また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3002037 全員に公開 ハイキング 丹沢

加入道山〜大室山 *リハビリ山行

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月16日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
室久保川沿い無料P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
55分
合計
6時間35分
S加入道山 室久保川登山口06:3507:10水場07:1508:101345m分岐08:30加入道避難小屋08:4008:40馬場峠08:40前大室09:40大室山09:5009:55大室山・犬越路分岐10:2011:00馬場峠11:0513:10加入道山 室久保川登山口13:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
崩落箇所あるが問題なし
その他周辺情報道志の湯は火曜日定休なので紅椿の湯へ。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

崩落箇所。巻くので問題なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所。巻くので問題なし。
加入道山避難小屋。とても綺麗で快適そう。携帯の電波も良く入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加入道山避難小屋。とても綺麗で快適そう。携帯の電波も良く入る。
気持ちの良い尾根道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道。
2
大室山が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山が見えます。
1
急ではあるが良く整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ではあるが良く整備されています。
富士山も傘をさし始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も傘をさし始めました。
4
南ア・北部から南部までよく見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア・北部から南部までよく見えます。
2
今日は一寸亭にしました。これ美味しいです。カップ麺は山でしか食べません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は一寸亭にしました。これ美味しいです。カップ麺は山でしか食べません。
2
微妙に余ったOD缶の処理をしたかったので、今日はガソリンストーブではなくガスです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
微妙に余ったOD缶の処理をしたかったので、今日はガソリンストーブではなくガスです。
1
荒れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れてきました。
3
帰りに振り返った大室山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに振り返った大室山。
1
前大室(馬場峠)で道標の裏から破線ルートで下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前大室(馬場峠)で道標の裏から破線ルートで下山します。
それなりに急坂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりに急坂です。
この辺りから水が出始めます。魚を探しますが見つからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから水が出始めます。魚を探しますが見つからず。
しかし凄い土石流です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし凄い土石流です。
1
キャンプ場に出ました。ここで合っていたのかな?終盤は曖昧だったので適当に降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場に出ました。ここで合っていたのかな?終盤は曖昧だったので適当に降りました。
1
平日のバスは1日数本、、、。Pまで1時間車道を歩きます。思いのほか暑くて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日のバスは1日数本、、、。Pまで1時間車道を歩きます。思いのほか暑くて。
1
桂川に並び関東屈指のポイントである道志川はアングラーが多かったですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂川に並び関東屈指のポイントである道志川はアングラーが多かったですね。

感想/記録

近場で山行。軽めにノンビリとリハビリには、気になっていた山へ。あまり人もいないかなと思っていましたが4人の登山者と遭遇。以前から登ることが少ない丹沢でしたが、手の行き届いた登山道整備に頭が下がる思いです。バスの本数が平日数本しかないので復路に変化を付けるべく、馬場峠から破線ルートを選びました。急ではありますがテープは要所にあります。終盤はルートは適当で降り立った場所は正解か定か。Pに戻るために道路歩きをしてまでもこの破線ルートを歩く意味はないかと思います。昔は登山道だったのかと思います。

今年も冬山に行けずに終わりそうだなぁ。。。

*山行の詳細はブログに記載しています。
http://blog.livedoor.jp/salon_kiryu/archives/52199474.html

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:214人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ