また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 291127 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 栗駒・早池峰

羽山〜羽黒山縦走【和賀の修験道の山々】

情報量の目安: S
-拍手
日程 2013年04月30日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー30人
天候雨〜晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR北上線・岩沢駅からスタート可能。

自家用車なら、駅前にも数台なら駐車できます。
また、より登山口近くなら山野草園の駐車場を利用。

下山口は旧和賀スキー場です。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
04:44
距離
6.3 km
登り
477 m
下り
514 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

8:10 岩沢駅集合
8:50 山野草園駐車場
8:55〜9:05 登山口(鳥居前)
10:15〜10:25 羽山山頂
11:45〜12:10 P306(昼食)
12:30 P307(三角尾根につき道迷い注意!)
13:00 羽黒山山頂
13:30 旧和賀スキー場に下山
コース状況/
危険箇所等
全般的に踏み跡があり、土の道なので歩きやすいですが、ところどころ道が明瞭ではないところがあります。ピンクテープなどはほとんどないので、地図とコンパス必携です。
また、熊にも注意。

◎登山口〜羽山: 急登です。山頂直下、急傾斜に残雪あり、注意。

◎羽山〜羽黒山: 基本的に尾根を進みますが、痩せ尾根あり。
羽山山頂から下って標高480m付近、地図にない分岐あり(和賀川方面へ下る道)、そのまま尾根を進む。
P306は三角尾根になっていて、道なりに進んでいると、何となく左側の尾根に誘導されてしまう。ここは右側の尾根に向かう。
羽黒山の手前で鉄塔(高圧電線)をくぐる。

◎羽黒山〜旧和賀スキー場: 下りはじめてわりとすぐに鉄塔の下(高圧電線)をくぐります。ここで高圧電線と平行に下りるようだと、下りる尾根を間違えたことになるので注意。
過去天気図(気象庁) 2013年04月の天気図 [pdf]

写真

JR北上線、岩沢駅前集合。駅舎内でカッパを着込みました。
2013年04月30日 07:55撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR北上線、岩沢駅前集合。駅舎内でカッパを着込みました。
下山口の旧和賀スキー場に車を置き、岩沢駅近くまで戻り、山野草園駐車場から高速道路をまたぐ陸橋を渡り、羽山登山口へ。
2013年04月30日 08:53撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口の旧和賀スキー場に車を置き、岩沢駅近くまで戻り、山野草園駐車場から高速道路をまたぐ陸橋を渡り、羽山登山口へ。
この鳥居からスタートです。水路の下をくぐります。朝の雨も一応止み…。
2013年04月30日 08:56撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鳥居からスタートです。水路の下をくぐります。朝の雨も一応止み…。
1
標識から尾根に取り付きます。
2013年04月30日 09:07撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識から尾根に取り付きます。
最初からかなりの急登!
2013年04月30日 09:23撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初からかなりの急登!
雪庇あとを乗り越えるところも。
2013年04月30日 09:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇あとを乗り越えるところも。
ちらほら見えていたイワウチワが、山頂が近づくにつれ、数を増していきます。
2013年04月30日 09:35撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちらほら見えていたイワウチワが、山頂が近づくにつれ、数を増していきます。
2
急登をハーハー言いながらイワウチワの急斜面を登る…。
2013年04月30日 09:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をハーハー言いながらイワウチワの急斜面を登る…。
3
羽山の山頂到着!三角点が2つあります。手前が林野庁、奥が国土地理院の三角点だとのこと。
点名:葉山。三等三角点。
2013年04月30日 10:12撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽山の山頂到着!三角点が2つあります。手前が林野庁、奥が国土地理院の三角点だとのこと。
点名:葉山。三等三角点。
1
山頂の祠はこんな感じ。羽山=湯殿山だとのこと。
2013年04月30日 10:16撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠はこんな感じ。羽山=湯殿山だとのこと。
山頂直下、残雪の急斜面です。
2013年04月30日 10:27撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下、残雪の急斜面です。
雨に煙るブナ林。
2013年04月30日 10:48撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨に煙るブナ林。
向こうの斜面がオレンジ色…ブナの冬芽でしょうか。まもなく、芽吹きを迎えるのでしょう。
2013年04月30日 10:50撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうの斜面がオレンジ色…ブナの冬芽でしょうか。まもなく、芽吹きを迎えるのでしょう。
晴れてきました!尾根をどんどん進む。かなりのアップダウンをくり返す尾根歩きを楽しみます。
2013年04月30日 11:25撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてきました!尾根をどんどん進む。かなりのアップダウンをくり返す尾根歩きを楽しみます。
今日、2つめのP307の三角点。ここで昼食。カッパの上衣を脱ぐ。
点名:寒台。四等三角点。
2013年04月30日 11:41撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日、2つめのP307の三角点。ここで昼食。カッパの上衣を脱ぐ。
点名:寒台。四等三角点。
1
晴れてくると、気持ちいいですね!
2013年04月30日 12:11撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてくると、気持ちいいですね!
1
羽黒山の手前で、高圧電線をくぐります。鉄塔は里山の良い目印ですが…新しい電子国土には表記がありません。
2013年04月30日 12:46撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽黒山の手前で、高圧電線をくぐります。鉄塔は里山の良い目印ですが…新しい電子国土には表記がありません。
鉄塔のために仮払いされている部分。
2013年04月30日 12:47撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔のために仮払いされている部分。
尾根に立ち、右側奥に見える三角形の山は仙人山。
2013年04月30日 12:47撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に立ち、右側奥に見える三角形の山は仙人山。
1
仮払いされた尾根には、シラネアオイが。今シーズン初の山での思わぬ出会いが嬉しい。
2013年04月30日 12:51撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮払いされた尾根には、シラネアオイが。今シーズン初の山での思わぬ出会いが嬉しい。
3
道のど真ん中にこんもり!これはおそらく狸のトイレであろうとのこと。狸の溜め糞とか。
2013年04月30日 12:54撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道のど真ん中にこんもり!これはおそらく狸のトイレであろうとのこと。狸の溜め糞とか。
1
羽黒山に着きました。小さな石の祠の前にカタクリが咲いていて、ここからの絶妙なショットを狙う人も。
2013年04月30日 12:55撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽黒山に着きました。小さな石の祠の前にカタクリが咲いていて、ここからの絶妙なショットを狙う人も。
今日3つ目の三角点。
点名:羽黒山。三等三角点。
ここで記念写真を撮り、後は下るだけ!パラパラくるので、カッパの上衣を着る。
2013年04月30日 12:59撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日3つ目の三角点。
点名:羽黒山。三等三角点。
ここで記念写真を撮り、後は下るだけ!パラパラくるので、カッパの上衣を着る。
1
羽黒山から旧和賀スキー場へ下山。
2013年04月30日 13:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽黒山から旧和賀スキー場へ下山。
もう一度鉄塔(高圧電線)をくぐるのがミソ。高圧電線と平行になると、下りる尾根を間違えたことになるので注意。
2013年04月30日 13:06撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度鉄塔(高圧電線)をくぐるのがミソ。高圧電線と平行になると、下りる尾根を間違えたことになるので注意。
スキー場が見えてきました。
2013年04月30日 13:10撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場が見えてきました。
カタクリがお出迎え!
2013年04月30日 13:11撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリがお出迎え!
2
旧和賀スキー場に下りました。現在は夏の間、マレットゴルフ場などになっているようです。
2013年04月30日 13:24撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧和賀スキー場に下りました。現在は夏の間、マレットゴルフ場などになっているようです。
休憩後、多門院伊澤家へ。山岳信仰の一端に触れる。敷地の左側には久那斗神社の里宮があります。
2013年04月30日 14:23撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、多門院伊澤家へ。山岳信仰の一端に触れる。敷地の左側には久那斗神社の里宮があります。
平泉の金の道だった秀衡街道。羽山のほぼ真北、和賀川の向こうに月山があります。
2013年04月30日 14:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平泉の金の道だった秀衡街道。羽山のほぼ真北、和賀川の向こうに月山があります。
伊澤家から羽山を望む。羽黒山は画面をはみ出した左側に。時間にして4時間30分と短い間ながら、いやー、良く歩いた満足感のある縦走路でした。
2013年04月30日 14:31撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊澤家から羽山を望む。羽黒山は画面をはみ出した左側に。時間にして4時間30分と短い間ながら、いやー、良く歩いた満足感のある縦走路でした。
久那斗神社の里宮は秋田側にもあるそうです。
2013年04月30日 14:48撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久那斗神社の里宮は秋田側にもあるそうです。
伊澤家からの帰途、14:50通過の電車を見送る。
2013年04月30日 14:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊澤家からの帰途、14:50通過の電車を見送る。
本に著者からサインをいただきました(嬉
2013年04月30日 16:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本に著者からサインをいただきました(嬉
3

感想/記録

地元スポーツ店(全国チェーン)主催の「岩手の山150」の著者とめぐる山第2弾に参加してきました。今回は、かつての修験道の山を縦走するという、山の文化を感じながらの山行です。

未明からのザンザン振りの雨、中止の連絡がないのはおかしい…と思いながらも雨の中、集合場所へと車を走らせます。到着してもやっぱり雨…でも、人が集まっています。「雨だから中止ですよね?」と問う私に「何を行っているんですが、雨ごときでは中止にしません。」という店長。雷でも鳴らない限り決行とのこと。普段は雨天中止の山行ばかりなので、恐れ入りました(…って、申込者は欠席なくみんな集まってきているし!)。
今回は参加者25名+著者+ガイド3名(著者と同じ山岳会の方かな?)+店舗スタッフ2名の計31名の大所帯でしたが、終始足並みが乱れることなく、パーティ行動となりました。

羽山は地元の方自慢のイワウチワの山だそうです。山頂まで1時間ちょっとの急登の連続、ゆっくり観賞する心のゆとりもありませんでしたが…。雨あり、花あり、急登あり、急下降あり、残雪あり、痩せ尾根あり、道迷いしそうな箇所あり、の、なかなか楽しい山行でした。
著者が話してくれる、ルートファインディングのポイントなど、今回もとっても為になりました。
また、下山後の多門院での修験道の修行の山としての羽山(湯殿山)・羽黒山・月山、金と馬と剣の技術があったゆえの、アテルイと中央との戦い、それに続く藤原氏、田村麻呂が征服した地(山)に神社を置いていったこと等を伺い、味わいを深くしました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2446人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ