また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2864660 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

塔ノ岳(大倉BT-戸沢-政次郎尾根-塔ノ岳-表尾根-ヤビツ峠)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月16日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:渋沢駅から大倉行バスで終点下車
帰り:ヤビツ峠から秦野行バスで終点下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
49分
合計
7時間38分
S大倉バス停07:4008:08竜神の泉08:0908:41新茅山荘08:45モミソ岩08:55作治小屋09:0009:03戸沢出合駐車場10:27政次郎ノ頭10:3410:45書策新道分岐10:58新大日茶屋11:0211:13木ノ又小屋11:1811:43塔ノ岳12:0012:20木ノ又大日12:26木ノ又小屋12:2712:37新大日茶屋12:3812:45書策新道分岐12:52政次郎ノ頭13:00行者の鎖場13:08行者ヶ岳13:0913:27烏尾山13:3013:56三ノ塔地蔵菩薩14:00三ノ塔14:0314:15二ノ塔14:1614:58富士見橋15:18ヤビツ峠15:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

日の出直後の大倉に到着。まだ日の色が赤い。
2021年01月16日 07:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出直後の大倉に到着。まだ日の色が赤い。
国定公園の入口を通過
2021年01月16日 08:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国定公園の入口を通過
竜神の泉を通過
2021年01月16日 08:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神の泉を通過
1
新茅山荘を通過。烏尾山からのルートがここに降りてくる。
2021年01月16日 08:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅山荘を通過。烏尾山からのルートがここに降りてくる。
1
新茅ノ沢入口
2021年01月16日 08:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅ノ沢入口
作治小屋に到着。人は入っておられないようだが少し休ませてもらう。
2021年01月16日 08:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作治小屋に到着。人は入っておられないようだが少し休ませてもらう。
1
作治小屋の炊事場から戸沢を望む。表尾根の一部が見えている。
2021年01月16日 08:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作治小屋の炊事場から戸沢を望む。表尾根の一部が見えている。
1
砂防ダムの工事が進んでいるようだ。一昨年の台風で土砂の流出があったのだろうか。
2021年01月16日 08:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムの工事が進んでいるようだ。一昨年の台風で土砂の流出があったのだろうか。
政次郎尾根への分岐。この上の小沢を渡るところが荒れているので、少し下流で渡る方が良いかもしれない。
2021年01月16日 09:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根への分岐。この上の小沢を渡るところが荒れているので、少し下流で渡る方が良いかもしれない。
1
急登&緩斜面が何回か繰り返す
2021年01月16日 09:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登&緩斜面が何回か繰り返す
1
こっちは緩斜面
2021年01月16日 10:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは緩斜面
針葉樹林を出ると展望が開ける。右に三ノ塔が大きい。
2021年01月16日 10:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹林を出ると展望が開ける。右に三ノ塔が大きい。
1
樹間から富士山。今冬の富士はなかなか真っ白にならない。降水量のせいか、それとも降水量の少ない時に寒くなったので地面が凍り付いてしまったのか。
2021年01月16日 10:24撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から富士山。今冬の富士はなかなか真っ白にならない。降水量のせいか、それとも降水量の少ない時に寒くなったので地面が凍り付いてしまったのか。
政次郎の頭から表尾根と塔ノ岳
2021年01月16日 10:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎の頭から表尾根と塔ノ岳
1
正面に新大日のピークがあり、右に長尾尾根(札掛、本谷橋からのルートがある)が延々と延びている。
2021年01月16日 10:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に新大日のピークがあり、右に長尾尾根(札掛、本谷橋からのルートがある)が延々と延びている。
大倉尾根の向こうに小さく富士が見える
2021年01月16日 10:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根の向こうに小さく富士が見える
書策小屋跡付近から表尾根
2021年01月16日 10:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋跡付近から表尾根
右には大山がどっしりと構えている
2021年01月16日 10:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右には大山がどっしりと構えている
木ノ又大日への登り
2021年01月16日 11:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又大日への登り
富士山が雲に隠れてしまった。それにしても風の強そうな雲です。
2021年01月16日 11:21撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が雲に隠れてしまった。それにしても風の強そうな雲です。
塔ノ岳手前の小ピークにかかります
2021年01月16日 11:23撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳手前の小ピークにかかります
1
ようやく最後の登りになります
2021年01月16日 11:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく最後の登りになります
1
右に蛭ヶ岳と不動ノ峰等の峰が見えています
2021年01月16日 11:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に蛭ヶ岳と不動ノ峰等の峰が見えています
1
富士山の山頂は隠れてしまいましたが、まだ形は留めています
2021年01月16日 11:45撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の山頂は隠れてしまいましたが、まだ形は留めています
大山と表尾根
2021年01月16日 12:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山と表尾根
1
真ん中少し右が檜洞丸
2021年01月16日 12:01撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中少し右が檜洞丸
三ノ塔をズームアップ。帰りに表尾根を利用する場合、途中の鎖場なども気にはなるものの、何と言っても三ノ塔の登り返しが一番嫌である。
2021年01月16日 12:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔をズームアップ。帰りに表尾根を利用する場合、途中の鎖場なども気にはなるものの、何と言っても三ノ塔の登り返しが一番嫌である。
2
政次郎の頭から表尾根を振返る
2021年01月16日 12:46撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎の頭から表尾根を振返る
政次郎の頭の下りから行者の鎖場を見る
2021年01月16日 12:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎の頭の下りから行者の鎖場を見る
1
鎖場の上から表尾根を振返る
2021年01月16日 13:00撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の上から表尾根を振返る
行者岳から表尾根を振返る
2021年01月16日 13:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者岳から表尾根を振返る
1
烏尾山の下りから三ノ塔。一旦下って登り返しとなる。
2021年01月16日 13:30撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山の下りから三ノ塔。一旦下って登り返しとなる。
ようやく烏尾山より高くなった。もう少しだ。
2021年01月16日 13:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく烏尾山より高くなった。もう少しだ。
三ノ塔のお地蔵様。ここまで来れば後はどうというところはない。
2021年01月16日 13:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔のお地蔵様。ここまで来れば後はどうというところはない。
三ノ塔から表尾根
2021年01月16日 13:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔から表尾根
三ノ塔から大山
2021年01月16日 14:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔から大山
先ほどまで黄砂で霞んでいた空の色が変わってきた。通り過ぎたのか。
2021年01月16日 14:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどまで黄砂で霞んでいた空の色が変わってきた。通り過ぎたのか。
二ノ塔の山頂は工事中でした。砂利が入って木製の床になるみたいです。この先の泥濘も木道になるようで、歩き易くなりそうです。
2021年01月16日 14:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔の山頂は工事中でした。砂利が入って木製の床になるみたいです。この先の泥濘も木道になるようで、歩き易くなりそうです。
富士見橋の林道に降りてきた
2021年01月16日 14:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見橋の林道に降りてきた
渋沢駅から表丹沢を見る
2021年01月16日 17:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋沢駅から表丹沢を見る

感想/記録

前回の大山から10日以上が経ってしまったので、そろそろどこかに行こうと考えていたが、なかなか候補地が思い浮かばない。ただ、アクセスの良い丹沢にしようとは思っていたので久しぶりに戸沢に向かうことにした。問題はその後塔まで行くかどうか、である。天神尾根はあまり好きでは無いので政次郎尾根に取付く。政次郎の頭でちょっと考えたが、やはり行くべきだと思って塔に向かった。新大日まではちょっと辛かったのだが、その後は比較的足が前に出たように思う。帰りの三ノ塔の登返しも途中で1回休んだが何とかクリアできた。
二ノ塔付近の修復工事がなされていたので完成したら楽しみだ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:150人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ