また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2769855 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

比叡山坂本 西教寺と坂本城址でお勉強〜🎵

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ・曇り。ひんやりとしたお天気です。ちょい手が冷たいです。
アクセス
利用交通機関
電車
JR湖西線の比叡山坂本駅をスタート、ゴールです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間5分
休憩
1時間15分
合計
3時間20分
S比叡山坂本駅11:3511:55西教寺12:5513:45坂本城址14:0014:55比叡山坂本駅14:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです。時間は概ね(写真撮影時刻より)です。
コース状況/
危険箇所等
特に問題無し。
その他周辺情報比叡山坂本駅にて、びわ湖大津「光秀大博覧会」のマップを配布してます。
◆西教寺
http://saikyoji.org/smarts/index/1/
西教寺は拝観料500円です。

坂本城址では、ボランティアの方が案内されてました。ご苦労様です❗
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

JR比叡山坂本駅から、とても遅いスタートです。
思いつきの散策だしね🎵
幟がありますね〜🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR比叡山坂本駅から、とても遅いスタートです。
思いつきの散策だしね🎵
幟がありますね〜🎵
9
比叡山が見えてます。曇り空です。
足洗川沿いを歩きます。ちょっぴり登ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比叡山が見えてます。曇り空です。
足洗川沿いを歩きます。ちょっぴり登ってます。
5
振り返れば、琵琶湖が見えてきました。ランドマークの三上山だね🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、琵琶湖が見えてきました。ランドマークの三上山だね🎵
10
西教寺にやってきました。
観光客もパラパラ程度です。
密回避はできますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西教寺にやってきました。
観光客もパラパラ程度です。
密回避はできますね。
9
紅葉の名所ですけど、紅葉🍁は終わりです。
人が少なくてええけどね😁
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の名所ですけど、紅葉🍁は終わりです。
人が少なくてええけどね😁
8
大本坊から靴を脱いで、建物内をぐるりとおじゃまします。密はありません。ちょい冷えます😷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大本坊から靴を脱いで、建物内をぐるりとおじゃまします。密はありません。ちょい冷えます😷
5
ミーハーで、すいません💦
撮って頂きました。失礼しました❗
普段着で荷物無しの手ぶらです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミーハーで、すいません💦
撮って頂きました。失礼しました❗
普段着で荷物無しの手ぶらです。
12
本堂から見た鐘楼(重要文化財)です。坂本城の陣鐘(非公開)を光秀が寄進したそうです。

続いて、本堂内部(撮影禁止)を拝観します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本堂から見た鐘楼(重要文化財)です。坂本城の陣鐘(非公開)を光秀が寄進したそうです。

続いて、本堂内部(撮影禁止)を拝観します。
9
客殿(重要文化財)です。

豊臣秀吉の伏見城にあった旧殿が移築されてます。内部には狩野派の襖絵が・・、見てません💦
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
客殿(重要文化財)です。

豊臣秀吉の伏見城にあった旧殿が移築されてます。内部には狩野派の襖絵が・・、見てません💦
8
小堀遠州作の客殿庭園です。

中央の池泉は、琵琶湖の姿を取り入れた瓢型です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小堀遠州作の客殿庭園です。

中央の池泉は、琵琶湖の姿を取り入れた瓢型です。
11
書院内部です。
伝統的な書院造りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書院内部です。
伝統的な書院造りです。
8
外(境内)に出て、本堂(重要文化財)です。立派です❗

内部の欅の素木造り欄間は、豪華でした。阿弥陀如来さま、手白猿(てじろのましら)さまにご挨拶しました。癒されましたね🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外(境内)に出て、本堂(重要文化財)です。立派です❗

内部の欅の素木造り欄間は、豪華でした。阿弥陀如来さま、手白猿(てじろのましら)さまにご挨拶しました。癒されましたね🎵
8
明智光秀一族のお墓です。
合掌😔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明智光秀一族のお墓です。
合掌😔
6
光秀の内室・煕子(ひろこ)さんのお墓です。光秀より6年前に亡くなってます。合掌😔
穴太積みの石垣がなにげにええです🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光秀の内室・煕子(ひろこ)さんのお墓です。光秀より6年前に亡くなってます。合掌😔
穴太積みの石垣がなにげにええです🎵
7
光秀君の飛び出し坊やです🎵
滋賀県だね〜🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光秀君の飛び出し坊やです🎵
滋賀県だね〜🎵
13
宗祖大師殿の唐門です。
撮って頂きました🎵

チェックすべきは、唐門越しの琵琶湖の風景と麒麟の彫り物です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宗祖大師殿の唐門です。
撮って頂きました🎵

チェックすべきは、唐門越しの琵琶湖の風景と麒麟の彫り物です。
8
・・で、額縁風景は・・、スマホではいまいちです💦
紅葉も終わってますからね😅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・で、額縁風景は・・、スマホではいまいちです💦
紅葉も終わってますからね😅
5
三羽雀の家紋、天台真盛宗の紋章ですかね(勉強中❗)
可愛いです🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三羽雀の家紋、天台真盛宗の紋章ですかね(勉強中❗)
可愛いです🎵
9
はい❗出ましたよ〜❗
唐門に、「麒麟がくる」ですよ〜🎵
2体の麒麟が彫られてます。わかるかな❓️
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい❗出ましたよ〜❗
唐門に、「麒麟がくる」ですよ〜🎵
2体の麒麟が彫られてます。わかるかな❓️
10
可愛い猿瓦ありましたね🎵
屏の瓦に複数体、遊んでますね〜🎵

◆坂本一帯の神社仏閣では、猿は神様の使いとされ、日吉大社の神猿(まさる)に対し、西教寺は護猿(まもりざる)と呼ばれているとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛い猿瓦ありましたね🎵
屏の瓦に複数体、遊んでますね〜🎵

◆坂本一帯の神社仏閣では、猿は神様の使いとされ、日吉大社の神猿(まさる)に対し、西教寺は護猿(まもりざる)と呼ばれているとのこと。
9
境内の別場所からの琵琶湖・三上山です。
たいへん勉強になりました。ありがとうございました❗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内の別場所からの琵琶湖・三上山です。
たいへん勉強になりました。ありがとうございました❗
8
お土産コーナーで、『菊寿司(ちらし寿司500円)』をゲット❗
『菊御膳(要予約2750円?)』は、無理だしね💦
菊の花(坂本菊)がまぶされ、美味しゅうございました😋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お土産コーナーで、『菊寿司(ちらし寿司500円)』をゲット❗
『菊御膳(要予約2750円?)』は、無理だしね💦
菊の花(坂本菊)がまぶされ、美味しゅうございました😋
9
坂本城址に向けて歩きます。
穴太積みの石垣屏がええね〜🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本城址に向けて歩きます。
穴太積みの石垣屏がええね〜🎵
4
坂本横小路の街並みです。
いい感じですよ🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本横小路の街並みです。
いい感じですよ🎵
5
京阪電車石坂線を渡ります。
鉄チャンではないので、何形式かはわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京阪電車石坂線を渡ります。
鉄チャンではないので、何形式かはわかりません。
7
坂本城址の石碑にきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂本城址の石碑にきました。
6
本丸跡地です。
琵琶湖の中です。民間敷地内ですが一般開放されてます。感謝です❗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本丸跡地です。
琵琶湖の中です。民間敷地内ですが一般開放されてます。感謝です❗
8
石垣が・・、なんとなく有ることがわかりますが・・。
案内が無いと、単なる湖岸です💦
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣が・・、なんとなく有ることがわかりますが・・。
案内が無いと、単なる湖岸です💦
10
豪壮華麗な城を妄想します🤔

琵琶湖の絶景が素晴らしい空間であったでしょうね🎵
対岸の安土城も見えたのではないかと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪壮華麗な城を妄想します🤔

琵琶湖の絶景が素晴らしい空間であったでしょうね🎵
対岸の安土城も見えたのではないかと思います。
6
頂いたチラシのイメージイラストです。
こんな感じで建ってたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂いたチラシのイメージイラストです。
こんな感じで建ってたようです。
9
公園になっている坂本城址です。
光秀の石像さんです。4頭身❓️

ボランティアの方が、寒い中、案内されてます。ご苦労様です❗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園になっている坂本城址です。
光秀の石像さんです。4頭身❓️

ボランティアの方が、寒い中、案内されてます。ご苦労様です❗
7
明智塚です。合掌😔

坂本城で戦死した将兵を祀ってます。光秀の愛刀も埋められたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明智塚です。合掌😔

坂本城で戦死した将兵を祀ってます。光秀の愛刀も埋められたそうです。
7
身体が冷えましたので、国道161号沿いの丸亀製麺で肉うどんセット(700円)を頂きました😋

食い過ぎたかな💦
駅まで戻って終了です❗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
身体が冷えましたので、国道161号沿いの丸亀製麺で肉うどんセット(700円)を頂きました😋

食い過ぎたかな💦
駅まで戻って終了です❗
13
【オマケ】
満月🌕️です🎵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オマケ】
満月🌕️です🎵
7
【オマケ】
スマホではいまいちです💦
寒いです😷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オマケ】
スマホではいまいちです💦
寒いです😷
10

感想/記録
by akinom

突然の思いつきで比叡山坂本を散策したものです。
大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんだ、明智光秀を偲んだ「歴史のお勉強レコ😁」です。
ドラマの比叡山焼き討ちとちょうどリンクしましたね😅

西教寺、坂本城跡も存在のみ知ってるだけで、初訪問でした。初めて知ることが多く勉強になりましたね。「坂本菊」は、知りませんでした💦(勉強中😷❗)

宣教師・フロイスが、「明智の築いた城は、豪壮華麗で信長の安土城に次ぐ、城である」と記しているとのこと。時代の流れに埋もれ、悲しい舞台となった坂本城は、どうだったのか湖岸で妄想しましたね🎵

比叡山坂本、西教寺さん、坂本城址に感謝です❗

◆西教寺(さいきょうじ)
天台系仏教の一派である天台真正盛宗の総本山。比叡山と関係の深い一寺院として平安時代中期頃に草創(推定)。
元亀2年(1571年)、織田信長による比叡山焼き討ちの際に焼失。その後、明智光秀が、この地に坂本城を築造。
光秀は坂本城と地理的にも近かった西教寺との関係が深く、寺の復興にも光秀の援助(推定)。光秀が戦死した部下の供養のため、西教寺に供養米を寄進した際の寄進状が寺に現存。境内には光秀の供養塔や光秀一族の墓がある。

◆坂本菊(食用菊)
延暦寺の開祖・最澄が、お茶や竹とともに日本に持ち帰り、平安時代から「坂本菊」と呼ばれる食用菊が育てられたと伝えられている。
松尾芭蕉も、堅田で菊なますを食した際に詠んだ句が、「蝶も来て酢を吸ふ菊の膾哉(なますかな)」。 
坂本の地では、「菊を食べないと秋が始まらない」と言われ、滋賀の伝統野菜として、食用菊が栽培されている。
坂本菊の郷土料理として、楽しめるのが西教寺。 11月中旬より、期間限定、完全予約制。 1日150膳のみ、菊づくしの郷土料理『菊御膳』がある。

◆坂本城(さかもとじょう)
織田信長の命を受けた明智光秀によって元亀3年(1572年)に築かれた、琵琶湖に面する平城。豪壮華麗な城であったと伝わる。天守構造は不明。本丸の石垣は、現在は湖中です。
天正10年(1582年)本能寺の変の後、山崎の合戦で光秀が敗死すると、坂本城も落城した。その後、秀吉の時代に再建されるが天正14年(1586年)頃に、大津へ拠点が移り、廃城した。
わずか14年のお城でした💦

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:357人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ