また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2869690 全員に公開 雪山ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

藤原岳【霧氷の森の中を頭陀ヶ平へ】大貝戸⤴木和田尾⤵

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月18日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴、
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大貝戸登山口の無料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天狗岩から頭陀ヶ平の間はルーファイが必要
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ウール長袖シャツ 冬用コンプレッションインナー上下 ソフトシェル上下 網シャツ ズボン 防寒テムレス アウター手袋 予備手袋 フリースパーカー ゲイター バラクラバ マスク 毛帽子 6本爪アイゼン ワカン 飲料 水筒(保温性) 尻皮 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ゴーグル ツェルト ストック
備考 アウター手袋、フリースパーカーは使用せず

写真

四合目
夜間の降雪が登山道に残ってました。
2021年01月18日 07:52撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目
夜間の降雪が登山道に残ってました。
1
八合目
アイゼン(6本爪の軽アイゼン)を装着
途中で脱いだアウターを羽織ります。
2021年01月18日 08:50撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目
アイゼン(6本爪の軽アイゼン)を装着
途中で脱いだアウターを羽織ります。
1
冬道の急登
固い雪の上に新雪が乗っています。
12本爪にした方が良かったかな。一瞬思いました。
2021年01月18日 09:09撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬道の急登
固い雪の上に新雪が乗っています。
12本爪にした方が良かったかな。一瞬思いました。
九合目
2021年01月18日 09:27撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目
頂上台地へ出ました
霧氷のオンパレード
2021年01月18日 09:55撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地へ出ました
霧氷のオンパレード
2
藤原山荘
水とガスボンベ等をデポして山頂へ
2021年01月18日 10:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘
水とガスボンベ等をデポして山頂へ
1
《山荘〜山頂》
2021年01月18日 10:16撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山荘〜山頂》
4
《山荘〜山頂》
2021年01月18日 10:18撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山荘〜山頂》
7
《山荘〜山頂》
2021年01月18日 10:22撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山荘〜山頂》
3
藤原岳 山頂
2021年01月18日 10:38撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳 山頂
5
《山頂》
天狗岩&御池岳
2021年01月18日 10:36撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山頂》
天狗岩&御池岳
5
《山頂》
伊勢湾方向
2021年01月18日 10:37撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山頂》
伊勢湾方向
5
《山頂》
2021年01月18日 10:37撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山頂》
3
《山頂》
2021年01月18日 10:37撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山頂》
3
《山頂》
2021年01月18日 10:38撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山頂》
5
《山頂》
2021年01月18日 10:42撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山頂》
2
尻セードは軟らかくて滑れませんでした。
まじめ?にヒールステップで下ります。
2021年01月18日 10:53撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻セードは軟らかくて滑れませんでした。
まじめ?にヒールステップで下ります。
1
《山荘〜天狗岩》
2021年01月18日 11:45撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山荘〜天狗岩》
3
《山荘〜天狗岩》
2021年01月18日 11:47撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山荘〜天狗岩》
3
《山荘〜天狗岩》
2021年01月18日 11:48撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《山荘〜天狗岩》
1
天狗岩
樹氷の森の中を歩いてきました。
2021年01月18日 12:10撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩
樹氷の森の中を歩いてきました。
4
《天狗岩》
鈴鹿の山並み
2021年01月18日 12:09撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩》
鈴鹿の山並み
2
《天狗岩》
藤原岳を見ています
2021年01月18日 12:09撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩》
藤原岳を見ています
2
《天狗岩》
歩いてきた霧氷の森
2021年01月18日 12:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩》
歩いてきた霧氷の森
3
《天狗岩》
伊吹山は山頂に雲が
2021年01月18日 12:14撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩》
伊吹山は山頂に雲が
2
《天狗岩》
今から向かう頭陀ヶ平の鉄塔
その横に真っ白になった霊仙山
2021年01月18日 12:14撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩》
今から向かう頭陀ヶ平の鉄塔
その横に真っ白になった霊仙山
1
《天狗岩》
正面に御池岳が
テーブルランドです。
2021年01月18日 12:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩》
正面に御池岳が
テーブルランドです。
2
ワカンを着けました。
踏み抜きがないのは楽です。
2021年01月18日 12:38撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンを着けました。
踏み抜きがないのは楽です。
2
《天狗岩〜頭陀ヶ平》
2021年01月18日 12:40撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩〜頭陀ヶ平》
7
《天狗岩〜頭陀ヶ平》
数人のトレースがあります。
この後、あれ?トレースが戻ってる。
2021年01月18日 12:40撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩〜頭陀ヶ平》
数人のトレースがあります。
この後、あれ?トレースが戻ってる。
4
《天狗岩〜頭陀ヶ平》
トレースを探し回るのも面倒なので、鉄塔を目指して進みます。
2021年01月18日 12:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《天狗岩〜頭陀ヶ平》
トレースを探し回るのも面倒なので、鉄塔を目指して進みます。
1
頭陀ヶ平
途中でトレースと合流しました。
2021年01月18日 13:22撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平
途中でトレースと合流しました。
3
《頭陀ヶ平》
三角点タッチ
2021年01月18日 13:15撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《頭陀ヶ平》
三角点タッチ
4
《頭陀ヶ平》
霊仙山&伊吹山
写真の鉄塔は下る先の目標です。
2021年01月18日 13:16撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《頭陀ヶ平》
霊仙山&伊吹山
写真の鉄塔は下る先の目標です。
2
《頭陀ヶ平》
三角点がある鉄塔の白瀬峠寄りの鉄塔です。
ここから下の鉄塔を目指して下ります。
2021年01月18日 13:29撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《頭陀ヶ平》
三角点がある鉄塔の白瀬峠寄りの鉄塔です。
ここから下の鉄塔を目指して下ります。
3
頭陀ヶ平(三角点)の鉄塔を振り返っています。
下りは急でした。
雪の状況次第で、雪崩の危険が無いのかなア?
2021年01月18日 13:29撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平(三角点)の鉄塔を振り返っています。
下りは急でした。
雪の状況次第で、雪崩の危険が無いのかなア?
3
正面に霊仙山と伊吹山
2021年01月18日 13:29撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に霊仙山と伊吹山
3
伊吹山アップ
2021年01月18日 13:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山アップ
2
霊仙山アップ
2021年01月18日 13:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山アップ
1
御池岳アップ
2021年01月18日 13:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳アップ
2
結構急な下りが続きます。
ヒールステップで下ります。
2021年01月18日 13:36撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急な下りが続きます。
ヒールステップで下ります。
2
楽しい雪道!
2021年01月18日 13:38撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい雪道!
4
固い雪の上にサラサラの雪が…。
2021年01月18日 13:42撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固い雪の上にサラサラの雪が…。
1
白瀬峠への分岐
2021年01月18日 14:07撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠への分岐
白瀬峠への踏み跡があります。
今日も入っているようです。
2021年01月18日 14:08撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠への踏み跡があります。
今日も入っているようです。
鉄塔(名称?)
先行者はここでアイゼンを脱いでいます。
私はもう少し着けたまま下ります。
2021年01月18日 14:20撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔(名称?)
先行者はここでアイゼンを脱いでいます。
私はもう少し着けたまま下ります。
1
尾根から谷へ下る分岐
この少し前にアイゼンを脱ぎました
2021年01月18日 14:39撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から谷へ下る分岐
この少し前にアイゼンを脱ぎました
木和田尾道 五合目
雪が付いたトラバースの道です。
アイゼンを脱ぐのが早すぎた。
2021年01月18日 14:43撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木和田尾道 五合目
雪が付いたトラバースの道です。
アイゼンを脱ぐのが早すぎた。
白瀬峠登山口
楽しく素晴らしい天狗岩〜頭陀ヶ平でした。
2021年01月18日 15:25撮影 by NEX-6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠登山口
楽しく素晴らしい天狗岩〜頭陀ヶ平でした。
1
付録 スノーガードのその後
雪団子のストレスは今回もゼロでした。
雪の無いところをガシガシ歩いたので、石片が…。
2021年01月19日 11:06撮影 by SH-01L, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
付録 スノーガードのその後
雪団子のストレスは今回もゼロでした。
雪の無いところをガシガシ歩いたので、石片が…。
3
撮影機材:

感想/記録

大貝戸登山口〜藤原岳〜天狗岩〜頭陀ヶ平〜木和田尾〜白船峠登山口を歩いてきました。
気温は低かった(予報では山頂付近で-9℃)が、日差しがあり風もほどほどで快適な雪山ハイクでした。
アウターは8合目まで着用しませんでした。
頭陀ヶ平は風の通り道なのか、少し強い風があった。
ゴーグルが役に立ちました。

8合目からの冬道は凍った雪の上に薄く新雪が乗っており、12本爪アイゼンにすればよかったと思いました。
コース全体はサクサクと歩ける状況でしたので、アイゼンを気にしないで歩ける軽アイゼン(前爪が無いので、ひっかける心配がない)でよかったです。
前後したハイカーは12本爪、6本爪、4本爪、チェーンスパイクと様々でした。

平日ですが、それなりのハイカーでした。密を懸念するような状況ではありません。
山荘〜天狗岩
数人と交差しました。降雪のあとですが、トレースの痕跡らしきところを探して歩くと踏み抜きに遭いません。
天狗岩〜頭陀ヶ平
当日のトレースあり。
途中で見失った(追っていた踏み跡が戻っていたので、探しなおさずそのまま進んだ)が進んだ先でトレースと合流した。
頭陀ヶ平の鉄塔を目印に進めるので、ある程度ルーファイができれば問題ないが、見通しが効かない時はGPS頼り。
頭陀ヶ平〜木和田尾
上の鉄塔(白瀬峠よりの方)から下の鉄塔へ下るのが急斜面。
滑落、雪崩に注意かな???
白瀬峠登山口へ下る五合目付近のトラバース道は、雪解けが凍った上に新雪。当日は道の端が土のままだったので注意してそのまま通過。
アイゼンを着けて通過するべきだったかも。結果OKではダメ。
登山口は「山口登山口」のほうが良いのかな?。いつもと言っても3回目ですが、白瀬峠登山口を使っているので、山口登山口の状況は知りませんが…。

気温が低く、霧氷の森と化した稜線を山荘から頭陀ヶ平まで歩き、感動しました。エビの尻尾にまで霧氷は成長していませんでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:437人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ