また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2795006 全員に公開 ハイキング 奥秩父

二子山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年12月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
西武観光バスの坂本バス停が最寄りです。西武秩父からだと、小鹿野役場前で乗り換えになります。フリー乗降も出来るので、「二子山の登山口」または「二子山荘前」で下ろして欲しい旨、運転手に事前に頼んでおくと、登山口の真ん前で下ろしてもらえます。駐車場はありません。数台路駐している車がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
1時間24分
合計
4時間59分
Sスタート地点10:3510:46二子山坂本登山口10:5511:43股峠11:4812:22二子山 東岳12:3212:50股峠13:0513:39三等三角点 / 二子山13:4814:05二子山14:4114:45魚尾道峠15:24二子山坂本登山口15:34坂本バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
又峠へのアプローチは、荒れた谷道を詰めていきます。最近新しくピンクテープがたくさん付いたので、以前より道は分かりやすくなりました。東岳へは、又峠から東側に、次第に岩がちになっていく尾根を登っていきます。頂上付近は露岩の稜線になっています。露岩の部分に入るところに1箇所鎖がありますが、ここが結構怖いです(わずかな足場の下は垂直の崖)。
西岳は、又峠を反対側に登っていって、巨大な岩隗を右に回りこんで登っていくのが一般コース、直登(と言っても、岩の割れ目を足場にして登っていく)のが上級者コースです。
西岳〜魚尾道峠は、岩稜歩きが続きます。高度感はかなりあり、ちょっと怖いです。
魚尾道峠〜下山口は、一般的な登山道です。岩稜の崖を降りた後、ピンクテープは谷筋に向けて付いていますが、そちらに誘導されずに尾根を目指して降りていって下さい。この季節、枯れ葉が降り積もって、下に石が隠れてたりするので、気をつけましょう。
その他周辺情報トイレは、小鹿野役場前と坂本バス停にあります。また、バス停から歩道を上っていって、再び車道に出て、再度登山道に入るところに簡易トイレがあります。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(2) 1/25000地形図(1) コンパス(1) 笛(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) バンドエイド(1) タオル(3) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) 水筒(1) 時計(1) 非常食(1) GPS(1) ファーストエイドキット(1) 医薬品(1) カメラ(1)

写真

最初は谷につけられた道を歩いて行きます。しばしば道が流失していて、谷底を歩くことになります。
2020年12月12日 11:07撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は谷につけられた道を歩いて行きます。しばしば道が流失していて、谷底を歩くことになります。
秋の名残。
2020年12月12日 11:42撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の名残。
又峠までもう少し。
2020年12月12日 11:45撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又峠までもう少し。
又峠に到着
2020年12月12日 11:49撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又峠に到着
二子山の案内図がありました。
2020年12月12日 11:49撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山の案内図がありました。
東岳に向かって登っていきます。
2020年12月12日 11:53撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳に向かって登っていきます。
登り切ると、眼前に西岳の威容が見えます。ここから振り返って進んでいき、おっかない鎖を登ると岩稜歩きになります。
2020年12月12日 12:11撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ると、眼前に西岳の威容が見えます。ここから振り返って進んでいき、おっかない鎖を登ると岩稜歩きになります。
1
東岳を通り過ぎて数十mさらに進むと、稜線が切れ落ちたところに出ます。ほぼ360度の視界です。
2020年12月12日 12:29撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳を通り過ぎて数十mさらに進むと、稜線が切れ落ちたところに出ます。ほぼ360度の視界です。
又峠に戻り栄養補給。バナナは、食べるところに触れずに済むので、withコロナ時代のおやつに最適です。
2020年12月12日 12:57撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
又峠に戻り栄養補給。バナナは、食べるところに触れずに済むので、withコロナ時代のおやつに最適です。
二子山2回目の今回は、上級者コースに挑戦してみました。足場を良く確認しながら慎重に登ります。
2020年12月12日 13:09撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山2回目の今回は、上級者コースに挑戦してみました。足場を良く確認しながら慎重に登ります。
1
登り切るちょっと手前で振り返ると、東岳がよく見えました。
2020年12月12日 13:21撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切るちょっと手前で振り返ると、東岳がよく見えました。
1
岩稜を歩いて行きます。
2020年12月12日 13:40撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜を歩いて行きます。
西岳に到着。奥に八丁尾根が見えます。
2020年12月12日 13:43撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳に到着。奥に八丁尾根が見えます。
1
この先もナイフエッジの岩稜が続きます。
2020年12月12日 13:57撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先もナイフエッジの岩稜が続きます。
2
北方向。西御荷鉾山やオドケ山が見えます。
2020年12月12日 14:10撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方向。西御荷鉾山やオドケ山が見えます。
南方向。両神山の稜線がくっきりと見えます。
2020年12月12日 14:11撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向。両神山の稜線がくっきりと見えます。
西向きに行き着くと、叶山の石灰鉱山が見えます。
2020年12月12日 14:18撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西向きに行き着くと、叶山の石灰鉱山が見えます。
1
南の急峻な崖を下ると、穏やかな尾根道歩きになります。
2020年12月12日 14:47撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の急峻な崖を下ると、穏やかな尾根道歩きになります。
大きな鉄塔です。
2020年12月12日 15:01撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな鉄塔です。
下山口から。二子山の全容が見えます。
2020年12月12日 15:21撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口から。二子山の全容が見えます。
車道を少し歩いたところから。あそこをどうやって歩いてきたんですかね。
2020年12月12日 15:25撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を少し歩いたところから。あそこをどうやって歩いてきたんですかね。
登山口に到着。
2020年12月12日 15:38撮影 by DMC-GF1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:374人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ