また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 295191 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

多摩川水系・小常木谷

日程 2013年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れのち午後から曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
往路:3日夜塩山駅集合のち道の駅で仮眠 、4日余慶橋まで移動
復路:青梅駅まで送ってもらい解散
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

余慶橋P7:05〜山道〜小常木沢出会い7:20〜(入渓)〜火打谷出会い7:30〜銚子ノ滝9:00〜不動滝9:45〜左を高巻き〜滝上10:10 〜大滝10:55〜滝上11:40〜ねじれノ滝11:50〜右高巻き〜滝上12:15/12:35〜岩岳沢遡行〜登山道14:50/15:05〜余慶橋P16:45
コース状況/
危険箇所等
※余慶橋は5〜6台止められるスペースがある
※余慶橋からの山道は小常木の出会いに行く登山道と火打谷の出会いまで行く登山道が途中で分かれる。水量が少なければ直接小常木沢の出会いに下りた方が楽。
※車道から直接小常木の出会いに下りられる所も有るが丹波川を徒渉しなければならない
※岩岳尾根の下山路はよく整備されていて迷うことは無い

過去天気図(気象庁) 2013年05月の天気図 [pdf]

写真

余慶橋の脇から踏み後をたどり登る
2013年05月04日 07:03撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余慶橋の脇から踏み後をたどり登る
1
水平道を歩いて行くと
2013年05月04日 07:07撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平道を歩いて行くと
1
丹波川と小常木の出合に到着
2013年05月04日 07:18撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波川と小常木の出合に到着
1
そのまま小常木谷を遡行、いきなり深いゴルジュ
2013年05月04日 07:19撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま小常木谷を遡行、いきなり深いゴルジュ
1
ゴルジュを抜ける火打谷との出会いに着きました
2013年05月04日 07:27撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュを抜ける火打谷との出会いに着きました
2
小常木谷を遡行、深い釜はへつります
2013年05月04日 07:37撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小常木谷を遡行、深い釜はへつります
2
綺麗なナメ滝
2013年05月04日 07:46撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なナメ滝
1
谷が開けてきた
2013年05月04日 08:25撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷が開けてきた
1
出た〜銚子ノ滝10m、左を登る
2013年05月05日 20:37撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た〜銚子ノ滝10m、左を登る
3
銚子ノ滝上にある、8m逆くの字滝は倒木沿いを登る
2013年05月05日 20:37撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銚子ノ滝上にある、8m逆くの字滝は倒木沿いを登る
1
不動滝12mは左から高巻く
2013年05月05日 20:38撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動滝12mは左から高巻く
2
滝の落ち口に出られます。
2013年05月04日 10:11撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の落ち口に出られます。
1
続いて5m滝は右壁を巻く
2013年05月04日 10:12撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて5m滝は右壁を巻く
1
トラバースしてきた
2013年05月04日 10:26撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースしてきた
1
5mほどの滝を登ったら
2013年05月04日 10:35撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5mほどの滝を登ったら
1
2段20m大滝、下は倒木で埋まってる
2013年05月05日 20:39撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段20m大滝、下は倒木で埋まってる
1
きれいな二段15mネジレ滝です、右から高巻く
2013年05月05日 20:39撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな二段15mネジレ滝です、右から高巻く
2
トラバースは慎重に
2013年05月04日 12:12撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースは慎重に
2
滝上で一休み〜ほっとした
2013年05月04日 12:15撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上で一休み〜ほっとした
1
左から入る岩岳沢を詰める
2013年05月04日 12:33撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から入る岩岳沢を詰める
1
やっと支尾根に乗り
2013年05月04日 14:28撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと支尾根に乗り
1
登山道に着きました
2013年05月04日 14:52撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に着きました
1
下山道は歩きやすい
2013年05月04日 15:19撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道は歩きやすい
1
火打谷の出会いに戻ってきた
2013年05月04日 16:21撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打谷の出会いに戻ってきた
1
余慶橋に無事到着
2013年05月04日 16:45撮影 by u1050SW,S1050SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余慶橋に無事到着
2

感想/記録
by mogu

今期二回目の沢登りは奥多摩の小常木谷、この沢はガイドブックでは中級の上で登攀的な沢となっていて私には無理だと前から思ってたがこれを逃すともう行けないと思い頑張って挑戦してみようと申し込んだ。

3日の夜塩山に集合して丹波の道の駅で仮眠を取る、朝起きると天気は上々です。車で入渓場所の余慶橋まで移動して支度をする一台車が止まっていたが沢登りかな?。天気予報では大気が不安定で午後から雨とのことで12時になったら遡行を中止しましょうと決めて橋の脇から登山道に入る。少し登ると上に伸びる道と平行に伸びる道に分かれていて私たちはそのまま平行の道をたどっていくとどん詰まりになりガレ場を下って小常木谷の出会いに着いた対岸には青梅街道が見える。

このまま入渓しましたがいきなりのゴルジュ、水量が少ないので普通に歩いて火打谷との出会いにあっけなく着いた。帰りは登山道を歩いたが水量が少なかったら出会いから沢を歩いた方が早いし楽です。火打谷を分けてしばらく登山道を歩き登山道が上に伸びた所から小常木谷に下りる、銚子ノ滝までは大きな滝は無いけど釜を持った小滝が時々出てくる。一カ所でへつりに失敗して沈・・・石井さんが枝で引っ張ってくれたけどそれも折れて再び沈してしまった。そんなに難しいところでは無かったのに足の置き方が悪いのと苦手意識があり腰が引けていたのが落ちた原因ですね。

1時間30分ほど遡行したところで兆子ノ滝10mが現れる、ここから小常木谷のハイライト置草履の悪場がはじまります。この滝はほぼ垂直に水を落としていてさて何処を登るのか、ガイドブックを見ると左壁と書かれていたので石井さんが偵察して上に残置があるのを確認したので左壁を登り後続を確保してくれた。見た目よりはホールドも有り登れた、すぐ上に8m逆くの字滝が続いてここには大きな倒木が有り倒木沿いを登れたので楽だった。5mナメ滝を過ぎると不動滝12mが現れる、一見右のルンゼから登れそうだが上を見るとスラブで巻けないと判断、左壁から登りそのまま左から小さく巻く。この巻きは落ち口のすぐ上に出る事が出来きた、滝の落ち口近くなので念のためロープが出たが下りるところに残置シュリンゲがあったのでありがたく使わせてもらいました。

不動滝の上も5mの滝が続き登れないので右壁を石井さんがトップで登り確保、しかし垂直の泥壁が滑る〜なんとか木につかまりながらよじ登った。さてさて不動滝の次に現れたのが2段20m大滝、見るからに登れそうに無いけど石井さんが偵察したら水流左の乾いた岩壁に残置シュリンゲが幾つかあったのでそのルートを登る。下でビレーしていたら途中で石井さんの動きが止まりなんたか大変そう・・・なんとか抜けて登った。次に私が登ったが岩がだんだんと立ってきて1カ所、ホールドもスタンスも無い(と私には見えた)ところが有りどうしようと一瞬パニクるが、シュリンゲをつかみ石井さんに引っ張り上げられる感じでなんとか抜けられた。はぁ〜怖かったし疲れた、登攀力が無いとこういう所は難しいです。でも大滝は高巻きも悪そうなので登った方が安全だったと石井さんが言っていた。

大滝をなんとが登りほっとしたのもつかの間、置草履の悪場最後の滝二段の15mネジレ滝が下段7m、上段8mの滝が続く。ここは時間も12時近くになったので登らずに巻くことになり内心ほっとした私です、巻きは右から簡単に巻けますが、最後のトラバースが落ち口の上なのでロープをフィックスしてもらいトラバースした。滝上で今日初めての大休止でお昼を食べる。

さて12時を過ぎたのでここからは右岸の岩岳沢から詰める事になりましたが、少し登ると二俣になっていたのでこの支流が岩岳沢かどうかいまいち確信が持てない。地形図を見て左の沢に入ったが滝が続き傾斜も急になりこの先もこの調子だと危ないと言うことで二俣まで戻り右沢を登る。右沢も急ですがゴーロなので左よりは登りやすいがこちらもだんだんとガレ場の急傾斜になり途中から左の斜面に逃げ登っていく。小さな尾根に乗っかり詰めていくと岩岳の下の登山道にやっと出ることが出来た、登山道に着いたとたん雨が降ってきて雷もなりだした。

登山道に出ればこっちのもの、よく整備された登山道を下り小常木谷と火打谷の出会いに着いた。ここから帰りは登山道を登りましたが思っていたよりも高く登り疲れた、ゴルジュを歩いた方が楽だったかも。最後までは詰められなかったが置草履の悪場をクリアー出来たので小常木谷を遡行したことになるかな?私には難しい谷でしたが二人のお陰でなんとか登れたと思う、ありがとうございました。

訪問者数:4912人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/12
投稿数: 139
2013/5/12 15:58
 お疲れ様でした。
こんにちは

小常木は私も行ってみたかったのですが、やはり技術的な問題と、「どこまで詰めるのかな〜前飛龍まで行くとしたらついてけないかも 」と思ってやめました

岩岳沢の詰めもなかなか大変そうでしたね

でも夏は釜を泳ぐとすごく楽しそう

丹波山方面は大常木や竜喰など、魅力的なところがありますので、いつか行ければなぁと思ってます。

お疲れさまでした
登録日: 2008/11/17
投稿数: 167
2013/5/12 17:42
 ありがとう
slowwalkerさん、こんにちは
ドボンしましたが思っていたより水が冷たくなくて助かりました(笑)

大常木は6月に石井さんが募集していましたね。私も行ってみたい沢でしたが予定があっていけません。是非参加してみてください。竜喰谷は3回遡行していますが綺麗な谷ですよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ