また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2780402 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

押立山〜近江百山を歩く〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道229号線(百済寺甲上岸本線)の角井峠先の橋付近の空き地に駐車
Yottieさん、mifoさん、参考にさせていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間7分
休憩
3分
合計
2時間10分
Sスタート地点11:1712:23押立山12:2613:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道終点で、砂防堰堤を渡る。鉄塔巡視路を登る。プラ階段がところどころあります。テープ少なめで、落ち葉で踏み跡がわかりにくいですが、切株などよく見て尾根を登ります。そのうち、テープが増えてきます。一カ所、ルート上にテープで規制されていますが、読図して突破しましょう。
快適な林道や巡視路が続きます。火の用心のプレートが分岐の目印になってます。
山頂から展望は開けてなく、鉄塔直下の切り開きから、霊仙・鈴鹿の峰々が眺められます。
その他周辺情報道の駅東近江市あいとうマーガレットステーション
http://www.aito-ms.or.jp/

天台宗 湖東三山 釈迦山 百済寺
http://www.hyakusaiji.jp/
百済寺樽プロジェクト
https://hyakusaijitaru.com/
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

白い建物は、鶏舎跡。ゲートを越えて林道を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い建物は、鶏舎跡。ゲートを越えて林道を進む。
4
林道終点で、堰堤を渡る。火の用心の巡視路プレートあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点で、堰堤を渡る。火の用心の巡視路プレートあり。
1
キョロキョロしたが、プラ階段が目に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キョロキョロしたが、プラ階段が目に入る。
滑り止めのあるプラ階段。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り止めのあるプラ階段。
1
670m小ピーク。北に向きを変える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
670m小ピーク。北に向きを変える。
押立山山頂への分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
押立山山頂への分岐
西堀栄三郎氏生誕100年。故郷の偉人である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西堀栄三郎氏生誕100年。故郷の偉人である。
2
山頂は狭く、展望はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は狭く、展望はない。
4
復路で分岐の画像を残す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路で分岐の画像を残す。
立派な林道にでたり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な林道にでたり、
趣のある仕事道になったり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある仕事道になったり、
分岐 展望ポイント鉄塔方向へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐 展望ポイント鉄塔方向へ、
1
分岐 山頂ルートへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐 山頂ルートへ
分岐 登ってきた尾根へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐 登ってきた尾根へ、
ここで悩む。奥へ進むのがルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで悩む。奥へ進むのがルート。
下っていくのは、押立山山頂方面ではないでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていくのは、押立山山頂方面ではないでしょう。
1

感想/記録

近江百山シリーズ〜押立山〜
土曜は天気もよさそうで、早朝からしっかり歩こうと週末を楽しみにしていたが、起床時刻になっても眠たく、二度寝をしてしまった。身体優先なので、ゆっくりと過ごす一日とした。それではと、今後の山行計画を具体化するために、未踏の近江百山をヤマレコで下調べし始めた。
Yottieさん、 mifoさんのレコを読むと、2時間39分で角井峠から往復されている。これなら、これから行動しても余裕ありと判断し、情報を精査して、地形図をプリントアウトする。Yottieさん、 mifoさん、深謝。

角井峠を過ぎると、地形図に建物があるが、鶏舎跡のようだ。路肩の空きスペースに駐車させていただいた。ゲートを越えて、林道をつめる。砂防堰堤場を渡り、尾根に取り付く。小さな谷を渡るとプラ階段があり、巡視路だとわかる。登りはじめは、テープなど少なく、落ち葉で踏み後が発はっきりしないが、ところどころプラ階段が設置されていたり、切株があり、ルートを維持するために手を入れた跡があるのでそれを手掛かりとする。
670m付近で小さなピークに出て、火の用心のプラスチック看板がある。すぐ下に鉄塔がある。ここで北に進路を確かめる。すこし進むと、テープがたくさんあり、ルートがPPロープで止められている。地形図でルートを確かめると、ここは突破と判断。先へ進んで正解でした。これまでは、危険個所や間違いそうな枝尾根に規制を張られていたので、親切に感謝したが、ここだけは悩まされた。
上りつめ尾根に出て、p743を目指しながらすすむ。作業林道やかつての仕事道など趣は変わるが快適な道が続く。押立山への分岐は、テープで目印がされていた。押立山山頂の展望は樹木が成長し、開かれていない。三等三角点「三千峠」を確かめる。西堀栄三郎氏生誕100年を記念したプレートがあった。
下山中に、どこか展望ポイントはないかと探していると、、690mの小ピークにある鉄塔からの展望がよかった。付近の峰は不勉強でよくわからなかったが、霊仙、伊吹、藤原、御池、比叡山、白鹿背山が見渡せた。
下山は640m付近で少し西側に誘導される。「下山」と書かれていた。砂防堰堤の少し上にでたので、砂防堰堤を使って渡渉し、下山した。

少し風が冷たく感じたが、静かな独り歩きが楽しめた。モバイルバッテリーを持ったのはよいが、スマホの充電ケーブルを忘れたのはご愛敬。何と都合よくできていることだと思ったのは、疲れ気味だった今朝の体調が、歩いているうちに整ったことだ。仕事だと、1週間引きずるというのに。今夜は、ゆっくり風呂に使って、さらに体調を整えよう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:395人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/10
投稿数: 2241
2020/12/5 17:39
 いつも参考にさせて頂いています<(_ _)>
お疲れさまでした〜(^_-)
ジングルベル♬の聞こえるようになった年末、朝から陽ざしが あるものの風も冷たかった1日でしたね。

いつも churaさんのレコを参考にさせてもらって、あちこち登っています
体力錬成を兼ねて登山口まで そう遠くない近江百山・・今回のルートも「地図ロイド」に保存し 登りたいと思います(^'^)
登録日: 2011/10/2
投稿数: 2135
2020/12/5 18:16
 Re: いつも参考にさせて頂いています<(_ _)>
ibuki89さん こんばんは
早いもので、師走ですね。
年度初めはコロナでしたが、年末もよろしくない状況になりました。
お互いに、体力や免疫力を維持して、負けんようにしましょうね。
私も、ヤマレコ諸氏の記録を参考にさせていただきています。
四国八十八か所霊場めぐり、東海道、中山道歩きなど、そのうち時間ができたら、 ibuki89さんのレコを参考にチャレンジしてみたいです。

追申
「近江百山」ナカニシ出版から書籍も出てます。図書館にあると思います。
私もお借りして、パラパラと眺めております

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ