また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3002721 全員に公開 雪山ハイキング 塩見・赤石・聖

【雪の塩見岳ワンディチャレンジ撤退】三伏山まで

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月17日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴で暖かかった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
当日はニコニコレンタカーで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
夜道は凍結している部分があったので注意
踏み抜きが多く斜面は少し注意必要
12月下旬から4月下旬まで、ゲートは冬期封鎖。大分手前から歩く必要があります。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軽アイゼン

写真

三伏峠までの道のりで夜明けを迎える。
北アルプス方面
2021年03月17日 06:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠までの道のりで夜明けを迎える。
北アルプス方面
4
三伏峠までの看板
大体の距離感をつかめてありがたい
2021年03月17日 06:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠までの看板
大体の距離感をつかめてありがたい
1
北斜面の雪道はこんな感じ
踏み抜きが多く、精神的に疲れが出てくる
2021年03月17日 06:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面の雪道はこんな感じ
踏み抜きが多く、精神的に疲れが出てくる
1
遠くに見えるのは仙丈ヶ岳、甲斐駒
2021年03月17日 07:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは仙丈ヶ岳、甲斐駒
2
仙丈ヶ岳、甲斐駒アップで
2021年03月17日 07:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳、甲斐駒アップで
4
三伏峠小屋到着
雪に埋れている。もちろん閉鎖されている。
2021年03月17日 07:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋到着
雪に埋れている。もちろん閉鎖されている。
4
ほのかに残る樹氷
2021年03月17日 07:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほのかに残る樹氷
3
塩見岳と樹氷
2021年03月17日 07:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳と樹氷
7
仙丈ヶ岳。実際見ると仙塩尾根の長さは想像以上でした。
2021年03月17日 07:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。実際見ると仙塩尾根の長さは想像以上でした。
5
三伏山の稜線
2021年03月17日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山の稜線
8
三伏山に登頂
2021年03月17日 07:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山に登頂
5
少し雪紋
2021年03月17日 08:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪紋
3
塩見岳への稜線も見えてきた!
行けるところまで行ってみようと決意。
ここからが辛かった。。
2021年03月17日 08:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳への稜線も見えてきた!
行けるところまで行ってみようと決意。
ここからが辛かった。。
5
塩見岳の手前の本谷山が目の前に
2021年03月17日 08:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳の手前の本谷山が目の前に
3
塩見岳の全貌が見えてくる。
格好良い姿を拝めたのでもう良いかな?と思えてきた。
暖かすぎて雪崩も少し怖い。引き返そう。。
2021年03月17日 08:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳の全貌が見えてくる。
格好良い姿を拝めたのでもう良いかな?と思えてきた。
暖かすぎて雪崩も少し怖い。引き返そう。。
9
振り返り、再度塩見岳
ベテランな風格です
2021年03月17日 10:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り、再度塩見岳
ベテランな風格です
11
中央アルプスがくっきり!
2021年03月17日 10:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスがくっきり!
7
北アルプス
2021年03月17日 10:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス
6
恵那山も見える
2021年03月17日 10:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山も見える
5
自分のトレースを引き返します
2021年03月17日 10:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを引き返します
3
烏帽子岳
2021年03月17日 10:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳
3
塩見岳よ、さらば
2021年03月17日 10:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳よ、さらば
7
夜は凍結してカチカチだったが、暖かさで溶けている
2021年03月17日 12:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は凍結してカチカチだったが、暖かさで溶けている
1
木の陰に鹿
🦌がかなりいました
2021年03月17日 12:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の陰に鹿
🦌がかなりいました
5
南アルプス 荒川方面?
2021年03月17日 13:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス 荒川方面?
2
小河内岳方面
2021年03月17日 13:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内岳方面
2
林道は意外に景色が良い
2021年03月17日 14:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は意外に景色が良い
5
緑から白へと重なっている風景
南アルプス縦走したい!
2021年03月17日 14:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑から白へと重なっている風景
南アルプス縦走したい!
3
冬期封鎖のゲート
次来るときは仙塩尾根を縦走するよ。
2021年03月17日 15:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期封鎖のゲート
次来るときは仙塩尾根を縦走するよ。
2
撮影機材:

感想/記録

塩見岳日帰り〜撤退 (初の撤退レコ)

 前日の業務を早めに終わらせれたので、夜早めに出発しての塩見岳ワンディの目論見。冬期封鎖のゲートを超え歩き始めましたが、林道にはずっと雪が無かった。それで余裕があるぞ、なんてと思っていたのが間違いのもと。
 登山口から上がり、北斜面をまでくると、一気に雪が増え、トレース上でも踏み抜き多発。暖かかったのも原因かな?
 徐々に体力を消耗してしまい、何度となく休憩をする。夜が明けた頃には、体力的にもうだめかもと思い始めてしまう。
 さらに三伏峠小屋を超えると、トレース方向は烏帽子岳へ伸びていた。塩見岳では無かった。。。私は気を取り戻し塩見岳方面へ、方向転換をする。

 しかしっっ、行っても行ってもトレースがない。。
 ここでようやく気づきました。。トレースはない。
非常に暖かくベストコンディションなのに、雪は緩すぎ。つぼ足で股まで沈むところも。行けるところまで1人ラッセルで進みました。
 本谷山〜塩見岳への稜線が見えてくると、稜線上での激ラッセル山登りは今の体力と技術では無理と判断。三伏山を超えたところで早々に撤退しました。

 休憩ばかりでしたので、休憩は合計で2時間を超えたと思います。(レコには出てきませんでしたが) 運動不足気味で、冬期林道ゲートの長さも疲れを呼び、計画も甘く、途中で気を抜いてしまったのも、頂上まで届かなかった原因です。

 今回想定通り1人も出会いませんでした。休みながらの山歩きで、それなりに楽しめた山行にもなりました。塩見岳は、また夏山に再見したい、大人な感じの山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:563人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ