また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2984960 全員に公開 トレイルラン 近畿

音羽山、太神山。長等公園から紫香楽宮跡まで、東海自然歩道5日目【歴史ロマンと寺社の見どころ満載】東海自然歩道を西からつなぐ旅20210307

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月07日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間4分
休憩
1時間25分
合計
9時間29分
Sスタート地点07:0607:21長等公園07:45東海自然歩道歩道橋07:4908:30音羽山08:3708:45パノラマ台09:38幻住庵10:1411:18石山公園 トイレ11:56南郷公園11:5912:25田上公園 トイレ12:2712:37帝産バスアルプス登山口12:4212:50渡渉地点13:06迎不動13:0713:52太神山不動寺13:5713:57太神山14:0114:02不動寺 トイレ14:46三筋の滝14:4816:12紫香楽宮跡16:2616:33紫香楽宮跡駅16:3516:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

大津駅からスタート
2021年03月07日 07:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津駅からスタート
長等公園から音羽山へ向かう
2021年03月07日 07:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長等公園から音羽山へ向かう
階段登っていく、頑張れー
2021年03月07日 08:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段登っていく、頑張れー
音羽山頂上から京都の街を望む
2021年03月07日 08:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽山頂上から京都の街を望む
1
降りて来て大津の住宅街に芭蕉ゆかりの幻住庵
2021年03月07日 09:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて来て大津の住宅街に芭蕉ゆかりの幻住庵
1
石山寺駅をへて
2021年03月07日 10:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石山寺駅をへて
石山寺を観光
2021年03月07日 10:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石山寺を観光
1
琵琶湖の南端、洗堰
2021年03月07日 12:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖の南端、洗堰
そこからひたすら登って来て辿りついた先は不動寺
その手前にあった二体の像がなんともファニー
2021年03月07日 13:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからひたすら登って来て辿りついた先は不動寺
その手前にあった二体の像がなんともファニー
不動寺の本堂は、すごいところにあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動寺の本堂は、すごいところにあった
1
山を降りて、三筋の滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山を降りて、三筋の滝
ゴールは紫香楽宮跡で散策
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールは紫香楽宮跡で散策
撮影機材:

感想/記録

東海自然歩道の旅も京都に別れを告げ滋賀を東に向かって進み始めました
音羽山の頂上で京都の街も見納めです
大津の住宅街に降りると芭蕉ゆかりの幻住庵がありました
運良くガイドのおじさんに説明をいただくことができました
その後の街中はやはり道標も少なくルートを辿ることに少し難儀しましたが、石山寺で少し観光して瀬田川洗堰を渡り湖南アルプス方面へと向かいます。
琵琶湖周辺のルートは、この前の週に2時間4分台がでた琵琶湖毎日マラソンのコース
好記録が続出してテレビの前で興奮していた気持ちが甦ってきます
琵琶湖を離れ太神山の不動寺を目指しますが、長々と続く峠道
ひたすら黙々と登る。修行だなこりゃ、、、、ようやく山道に入りさらに登って行くと突如、不動寺の手前にファニーな二つの像が現れる。
ここまでの静かな山の孤独な修行とは裏腹に何とも心和むご夫婦?後で調べたら不動明王の仲間達らしい、、、
二つの像の間を通り参道を進むと山門が出てきて、さらに奥へと進むと急な石階段があった
しんど〜しんど〜と言いながら登り切ったところに本堂はあった
さらに奥には三角点。
太神山の頂上がこのルートのピークかな?
あとは紫香楽宮まで下り貴重で進むのみ
だったはずだけど、紫香楽宮跡の手前で峠越え。
この頃には日も傾き、手足は冷たくなり、腹もペコペコ
いつもやっちゃうカロリー不足
前日からキチンとパワーつけとかないと、なかなか山道には勝てない
何とかこの日のゴールとなる紫香楽宮跡に到着し、しばし歴史のロマンに思いをはせた後、信楽高原鉄道に乗って帰路についた



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:192人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 高原 道標 東海自然歩道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ