また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2770722 全員に公開 ハイキング 金剛山・岩湧山

太尾道〜金剛山〜青崩道

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
52分
合計
5時間14分
Sさわんど茶屋08:3509:49太尾塞跡09:4910:02六道の辻10:0510:20大日岳10:2010:29転法輪寺10:3710:39山頂広場10:5010:55転法輪寺10:5510:58金剛山10:5811:05一の鳥居11:0511:15大阪府最高地点11:1711:19ちはや園地展望台11:2711:31ちはや園地ピクニック広場11:3411:37ちはや園地展望台11:3711:48湧出岳11:4811:55金剛山11:5512:00転法輪寺12:0712:16大日岳12:1912:48セト12:5312:56電波管理所(青崩道と桐山・二河原辺道分岐)12:5613:45さわんど茶屋13:4813:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
太尾道も青崩道も整備が行き届いた登山道。どちらも水越峠からの出だしがしんどい。数箇所急登があるがよじ登るほどでは無い。山と高原の地図に「尾根筋を外れないように」と注意書きがあったが、その通り、まさにそこで進行方向を間違えた。太尾道の稜線は行きつけの六甲に無い幅広さがあるので、明確な踏み跡に見えたが実は違っていた。ところどころ標識が無い四角のような箇所があり、初めてだと地図が無いと迷うと思う。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

葛城山が見える
2020年11月29日 11:01撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城山が見える
2
向こうに大峰の山々が見える
2020年11月29日 11:20撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに大峰の山々が見える

感想/記録
by Azuree

金剛山を訪ねた。阪神間からは近いけど遠いところだが(公共交通機関を使うと先週の比叡山のほうがよほど早く楽に着く)、南阪奈道路を使って御所から回り込むと案外ストレスが少なくて済む。
この山域は水源確保のため一帯が杉の植林(保安林)になっていて、植生に面白みは感じられない。大和葛城山のくじらの滝コースに似たやや薄暗い登山道の印象だ。青崩道の一箇所だけ枯葉に埋め尽くされた所が突然出てきて、ブナ林のようだが、私はそういう明るい道を好む。
さて、この2つの登山道は普段登る六甲山系には無いネーミングでとても興味深い。青崩道の道中に出てくる「セト」もしかり。
太尾・・・ 太い稜線。その通り!尾根筋ながらグループキャンプが出来るくらい平坦な場所が何箇所も出てくる。
青崩・・・ 青い岩の土石流で掘られたような道が一箇所突然出てくる。不思議なことに、青い岩がゴロゴロと転がっているのはそこしかない。見た瞬間、だから「青崩(あおげ)か!」と得心した。
セト・・・ 合流(または分岐)点。名前の通り、分岐点だった。
眺望云々より、名前の由来に感心したハイクになりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:124人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ