また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2763659 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

秋田駒ケ岳(田沢湖スキー場から)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2008年02月10日(日) ~ 2008年02月11日(月)
メンバー , その他メンバー3人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
過去天気図(気象庁) 2008年02月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

 先週に続いて秋田駒に出かけてきました。
 今回は、会の仲間4人で田沢湖スキー場からの入山です。
 自分にとっては初めて田沢湖スキー場から入山となりました。

 7時に滝沢村役場で待ち合わせをして、車1台で田沢湖スキー場を目指します。
 この時期、仙岩トンネルを抜け田沢湖町に入ると、「やっぱり雪が多いなあ!」となるのですが、とても雪が少なく、まるで春の感じです。
 スキー場方面に登っていっても、道路横の雪はとても少なかったです。
 そのまま、かもしか駐車場に車を停め、支度をして出発です。

 秋田駒を目指すにはリフト2本を乗り継ぐのですが、閉鎖されたリフトがあり、かもしかクワッドリフトから銀嶺第3リフトに乗り継ぎます。
 銀峰第3リフトの乗り口で登山届の提出を求められるので、あらかじめ用意していけばいいですね。
 リフトを降り、いよいよ9時45分に登山開始です。

 30分ほどスキーで登りましたが、雪の状態、斜面の状態をみて、山スキーを諦めることにしました。
 ここからはスキーを背負って登ります。(う〜、重い・・・。)
 風はそこそこ吹いているのですが、そんなに冷たい風ではなく、視界もそこそこあり、冬山としては良いコンディションです。
 男岳頂上が見えるころには、風はさらに弱くなり、11時55分の男岳頂上到着時はほとんど無風状態でした。
 ただ残念なことにガスで展望は望めなかったことから、そそくさと阿弥陀池方面に下山を始めました。
 途中、男岳分岐付近でガスが晴れてきたことから、そのまま大休止を入れました。

 大休止後、再び山スキーを履き、阿弥陀小屋を目指します。
 小屋は視認でき、まっすぐ小屋に到着しました。
 とりあえず荷物を小屋に上げようとなりましたが、小屋の入口付近は雪で埋もれていました。
 今日はここでお泊りなので、まずは雪かきをして中に入ります。
 中にテントを張り、荷物は小屋において、再び外に出て、付近を歩くことにしました。

 まずは山スキーで男女岳に登ります。
 8合目避難小屋方面から2パーティほど登ってきたのが見えましたが、いずれも小屋に来る前に戻ったようでした。
 男女岳頂上からは遠望はできませんでしたが、頂上の外輪山?みたいなところを1周しました。
 風は相変らずほとんどなく、とても厳冬期の山という感じではありません。
 一度阿弥陀小屋に戻ったところで、太陽が出てきて、どんどん晴れ間が広まってきました。
 太陽の光がとても暖かく感じると、とても小屋に入る気はしません。
 そこで、小屋裏から横岳に続く稜線に登り始めました。
 稜線からは、大焼砂から横長根の稜線、小岳、女岳、男岳、そして奥には田沢湖が見ることができました。
 あまりの絶景に、しばし景色を眺めていました。
 ふと振り返ると、岩手山が少し姿を現してきました。
 そのまま稜線沿いに少し進んでから、小屋に戻りました。
 小屋前でまたまた景色をたっぷり楽しんでから、小屋に入り、ゆっくり夜を楽しみました。

 夜は穏やかでした。
 時折風が吹いていましたが、1階にある時計の音が気になるくらい静かな夜でした。
 翌朝、なかなかシュラフから出ることができず、結局7時前に這い出ることになりました。
 朝食をとり、装備を確認し、外に出ます。
 青空を期待したのですが、外はうっすらとガスが広がっています。
 支度をしてるときに、4人ほどのパーティが小屋に到着しました。
 どうやら8合目避難小屋に泊まったパーティが登ってきたようです。
 こちらは行き違いになるように、下山開始です。
 まずはシールをつけたまま、8合目避難小屋に下ります。
 途中雪に突っ込んだりしましたが、まあいつもこんな感じです。
 8合目避難小屋からはシールを外し、夏道を滑っております。
 夏道は雪上車で圧雪されており、とても快適に滑っていきます。
 途中、アッスルスキー場の第3リフト脇のゲレンデを滑り、再び夏道に戻ります。
 ここからは圧雪されていない雪道を滑っていきます。
 程よい斜度と適度な広さのおかげでなかなか快適な滑りになりました。
 かもしか駐車場に曲がるT字路に出たところで、本日の山行は終了です。
 ここから歩いて駐車場の車を取りに行き、荷物を積んだら「アルパこまくさ」で汗を流し、蜂蜜屋さんと善五郎豆腐店に寄り道をしてから、岐路に着きました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:35人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ