また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2774365 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳日帰り、真教寺尾根から県界尾根へ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月01日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美しの森駐車場(無料)トイレはあるが閉まっていました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

7時半スタート、本当は6時頃スタートしたいのですが前日ギリギリまで仕事がハードなため朝が起きられません😖💦
2020年12月01日 07:32撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時半スタート、本当は6時頃スタートしたいのですが前日ギリギリまで仕事がハードなため朝が起きられません😖💦
1
天気は最高
2020年12月01日 07:44撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は最高
池を右に回り込むと赤岳への登山道があります
2020年12月01日 08:06撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池を右に回り込むと赤岳への登山道があります
1

スキー場のゲレンデのようなところを行きます
2020年12月01日 08:21撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す

スキー場のゲレンデのようなところを行きます
サンメドウズ清里スキー場トップから
2020年12月01日 08:57撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンメドウズ清里スキー場トップから
これも人工降雪機の仕業か!
2020年12月01日 08:59撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも人工降雪機の仕業か!
牛首山と目指す赤岳
2020年12月01日 09:05撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首山と目指す赤岳
1
牛首山に到着
2020年12月01日 10:20撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首山に到着
樹林越しに権現岳が立派
2020年12月01日 10:20撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林越しに権現岳が立派
1
稜線が近づいて来た。写真左は天狗尾根。
2020年12月01日 11:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が近づいて来た。写真左は天狗尾根。
天狗尾根
2020年12月01日 11:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗尾根
赤岳への登りは岩稜帯の急登です
2020年12月01日 12:29撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳への登りは岩稜帯の急登です
大天狗小天狗が目線に
2020年12月01日 12:30撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天狗小天狗が目線に
稜線目指して頑張ります
2020年12月01日 12:50撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線目指して頑張ります
登ってきた真教寺尾根
2020年12月01日 13:07撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた真教寺尾根
赤岳に到着、富士山もきれい
2020年12月01日 13:42撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳に到着、富士山もきれい
1
12月の赤岳は初めてですが雪は少ない気がする。
2020年12月01日 13:43撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12月の赤岳は初めてですが雪は少ない気がする。
県界尾根を下ります
2020年12月01日 13:47撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県界尾根を下ります
1
おもいっきり急降下
2020年12月01日 13:59撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おもいっきり急降下
1
岩場は少ないがかなり急です
2020年12月01日 14:00撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場は少ないがかなり急です
こちらは日陰で雪が多く、鎖は冷たくて滑るのでちょっと大変
2020年12月01日 14:19撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは日陰で雪が多く、鎖は冷たくて滑るのでちょっと大変
山頂からずっと鎖の連続でkiseさんお疲れ気味
2020年12月01日 14:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からずっと鎖の連続でkiseさんお疲れ気味
1
スパッツを忘れて靴の中には雪が侵入してますが、wool100%の靴下のお陰で足は温かい
2020年12月01日 14:35撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スパッツを忘れて靴の中には雪が侵入してますが、wool100%の靴下のお陰で足は温かい
今日は1日富士山と一緒
2020年12月01日 15:38撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は1日富士山と一緒
1
陽が傾いてきました
2020年12月01日 15:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が傾いてきました
急降下が終わりなだらかに
2020年12月01日 15:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急降下が終わりなだらかに
やっと笑顔で
2020年12月01日 15:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと笑顔で
暮れゆく赤岳
2020年12月01日 16:16撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暮れゆく赤岳
1
サンメドウズ清里スキー場に下りて来ました。ついにヘッドランプ点灯
2020年12月01日 16:53撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンメドウズ清里スキー場に下りて来ました。ついにヘッドランプ点灯
帰ってきました
2020年12月01日 17:20撮影 by SH-M08, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきました

感想/記録
by kise

美濃戸口からしか行ったことのない赤岳。
新田次郎の小説にも出てくる
真教寺尾根から登るのは楽しみでした。
牛首山を越えて急斜面に入ると高度も手伝って段々息が切れてきました。
でも登りは日向でまだ良かったのですが
下りの県界尾根はまさかの日陰で雪も多く
金属の鎖は冷えきって握る手に力が入らず
降りるのに手間取りました。
冬の鎖場は要注意ですね。
明るいうちに林道に出たのでホットしましたが、大門沢の砂防ダムの連続には驚きました。

感想/記録

正月の南アルプス上河内岳の予備山行として赤岳を選びましたが雪が少なそうでどうしようかと思いましたがまあ標高はあるのでトレーニングにはなると思い行ってきました。見た目に反して結構雪はあり充実した山行となりました。
美し森駐車場に車を停めて出発、時間は7時半。日帰りとしてはギリギリか!快晴の中を羽衣の池、サンメドウズスキー場と過ぎひと登りで牛首山に到着。樹林帯で展望は利かないが権現岳方面は少し開けてました。この辺りから雪が出始めましたが真教寺尾根は雪少なめな感じ。牛首山を越えしばらくはだらだらな道で標高が上がらないが赤岳の直下からガンガン登ります。鎖も多く厳冬期は厳しそう。前日からの疲れもあって稜線に上がる頃にはフラフラで立ちくらみ状態で立ち止まると倒れそうになりました。稜線は風もありヤッケを着込んで赤岳到着。先行者2名、文三郎から地蔵尾根とのこと。赤岳は初めてとのことで少々アドバイスをして我々は県界尾根へ。この県界尾根、山頂から激下り。鎖が張り巡らされていて凍った鎖にkiseさん難儀しているよう。激下りが終わると平穏な尾根となり日も傾き夕陽が赤岳を照らしていました。雪の量は県界尾根の方がかなり多い感じ。陽当たりが悪いのでしょう。小天狗分岐を過ぎてもしばらく雪がありました。何とか明るいうちに大門沢へ下りましたが途中で日没を迎えヘッドランプでの下山となりました。それほど寒くは感じませんでしたが温度計はマイナス4℃を指していました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:559人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ