また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 285818 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

今は無き観音山を訪ねる

日程 2013年04月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
切通橋近くの河原に駐車した。橋の袂にトイレ在り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

6:50切通橋-7:12腰越城跡-8:00石尊山8:10-8:16官ノ倉山-8:44烏森山-
9:16細窪山9:37-10:02東秩父村役場入口-10:20送電線92号鉄塔10:33-
11:11地蔵岳11:15-昼食休憩50分-12:40採石場-休憩18分-13:47仙元山-
14:26皆谷
コース状況/
危険箇所等
・切通橋から腰越城跡
調べずに行った為西から登ったが、正規ルートは東側に在る様だ。西側のルートはあまり使われていない様で荒れている。

・腰越城跡から石尊山
登山地図にルートが無いのが不思議なほどはっきりした道が続く。ただ、造成地では踏み跡がバラけるので自分の判断で進む事になる。縦長の造成地を終点まで行けば良い。

・石尊山から細窪山
官ノ倉峠まではハイキングコースで全く問題無し。その先は腰越城跡〜石尊山までと同程度の踏まれ具合。一応要所に私設道標が設置されている。途中、林道が切り通しで尾根を越えている所が在る。

・細窪山から東秩父村役場入口バス停
道ははっきりしている。ただ、途中で隣尾根に移る短いトラバース区間が有り、その部分の道が細く頼りないので間違えてないか不安だった。

・東秩父村役場から地蔵岳
稜線に出るまで鉄塔巡視路を使ったので、全く問題無かった。稜線に出てからは踏み跡がほぼ無い。但し、尾根筋に藪は無かった。時々赤テープの目印が見られたが、それを追って進むのは無理だと思う。地形図必須。GPSナビが有ればなお良い。

・地蔵岳から皆谷
稜線部分は地蔵岳までと同様。観音山は削られて採石場になっている。地蔵岳側はまだしも、仙元山側は危険なので登り下りしない方が良い。
過去天気図(気象庁) 2013年04月の天気図 [pdf]

写真

河原に駐車してスタート。
2013年04月14日 11:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に駐車してスタート。
家と畑の間に道が在る様に見える。
2013年04月14日 11:24撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家と畑の間に道が在る様に見える。
やっぱり道だった。
しかし荒れている。
2013年04月14日 11:27撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり道だった。
しかし荒れている。
城跡北側の堀切に着いた。
今回城跡はパス。
2013年04月14日 11:32撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城跡北側の堀切に着いた。
今回城跡はパス。
三等三角点「安戸」。
2013年04月14日 11:46撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「安戸」。
官ノ倉山は分かり易いね。この松が成長したら良い雰囲気かも。
2013年04月14日 11:48撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官ノ倉山は分かり易いね。この松が成長したら良い雰囲気かも。
だだっ広い造成地に出た。正面に見える烏森山に向かって進む。
2013年04月14日 11:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だだっ広い造成地に出た。正面に見える烏森山に向かって進む。
端まで行くと右手にこれ。
2013年04月14日 11:59撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
端まで行くと右手にこれ。
こんな風に手製標識も有る。
2013年04月14日 12:07撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな風に手製標識も有る。
石祠を挟んで深い溝の峠道が2本乗っ越している。
掘切だと思うんだけどね。
2013年04月14日 12:09撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石祠を挟んで深い溝の峠道が2本乗っ越している。
掘切だと思うんだけどね。
石尊山に到着。
2013年04月14日 17:35撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尊山に到着。
官ノ倉山を通過。
2013年04月14日 18:09撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官ノ倉山を通過。
官ノ倉峠は直進して細い道に入る。
2013年04月14日 18:11撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官ノ倉峠は直進して細い道に入る。
烏森山。
2013年04月14日 18:13撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏森山。
一旦林道に下りて対面を登る。
2013年04月14日 18:15撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道に下りて対面を登る。
細窪山に到着。
山名板は臼入山になっている。
2013年04月14日 18:17撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細窪山に到着。
山名板は臼入山になっている。
奥沢神社奥宮。
2013年04月14日 18:19撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥沢神社奥宮。
奥沢神社に着いた。
奥宮からここまで、掃き清められた道だった。
2013年04月14日 18:21撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥沢神社に着いた。
奥宮からここまで、掃き清められた道だった。
東秩父村役場の上に見える鉄塔を目指す。
2013年04月14日 18:22撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東秩父村役場の上に見える鉄塔を目指す。
ここが巡視路入口。
2013年04月14日 18:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが巡視路入口。
高圧線と通常線の、2つの鉄塔が在る。
間に在る建物は神社だった。
2013年04月14日 18:40撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高圧線と通常線の、2つの鉄塔が在る。
間に在る建物は神社だった。
思ったより道らしい道だった。
2013年04月14日 18:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより道らしい道だった。
稜線はこんな感じ。
踏み跡はほぼ無い。
2013年04月14日 18:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はこんな感じ。
踏み跡はほぼ無い。
地蔵岳に着いた。
三等三角点「坂本」が在る。
2013年04月14日 18:43撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳に着いた。
三等三角点「坂本」が在る。
1
この巻き道は罠だね。
別尾根に誘導されてしまう。
2013年04月15日 23:25撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この巻き道は罠だね。
別尾根に誘導されてしまう。
1
ルートミスして引き返して来た。こんな注意標識が立っている。
でも行っちゃうんだな、これが。
2013年04月15日 09:24撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートミスして引き返して来た。こんな注意標識が立っている。
でも行っちゃうんだな、これが。
特徴的な岩と平坦地が在る。
ここで昼食にすりゃ良かった。
2013年04月15日 09:26撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な岩と平坦地が在る。
ここで昼食にすりゃ良かった。
ここが観音山の成れの果て。
休憩がてら暫し様子を見る。よし、誰も居ない。
右縁の法面は意外と普通に下れた。
2013年04月15日 09:28撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが観音山の成れの果て。
休憩がてら暫し様子を見る。よし、誰も居ない。
右縁の法面は意外と普通に下れた。
3
滅多に見られない風景。
2013年04月15日 11:43撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滅多に見られない風景。
1
こっち側を登るのは不可能だ。
2013年04月15日 11:45撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち側を登るのは不可能だ。
おや、巻き道が在る様だ。
2013年04月15日 19:36撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、巻き道が在る様だ。
ちょっと脚が攣りそうになって休憩。
このまま向こうの鞍部まで行けるかと思ったが甘かった。直ぐ先でヘアピンカーブになっている。
2013年04月15日 19:39撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと脚が攣りそうになって休憩。
このまま向こうの鞍部まで行けるかと思ったが甘かった。直ぐ先でヘアピンカーブになっている。
写真が傾いてしまったのでちょっとオーバーに写っているが、軽く45度は超える斜面を登った。
地面が脆いので超危険。
2013年04月15日 19:41撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真が傾いてしまったのでちょっとオーバーに写っているが、軽く45度は超える斜面を登った。
地面が脆いので超危険。
1
P460は残されていた!
2013年04月15日 19:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P460は残されていた!
2
再び採石場を見下ろす。右下のがさっき歩いた道の終点。
掘り進んで使われなくなった搬送路だった。
2013年04月15日 19:45撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び採石場を見下ろす。右下のがさっき歩いた道の終点。
掘り進んで使われなくなった搬送路だった。
1
P460を下った最低鞍部。
左に広い道が下っていた。
2013年04月15日 19:51撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P460を下った最低鞍部。
左に広い道が下っていた。
ちょっと進んで小鞍部。
今度は右に道が在る。
2013年04月15日 19:53撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと進んで小鞍部。
今度は右に道が在る。
仙元山には建物が在る。
何だろう?
2013年04月15日 19:54撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山には建物が在る。
何だろう?
茶店かなと思ったが、内部は生活空間しか無い。
誰か住んでいたのか?
2013年04月15日 19:56撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶店かなと思ったが、内部は生活空間しか無い。
誰か住んでいたのか?
最高地点には壊れた祠と台座。
2013年04月15日 23:10撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高地点には壊れた祠と台座。
1
小鞍部に戻ってさっきの道を行ってみる。
2013年04月15日 23:11撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鞍部に戻ってさっきの道を行ってみる。
伐採地に出た。
2013年04月15日 23:12撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地に出た。
1
ああ、なるほど。ここに出るのか。
2013年04月15日 23:14撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、なるほど。ここに出るのか。
皆谷バス停に下る途中、カタクリが咲いていた。
最後の1株だったみたいだ。
2013年04月15日 23:22撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆谷バス停に下る途中、カタクリが咲いていた。
最後の1株だったみたいだ。
3
撮影機材:

感想/記録

前々から気になっていた山域が在る。採石で削られた観音山を含む、地蔵岳から仙元山への連なりだ。昨年1月に似た様なコースを考えて歩いたが、時間切れで肝心の山域に入れなかった。今回は出発を早めたし、日照時間も長いので充分だろう。

切通橋近くの河原に車を止めて出発した。まだ歩いた事が無い腰越城跡からのルートを行く為だ。しかし、出足からいきなりつまづいてしまった。腰越城跡へ登る道が見付からないのだ。有名な城跡の事だから、どこからでも登れる様に複数の道が在ると思っていたが、調べたらパトリア小川の方から登る1本だけだった。今回使った道は地元の人しか知らない様な道だろう。運良くその道が見付かって良かったが、下手をすれば道を探して大幅にタイムロスしていたかも知れない。

登り着いたのは城跡北側の掘切だった。そこから三角点「安戸」に向かう。途中まで巡視路だったが、鉄塔を過ぎても明瞭な踏み跡が続いていた。手ぶらのハイカーに出合う。どうやら近所の方の散歩コースになっている様だ。三角点から尾根が二手に分かれるが、一方に踏み跡は無かった。踏み跡の有る石尊山方向へ下る。官ノ倉山頂の疎らな木が目立つので、丁度良い目印になった。

下り切るとだだっ広い造成地だった。ゴルフ場予定地だったらしいので、駐車場やクラブハウスが建つ筈だったんだろう。縦長の造成地を端まで行くと、右手に石尊山への取り付きが在った。再び尾根道となり、樹林の中を行く。途中で峠道が2箇所乗っ越していた。2つ目は明らかに堀切だと思うが、城跡からは随分離れている。離れ城でも在ったんだろうか。石尊山へ最後の登りになると、100m程の高さを一気に登る。それまでが軽いアップダウンを繰り返していたので、余計に苦しい。息を切らし、汗だくになってやっと登り着いた。

休憩を終え、細窪山に向けて出発する。前述の通り、この区間は1度歩いた事があるので特に気を使う事も無い。烏森山の次のピークを登り始めると藪っぽくなり、踏み跡が二筋に分かれるが、その先で合流しているのも確認済みだ。私設の道標が幾つか有ったが、それらには全て臼入山と書いてあったと思う。細窪山の事なので惑わされない様に。臼入山5分の道標を過ぎると、一旦下って最後の登りになる。きっちり5分で細窪山に登り着いた。

前回は落合へ下ったので、今回は奥沢に下ってみる。下り口に奥沢バス停20分の指導標が有った。比べるとこっちの方が大分良い道だ。下り着いたのは東秩父村役場入口バス停で、時間も25分掛かった。

いよいよ核心部に踏み込む。巡視路が稜線まで続くので、それを使えば安心だ。向掘集落内は道が入り組んでいるが、どの鉄塔を目指せば良いか分かっていれば大丈夫。自然と巡視路入口に着く。最初の鉄塔に登り着くと脚に異様な疲れを感じた。やはり長い下りを挟むと脚に来る。少し早いが休憩する事にした。巡視路は昔からの仕事道をそのまま利用していて、思ったより確りした道だった。その分余計な分岐も在るが、その都度あの黄色い道標が立っていて迷う事は無い。

稜線に出たら巡視路と逆方向に進む。1つ小ピークを越え、次の小ピークが曲者だ。右に90度折れて下るのが正解だが、何しろ踏み跡が無いので自信が持てない。GPSの有り難味を感じる所だった。そこさえクリアすれば後は尾根筋を地形任せに進むだけだ。苦も無く地蔵岳に着いた。

地蔵岳の下りも気を使う。来た方向からそのまま通り抜けると、橋場の方へ下ってしまうので、やや左に折れて下る。赤テープの目印が有ったので、注意していれば大丈夫だろう。登り返して進むとまた厄介な所が有る。巻き道に入るのだが、終わりから意識して折り返さないと別尾根に乗ってしまう。今回それでルートミスをした。気持ちが折れ掛けたが、昼食休憩を摂って何とか持ち直した。

観音山は削られて既に存在しない。本来なら尾根通しに歩く事は出来ないが、今回は採石場が休業日だったので通過出来た。採石場の法面は、地蔵岳側が割と緩いのでギリギリ立ち姿勢で下る事が出来た。反対側は地形図のP460が残っていて、そこまで登り返す事になる。中間辺りまでは搬送路で行けるが、その先はとんでもない急斜面を這い登った。危険なので他の人にはお勧め出来ない。

P460を下って仙元山に登り返す。鞍部から左に広い道が伸びていた。仙元山を東に巻いている様だが、どこに出るんだろうか。少し登って小鞍部。今度は右に道が在る。うーん、興味が尽きない。仙元山ではそれなりに踏み跡が有った。

この後萩平から東に向かい、東秩父村と小川町の境界尾根を下って戻るつもりだった。しかし、脚の疲れがそろそろ限界で、今にも攣りそうだったので皆谷に下る事にした。そうとなれば気になるのがさっきの道だ。来た方向に戻って西に伸びる道を行ってみた。結果は単なる巻き道で、皆谷−萩平間の道路に繋がっていた。


関連記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-592392.html リュウゴッパナ〜タカハタ〜腰越城跡〜安戸城跡
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-959405.html 臼入山南東尾根
訪問者数:3179人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ