また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2969800 全員に公開 ハイキング 京都・北摂

大文字山2021年9回目も北斜面ウロウロ

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月03日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行き 京阪バス 琵琶町バス停を出発
帰りは丸太町通りを鴨川まで散歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間52分
休憩
37分
合計
5時間29分
Sスタート地点08:4310:37曾孫熊山10:4110:43玄孫熊山10:4410:46曾孫熊山10:5110:51小熊山11:1411:40熊山13:02大文字山四つ辻13:15楼門の滝13:1813:37霊鑑寺13:3814:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
二段の滝へ降りる尾根のみ最後は崖で降りられなかった。

写真

今日、出合い頭に見つけた歌人プレートは4枚
14番 源融(河原左大臣)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日、出合い頭に見つけた歌人プレートは4枚
14番 源融(河原左大臣)
琵琶町バス停で降車して気持ちの良い谷をユルユルと登って行く。
2021年03月03日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶町バス停で降車して気持ちの良い谷をユルユルと登って行く。
中尾の滝に続く谷に回り込む際、巣箱がいっぱい掛かっていた。細かく数えては無いが10個は下らなかったと思う。
2021年03月03日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾の滝に続く谷に回り込む際、巣箱がいっぱい掛かっていた。細かく数えては無いが10個は下らなかったと思う。
これは何かな?何かのセンサーだろうか。
2021年03月03日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何かな?何かのセンサーだろうか。
谷を渡り向かいの尾根に取り付く。
2021年03月03日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を渡り向かいの尾根に取り付く。
獣道を辿って登って行く。
2021年03月03日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣道を辿って登って行く。
西村さんちの土地を通らせて貰った。
2021年03月03日 09:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西村さんちの土地を通らせて貰った。
1
向こうに見える山(愛宕山?)は白く見える。
2021年03月03日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見える山(愛宕山?)は白く見える。
尾根を詰め上がると子鹿山。
2021年03月03日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を詰め上がると子鹿山。
次は鹿山。
2021年03月03日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は鹿山。
この所、何処を通ってもこの竹またはタケと書かれた赤いテープがある
2021年03月03日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この所、何処を通ってもこの竹またはタケと書かれた赤いテープがある
1
尾根を降りて行くとこの先ガケと書かれてあった。なる程、崖で降りられなかった。
2021年03月03日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を降りて行くとこの先ガケと書かれてあった。なる程、崖で降りられなかった。
回り込んで降りて行くとこの岩壁だった。ここだけが今日唯一の歯の立たない地形だった。
2021年03月03日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込んで降りて行くとこの岩壁だった。ここだけが今日唯一の歯の立たない地形だった。
ついでに寄った二段の滝。今日も注意深く探したが滝名のプレートは無かった。
2021年03月03日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついでに寄った二段の滝。今日も注意深く探したが滝名のプレートは無かった。
1
谷をユルユルと登って行く。
2021年03月03日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷をユルユルと登って行く。
ここはこの尾根を登る。
2021年03月03日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはこの尾根を登る。
熊山に回り込む途中、こんな鍬の刃が落ちていた。何に使っていたのか気になる所である。
2021年03月03日 10:36撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊山に回り込む途中、こんな鍬の刃が落ちていた。何に使っていたのか気になる所である。
1
玄孫熊山。
2021年03月03日 10:44撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄孫熊山。
曾孫熊山。
2021年03月03日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曾孫熊山。
1
子熊山。ここからまた尾根を降りる。
2021年03月03日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子熊山。ここからまた尾根を降りる。
1
途中から道があったので気になって辿ってみた。
2021年03月03日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から道があったので気になって辿ってみた。
また登り返す尾根に入ったが一度通った記憶があるので隣の尾根に乗り換える。。
2021年03月03日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また登り返す尾根に入ったが一度通った記憶があるので隣の尾根に乗り換える。。
隣の尾根から熊山に向かう。
2021年03月03日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の尾根から熊山に向かう。
ぐるぐる回っていたら気になる岩が見えたので寄ってみた。
2021年03月03日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるぐる回っていたら気になる岩が見えたので寄ってみた。
一度尾根を登って
2021年03月03日 12:01撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度尾根を登って
天の原へ降りて行く。このプレートは健在。
2021年03月03日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天の原へ降りて行く。このプレートは健在。
フライパンにも寄って
2021年03月03日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フライパンにも寄って
プレートも確認した。
2021年03月03日 12:20撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレートも確認した。
1
更に登り返すとこの木の所に着く。
2021年03月03日 12:40撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に登り返すとこの木の所に着く。
1
三角点の北側斜面の土塁?の所に着いた。
2021年03月03日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の北側斜面の土塁?の所に着いた。
そのまま道路の様に広い土塁の上側を辿る。
2021年03月03日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま道路の様に広い土塁の上側を辿る。
やがて行き止まりになるが
2021年03月03日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて行き止まりになるが
上側に続いていた。
2021年03月03日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上側に続いていた。
二段になって続く。
2021年03月03日 12:58撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二段になって続く。
溝の様な地形もある。
2021年03月03日 12:59撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溝の様な地形もある。
如意ヶ岳への分岐辺りの広い谷状の所に出た。
2021年03月03日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
如意ヶ岳への分岐辺りの広い谷状の所に出た。
今日は山頂にも寄らずここから楼門の滝に降りて行く。
2021年03月03日 13:02撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は山頂にも寄らずここから楼門の滝に降りて行く。
やがて桜谷(楼門の滝のある谷)の最初の一滴の場所に付く。
2021年03月03日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて桜谷(楼門の滝のある谷)の最初の一滴の場所に付く。
その下、道沿いにある大岩。
2021年03月03日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その下、道沿いにある大岩。
更にその下側にまた土塁がある。これはもともとお寺(熊野三所)が無くなった後に山城に転用された跡らしい。
2021年03月03日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にその下側にまた土塁がある。これはもともとお寺(熊野三所)が無くなった後に山城に転用された跡らしい。
熊野三所跡と呼ばれる所の広場、かなり広く大きなお寺があったのかも。
2021年03月03日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野三所跡と呼ばれる所の広場、かなり広く大きなお寺があったのかも。
今日の楼門の滝。
2021年03月03日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の楼門の滝。
1
最後に霊鑑寺から大文字山を望む。
2021年03月03日 13:38撮影 by Canon PowerShot SX40 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に霊鑑寺から大文字山を望む。
撮影機材:

感想/記録
by yjin

今日も気楽に歩ける大文字山に行ってきた。天気も良かったし人も殆ど居なかったしゆっくり歩けた。折角なので小倉百人一首の作者名のプレートも探したが新規は4枚だった。しかも見つかったのは全く初めて歩いた所では無く、何度か歩いた所ばかりだった。結果から考えると難しいの一言だ。今日初見のプレートも偶然見かけた所に付いていたのばかりだった。多分もっと沢山、見つけられないまま通り過ぎているのだろう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:226人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ