また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2966583 全員に公開 雪山ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

伊吹山の冬山登山道はもう終わりかな〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年02月28日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候天気は晴れ、でも伊吹山ブルーにはならなかった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
米原ICから伊吹山上野登山口まで20分です。
伊吹山上野登山口には有料駐車場(400円〜500円)がたくさんあります。
伊吹山上野登山口には公衆トイレがあります。
伊吹山上野登山口にはインフォメーションセンターがあり、登山届箱と入山協力金一人300円の無人箱があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
一合目で衣服調整休憩
三合目で軽く休憩
六合目過ぎでアイゼン装着
伊吹山山頂松仙館の側で風を避けて昼食休憩25分
六合目手前でアイゼン外す
一合目でトイレ休憩
歩行距離:11.1km
歩行時間:6時間35分
最低高度:213m
最高高度:1377m(伊吹山)
累計高度(+) 1204m
コース状況/
危険箇所等
六合目過ぎた付近でアイゼンを付け直登しましたが、踏み抜きや地面露出箇所あり歩きにくいです。
その他周辺情報近くの三島池(駐車場あり)に立ち寄って雄大な伊吹山を望みました。
大久保集落(長尾護国寺)のセツブンソウも見物したかったのですが遅くなったので諦めました。
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ メリノウール長袖インナー ハードシェル ズボン メリノウール靴下 グローブ 防寒着 ゲイター 冬帽子 ザック 12本アイゼン カップ麺 行動食 飲料(ミルクティー) 水筒(保温性) レジャーシート コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ
備考 泥に汚れたアイゼンを入れる袋を持って行けば良かった。

写真

上野登山口近くの公衆トイレです。
あと伊吹山では一合目にあるトイレのみです。
三合目のトイレ、山頂トイレは冬季閉鎖中です。
2021年02月28日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野登山口近くの公衆トイレです。
あと伊吹山では一合目にあるトイレのみです。
三合目のトイレ、山頂トイレは冬季閉鎖中です。
登山口横の三之宮神社で、この前の側溝で登山靴やアイゼンを洗う場所があり、ブラシも置かれていました。
2021年02月28日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口横の三之宮神社で、この前の側溝で登山靴やアイゼンを洗う場所があり、ブラシも置かれていました。
この伊吹山案内図には合目、標高、距離、歩行時間が詳しく書かれていました。
2021年02月28日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この伊吹山案内図には合目、標高、距離、歩行時間が詳しく書かれていました。
上野登山口から湖国バスが長浜駅、近江長岡駅行きがあるようですが、曜日・季節の運行確認が大事です。
2021年02月28日 08:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野登山口から湖国バスが長浜駅、近江長岡駅行きがあるようですが、曜日・季節の運行確認が大事です。
上野登山口のインフォメーションセンターで、登山届や入山協力金(1人300円)箱があります。
2021年02月28日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野登山口のインフォメーションセンターで、登山届や入山協力金(1人300円)箱があります。
ここから伊吹山登山道スタートで、山頂まで6kmです。
一合目まで林の中を歩きます。
2021年02月28日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから伊吹山登山道スタートで、山頂まで6kmです。
一合目まで林の中を歩きます。
一合目で、標高420m、山頂まで5.1kmです。
ここで衣服調整しました。
2021年02月28日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目で、標高420m、山頂まで5.1kmです。
ここで衣服調整しました。
一合目からはスキー場跡なので広くなっています。
2021年02月28日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目からはスキー場跡なので広くなっています。
二合目は標高580m、山頂まで4.3kmです。
2021年02月28日 09:34撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目は標高580m、山頂まで4.3kmです。
振り返って見た麓の景色です。
2021年02月28日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って見た麓の景色です。
1
二合目を過ぎると、やっと雪と伊吹山が現れました。
2021年02月28日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目を過ぎると、やっと雪と伊吹山が現れました。
3
積雪ですが、まだまだアイゼンは不要です。
2021年02月28日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪ですが、まだまだアイゼンは不要です。
1
三合目は、標高720m、山頂まで3.6kmです。
もう少し先に休憩ベンチがあります。
2021年02月28日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目は、標高720m、山頂まで3.6kmです。
もう少し先に休憩ベンチがあります。
四合目は、標高800m、山頂まで3.1kmです。
三合目から四合目は近いです。
2021年02月28日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目は、標高800m、山頂まで3.1kmです。
三合目から四合目は近いです。
五合目は、標高880m、山頂まで2.4kmです。
2021年02月28日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目は、標高880m、山頂まで2.4kmです。
六合目は、標高990m、山頂まで1.9kmです。
近くに避難小屋があります。
2021年02月28日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目は、標高990m、山頂まで1.9kmです。
近くに避難小屋があります。
六合目を過ぎた場所からアイゼンを履いて直登(冬登山道)が始まりましたので、七合目、八合目、九合目は見つかりませんでした。
2021年02月28日 11:12撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目を過ぎた場所からアイゼンを履いて直登(冬登山道)が始まりましたので、七合目、八合目、九合目は見つかりませんでした。
3
振り返って登ってきた雪渓です。
踏み抜き箇所や地面が露出した場所は歩きにくかったです。
2021年02月28日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って登ってきた雪渓です。
踏み抜き箇所や地面が露出した場所は歩きにくかったです。
雪渓はかなり急ですが、前を見て登るので恐怖感はありません。
2021年02月28日 11:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓はかなり急ですが、前を見て登るので恐怖感はありません。
1
尾根まで最後の頑張りです。
2021年02月28日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根まで最後の頑張りです。
2
急な雪面を振り返って見ました。
2021年02月28日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な雪面を振り返って見ました。
2
やっと尾根に到達です。
2021年02月28日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと尾根に到達です。
1
お堂の左の松仙館前で風を避けて昼食休憩を取りました。
2021年02月28日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂の左の松仙館前で風を避けて昼食休憩を取りました。
1
北方面の山々(金糞岳方面?)、もっと晴れて!
2021年02月28日 12:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面の山々(金糞岳方面?)、もっと晴れて!
2
伊吹北尾根方面
2021年02月28日 12:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹北尾根方面
1
日本武尊はすっかり雪がありません。
2021年02月28日 12:34撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊はすっかり雪がありません。
1
伊吹山山頂は1377m、一等三角点です。
寒いので登山者は居ません。
2021年02月28日 12:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山山頂は1377m、一等三角点です。
寒いので登山者は居ません。
1
伊吹山ブルーだったら良かったのにな〜。
2021年02月28日 12:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山ブルーだったら良かったのにな〜。
1
山頂のお店は閉まっています。多くの登山者は風を避けて建物の横で休憩されていました。
2021年02月28日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお店は閉まっています。多くの登山者は風を避けて建物の横で休憩されていました。
1
天気は薄曇り、風は冷たくて山頂でゆっくり休憩出来ませんでした。
2021年02月28日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は薄曇り、風は冷たくて山頂でゆっくり休憩出来ませんでした。
2
名残惜しいですが下山します。
2021年02月28日 12:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが下山します。
雪渓の下山は、アイゼンを引っ掛けないようにゆっくりと慎重に!
2021年02月28日 12:51撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の下山は、アイゼンを引っ掛けないようにゆっくりと慎重に!
3
ピッケルを持参していましたが、慣れたストックで下山しました。
2021年02月28日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルを持参していましたが、慣れたストックで下山しました。
下山後、三島池に立ち寄って伊吹山を眺めました。
池にはたくさんのカモが泳いでいました。
2021年02月28日 15:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、三島池に立ち寄って伊吹山を眺めました。
池にはたくさんのカモが泳いでいました。
3

感想/記録

近場で雪山登山をしたくて、銀杏峰や金糞岳はまだ雪山登山が楽しめそうですが、日帰り登山では登山口まで車時間かかり過ぎたり、歩行時間が長すぎたりで無理だと諦めました。
毎日、ヤマレコ報告を見ながら「もう雪山は遅いかな〜」と思いつつも、車で2時間、登山が6時間の伊吹山に決めました。
ヤマレコでお勧め有料パーキング(高橋P)を車ナビに設定しましたが、何故か細い路地を誘導して怪しくなり諦めて、道路沿いの大きな駐車場に止めました。
上野登山口近くにはあちこち駐車場があり、登山口に一番近い駐車場は500円で、その他は400円でした。
三之宮神社横が上野登山口で、湖国バス停があり、トイレもあり、インフォメーションセンターで登山届を提出、入山協力金300円(1人)を無人箱に入れて登山道をスタートしました。
一合目からは陽も差すので上着を脱いで、広いスキー場跡を登りました。
三合目手前からは積雪もあり、雪が少なくなった伊吹山の姿が現れました。
六合目過ぎた場所から、アイゼンを履いて冬道を直登しましたが、雪解けが進んで踏み抜き箇所や地肌が現れる場所があり、歩行を難しくしました。
雪渓は急登なので前しか見ず、あと少し、あと少しと踏ん張って登りました。
尾根に辿り着くと頂上はすぐ近くで、松仙館の陰で風を避けて昼食を取りました。
登山者があまり見かけないと思っていたら、皆さんお店の陰に隠れるようにして休憩していました。
伊吹山山頂は広々していましたが、薄曇りで伊吹山ブルーは望めず、風も冷たかったので、一等三角点1377mの山頂で記念写真を撮ったら早々に下山しました。
急な雪渓の下りでは、ピッケルを持参していましたが、慣れたストックでアイゼンを引っ掛けて転ばないように注意しながらゆっくりと下りました。
六合目付近でアイゼンを外し、泥汚れになったアイゼンをリュックにぶら下げて下山したら、転んだ時に片方を落とし(早く気が付いて回収)、リュックも汚れて、アイゼンを入れる袋を持って行けま良かったと反省しました。
途中から膝の痛みも出始めたので、こんな調子だと次回も登山に行けるか心配です。
伊吹山から下山後に、大久保集落のセツブンソウを見物したかったのですが時間が無く、三島池には立ち寄って雄大な伊吹山を見て帰宅しました。

最後に、komakiさん 2月24日のヤマレコ情報を参考にさせて頂きありがとうございました。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:412人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/29
投稿数: 7392
2021/3/2 23:09
 hanasakaoyajiさん、初めまして。
拙ないレコをご参考頂いたとのお話
とても嬉しく思います。

伊吹山、自分が登った時よりさらに
雪が解けた様子ですが、冬ならではの
直登ルートが取れて、何よりです。
登録日: 2014/5/23
投稿数: 53
2021/3/3 8:28
 Re: hanasakaoyajiさん、初めまして。
komakiさん、初めまして。
お勧めの高橋Pを見つけられず残念です。
雪渓もかなり溶けていて直登しにくかったです。
大久保集落のセツブンソウも見物したかったのですが、時間的に厳しく場所もはっきりしてなかったので諦めました。
来年はもっと雪のある時に再挑戦したいと思います。
f-o
登録日: 2016/6/25
投稿数: 18
2021/3/3 17:55
 お疲れ様でした。
伊吹山ブルー残念でしたね。
伊吹山も、すっかり雪が無くなってるんですね。もう一度、パウダースノーの伊吹山に行きたかったなぁ。
登録日: 2014/5/23
投稿数: 53
2021/3/3 19:21
 Re: お疲れ様でした。
f-oさん、初めまして!
2月上旬〜中旬だったらもっと雪があったのに残念です。
また、28日のヤマレコ報告を見ていると、北陸の取立山や銀杏峰の方が雪が多くて晴れていた様でした。
登録日: 2017/3/8
投稿数: 13
2021/3/12 19:33
 伊吹山
登られたんですね👍
頂上では雪は無いですね。
見晴らしが良いのに、晴れていたら綺麗だったでしょうね🏔?
登録日: 2014/5/23
投稿数: 53
2021/3/13 9:18
 Re: 伊吹山
トランプさん、本格雪の伊吹山に登るのだったら2月上旬まででした。
雪が解けて地肌が露出すると歩きにくかったです。
伊吹山ブルーを期待したのに山頂は薄曇りで残念でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ