また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2871284 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 金剛山・岩湧山

阿弥陀山・岩湧山(新雪に隠れた氷は曲者・・・) 21003

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年01月19日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴
風:2〜4m/s、時々5〜6m/s
気温:出発時・1℃、山頂・−4℃(体感−8℃前後)、下山時・2℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 8:26 発 岩湧ノ森第6駐車場 9:04 着
復路:岩湧ノ森第6駐車場 15:05 発 泉北 15:51 着(立寄り8分含む)

駐車場:
 岩湧ノ森無料駐車場第1〜6の内、岩湧寺から最も離れた第6駐車場(≒10台)に駐車しました(先客なし)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

9:13 岩湧ノ森第6駐車場出発 ー(7分)ー 9:23 行司河原分岐 9:24 ー(74分)ー 10:51 五ツ辻 10:55 ー(9分)ー 11:05 阿弥陀山 11:10 ー(14分)ー 11:27 五ツ辻 11:28 ー(1分)ー 11:29 千石谷林道出合(S-6) 11:31 ー(26分)ー 11:58 鞍部WC 11:59 ー(10分)ー 12:31 山頂広場 12:36 ー(2分)ー 12:38 岩湧山西峰 12:41 ー(8分)ー 12:53 ダイトレ・兼松新道分岐 12:55 ー(37分)ー 13:41 兼松新道登山口 13:44 ー(9分)ー 14:00 すぎこだちの道分岐 14:01 ー(28分)ー 岩湧ノ森第6駐車場帰着 14:34

歩行時間:3時間45分(9:13〜14:34)
歩行距離:9.2
登高速度:+318m/h −432m/h
累積標高:+852m   −836m
消費エネルギー:1635kcal
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はありませんが、急登・急坂やガレ・ザレは随所に出てくるので歩行には注意が必要です。積雪は1〜2cmですが、新雪下の路面凍結には要注意です。筆者は岩湧山西峰南側林道の急登部で足を後方へ滑らせて前方へ転倒し(アイゼン未装着)、危うく顔面を強打するところでした。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 駐車地周辺には当該施設はありません。

写真

五ツ辻まで10数分の尾根道で積雪が現れ・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ツ辻まで10数分の尾根道で積雪が現れ・・・、
4
3個が固まったタマゴ大の足跡を見ている内に・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3個が固まったタマゴ大の足跡を見ている内に・・・、
4
五ツ辻に到着。左上の阿弥陀山へ・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ツ辻に到着。左上の阿弥陀山へ・・・。
2
アイゼン未装着なので下り道のことを気にしている内に・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン未装着なので下り道のことを気にしている内に・・・、
2
阿弥陀山に初登頂しました。2018.8.20に単独で登った時には西阿弥陀山と表示されていましたが、表示板がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀山に初登頂しました。2018.8.20に単独で登った時には西阿弥陀山と表示されていましたが、表示板がありません。
4
初登頂記念に雪のワッフルを残してきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初登頂記念に雪のワッフルを残してきました。
4
アイゼン未装着の急坂下りに登り以上の時間を要しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン未装着の急坂下りに登り以上の時間を要しました。
2
右手の鞍部WCからは・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の鞍部WCからは・・・、
2
岩湧山西峰直ぐ南の林道を辿ったところ・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩湧山西峰直ぐ南の林道を辿ったところ・・・、
3
薄い新雪下の曲者に足を取られて後ろスリップ前方ダウン、後ろにいた相方は筆者の醜態(完全な腹這い状態)に大笑い。危うく顔面を強打するところでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄い新雪下の曲者に足を取られて後ろスリップ前方ダウン、後ろにいた相方は筆者の醜態(完全な腹這い状態)に大笑い。危うく顔面を強打するところでした。
4
風下でアイゼンを装着して山頂広場へ上がると・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風下でアイゼンを装着して山頂広場へ上がると・・・、
4
関空島から・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関空島から・・・、
4
大阪湾の絶景が広がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪湾の絶景が広がっていました。
3
若い女性二人連れ・2組がランチ中でしたが、じぃじ・ばぁば二人連れは体感気温氷点下8℃前後の環境下ではその気になれず・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若い女性二人連れ・2組がランチ中でしたが、じぃじ・ばぁば二人連れは体感気温氷点下8℃前後の環境下ではその気になれず・・・、
3
早々に下山を開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に下山を開始。
6
陽が当たると金剛山は真っ白に輝いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が当たると金剛山は真っ白に輝いていました。
4
兼松新道を慎重に下り・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兼松新道を慎重に下り・・・、
3
葛城二十八宿第十五経塚に立寄って・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛城二十八宿第十五経塚に立寄って・・・、
2
すぎこだちの道で・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぎこだちの道で・・・、
2
変わり恵方巻を見ながら第6駐車場へ・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変わり恵方巻を見ながら第6駐車場へ・・・。
2

感想/記録

 不要不急の外出自粛から除外される健康維持の為の運動・散歩に該当するか否かは不明だが、筆者には酒飲み口実作りに週1〜2回の山行は欠かせない運動である。本日(1/19)は相方が初登頂の阿弥陀山経由で岩湧山へ登り、相方の希望で葛城二十八宿第十五経塚にも立寄って9厖召蠅鯤發い拭3密回避の為に山行日を平日に限定し比較的登山者が少ないルートを選定しているので、山頂広場の4人以外には4人と擦違っただけであった。アイゼン装着のタイミングを誤り、危うく顔面を強打する醜態を晒したのは大いなる反省点であった。
                           fukuchi36
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:157人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ