また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2798717 全員に公開 ハイキング 奥秩父

秩父槍ヶ岳(尾根直登からの周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れときどき曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 西武秩父駅 08:35 〜 09:54 相原橋バス停(西武バス)
帰路 相原橋バス停 14:23 〜 15:20 三峰口駅(西武バス)

秩父漫遊きっぷを利用
 https://www.seiburailway.jp/ticket/otoku/chichibu-manyu-kippu/index.html

14時台のバスは西武秩父駅まで行かず、三峰口駅どまり。
御花畑までは秩父鉄道の乗車賃を払う必要がある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
24分
合計
3時間40分
S相原橋バス停10:0010:15野鳥観察小屋11:44秩父槍ヶ岳12:0012:22コンサイス秩父槍ヶ岳12:3013:40相原橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
観察小屋〜秩父槍ヶ岳(バリエーション)
 基本的に踏み跡あり、ピンクテープあり。
 大岩を巻くか直登するかの選択を誤ると致命的。
 岩場は基本的に右側を巻ける。

 曲がった木の岩場(たいていの方のレコに画像あり)のトラバースは、はじめの一歩が恐ろしい。
 落ちたらアウトの幅数十センチのトラバース、自分はそこを通過せず、一段だけ岩を上がって斜面から巻き道に下りた。

秩父槍ヶ岳〜コンサイス槍〜相原橋(破線コース)
 踏み跡しっかり、格段に歩きやすくなる。
 ピンクテープに注意して進む。
 急な下りもあるので滑落注意。 
その他周辺情報トイレ情報
 相原橋バス停 観光トイレ 冬期閉鎖中
 中津川バス停 観光トイレは冬期閉鎖中だが、
        森林科学館のトイレは使用可。

まほろバル(表参道)
 昼飲みのできるクラフトビール専門店
https://www.chichibu-lab.jp/index.php/shop/mahollobar/
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

今日も秩父漫遊きっぷ利用で、相原橋バス停。
トイレは冬期閉鎖中。
秩父槍ヶ岳、バス停から見えるんだ。
2020年12月13日 09:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も秩父漫遊きっぷ利用で、相原橋バス停。
トイレは冬期閉鎖中。
秩父槍ヶ岳、バス停から見えるんだ。
6
カラフルな登山口をスタート。
2020年12月13日 10:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラフルな登山口をスタート。
1
いきなりの通行止めに面食らう。
この右上の階段を昇ればよかったのだが目に入らず、河原に下りたり、右往左往してしまった。
2020年12月13日 10:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの通行止めに面食らう。
この右上の階段を昇ればよかったのだが目に入らず、河原に下りたり、右往左往してしまった。
2
野鳥観察小屋。
ロープをくぐって尾根を直登する。
2020年12月13日 10:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥観察小屋。
ロープをくぐって尾根を直登する。
2
九十九折りの急登のあと、ひと息つく。
2020年12月13日 10:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折りの急登のあと、ひと息つく。
プチナイフリッジ。
左は絶壁、右側の縁を歩く。
2020年12月13日 10:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチナイフリッジ。
左は絶壁、右側の縁を歩く。
3
巻き道にピンクテープがあったが、ここは岩々を直登した。
自分が歩けたということは難度は高くない。
2020年12月13日 10:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道にピンクテープがあったが、ここは岩々を直登した。
自分が歩けたということは難度は高くない。
2
ときどき槍が見える。
2020年12月13日 10:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときどき槍が見える。
4
この岩は右から巻いた。
ピンクテープを目印にして進む。
2020年12月13日 10:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩は右から巻いた。
ピンクテープを目印にして進む。
1
平和な尾根。
嵐の前の静けさ…
2020年12月13日 10:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和な尾根。
嵐の前の静けさ…
3
レコに必ず現れる岩場。
ここは右から巻く。
崖すれすれのトラバースを避け、岩を一段上がってから斜面を巻き道に下りた。
2020年12月13日 11:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レコに必ず現れる岩場。
ここは右から巻く。
崖すれすれのトラバースを避け、岩を一段上がってから斜面を巻き道に下りた。
5
結構長いこと巻いたあと、尾根に復帰。
狩倉尾根かな?
2020年12月13日 11:17撮影 by SNE-LX2, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構長いこと巻いたあと、尾根に復帰。
狩倉尾根かな?
4
しばらくしてまた岩。
右側を巻いた。
というか左は絶壁。
2020年12月13日 11:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくしてまた岩。
右側を巻いた。
というか左は絶壁。
2
これは直登したかな?
2020年12月13日 11:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは直登したかな?
3
最初のロープ場はロープがなくても登れた。
2020年12月13日 11:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のロープ場はロープがなくても登れた。
1
その上のロープ場。
恐れていたほどの斜度ではなかったが、ロープのお世話になった。
その後も、気の抜けない岩場や急斜面の登りがある。
2020年12月13日 11:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上のロープ場。
恐れていたほどの斜度ではなかったが、ロープのお世話になった。
その後も、気の抜けない岩場や急斜面の登りがある。
5
そして秩父槍ヶ岳にトウチャコ。
木に囲まれ、眺望はよくない。
2020年12月13日 11:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして秩父槍ヶ岳にトウチャコ。
木に囲まれ、眺望はよくない。
8
コンサイス槍かな?
2020年12月13日 11:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンサイス槍かな?
3
12時ちょうどに下山開始。
といっても、コンサイス槍ヶ岳まで100m登らなければならない。
2020年12月13日 12:00撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時ちょうどに下山開始。
といっても、コンサイス槍ヶ岳まで100m登らなければならない。
2
結構急登だが、格段に歩きやすい道。
それにしても風が強い、冷たい…
2020年12月13日 12:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急登だが、格段に歩きやすい道。
それにしても風が強い、冷たい…
3
真ん中が宗四郎山、右が六助ノ頭と思われる。
2020年12月13日 12:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中が宗四郎山、右が六助ノ頭と思われる。
4
樹間から赤岩岳。
左の稜線から少しだけ頭を出しているのが大ナゲシか?
2020年12月13日 12:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から赤岩岳。
左の稜線から少しだけ頭を出しているのが大ナゲシか?
4
梵天尾根、井戸山の巨岩。
2020年12月13日 12:18撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梵天尾根、井戸山の巨岩。
3
コンサイス槍にトウチャコ。
危うく巻くところだった。
2020年12月13日 12:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンサイス槍にトウチャコ。
危うく巻くところだった。
7
芋掘ドッケンかな?
その奥に武甲山と大持山…
2020年12月13日 12:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋掘ドッケンかな?
その奥に武甲山と大持山…
4
太陽が出てきたが、この後何があるかわからない。
余裕をもって早めに下山。
2020年12月13日 12:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が出てきたが、この後何があるかわからない。
余裕をもって早めに下山。
1
コンサイス槍の南にあるピーク。
巻き道があるが直登する。
2020年12月13日 12:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンサイス槍の南にあるピーク。
巻き道があるが直登する。
1
野鳥の森歩道の終点ってここ?
左折すると、しっかりした道型がある。
テープに従う。
2020年12月13日 12:40撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥の森歩道の終点ってここ?
左折すると、しっかりした道型がある。
テープに従う。
2
尾根の下りは結構な急斜面。
慎重に下る。
2020年12月13日 12:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の下りは結構な急斜面。
慎重に下る。
1
通行止のロープ多し。
2020年12月13日 13:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止のロープ多し。
1
ひとしきり下って、尾根取付点か?
ここからは沢沿いの道。
2020年12月13日 13:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとしきり下って、尾根取付点か?
ここからは沢沿いの道。
2
野鳥観察小屋が見えてきた。
2020年12月13日 13:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野鳥観察小屋が見えてきた。
2
正面に飛行機雲。
2020年12月13日 13:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に飛行機雲。
2
無事下山。
バスまで40分以上あるが…
2020年12月13日 13:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
バスまで40分以上あるが…
1
逆方向のバスに乗る。
終点の中津川までピストン。
漫遊切符のフリーパス、ありがたや…
森林館でトイレを借りた。
2020年12月13日 13:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆方向のバスに乗る。
終点の中津川までピストン。
漫遊切符のフリーパス、ありがたや…
森林館でトイレを借りた。
6
ちち鉄で秩父市街に帰還。
3週間前に発見した「まほろバル」。
秩父麦酒のクラフトビールを飲ませてくれる。
2020年12月13日 16:22撮影 by SNE-LX2, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちち鉄で秩父市街に帰還。
3週間前に発見した「まほろバル」。
秩父麦酒のクラフトビールを飲ませてくれる。
9
4年前からあったようだが気づかなかった。
ドリンクやつまみをレジに注文しに行くスタイル。
2020年12月13日 16:26撮影 by SNE-LX2, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4年前からあったようだが気づかなかった。
ドリンクやつまみをレジに注文しに行くスタイル。
5
タップが16もある!!
2020年12月13日 16:26撮影 by SNE-LX2, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タップが16もある!!
4
飲み比べ3種を頼む。
2020年12月13日 16:29撮影 by SNE-LX2, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲み比べ3種を頼む。
10
さらにもう3種。
お疲れさまでした。
2020年12月13日 16:54撮影 by SNE-LX2, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにもう3種。
お疲れさまでした。
9

感想/記録
by utaki

以前から歩きたかった秩父槍ヶ岳。
破線コースのピストンではおもしろくないので、先人のレコを見て尾根の直登にトライ、周回するコースとした。
緊張する箇所もあったが、無事登頂できた。

帰宅後ログを落としてみて4kmちょいしか歩いてないことに驚いた。
倍は歩いたような気がするが、それだけ険しかったということか…

毎週のように秩父に来ているなあ…
来週はどうしよう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:520人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ