また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2843783 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 札幌近郊

空沼岳 冬の新ルート開拓

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
バス
地下鉄真駒内駅より空沼二股行き(真101 空沼線)を利用
所要時間は20〜25分
真駒内発  7:15、8:10 
空沼二股発 13:55、16:10、18時台、19時台

積雪のため、空沼橋より登山口側に乗用車は止まっていませんでした。
空沼橋手前には5台程度の駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
23分
合計
7時間58分
S空沼二股BS07:3607:58空沼橋07:5908:11入林届小屋08:1209:33万計山荘09:4311:49札幌岳縦走路分岐11:5612:07空沼岳12:0812:35札幌岳縦走路分岐13:31万計山荘14:20空沼岳登山口14:2114:34空沼橋14:3514:59空沼二股BS15:15国道453号線から採石所への分岐道15:1615:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
EK度数(計画時)
S〜山頂:20+40%(10km, ↑1.0km, ↓0.0km, 踏み跡〜膝下)
山頂〜S地点:15+20%(10km, ↑0.0km, ↓1.0km, 踏み跡〜膝下)
見込みは上り4.5〜5時間、下り3時間程度。
雪の状態は昨年末の札幌岳と似た感じでした。
コース状況/
危険箇所等
万計沼までは十分なトレースあり。
万計沼から先は数種類のトレースができているようです。
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ソフトシェルジャケット タイツ ソフトシェルパンツ 靴下 ソフトシェルグローブ アウター手袋(中綿入り) 予備手袋 ゲイター マフラー 耳あて 毛帽子 防寒靴 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 保険証 携帯 サングラス ストック カメラ

写真

色々あってこの日が年初登山となりました。
2021年01月03日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々あってこの日が年初登山となりました。
万計沼まではスキーの強力なトレースがありました。少々滑りますがつぼ足で対応。
2021年01月03日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼まではスキーの強力なトレースがありました。少々滑りますがつぼ足で対応。
1
沢を渡ったところからスノーシューを使いました。
2021年01月03日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ったところからスノーシューを使いました。
滝の脇は危険なため、西側を回り込んで万計山荘へ
2021年01月03日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の脇は危険なため、西側を回り込んで万計山荘へ
万計沼、奥に空沼小屋
2021年01月03日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼、奥に空沼小屋
2
万計沼から先、いつもの冬ルートとは違う道で進みます。
2021年01月03日 09:49撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万計沼から先、いつもの冬ルートとは違う道で進みます。
南に進むと、このような雪原があります。航空写真を見るとこのあたり沼か湿地のようです。
いいチェックポイントにはなりそうです。
2021年01月03日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に進むと、このような雪原があります。航空写真を見るとこのあたり沼か湿地のようです。
いいチェックポイントにはなりそうです。
雪原の脇に目印になりそうな大きなマツ
2021年01月03日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原の脇に目印になりそうな大きなマツ
1
雪原を突っ切りさらに南へ
2021年01月03日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原を突っ切りさらに南へ
ようやくちょっとした上り
2021年01月03日 10:17撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくちょっとした上り
上りきった後、もう少し南へ進めます。
このあたりから南西に進路をとるのも考えられそう。
2021年01月03日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りきった後、もう少し南へ進めます。
このあたりから南西に進路をとるのも考えられそう。
南に行きつくと右手に二股っぽい沢地形
2021年01月03日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南に行きつくと右手に二股っぽい沢地形
進行方向左側の沢地形を詰めました。
2021年01月03日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向左側の沢地形を詰めました。
左手は地図にもあるように崖っぽくなっています。
2021年01月03日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手は地図にもあるように崖っぽくなっています。
このあたりで詰め切った感じですが、
コンパスで確認すると北西を向いていました。この後、南西方向を意識しすぎて失敗することに。
2021年01月03日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで詰め切った感じですが、
コンパスで確認すると北西を向いていました。この後、南西方向を意識しすぎて失敗することに。
遠くで日が当たっていたようで、雪が輝いています。
2021年01月03日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くで日が当たっていたようで、雪が輝いています。
2
山頂直下にアタックしましたが、40分ほど格闘してリタイヤ。
2021年01月03日 11:05撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下にアタックしましたが、40分ほど格闘してリタイヤ。
ここからではトラバースもできそうにありません。
2021年01月03日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからではトラバースもできそうにありません。
一旦標高を落とし、縦走路分岐から山頂を目指します。
2021年01月03日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦標高を落とし、縦走路分岐から山頂を目指します。
崖の脇をトラバース。ここは大丈夫。
2021年01月03日 11:43撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の脇をトラバース。ここは大丈夫。
ようやく縦走路分岐のポイントに到着。
2021年01月03日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく縦走路分岐のポイントに到着。
2
山頂付近の青空はこの程度がMAXでした。
2021年01月03日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の青空はこの程度がMAXでした。
山頂は風が強く寒いです。
2021年01月03日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は風が強く寒いです。
4
せっかくなので、さらに先へ。
2021年01月03日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので、さらに先へ。
ハイマツを踏み抜いたり避けたりしながら
2021年01月03日 12:16撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツを踏み抜いたり避けたりしながら
霞んで残念でしたが、久々に空沼が見えるところまで行きました。
2021年01月03日 12:20撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んで残念でしたが、久々に空沼が見えるところまで行きました。
3
下りはすでにあるトレースを使いながら万計沼へ。
2021年01月03日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはすでにあるトレースを使いながら万計沼へ。
このあたりは夏道に準じたルート取りだったようです。
2021年01月03日 12:49撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは夏道に準じたルート取りだったようです。
このあたりからは北東方向でOK
2021年01月03日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりからは北東方向でOK
ほとんど写真を撮ることなく、一気に下山。
2021年01月03日 14:34撮影 by Canon PowerShot SX70 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど写真を撮ることなく、一気に下山。
2
撮影機材:

感想/記録

あけましておめでとうございます。
今回の空沼岳はこの前日に行く予定でしたが、忘れ物をしてしまい1日スライド。
前日との天候の落差が悲しいですね。

今回の目的は新しいルートの試行。万計沼から先のルートをいつもの冬ルートではなくちょっと変化させています。
いつもは南西方向に進み1180と1153の間を狙いますが、今回はほぼ真南に進み行きついた先から西に進路を変え、縦走路分岐を目指します。
完全初見ルートで西に進路を変えるところまでは良かったですが、この後山頂近くへの直登に挑んでしまい、40分ほどの格闘の後敗退。一旦下り、もう少し西にある縦走路分岐から山頂へたどり着きました。
山頂から東側にある空沼(からぬま)のビューポイントは、雪で霞んでました。
下りはすでにある踏み跡を使いながらの一般冬ルートで万計沼まで。
今回の上りルートは距離自体一般冬ルートとほとんど変わらないですが、後半に標高を稼ぐことになるのが厳しいかもしれません。
今の時点ではまだまだ練度不足でわからないことが多いですが、もう何回か歩けば見えてくることがあるかもしれません。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:461人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ