また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2869119 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

鳴神山[ナルカミヤマ] : 簡単に登れ360度の眺望を楽しめる山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年01月18日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
根本山や熊鷹山への登山口に向かう時と同じ群馬県桐生市のJR両毛線桐生駅の東側を通っている群馬県道66号(桐生田沼線)で群馬大学工学部の脇を通り、梅田南小学校前のバス停のところで左折して県道343号(沢入桐生線)に入って3.8kmほど進み、大滝登山口のある樹徳高校大滝山荘手前100mほどの路肩に駐車。
*登山口の鳥居の脇には数台駐車できる駐車スペースがあるものの私有地なので駐車は避けました。
*鳴神山の登山案内は桐生市のホームページの中の
http://www.city.kiryu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/002/124/haikingu3_420201104.pdf
に「ハイキングガイドブック」で紹介されています。
*公衆トイレは周辺には見当たりませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間56分
休憩
51分
合計
3時間47分
S大滝登山口09:5510:38中間点10:58<休憩>720m付近11:0711:25新道・旧道分岐11:52肩の広場11:5612:06鳴神山12:3712:40仁田山岳12:52椚田峠12:5413:10<休憩>580m付近13:1513:29こつなぎ橋13:42大滝登山口13:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありませんでした。
登山ポストは見当たりませんでした。
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 軽アイゼン

写真

樹徳高校大滝山荘手前100mほどの路肩に駐車して9時55分より登山を開始。
2021年01月18日 09:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹徳高校大滝山荘手前100mほどの路肩に駐車して9時55分より登山を開始。
樹徳高校大滝山荘に向かいます。山荘手前の駐車場は私有地のため駐車しないことにしました。
2021年01月18日 09:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹徳高校大滝山荘に向かいます。山荘手前の駐車場は私有地のため駐車しないことにしました。
山荘入口にある額束に「鳴神山御嶽神社」と表示された鳥居を潜ると、登山口の標識と根本鳴神自然公園の案内板がありました。
2021年01月18日 09:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘入口にある額束に「鳴神山御嶽神社」と表示された鳥居を潜ると、登山口の標識と根本鳴神自然公園の案内板がありました。
登り始めの登山道、沢の左岸沿いを登ります。
2021年01月18日 09:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めの登山道、沢の左岸沿いを登ります。
鳴神山にのみあるというカッコソウ(勝紅草)の保護に関する注意看板が出てきました。
2021年01月18日 09:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴神山にのみあるというカッコソウ(勝紅草)の保護に関する注意看板が出てきました。
2
大滝が近くに見えるようになった標高470mで登山道は、
2021年01月18日 10:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝が近くに見えるようになった標高470mで登山道は、
Uターンして左岸側から滝を高巻く道となりました。
2021年01月18日 10:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Uターンして左岸側から滝を高巻く道となりました。
滝を高巻いた後、標高500m付近で沢を左岸から右岸に渡りました。
2021年01月18日 10:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を高巻いた後、標高500m付近で沢を左岸から右岸に渡りました。
標高550m付近で再び左岸に渡る道が見えてきました。その後も左岸から右岸へ、右岸から左岸への渡り返しを繰り返し、
2021年01月18日 10:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高550m付近で再び左岸に渡る道が見えてきました。その後も左岸から右岸へ、右岸から左岸への渡り返しを繰り返し、
標高640m付近で「中間点」の標識と休憩用ベンチが出てきました。
2021年01月18日 10:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高640m付近で「中間点」の標識と休憩用ベンチが出てきました。
急な上りとなった標高690m付近で、
2021年01月18日 10:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な上りとなった標高690m付近で、
これまでの北西向きから南西向きに左折するようになりました。
2021年01月18日 10:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでの北西向きから南西向きに左折するようになりました。
標高720m付近で再び西向きに右折して広い涸れ沢の左岸を登るようになりました。
2021年01月18日 10:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高720m付近で再び西向きに右折して広い涸れ沢の左岸を登るようになりました。
その地点から登ってきた下方を見た様子です。
2021年01月18日 10:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その地点から登ってきた下方を見た様子です。
右側に大きな岩が現れ、その下部をトラバースするように道がついていました。
2021年01月18日 11:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に大きな岩が現れ、その下部をトラバースするように道がついていました。
涸れ沢の沢床登りから左岸の道を登って行くと、
2021年01月18日 11:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れ沢の沢床登りから左岸の道を登って行くと、
標高820m付近で新道・旧道の分岐標識がでてきたので新道を登ることにしました。
2021年01月18日 11:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高820m付近で新道・旧道の分岐標識がでてきたので新道を登ることにしました。
新道は沢の右岸の山腹につけられています。
2021年01月18日 11:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道は沢の右岸の山腹につけられています。
10分ほどで旧道が合流してきました。旧道は沢床付近につけられているようです。
2021年01月18日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで旧道が合流してきました。旧道は沢床付近につけられているようです。
幅広の涸れ沢を源頭に向かって登ります。
2021年01月18日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅広の涸れ沢を源頭に向かって登ります。
「肩の広場」が近づいてきて、
2021年01月18日 11:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の広場」が近づいてきて、
11時52分、肩の広場に着きました。
2021年01月18日 11:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時52分、肩の広場に着きました。
肩の広場から吾妻山・金沢峠方向と休憩ベンチを見た様子です。
2021年01月18日 11:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の広場から吾妻山・金沢峠方向と休憩ベンチを見た様子です。
肩の広場の案内標識です。
2021年01月18日 11:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の広場の案内標識です。
前回(2015年2月)登った時には無かった「なるかみ小舎」という避難小屋がありました。
2021年01月18日 11:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回(2015年2月)登った時には無かった「なるかみ小舎」という避難小屋がありました。
「肩の広場」にある雷神岳神社の鳥居を潜って頂上に向かいます。
2021年01月18日 11:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「肩の広場」にある雷神岳神社の鳥居を潜って頂上に向かいます。
頂上への少し急な道を登ると、
2021年01月18日 11:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上への少し急な道を登ると、
鳴神山(桐生岳)と仁田山岳(西峰)との鞍部に到着。
2021年01月18日 12:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴神山(桐生岳)と仁田山岳(西峰)との鞍部に到着。
1
分岐を右折して鳴神山頂上に向かいます。
2021年01月18日 12:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を右折して鳴神山頂上に向かいます。
分岐にルートと植物開花時期の案内板がありました。
2021年01月18日 12:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐にルートと植物開花時期の案内板がありました。
12時6分、鳴神山(桐生岳)頂上に到着。
2021年01月18日 12:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時6分、鳴神山(桐生岳)頂上に到着。
2
南東〜東方向の眺めです。
2021年01月18日 12:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東〜東方向の眺めです。
南東方向の筑波山をアップで。
2021年01月18日 12:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東方向の筑波山をアップで。
1
東〜北北東方向の熊鷹山・根本山〜女峰山・男体山・太郎山の眺め。
2021年01月18日 12:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東〜北北東方向の熊鷹山・根本山〜女峰山・男体山・太郎山の眺め。
北東〜北北西方向の眺め。
2021年01月18日 12:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東〜北北西方向の眺め。
男体山、女峰山をアップで。
2021年01月18日 12:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山、女峰山をアップで。
4
男体山、太郎山をアップで。
2021年01月18日 12:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山、太郎山をアップで。
1
白根山をアップで。
2021年01月18日 12:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山をアップで。
1
白根山をさらにアップで。
2021年01月18日 12:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山をさらにアップで。
3
皇海山と袈裟丸山をアップで。
2021年01月18日 12:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山と袈裟丸山をアップで。
1
皇海山をさらにアップで。
2021年01月18日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皇海山をさらにアップで。
1
袈裟丸山をさらにアップで。
2021年01月18日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袈裟丸山をさらにアップで。
北北西〜北西方向の眺め。
2021年01月18日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北北西〜北西方向の眺め。
武尊山をアップで。
2021年01月18日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山をアップで。
2
谷川岳〜オジカ沢ノ頭、万太郎山〜東俣ノ頭をアップで。
2021年01月18日 12:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳〜オジカ沢ノ頭、万太郎山〜東俣ノ頭をアップで。
1
西〜西南西方向の眺め。
2021年01月18日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西〜西南西方向の眺め。
1
浅間山をアップで。
2021年01月18日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山をアップで。
1
四阿山をアップで。
2021年01月18日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山をアップで。
1
頂上に山座同定用案内標識がありました。
2021年01月18日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に山座同定用案内標識がありました。
1
頂上を囲むように設置された休憩用ベンチと前橋市・高崎市方向(南西方向)の眺めです。
2021年01月18日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を囲むように設置された休憩用ベンチと前橋市・高崎市方向(南西方向)の眺めです。
南西方向の桐生市川内町をアップで。
2021年01月18日 12:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向の桐生市川内町をアップで。
南南西方向の吾妻山に続く山々をアップで。
2021年01月18日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南南西方向の吾妻山に続く山々をアップで。
南方向の桐生市街をアップで。
2021年01月18日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向の桐生市街をアップで。
頂上から見た仁田山岳(西峰)です。
2021年01月18日 12:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から見た仁田山岳(西峰)です。
誰も居ないので頂上標識と雷神岳神社の脇で記念にセルフで。
2021年01月18日 12:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も居ないので頂上標識と雷神岳神社の脇で記念にセルフで。
5
鳴神山西峰の仁田山岳に到着。
2021年01月18日 12:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴神山西峰の仁田山岳に到着。
仁田山岳にも鳥居と祠がありました。
2021年01月18日 12:40撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田山岳にも鳥居と祠がありました。
1
仁田山岳から椚田峠に向かって下り始めるとすぐに赤城山が見渡せる第一展望台が出てきました。
2021年01月18日 12:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田山岳から椚田峠に向かって下り始めるとすぐに赤城山が見渡せる第一展望台が出てきました。
北西〜西方向に鈴ヶ岳を除く赤城山が眺められました。
2021年01月18日 12:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西〜西方向に鈴ヶ岳を除く赤城山が眺められました。
1
赤城山を少しアップで。
2021年01月18日 12:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山を少しアップで。
1
第一展望台から稜線直下の西側山腹を少し下り、
2021年01月18日 12:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台から稜線直下の西側山腹を少し下り、
その後、稜線上を下るようになって、
2021年01月18日 12:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、稜線上を下るようになって、
椚田峠に着きました。
2021年01月18日 12:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椚田峠に着きました。
椚田峠からコツナギ橋登山口への下り始めの登山道です。
2021年01月18日 12:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椚田峠からコツナギ橋登山口への下り始めの登山道です。
下り始めてすぐに木のお地蔵さんが出てきました。
2021年01月18日 12:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り始めてすぐに木のお地蔵さんが出てきました。
1
登山道が山腹の下りから沢沿いの下りに変わり、
2021年01月18日 13:01撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が山腹の下りから沢沿いの下りに変わり、
雷神岳神社の御神水が出てきました。
2021年01月18日 13:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷神岳神社の御神水が出てきました。
御神水をアップで。
2021年01月18日 13:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神水をアップで。
階段が続く道となり、
2021年01月18日 13:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が続く道となり、
標高580m付近で左岸から右岸に渡る橋が出てきました。
2021年01月18日 13:10撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高580m付近で左岸から右岸に渡る橋が出てきました。
車道が見えてきて、
2021年01月18日 13:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が見えてきて、
コツナギ橋登山口に着きました。
2021年01月18日 13:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コツナギ橋登山口に着きました。
高沢川沿いの舗装路を大滝登山口を目指して下ります。
2021年01月18日 13:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高沢川沿いの舗装路を大滝登山口を目指して下ります。
大滝登山口に戻ってくると、
2021年01月18日 13:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝登山口に戻ってくると、
その先に車が見え、13時42分に下山しました。
2021年01月18日 13:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に車が見え、13時42分に下山しました。
1
<過去画像>
1週間前に登った長七郎山(赤城山)からの鳴神山です。
2021年01月10日 09:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<過去画像>
1週間前に登った長七郎山(赤城山)からの鳴神山です。
1
撮影機材:

感想/記録

1週間前に赤城山の長七郎山、地蔵岳に登った時、長七郎山の頂上から6年前の2015年2月に登った鳴神山が見えました。そこで急に鳴神山に登ることにしました。
前回は西側の廣土橋駒形登山口から登って椚田峠経由で出発地に戻ったので、今回は東側の大滝登山口から登って椚田峠経由でコツナギ橋登山口に下り出発地点に戻る計画としました。
前回登った時は積雪があって雪山ハイクとなりましたが、今回は念のため軽アイゼンを持参したものの積雪は全く有りませんでした。

登山道は大滝登山口からの上りも椚田峠からコツナギ橋登山口への下りも尾根に出ることの無い沢筋に付けられた何の変哲もなくて面白みに欠けますが、登山道は整備されていて歩き易く簡単に上り下りのできる山でした。
鳴神山東峰の桐生岳頂上は遮るものが無くて360度の眺望が得られ、関東平野から筑波山、日光の山々、皇海山〜袈裟丸山〜武尊山〜谷川連峰、赤城山〜榛名山〜四阿山〜浅間山、荒船山〜秩父の山々、富士山、東京スカイツリー、等々の眺望を得ることができる山です。
今回は残念ながら富士山と東京スカイツリーは霞んで見られませんでしたが…。

また、鳴神山にしか無いというカッコウソウ(勝紅草)を始め、イワタバコ(岩煙草)等植物も豊富なようで「新・花の百名山」にも選定されているとのことで、次回は花の季節に登ってみたいと思いました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:290人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ