また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 290342 全員に公開 ハイキング 比良山系

武奈ヶ岳 <不摂生と暑さでバテバテ・・>

情報量の目安: S
-拍手
日程 2013年04月29日(月) [日帰り]
メンバー
天候午前中快晴 午後は2時頃から薄曇〜曇り
山頂付近まで気温20℃前後 全行程ほぼ無風
(山頂でも寒さは全く感じず)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路 : 自宅5:48発 阪神高速3号神戸線 芦屋ランプ 
〜 名神高速 西宮IC → 京都東IC →
湖西道路 〜 比良出口 →(市道)→イン谷口(無料P) 7:10着
所要 1時間22分
復路 : 往路を戻る イン谷口発 15:50 → 自宅着 17:35
所要 1時間45分 (湖西道路の真野〜雄琴間渋滞、名神はほぼ渋滞無し)
   

コースタイム [注]

イン谷口出発 07:15−(0:23)−大山口 07:38−(0:38)−青ガレ下 08:16〜21
−(0:12)−青ガレ上 08:33−(0:43 休憩 0:07)−金糞峠 09:16〜31
−(0:06)−中峠方面分岐 09:37−(0:51 休憩 0:03)−中峠 10:28〜30
−(0:22)−ピーク1100 10:52〜55−(0:07)−コヤマノ岳山頂 11:02
−(0:09)−コヤマノ分岐 11:11−(0:18)−武奈ヶ岳山頂 11:29
<昼食休憩 0:58>
武奈ヶ岳山頂 出発 12:27−(0:14)−コヤマノ分岐 12:41
−(0:30)−イブルキノコバ 13:11〜13−(0:13)−八雲ヶ原 13:26〜33
−(0:17)−北比良峠 13:50〜14:03−(ダケ道 0:38)−かもしか台 14:41〜45
−(ダケ道 0:37)−大山口 15:22−(0:20)−イン谷口 駐車場 15:42

登高合計(イン谷口〜金糞峠〜中峠〜コヤマノ岳〜武奈ヶ岳)
254min 4:14 ※純歩行合計 219min 3:39 ※去年(12.05.26) 4:00=3:24
下山合計(武奈ヶ岳〜イブルキノコバ〜八雲ヶ原〜北比良峠〜イン谷口)
195min 3:15 ※純歩行合計 169min 2:49 ※去年(一部は異ルート) 3:11=2:38

行動総計 449min (7時間29分) 純歩行合計 388min (6時間28分)
山行総合計 507min (8時間27分)

イン谷口〜金糞峠 (純歩行) 109min ←CT 115min  ←去年(12.05.26) 99min
金糞峠〜中峠 54min ←CT 50min ←去年 51min
中峠〜武奈ヶ岳山頂 56min ←CT 55min ←去年 52min
武奈ヶ岳山頂〜北比良峠 74min ←CT 95min ←去年(異ルート)63min
北比良峠〜大山口 75min ←CT 60min ←去年 75min  ・・進歩なしです(汗)

※登高・下山全行程で休憩・停滞の累計は1時間!
 かなりバテが入った行程時間です。参考にせず笑ってやって下さい(自嘲の笑)
コース状況/
危険箇所等
○イン谷口〜青ガレ〜金糞峠
 注意喚起〜危険表示の大看板が大山口に掲示されていますが
 青ガレでは(赤ペン表示を遵守して登れば)特に危険を感じませんでした。
 但し絶対に落石を誘発しないよう、足運びにはとりわけ留意しました。
 青ガレから上、金糞峠まで谷筋の急登が(私的には)本当の「難所」です。
 上部に行くに従って傾斜が増すため、途中までのペース配分に注意しています。
○金糞峠〜中峠(ヨキトウゲ谷道)
 美しい渓筋を行く古道(山人の仕事道)ですが、途中でマーキングが
 途切れるポイントが何ヵ所かあります。「終盤までは渓筋を追う」と
 意識すれば迷いにくいと思います。
 徒渉点が七〜八箇所あるので、「判りにくいときは渓の対岸を見る」よう
 いつも心がけています。その際の踏み石も全てしっかりしています。
 また、途中コヤマノ〜武奈ヶ岳へのショートカット道(尾根通し道)分岐が
 2箇所ありますが、小生は何れも未経験なので他の方のレポをご参照下さい。
○中峠〜コヤマノ岳〜武奈ヶ岳
 コヤマノ岳への登りでマーキングが何ヵ所か途切れますが、
 基本、登り方向に辿れば迷うことはないと思います。
 (但しガスが出た場合は、地図読みとコンパスワークが必要になります)
○武奈ヶ岳〜イブルキノコバ
 コヤマノ分岐から下は小さな渓沿いの道ですが、近年の降雪と雨で
 エグれて荒れた箇所がいくつかあります(ロープ場も有り)。
 ほか、残雪で登山道が埋まった所が3箇所ほどありましたが
 踏み抜かないよう注意を要しました(アイゼンは全く不要です)
○イブルキノコバ〜八雲ヶ原
 歩行困難〜危険箇所はありません。
○八雲ヶ原〜北比良峠
 八雲ヶ原の南端にある「北比良峠→」表示に従って進み、奥ノ深谷の
 涼しい樹林を行くルートを選びました。
 比良ロッジ跡方面へ直登するコースもありますが、陽を遮るもののない
 旧スキー場跡の道ですので、これからの季節は厳しいと思われます。
○北比良峠〜大山口(ダケ道)
 峠には「ダケ道」「イン谷口」「大山口」等を表示した道標がありませんが、
 峠の南側、縦走路(金糞峠)方向ではなく琵琶湖方向へ逸れる道を選べば
 それがダケ道に直通しています。
 ダケ道は以前、トレンチ状にエグれた急傾斜に多量のゴロタ石がごろごろ、
 悪路の代名詞のように云われていた時期もありましたが、
 近年、地元の方々の整備ご努力によって、とても歩きやすくなりました。
 下りが苦手な登山者(私です、私)は本当に助かります。感謝です。
過去天気図(気象庁) 2013年04月の天気図 [pdf]

写真

イン谷口を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イン谷口を出発。
昨日のうちにWeb登山届を提出済み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日のうちにWeb登山届を提出済み。
大山口。
しかし、なんだかどうも・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口。
しかし、なんだかどうも・・
脚が重いなぁ・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脚が重いなぁ・・。
青ガレ到着、でもやっぱり調子悪いッす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレ到着、でもやっぱり調子悪いッす。
いつもは愉しい登りですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもは愉しい登りですが
息が上がって来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息が上がって来ます。
こんなところで休憩したことがないので、景色が新鮮(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところで休憩したことがないので、景色が新鮮(笑)。
3
ここからが登りの正念場なのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが登りの正念場なのですが
上に行くほど急傾斜・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に行くほど急傾斜・・
撮影と称した立ち休み(笑)は無数。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮影と称した立ち休み(笑)は無数。
やっと見えた道標の嬉しかったこと!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと見えた道標の嬉しかったこと!
15分も休憩してしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分も休憩してしまいました。
ご存じ、広重の風景に背中を押され
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご存じ、広重の風景に背中を押され
もう少し頑張ってみることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し頑張ってみることにしました。
尾根通しショートカットは無理無理ッ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根通しショートカットは無理無理ッ
・・で、好きなヨキトウゲ渓へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・で、好きなヨキトウゲ渓へ向かいます。
植林のなか清流の道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林のなか清流の道。
渓筋は荒れているとのことですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓筋は荒れているとのことですが
徒渉を何度も愉しみながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徒渉を何度も愉しみながら
ゆっくり無理せず行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり無理せず行きます。
1
ここで道は渓を離れて・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで道は渓を離れて・・
いかにも山人が通った古道の趣き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも山人が通った古道の趣き。
いつもはこんなにキツくないのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはこんなにキツくないのですが
今日は休み休み行くので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は休み休み行くので
今まで気付かなかった景色に出会えました。
ブナ林越しに堂満岳が覗いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで気付かなかった景色に出会えました。
ブナ林越しに堂満岳が覗いています。
いっそう美しさを増すブナ林を行くと・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっそう美しさを増すブナ林を行くと・・
中峠到着。西南稜はまた今度ね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠到着。西南稜はまた今度ね〜
コヤマノ岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳へ向かいます。
誰もいないブナ林をゆっくり鑑賞!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいないブナ林をゆっくり鑑賞!
ピーク1100でも「お茶休憩」。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク1100でも「お茶休憩」。
いや〜青空が映えますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜青空が映えますね。
少ししつこめですが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少ししつこめですが・・
どこを撮っても画になるので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを撮っても画になるので
どうかご寛容下さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうかご寛容下さい。
新緑が出揃った頃、必ずまた来ます・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が出揃った頃、必ずまた来ます・・
コヤマノクラウンに挨拶。
ここは山頂が判然としないのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノクラウンに挨拶。
ここは山頂が判然としないのですが
最高所と思しき地点に標識がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高所と思しき地点に標識がありました。
ようやく武奈ヶ岳現る!
これは行くしかないでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく武奈ヶ岳現る!
これは行くしかないでしょうね。
最後の急坂をこなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急坂をこなし
青空に吸い込まれるように近づく山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に吸い込まれるように近づく山頂。
びわ湖も蓬莱山も鮮やか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びわ湖も蓬莱山も鮮やか。
1
京都北山もクッキリ。やっぱり来て良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都北山もクッキリ。やっぱり来て良かった。
1
さすがGWのにぎわい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがGWのにぎわい!
4
大混雑の前に退散します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大混雑の前に退散します。
定例の「振り返ってパチリ」
青空に浮かぶ山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定例の「振り返ってパチリ」
青空に浮かぶ山頂。
イブルキノコバへ、残雪がまだありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブルキノコバへ、残雪がまだありました。
この道中は大好きですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道中は大好きですが、
荒れた箇所がたびたび現れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れた箇所がたびたび現れます。
イブルキノコバ直前で・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブルキノコバ直前で・・・
山道が雪に覆われた箇所を通過、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道が雪に覆われた箇所を通過、
これが今年見る最後の雪になりそうですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが今年見る最後の雪になりそうですね。
あとは、ひたすらゆっくりと・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは、ひたすらゆっくりと・・
八雲ヶ原へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原へ向かいます
少し曇ってきましたが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し曇ってきましたが
独特の湿原の風情に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独特の湿原の風情に
どうしても休憩が入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしても休憩が入ります。
北比良峠へ、手製の新設標識が有り難い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠へ、手製の新設標識が有り難い。
この木道からの登りもお馴染みですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木道からの登りもお馴染みですが
やっぱり今日はキツく感じますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり今日はキツく感じますね。
「やっと着いた感」満点の(笑)北比良峠から、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「やっと着いた感」満点の(笑)北比良峠から、
武奈山頂に最後の挨拶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈山頂に最後の挨拶。
湖面と内湖もクッキリ見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖面と内湖もクッキリ見えました。
寝ッ転がって思わずズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝ッ転がって思わずズーム。
2
お〜い、降りなきゃ帰れませんよ〜(笑)。
重い腰を上げてダケ道へ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜い、降りなきゃ帰れませんよ〜(笑)。
重い腰を上げてダケ道へ、
昨秋登ったカラ岳と釈迦岳、今年はこっちから行ってみよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨秋登ったカラ岳と釈迦岳、今年はこっちから行ってみよう。
何の要因でこう曲がるのか、いつも不思議に思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の要因でこう曲がるのか、いつも不思議に思います。
かって悪路の代名詞だったダケ道が・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かって悪路の代名詞だったダケ道が・・
今はこんなにキレイです。
携われた方々にこころから感謝!ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今はこんなにキレイです。
携われた方々にこころから感謝!ですね。
あっという間にカモシカ台。新しい標識が懸かっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間にカモシカ台。新しい標識が懸かっていました。
(私的には)最高の下山路です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(私的には)最高の下山路です。
谷筋を行くようになると、ようやく終盤。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋を行くようになると、ようやく終盤。
大山口が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山口が見えてきました。
終始バテバテの山行でしたが、ようやく着地に成功です(苦笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終始バテバテの山行でしたが、ようやく着地に成功です(苦笑)。

感想/記録
by notung

二日前の鯨飲馬食、昨晩もよく寝られず、不調の予感はありました。
やはり体調に不安を抱えての山はアキマセン。
「テメェ、山ナメてんのか」お叱りが聞こえてきそうです・・・
おまけに汗ばむ暑さも手伝って、久々のバテバテ山行になりました。

大山口までで、すでに「脚が重いなぁ」「こりゃアカンかなぁ」
いつもは楽しい青ガレも途中で息が切れる始末、金糞峠手前はもう気息奄々のありさま。
即撤退も頭をよぎりましたが、「シンドイならシンドイなりの歩き方もあるやろ」と
ゆっくり牛歩戦術(笑)で無理をしないよう、それから「いよいよダメ」になる前に
即刻、引き返す心づもりで武奈を目指しました。

ヨキトウゲ渓、つまり「斧(よき)を研ぐ渓」という意味なんでしょう。
そんな名前に相応しい清流、山人の通った古道の美しさに癒されたのか、
ちょっと調子が上がってきました。「ありゃ、これなら何とかイケるかな」
もちろん急登ルートは厳禁なので、前から興味津々のショートカット道も見送り
狙っていた西南稜も諦め
(口ノ深谷へ下って、またワサビ峠まで登り返すなんぞ、いやいやとても)、
中峠からコヤマノ岳へ廻ったのが正解でした。
・・なぜなら、ここは他のハイカー皆無、だからブザマに喘いでいても勝手放題(苦笑)、
それと何と云ってもブナ林の美しさ!
先だっての竜ヶ岳、金山尾根もなかなかでしたが・・本当にここは見事です。芸術品です。素晴らしい。

そんなコヤマノ岳でお昼を食べ、そのまま引き返す選択肢もありましたが
「やっぱしここまで来て、行かんテはないなぁ」と武奈登頂。
こんな体調で行けるとは思ってなかったので嬉しさひとしおでした。

確かに道中は厳しかったですが、終わってみれば美しい早春の比良核心部を満喫でき、
帰路、ジワジワと充実感(?)が湧いてきました。
途中、気軽に会話して下さった多くのハイカーの皆様にこころから感謝申し上げます。

次回は全山が新緑に輝くころ、捲土重来の(あははのは)リトライ決定、
今度は必ず体調万全で参ります。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:837人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2013/8/6 15:05
 こんにちわ。
比良ってコチラを参考にしたらいいんでしょうか?
蓬莱山だったら、下りはロープウェイでエスケイプ可みたいですね。
おかげさまでいろいろ候補が増えてきました。
まだ日があるので地図とか集めて考えます〜
ありがとうございました!
登録日: 2012/5/11
投稿数: 340
2013/8/7 11:19
 コメントありがとうございます。
情けない内容のうえ、地図ログもない記録ですので
ご丁寧に却って恐縮しています
雰囲気だけチラ見・・ってことでご勘弁

仰せの通り蓬莱山も平〜権現山〜ホッケ山経由の
尾根歩きなんてのが bestコース
ただ今の季節は強烈な天日干し覚悟になりますので
涼しくなってからがお勧めでしょうか。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ