また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2816729 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 赤城・榛名・荒船

赤城山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年12月25日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り後晴れ
微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口近くの駐車場を利用。到着時(8:17頃)の気温-7℃。出発時(12:48頃)の気温-2℃。道路に雪氷あり、滑り止めがないと通行できない。途中で夏タイヤのためか、動けなくなっているクルマも見かけた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間49分
休憩
11分
合計
4時間0分
Sあかぎ広場前バス停08:2908:30おのこ駐車場08:3108:39赤城神社駐車場08:43黒檜山登山口駐車場08:48黒檜山登山口08:59猫岩09:0312:13覚満淵12:1912:25駒ヶ岳大洞登山口12:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:32駐車場ー9:57黒檜山ー10:51駒ヶ岳ー11:15下降点ー11:50鳥居峠ー12:02覚満淵ー12:27駐車場
コース状況/
危険箇所等
登山口に至る車道含めて雪道。登りは滑り止めがなくても何とかなったが、下りはチェーンアイゼン以上の滑り止めを用いたほうが無難。気温も低いので、相応の防寒装備が必要。トレースは、今日は歩いた限りではあり、ラッセルは不要な状態だった。次に大雪があるまでは今の状態が保たれるのではないか。
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

朝の大沼のようす
2020年12月25日 08:35撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の大沼のようす
1
黒檜山の登山口
2020年12月25日 08:48撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山の登山口
1
標高を上げたところ
2020年12月25日 09:20撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げたところ
4
黒檜山へ
2020年12月25日 09:56撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山へ
1
黒檜山山頂
2020年12月25日 09:57撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒檜山山頂
2
お待ちかねの樹氷
2020年12月25日 09:59撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お待ちかねの樹氷
2
これも樹氷
2020年12月25日 09:59撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも樹氷
4
展望地より
2020年12月25日 10:05撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地より
1
展望地より赤城山の外輪山方向
2020年12月25日 10:05撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地より赤城山の外輪山方向
1
モフモフの雪
2020年12月25日 10:11撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフの雪
1
小沼が見えた
2020年12月25日 10:18撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沼が見えた
1
駒ヶ岳手前付近で天候急変し吹雪模様
2020年12月25日 10:42撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳手前付近で天候急変し吹雪模様
1
大沼に氷が張っている?
2020年12月25日 11:03撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼に氷が張っている?
2
下山する
2020年12月25日 11:04撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山する
1
天候が回復してきた
2020年12月25日 11:11撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候が回復してきた
1
ベンチに座って休憩
2020年12月25日 11:14撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチに座って休憩
1
鳥居峠から見た覚満淵
2020年12月25日 11:49撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居峠から見た覚満淵
1
木道を歩く
2020年12月25日 12:06撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を歩く
1
撮影機材:

感想/記録

登山口に近い駐車場には8:17に到着。先客多数だが、平日なので混雑した印象はない。食事は途中の道の駅で済ませたので、トイレと身支度のみして8:32に出発。クルマの外気温計はマイナス7℃を示していて準備中も寒かった。何より駐車場が吹きさらしで、寒さが倍増と言った感じがした。始めは黒檜山の登山道まで車道歩き。ここまで既に車道に雪氷が見られており、スタッドレスタイヤでなければ来られない状況だった。大沼沿いの周遊道路も例外ではなく、所々が凍結していた。氷に足を滑らせて転倒しないよう注意し、歩道があるところは歩道を歩いて登山口を目指す。15分ほど歩いて登山口に到着。今日は2人ともウェアは厳冬期装備だが、装備は軽め。アイゼンは持たずチェーンスパイクのみ。スノーシューなどももちろんなし。登山口から積雪があったのでここで付けるか少し悩むが、しばらくそのままで行くことに。登山口から歩き始めても凍った箇所はなく、比較的雪の状態が良かったので、滑り止めなしでも安全に標高を稼げた。途中樹林が切れて大沼方面がよく見えるところでは立ち止まって写真を撮ったり、休憩のため持参した暖かいお茶を飲んだりした。平日なので登山者も少なく、自分達のペースで歩けるのは幸い。天気は徐々に回復傾向で青空も見えたが、標高を上げると雲の中に入ったようで、辺りが暗くなってきた。それでも雪は降っていないし樹林が風を遮ってくれるので、寒さはあまり感じなかった。9:50頃に稜線に到着。雲の中の歩きになったので展望は期待しなかったが、ここまで標高を上げきると天候が回復して青空も見えてきた。縦走路を左に折れて黒檜山を目指す。9:57に黒檜山に到着。自分は4回目だが、ようやく青空の山頂に立つことができた。写真を撮り、この先にあるという展望ポイントへ進む。ここまで樹氷がなかったが、ここにきてようやく見られ始めた。今日のメインは樹氷と言ってもいいのでようやく見られたことに安堵。というか、途中で完全に諦めていたので、ここにきて青空の下で見られる幸運に感謝。展望地まで写真を撮りつつゆるゆる歩くと、先客が多数。武尊山方面などを見ているようだ。風は冷たいが、青空なので景色はいい。我々もしばし立ち止まって景色を見たり、水分補給をする。天気が回復し太陽も出てきたので、寒さはあまり感じなかった。

しばらく展望地に滞在した後に元来た道を戻る。今日はこの後お決まりのコースだが、駒ヶ岳へ縦走するコースを歩く予定。ここまで両名とも滑り止めなしでも特に不自由することなく歩いてきたが、駒ヶ岳への縦走路はアップダウンがあり、下りはやはり滑りやすいので、下りが出始めたところで2人ともチェーンスパイクを装着。これで安心して歩けるようになった。しかし肝心の天気は悪化していて、視界が悪くなっただけでなく、雪交じりの風が吹くようになってきた。先ほどの黒檜山周辺の快晴の空は一瞬だけだったか、と思わざるを得なかった。アップダウンをこなしつつ、10:51に駒ヶ岳に到着。ガスのため展望は良くないが、大沼方面が辛うじて見えた。雪交じりなのでこの先下降点から大沼方面に下山かな、と思いつつ先に進むが、天候は再び回復してきて、快晴の空が見えるようになった。天気の変化が目まぐるしい。下降点付近にあるベンチに座って休憩しつつ先の予定を練り直す。ガスのままならそのまま下山以外に考えられなかったが、天気が良いならもう少し歩いてみたかった。鳥居峠まで進んでその先はそこで考えることに。

この先もトレースはばっちりあって、ラッセルは全く不要だった。しかし鳥居峠に向けて標高が下がり出すと、登山道の雪も少なくなり始め、チェーンスパイクでの歩行がむしろ歩きにくく感じるようになった。自分は峠の手前でスパイクを外した。Zさんはそのままで、結局峠で外していた。11:50に鳥居峠到着。雪はほとんどない。この後は覚満淵を経由して駐車場へ戻ることに。小沼方面もトレースは付いていたので、この時期入っている人はいるのだろう。覚満淵へは大回りして標高を下げて到着。天気は良かったが誰もいなかった。風もないので暖かく穏やかな陽気。さきほど雪交じりの風が吹いていたとは思えない。木道を歩いて駐車場に戻る。結局雪は最初から最後までずっとあった。12:27に相も変わらず吹きさらしで寒い駐車場に到着。今日の行動中は、この駐車場が一番寒かった、と言ってもいいくらいだった。後片付けを終えてクルマのエンジンをかけて温度計を見ると、外の天気は良いものの氷点下2℃相変わらず寒いままだった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:371人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ