んでいくと道はなくなりトラロープが垂れ下がっているだけですが大分楽ができます。しかしこのまま楽ちんか?と思ったここでトラロープ完全消失。最下部は木も少なく掴めるところのないボロボロな急斜面なので、逆河内川に降りるために比較的安全なところを探して結構トラバースするハメになりました。今回はロープは出しませんでしたが、正直出すべきところとは思いました。
1
降りたところにはいい感じに水が湧いているところがあって逆河内川のそんなに綺麗ではないであろう水を汲まずに済みました。
2020年11月21日 13:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りたところにはいい感じに水が湧いているところがあって逆河内川のそんなに綺麗ではないであろう水を汲まずに済みました。
1
しかしこの渡渉が長い長い。深さは膝まで行くところはないものの、この時期でこの渡渉距離はマジで足が凍死します。途中に中洲がなかったら詰んでいたと思います。冷たすぎて途中からは走っていました。
2020年11月21日 13:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこの渡渉が長い長い。深さは膝まで行くところはないものの、この時期でこの渡渉距離はマジで足が凍死します。途中に中洲がなかったら詰んでいたと思います。冷たすぎて途中からは走っていました。
3
対岸から見ていてここから道があるのかと思っていましたがただの測量点でした。
2020年11月21日 14:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸から見ていてここから道があるのかと思っていましたがただの測量点でした。
1
対岸にも同じ標示があります。
2020年11月21日 14:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸にも同じ標示があります。
2
ここで上流の上空を見上げて感動。まさかの天地第三吊橋が現存しているではないですか!!噂からしてワイヤーすら残っていないと思っていたのに、まさかの踏板まで一部残っています!!
2020年11月21日 14:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで上流の上空を見上げて感動。まさかの天地第三吊橋が現存しているではないですか!!噂からしてワイヤーすら残っていないと思っていたのに、まさかの踏板まで一部残っています!!
2
諸沢山南尾根末端から取り付きます。末端のみ気合で這い上がる感じになりますが、以後は大分落ち着きます。
2020年11月21日 14:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸沢山南尾根末端から取り付きます。末端のみ気合で這い上がる感じになりますが、以後は大分落ち着きます。
途中鹿柵も。
2020年11月21日 14:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中鹿柵も。
日向林道に出ましたが、千頭ダムからここまで休憩20分込の3時間20分もかかってしまいました。日向林道軽油の人は2時間前にはここを通過していることでしょう。
2020年11月21日 15:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向林道に出ましたが、千頭ダムからここまで休憩20分込の3時間20分もかかってしまいました。日向林道軽油の人は2時間前にはここを通過していることでしょう。
諸沢山南尾根は岩を上がるか、壊れた梯子を上るか、横の斜面を上がるか。
岩を登って最上段の岩のないでかい段差だけ梯子を一段利用しました。
2020年11月21日 15:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸沢山南尾根は岩を上がるか、壊れた梯子を上るか、横の斜面を上がるか。
岩を登って最上段の岩のないでかい段差だけ梯子を一段利用しました。
鹿柵がある。
2020年11月21日 15:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵がある。
岩っぽいところもある。5Lの水でザック22kgとなってちと重いですね。
2020年11月21日 15:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩っぽいところもある。5Lの水でザック22kgとなってちと重いですね。
1
山火注意 146|147 千頭営林署
大分木が成長して食い込んでいます。
2020年11月21日 15:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山火注意 146|147 千頭営林署
大分木が成長して食い込んでいます。
1
突然のケーブル。
2020年11月21日 15:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然のケーブル。
出どころ。標高1250m付近で微弱な電波が入りましたが、以後下山後まで一度も入りませんでした。
2020年11月21日 15:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出どころ。標高1250m付近で微弱な電波が入りましたが、以後下山後まで一度も入りませんでした。
むむ。険しいな。
2020年11月21日 16:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむ。険しいな。
秋の残り香。
2020年11月21日 16:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の残り香。
2
1448m標高点におつ。
2020年11月21日 17:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1448m標高点におつ。
2
翌朝だけは快晴。
2020年11月22日 07:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝だけは快晴。
晴れじゃんとか思いながら上がっていく。2人はもう下山開始してしまっていることだろうな。
2020年11月22日 07:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れじゃんとか思いながら上がっていく。2人はもう下山開始してしまっていることだろうな。
まさかの待ってて?くれました!!お互い全然時間に余裕ない気もするのにここでまた1時間半も駄弁ってしまうのでした。
2020年11月22日 09:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかの待ってて?くれました!!お互い全然時間に余裕ない気もするのにここでまた1時間半も駄弁ってしまうのでした。
4
2人は今日中に寸又峡まで歩いて工場長のところに顔を出していくらしい。励まされてこんな時間からですが合地山に向かってみることとしました。無理だと思うが3時間以内につけなければ引き返そう。
2020年11月22日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人は今日中に寸又峡まで歩いて工場長のところに顔を出していくらしい。励まされてこんな時間からですが合地山に向かってみることとしました。無理だと思うが3時間以内につけなければ引き返そう。
諸沢山〜合地山は時折注意すべき急坂はありますが、合地山直下まで倒木も少なくかなり歩きやすかったです。
2020年11月22日 10:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸沢山〜合地山は時折注意すべき急坂はありますが、合地山直下まで倒木も少なくかなり歩きやすかったです。
左岸林道にかかる三昇の滝。
2020年11月22日 10:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸林道にかかる三昇の滝。
2
ガレ縁から諸沢山。
2020年11月22日 10:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ縁から諸沢山。
1
いい雰囲気だぁ。
2020年11月22日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気だぁ。
2
ときたまに険しい。
2020年11月22日 11:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときたまに険しい。
1710m小ピークにある標識は読めない。
2020年11月22日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1710m小ピークにある標識は読めない。
合地山が見えたがまだまだ遠い。
2020年11月22日 11:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合地山が見えたがまだまだ遠い。
合地山直下1900m上まで来ると苔生して倒木が多くなってくる。
2020年11月22日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合地山直下1900m上まで来ると苔生して倒木が多くなってくる。
合地山らしいビクトリーロード。
2020年11月22日 12:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合地山らしいビクトリーロード。
3
案外諸沢山から休憩込みの2時間20分で来れちゃいました。
2020年11月22日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案外諸沢山から休憩込みの2時間20分で来れちゃいました。
2
今年2度目の合地山山頂で昼食といきます。
2020年11月22日 12:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年2度目の合地山山頂で昼食といきます。
1
戻りは下りの方が多くなるはずですが快走路というほどではないのでそんなにタイムはかわりません。
2020年11月22日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りは下りの方が多くなるはずですが快走路というほどではないのでそんなにタイムはかわりません。
最後急坂を上がって諸沢山へ。
2020年11月22日 14:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後急坂を上がって諸沢山へ。
雨降ってきてしまいましたが、山頂で飲むコーヒーは最高だねえ。
2020年11月22日 15:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨降ってきてしまいましたが、山頂で飲むコーヒーは最高だねえ。
2
1146m標高点に向かうアンテナ尾根で下ります。序盤はケーブルが道案内。
2020年11月22日 15:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1146m標高点に向かうアンテナ尾根で下ります。序盤はケーブルが道案内。
途中でケーブルは南側の尾根に行ってしまうので尾根の分岐で見限ります。標高1430m上はやや険しいところもありましたが、それ以下は比較的快適。
2020年11月22日 16:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中でケーブルは南側の尾根に行ってしまうので尾根の分岐で見限ります。標高1430m上はやや険しいところもありましたが、それ以下は比較的快適。
末端は崖っぽくなってるので横の斜面から降りました。梯子あったんですね笑
2020年11月22日 16:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
末端は崖っぽくなってるので横の斜面から降りました。梯子あったんですね笑
1
カーブミラーの定番。
2020年11月22日 16:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブミラーの定番。
2
ちょっと上流に行ってみますが、すぐに崩れていたので引き返しました。
2020年11月22日 16:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと上流に行ってみますが、すぐに崩れていたので引き返しました。
下流方向へ日向林道を進みます。
2020年11月22日 16:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下流方向へ日向林道を進みます。
一瞬光ったと思いましたが、まさかの人がいました!!普段は釣り人だそうですが、この日は林道散策に来たみたいです。この日は同じくこの小屋に泊まりました。逆河内宿舎の中で2番目に奥にある小屋のようです。
2020年11月22日 16:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬光ったと思いましたが、まさかの人がいました!!普段は釣り人だそうですが、この日は林道散策に来たみたいです。この日は同じくこの小屋に泊まりました。逆河内宿舎の中で2番目に奥にある小屋のようです。
2
今日の晩飯も昨日とほぼ変わらず。
2020年11月22日 17:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の晩飯も昨日とほぼ変わらず。
なんかまた変な虫に手首を刺されてリンパまで毒が・・。
2020年11月22日 18:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかまた変な虫に手首を刺されてリンパまで毒が・・。
風雨がしんどかったので屋内とも呼べないような屋内にテント泊しました。
2020年11月23日 07:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雨がしんどかったので屋内とも呼べないような屋内にテント泊しました。
2
廊下ならば雨は防げると思います。
2020年11月23日 07:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廊下ならば雨は防げると思います。
1
ドアがなくなってしまっているので動物が入って荒れ放題ですかね。
2020年11月23日 07:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドアがなくなってしまっているので動物が入って荒れ放題ですかね。
鹿のフンだらけ。
2020年11月23日 07:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿のフンだらけ。
皿が散乱している。
2020年11月23日 07:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皿が散乱している。
トイレです。
2020年11月23日 07:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレです。
1
このレベルの崩壊は至るところにあります。
2020年11月23日 09:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このレベルの崩壊は至るところにあります。
1
日向林道は問題箇所以外は写真だけでも意味があると思うので多めにあげておきます。
2020年11月23日 09:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向林道は問題箇所以外は写真だけでも意味があると思うので多めにあげておきます。
1
不動岳方面。
2020年11月23日 09:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳方面。
鍵が閉まっている。
2020年11月23日 09:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵が閉まっている。
カーブミラーの定番。
2020年11月23日 09:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブミラーの定番。
とても綺麗な林道。
2020年11月23日 09:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても綺麗な林道。
1
この後のいくつかの崩落に比べれば危険というほどではないが、ロープがかけられていました。
2020年11月23日 09:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後のいくつかの崩落に比べれば危険というほどではないが、ロープがかけられていました。
1
手前から2番目にある逆河内宿舎のすぐ先でかなり崩れていて元々道の端っこであったであろう鉄骨だけが残っています。チャレンジャーはここを渡るのかもしれませんが左の斜面をいきました。
2020年11月23日 09:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から2番目にある逆河内宿舎のすぐ先でかなり崩れていて元々道の端っこであったであろう鉄骨だけが残っています。チャレンジャーはここを渡るのかもしれませんが左の斜面をいきました。
超安全というほどではありませんが、斜面を横切れます。下には先程の鉄骨。
2020年11月23日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超安全というほどではありませんが、斜面を横切れます。下には先程の鉄骨。
昔もここで一旦通行止めだった模様?
2020年11月23日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔もここで一旦通行止めだった模様?
1
逆河内宿舎の中で手前から2番目にある小屋。状態は比較的よいです。
2020年11月23日 09:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆河内宿舎の中で手前から2番目にある小屋。状態は比較的よいです。
台所のある部屋。
2020年11月23日 09:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台所のある部屋。
台所。この部屋の床板は半分朽ちています。
2020年11月23日 09:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台所。この部屋の床板は半分朽ちています。
YAMAPとりあたま氏の書き置き。
2020年11月23日 09:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YAMAPとりあたま氏の書き置き。
2
台所の隣にある小さな桜の間。ここはよい宿となるでしょう。
2020年11月23日 09:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台所の隣にある小さな桜の間。ここはよい宿となるでしょう。
2
貴重そうな資料が散乱している。
2020年11月23日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貴重そうな資料が散乱している。
榧の間はめちゃくちゃです。
2020年11月23日 09:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榧の間はめちゃくちゃです。
樅の間と桂の間もめちゃくちゃですね。
2020年11月23日 09:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樅の間と桂の間もめちゃくちゃですね。
廊下は中々綺麗。
2020年11月23日 09:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廊下は中々綺麗。
1
一番奥(というか手前?)の楓の間は掃除がされているが、釣り師の宿となっている模様。
2020年11月23日 09:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番奥(というか手前?)の楓の間は掃除がされているが、釣り師の宿となっている模様。
1
廊下の様子。逆方向に見る。
2020年11月23日 09:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廊下の様子。逆方向に見る。
1
楓の間の前に下駄箱や黒板。ここが玄関だったようですが、ここから外に出る扉はびくともしませんでした。反対側のキッチン側からだと扉も壊れてしまっていて一応閉まっていますが簡単に入れます(多分動物も余裕で入ってくる所以です。
2020年11月23日 09:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楓の間の前に下駄箱や黒板。ここが玄関だったようですが、ここから外に出る扉はびくともしませんでした。反対側のキッチン側からだと扉も壊れてしまっていて一応閉まっていますが簡単に入れます(多分動物も余裕で入ってくる所以です。
1978年のポスター。42年前で打ち捨てられたようですね・・?このすぐ手前にある日向林道の唐沢橋ができたのが1975年ですから、できて小屋もできて3年くらいで放置されてしまったということでしょうか。それとも仮設橋なんかが先にできていたのでしょうか。
→このポスターが最低でも7年間は貼ったまま活動されていた可能性があります。
2020年11月23日 09:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1978年のポスター。42年前で打ち捨てられたようですね・・?このすぐ手前にある日向林道の唐沢橋ができたのが1975年ですから、できて小屋もできて3年くらいで放置されてしまったということでしょうか。それとも仮設橋なんかが先にできていたのでしょうか。
→このポスターが最低でも7年間は貼ったまま活動されていた可能性があります。
3
温湿度計。壊れているかは調べ忘れました。
2020年11月23日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温湿度計。壊れているかは調べ忘れました。
千貯がどこのことかわかりませんが、ミニバスが走っていた時期もあったみたいです。
2020年11月23日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千貯がどこのことかわかりませんが、ミニバスが走っていた時期もあったみたいです。
勤務時間割振表
2020年11月23日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勤務時間割振表
これは1985年度の指定日・変休日一覧表?先程のポスターは最低7年間は張りっぱなしだったということですかね・・?35年前の品がでてきました。
2020年11月23日 09:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは1985年度の指定日・変休日一覧表?先程のポスターは最低7年間は張りっぱなしだったということですかね・・?35年前の品がでてきました。
2
小屋裏の様子。
2020年11月23日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋裏の様子。
トイレがあります。
2020年11月23日 09:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレがあります。
左の扉は開きません。
2020年11月23日 09:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の扉は開きません。
宿舎のすぐ先(寸又峡側からは手前)の唐沢橋手前(寸又峡側からは奥)にちょっと危なめの崩壊地があります。諸沢山南尾根〜アンテナ尾根までの注目すべき崩壊地2つのうちの1つです。
2020年11月23日 09:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿舎のすぐ先(寸又峡側からは手前)の唐沢橋手前(寸又峡側からは奥)にちょっと危なめの崩壊地があります。諸沢山南尾根〜アンテナ尾根までの注目すべき崩壊地2つのうちの1つです。
固まっていますが、こんな感じのところを通過します。
2020年11月23日 09:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固まっていますが、こんな感じのところを通過します。
2
少し離れてこんな感じ。
2020年11月23日 09:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し離れてこんな感じ。
1
唐沢橋。1975年10月。
2020年11月23日 10:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢橋。1975年10月。
唐沢橋を過ぎて500mほどで無想吊橋の下降点があります。
2020年11月23日 10:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢橋を過ぎて500mほどで無想吊橋の下降点があります。
1
やや崩れやすい急坂を木を掴みながら下ってからはザレのトラバース。トラロープはほとんど用をなしません。
2020年11月23日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや崩れやすい急坂を木を掴みながら下ってからはザレのトラバース。トラロープはほとんど用をなしません。
丸太橋を渡って、
2020年11月23日 10:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋を渡って、
ついに憧れの、、
2020年11月23日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに憧れの、、
2006年にテレビで取り上げられたときからずっと憧れていた無想吊橋にやっとこれました。
2020年11月23日 10:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2006年にテレビで取り上げられたときからずっと憧れていた無想吊橋にやっとこれました。
3
ワイヤーも2本くらいしか生きてませんし、もう絶対に渡れませんね・・。
2020年11月23日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイヤーも2本くらいしか生きてませんし、もう絶対に渡れませんね・・。
1
最初からもう踏板がありません。
2020年11月23日 10:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からもう踏板がありません。
1
下から見てみる。
2020年11月23日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見てみる。
ワイヤーを歩いて二枚目のとこまで来てのんびりしていました。
2020年11月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイヤーを歩いて二枚目のとこまで来てのんびりしていました。
1
なんてことだ・・。
2020年11月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんてことだ・・。
1
現役の頃に渡ってみたかったな。
2020年11月23日 10:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現役の頃に渡ってみたかったな。
1
足が浮いている。
2020年11月23日 10:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が浮いている。
1
無想吊橋で飲むコーヒーは最高だねえ。
2020年11月23日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無想吊橋で飲むコーヒーは最高だねえ。
1
無想吊橋の先の林道は安定しているところが多いです。
2020年11月23日 11:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無想吊橋の先の林道は安定しているところが多いです。
遠景「無想吊橋」
2020年11月23日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠景「無想吊橋」
1
不動岳の一部。
2020年11月23日 11:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳の一部。
1
奥に見えるのは合地山?
2020年11月23日 11:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは合地山?
1
比較的容易に通過可能。
2020年11月23日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的容易に通過可能。
鍵がかかっています。
2020年11月23日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵がかかっています。
1
源平崩れです。諸沢山南尾根〜アンテナ尾根までの注目すべき崩壊地2つのうちの1つです。
2020年11月23日 11:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源平崩れです。諸沢山南尾根〜アンテナ尾根までの注目すべき崩壊地2つのうちの1つです。
1
踏跡はついている。
2020年11月23日 11:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏跡はついている。
1
やや不安定なところもあるが、そこまで困ることもなく通過できた。
2020年11月23日 11:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや不安定なところもあるが、そこまで困ることもなく通過できた。
1
反対側から見ると結構ヤバそうに見える(実際ヤバくなくはない。
2020年11月23日 11:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側から見ると結構ヤバそうに見える(実際ヤバくなくはない。
1
コケがいい感じ。
2020年11月23日 11:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケがいい感じ。
このレールの下を見やると・・。
2020年11月23日 11:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このレールの下を見やると・・。
小屋がありました。巨人用の梯子のようなレールを使って急坂を降りました。
2020年11月23日 11:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋がありました。巨人用の梯子のようなレールを使って急坂を降りました。
逆河内宿舎のうち一番手前にある小屋です。まさかの2階建てでここは2階の入口。
2020年11月23日 11:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆河内宿舎のうち一番手前にある小屋です。まさかの2階建てでここは2階の入口。
1993年のポスターがある。27年前にはまだ現役だったということだろうか。
2020年11月23日 11:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1993年のポスターがある。27年前にはまだ現役だったということだろうか。
1
なるほど年末調整。
2020年11月23日 11:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど年末調整。
1
エロ本だらけでした。
2020年11月23日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エロ本だらけでした。
2
エロ本部屋の引き出しの中はなんであんなんなってるんだろう・・。他は綺麗なのに・・。
2020年11月23日 11:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エロ本部屋の引き出しの中はなんであんなんなってるんだろう・・。他は綺麗なのに・・。
2階の一番北にあるこの部屋も使いやすそう。
2020年11月23日 12:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階の一番北にあるこの部屋も使いやすそう。
1
カレンダーも1993年ですね。
2020年11月23日 12:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレンダーも1993年ですね。
飲めそうなウイスキー。
2020年11月23日 12:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲めそうなウイスキー。
1
ここは倉庫だろうか。
2020年11月23日 12:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは倉庫だろうか。
1階にある風呂場。
2020年11月23日 12:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階にある風呂場。
1階にあるトイレ。
2020年11月23日 12:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階にあるトイレ。
1階にあるトイレ。
2020年11月23日 12:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階にあるトイレ。
トイレの入口。
2020年11月23日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの入口。
1階の廊下。
2020年11月23日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階の廊下。
キッチン。めっちゃ綺麗です。
2020年11月23日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キッチン。めっちゃ綺麗です。
1
キッチンの棚。
2020年11月23日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キッチンの棚。
お酒はあいていました。
2020年11月23日 12:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お酒はあいていました。
キッチンわきから1階の外に出れます。
2020年11月23日 12:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キッチンわきから1階の外に出れます。
外との間にはボイラー。
2020年11月23日 12:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外との間にはボイラー。
1階の入口です。
2020年11月23日 12:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階の入口です。
1階外からの外観。2階の入口は山側にありましたが、1階は谷側に出られます。
2020年11月23日 12:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階外からの外観。2階の入口は山側にありましたが、1階は谷側に出られます。
作業道が逆河内川まで続いているようです。ここから不動岳の東尾根に至る道もあった模様。
2020年11月23日 12:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道が逆河内川まで続いているようです。ここから不動岳の東尾根に至る道もあった模様。
キッチンの隣の寝室・・?
2020年11月23日 12:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キッチンの隣の寝室・・?
隣がキッチン。
2020年11月23日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣がキッチン。
なんかヤケに新しく見えるが・・。
2020年11月23日 12:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかヤケに新しく見えるが・・。
1階の倉庫。
2020年11月23日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階の倉庫。
1階の確か北から2番目の部屋。南からトイレ、キッチン+寝室、この部屋、一番奥の部屋です。
2020年11月23日 12:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階の確か北から2番目の部屋。南からトイレ、キッチン+寝室、この部屋、一番奥の部屋です。
これは食材が腐った成れの果てなのだろうか・・?廃屋でよく見る汚い物体。
2020年11月23日 12:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは食材が腐った成れの果てなのだろうか・・?廃屋でよく見る汚い物体。
1階の一番北の部屋は暗いが比較的綺麗か。
2020年11月23日 12:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1階の一番北の部屋は暗いが比較的綺麗か。
冷蔵庫の中のトマトジュースが20年以上前の未開封のものだった。
2020年11月23日 12:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷蔵庫の中のトマトジュースが20年以上前の未開封のものだった。
2階の廊下。
2020年11月23日 12:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階の廊下。
2階はエロ本部屋以外はめっちゃ綺麗な部屋ばかり。
2020年11月23日 12:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階はエロ本部屋以外はめっちゃ綺麗な部屋ばかり。
1
千頭営林署 合地山製品事業所 逆河内製品作業場
2020年11月23日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭営林署 合地山製品事業所 逆河内製品作業場
この扉はあきません。
2020年11月23日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この扉はあきません。
外にも北側に1階に降りる階段がある。
2020年11月23日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外にも北側に1階に降りる階段がある。
カーブミラーの定番。
2020年11月23日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブミラーの定番。
日向林道素晴らしい。展望がよい。
2020年11月23日 12:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向林道素晴らしい。展望がよい。
諸沢山南尾根取付きまできました。
2020年11月23日 12:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸沢山南尾根取付きまできました。
知り合い2人によると千頭ダム〜諸沢山南尾根取付きは大したことがなかったらしいが・・。
2020年11月23日 12:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知り合い2人によると千頭ダム〜諸沢山南尾根取付きは大したことがなかったらしいが・・。
尾根を林道で乗越すと暗くなりました。
2020年11月23日 12:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を林道で乗越すと暗くなりました。
寸又橋で寸又川を渡ります。
2020年11月23日 13:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寸又橋で寸又川を渡ります。
1
1973年10月竣功。
2020年11月23日 13:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1973年10月竣功。
さて楽々行けるかー?
2020年11月23日 13:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて楽々行けるかー?
この崩壊地はどうだろうか・・。
2020年11月23日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この崩壊地はどうだろうか・・。
踏跡はあるが足場を固めながら進まないと大分ヤバい感じ・・、と頑張っていたらその先で完全に踏跡が消えてしまいました。写真なんて絶対撮れる状態ではありませんでした。
泥を含んだ砂利が流れて固まってしまっている様子・・。足場を作れる感じじゃないし・・、と上や下を見ていると、前夜廃宿舎で一緒だった釣人が崩壊地の向こうから歩いてきて「戻って下るしかない」との指示をくれました。
因みに問題箇所に至るまでも大分ヤバいので戻るのも一苦労でしたし、写真なんて絶対撮ることができませんでした。
2020年11月23日 13:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏跡はあるが足場を固めながら進まないと大分ヤバい感じ・・、と頑張っていたらその先で完全に踏跡が消えてしまいました。写真なんて絶対撮れる状態ではありませんでした。
泥を含んだ砂利が流れて固まってしまっている様子・・。足場を作れる感じじゃないし・・、と上や下を見ていると、前夜廃宿舎で一緒だった釣人が崩壊地の向こうから歩いてきて「戻って下るしかない」との指示をくれました。
因みに問題箇所に至るまでも大分ヤバいので戻るのも一苦労でしたし、写真なんて絶対撮ることができませんでした。
2
戻ってこの目印のところから下ります。
2020年11月23日 13:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってこの目印のところから下ります。
1
河原まで道がついていました。
2020年11月23日 13:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原まで道がついていました。
本当はこの辺からトラバースでよかったんですが、道を辿って河原まで降りてしまいました。しかし降りても特に道はなく登り返しが大変だったので崩壊地下をトラバースでいいと思います。
2020年11月23日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はこの辺からトラバースでよかったんですが、道を辿って河原まで降りてしまいました。しかし降りても特に道はなく登り返しが大変だったので崩壊地下をトラバースでいいと思います。
寸又川に降りてきました。もはやここから天地吊橋まで歩いた方が楽なんではという感じ。渡渉は大変ですが・・。
2020年11月23日 13:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寸又川に降りてきました。もはやここから天地吊橋まで歩いた方が楽なんではという感じ。渡渉は大変ですが・・。
崩壊地の下をトラバースしながら登っていきます。道ははっきりしなかったので、千頭ダム側から巻く場合は注意が必要でしょうね。ガレの下りとなると思います。
2020年11月23日 13:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の下をトラバースしながら登っていきます。道ははっきりしなかったので、千頭ダム側から巻く場合は注意が必要でしょうね。ガレの下りとなると思います。
問題箇所を崩壊地の反対側から見てみました。写真で見ると難しいですが、中央辺りの急勾配の地面が完全に流れて固まってしまっています。
釣人曰く昨日は問題なく通れたが、昨晩の風雨で流れてしまったに違いないとのことでした。しかし助言のおかげで短時間で突破できました。ありがとうございます。
2020年11月23日 13:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題箇所を崩壊地の反対側から見てみました。写真で見ると難しいですが、中央辺りの急勾配の地面が完全に流れて固まってしまっています。
釣人曰く昨日は問題なく通れたが、昨晩の風雨で流れてしまったに違いないとのことでした。しかし助言のおかげで短時間で突破できました。ありがとうございます。
1
この先は平和か・・?
2020年11月23日 13:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は平和か・・?
どうみてもヤバい崩壊がまだもう1個残っていました。鹿が3頭崩壊を崩しながら走っていきましたが正気か!?
2020年11月23日 14:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうみてもヤバい崩壊がまだもう1個残っていました。鹿が3頭崩壊を崩しながら走っていきましたが正気か!?
1
上まで伸びているロープが2本。上巻きの方が確かに安全そうな気も・・?
2020年11月23日 14:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上まで伸びているロープが2本。上巻きの方が確かに安全そうな気も・・?
まずは1個目を突破すると一時の安定ゾーンがある。ここの突破は何とかなる。
2020年11月23日 14:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは1個目を突破すると一時の安定ゾーンがある。ここの突破は何とかなる。
渡ってきた反対側から見ると大分ヤバそうに見えますが・・。
2020年11月23日 14:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡ってきた反対側から見ると大分ヤバそうに見えますが・・。
1
崩壊地の一時の安らぎゾーンから丸盆岳や不動岳の山並み。
2020年11月23日 14:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地の一時の安らぎゾーンから丸盆岳や不動岳の山並み。
1
この先が距離も長くてヤバい。
2020年11月23日 14:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先が距離も長くてヤバい。
鹿のように足場を崩しながらの突破となりましたが、今回は直突破しました。なかなか距離も長いのがヤバいね。
2020年11月23日 14:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿のように足場を崩しながらの突破となりましたが、今回は直突破しました。なかなか距離も長いのがヤバいね。
1
崩壊地を渡った先から見るとこんな感じ。足場がズルズル崩れそうなのが見て取れる・・。
2020年11月23日 14:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地を渡った先から見るとこんな感じ。足場がズルズル崩れそうなのが見て取れる・・。
1
上巻きもだるそうですね・・。
2020年11月23日 14:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上巻きもだるそうですね・・。
さきほどの崩壊地の先は問題になるような箇所はありませんでした。
2020年11月23日 14:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さきほどの崩壊地の先は問題になるような箇所はありませんでした。
不動岳東尾根と丸盆岳東尾根、天地吊橋。
2020年11月23日 14:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動岳東尾根と丸盆岳東尾根、天地吊橋。
さて千頭ダムまで下ります。
2020年11月23日 15:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて千頭ダムまで下ります。
途中にあった廃屋。
2020年11月23日 15:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった廃屋。
意外と中のモノの状態がよい!?
2020年11月23日 15:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と中のモノの状態がよい!?
2階から入れた模様。
2020年11月23日 15:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階から入れた模様。
まさかの1962年の新聞・・。ついに58年前にまできてしまったよ。
2020年11月23日 15:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかの1962年の新聞・・。ついに58年前にまできてしまったよ。
3
下山時に下へ行くと罠らしい。直進が正解。これは間違える・・。
2020年11月23日 15:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時に下へ行くと罠らしい。直進が正解。これは間違える・・。
2
ここから天地吊橋に行く人がいるのだろうか・・?
2020年11月23日 15:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから天地吊橋に行く人がいるのだろうか・・?
千頭ダムからは自転車で戻ります。
2020年11月23日 15:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千頭ダムからは自転車で戻ります。
1
ネクターで回復。観光客(ほとんどカップル)がまだまだたくさん歩いているのでデカザックで自転車で通過は超浮いてしまいました。
2020年11月23日 16:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネクターで回復。観光客(ほとんどカップル)がまだまだたくさん歩いているのでデカザックで自転車で通過は超浮いてしまいました。
1
この日は湯屋飛龍の宿で日帰り入浴。気持ちよかったです。
2020年11月23日 17:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は湯屋飛龍の宿で日帰り入浴。気持ちよかったです。
1
下山後はE氏宅で飲み語らいました。
2020年11月23日 20:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後はE氏宅で飲み語らいました。
1
最近はこのミニラーメンにハマっているらしい。これ考えたやつにノーベル賞くれてやりたいらしいです。
2020年11月23日 21:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近はこのミニラーメンにハマっているらしい。これ考えたやつにノーベル賞くれてやりたいらしいです。
2
朝は山と高原地図南ア南部執筆者の岸田さんらともお話しました。
2020年11月24日 09:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は山と高原地図南ア南部執筆者の岸田さんらともお話しました。
3

感想/記録

ようやく念願の諸沢山〜合地山と無想吊橋に行ってくることができました。なかなか濃い山登りをしてくることができてとても満足です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:712人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/27
投稿数: 1
2020/12/1 0:12
 すばらしい
写真多数の詳細な記録は貴重で、参考になります
登録日: 2014/1/18
投稿数: 713
2020/12/1 10:03
 昭和の臭い
Evergreenさん、こんにちは。
大井川東俣に行きたくて、Evergreenさんのレコをしばしば拝見しています。
凄いですね〜、若くて意欲的な山行に関心します。
夢想吊橋というのは知れませんでしたが、テレビで取材されていたのですか?

なにより、宿舎内のレポは面白かったです。私の実家の浜松では、織物業を営んでいたので女工さんたちの宿舎は、まさにこんな感じの生活でした(エロ本はないけど)
懐かしい昭和の雑貨や米びつや冷蔵庫まで、詳しく紹介してくださってありがとうございます。

これからもレコを楽しみにしています
登録日: 2013/5/15
投稿数: 3188
2020/12/1 19:48
 懐かしいな。
Evergreenさん、こんばんは。
貴重な記録ありがとうございます!  ひさしぶりにエロ本見たくなりました。

この山域、Evergreenさん、とりあたまさんが詳しく記録を残しているので自分としては本当にとても助かっています。
日向林道の崩壊地も5年ほど前はガチガチで師匠とピッケル持参で行ったものですが、春にビビりながら行った時に数年経つと上に柔らかい土砂が乗り随分と歩きやすくなるものだと知りました。

友人からの情報では左岸林道、お立ち台から直ぐ先の崩壊地も同様に歩き易くなり高巻きせずに通過出来るようです。
年末は暇なので深南部に行くようなら誘ってくださいね(笑)
登録日: 2015/7/10
投稿数: 35
2020/12/10 18:27
 密着!日向林道
お疲れ様です〜
随分念入りに宿舎の探索をされましたね
ヤマレコ側にこれだけ詳細に日向林道の状況がうpされるのは久しぶりな気がしますね
あの2階建て廃宿舎は林鉄時代は入り口のすぐ横を列車が走っており、林道時代に再度製品事業所として利用されたので、林鉄時代の遺構としては異例の耐久年数を誇ってますね〜…

まだ日向林道沿いの探索が少し残ってますが、序盤の押し出しが固くなってしまいましたか…また強行突破ルートを作らんとならんようですね
天地からの下りのロープはお役に立ったようで…ただあのまま真っ直ぐ下降ではなく、下流へ向かって少しトラバースして河原に下りるルートが釣り師の道でして、そっちにもロープを張っておいたんですが、ロープが足りなくなって見失ってしまわれましたね…反省

kaiさんも仰ってますが、左岸林道はkaiさんが一通した一昨年と比べて、獣さんが道を作ってくれたようで、お立ち台1km先の崩れも柔らかくなって無手で通過できました♪
最悪の分断だと思われた小根沢小屋から先の崩壊も問題なく通過でき、少なくとも大根沢小屋まではノンザイルでお立ち台から4時間程で到達できたので、大根沢橋近辺が獣道が出来ていれば普通に歩き通せそうです…年始はそっちへ注力です!
因みに…小根沢小屋「不動岳の間」は使えるように掃除をして、私のシェラフやら一時的にデポしておりますのでご容赦を…
布団やマットは小根沢小屋の最奥の小屋にきちんと保存されてましたので、不動の間まで運んでくる気力があれば、立派な旅館になりますww

それでは長文駄文ご容赦を…
登録日: 2011/6/3
投稿数: 267
2020/12/17 0:08
 Re: すばらしい
trueno53さん

参考にしていただけたならたくさんあげた甲斐があって嬉しいです。
登録日: 2011/6/3
投稿数: 267
2020/12/17 0:21
 Re: 昭和の臭い
naoeさん

東俣は堰堤より上流は危険なく歩けるところが多いので楽園ですね。ぜひいつか行かれてください。
無想吊橋は15年ほど前の話になりますが、バラエティ番組で怖い吊橋のワースト1として紹介されていました。

なんと。自分はそういった経験はなかったのですが、残されたものから当時を想像するのはなかなか楽しかったです。

ありがとうございます!
登録日: 2011/6/3
投稿数: 267
2020/12/17 0:34
 Re: 懐かしいな。
kaikaireiさん

廃屋も割と好きなので詳しくあげておきましたw

雨で流れた直後しばらくだけ固まっている感じなんですかねー。それなりに危険なことには変わりはありませんが、ガチガチだと全くどうしようもないので柔らかい土砂が乗ってくれるのはありがたいですね。

左岸林道、神明発や諸沢山や椹沢山の尾根も視野に入れていた自分としては耳寄りな情報です。
一緒に歩いてみたいと思っていたのでよろしくお願いします!
登録日: 2011/6/3
投稿数: 267
2020/12/17 0:44
 Re: 密着!日向林道
tori-atamaさん

なんという詳しさ・・。業者の方でしょうか?w
こういった廃墟好きの自分としてはなかなか異例なレベルで楽しめる廃宿舎でした。

固くなって直トラバースが無理になったとはいえ、大分下を容易に巻けるので問題ないとは思いますけどね。もう一箇所が柔らかすぎてちょっと嫌だなぁとは思いながら通りましたが・・。
天地からのルートは上部がめっちゃロープ綺麗だったのでいきなりなくなって見失ってしまいましたね。まぁここも上流側トラバースで下れたので問題なかったといえばなかったですが、下流でしたか・・。しばらく河原着地点が微妙にも見えましたが・・。

来年は左岸林道ですか。左岸林道はやらないのかな・・とか淡い期待をいだいておりましたが、やはりやられますかw 他人頼りな感じでアレなのですが、とても期待して見守っております!!「不動岳の間」とかもそもそもなんのことかわかっていませんが、年始からの記録を楽しみにしておりますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ