また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3003826 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

四阿屋山(つづじ新道〜鳥居山コース〜薬師の湯)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年03月18日(木) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
川崎→立川→拝島→東飯能(990円)
→西武秩父(409円)徒歩乗換→(秩父鉄道・御花畑)→三峰口(450円)

小鹿野町営バス(400円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
つつじ新道の頂上直下と奥社から上の上級者コースは21年1月の滑落事故により通行禁止。(大堤バス停つつじ新道登山道入り口から山居分岐までは通行可)
その他周辺情報バスは本数少ない。タクシー乗り場なし(迎車は可能。休日は待機しているかも)。駅前にコンビニなどはない。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

秩父鉄道・お花畑駅、秩父駅から徒歩5分位。驚いたのは切符買っても改札閉じてて入れない。どうやって入るのですか?と窓口で聞いたら、ああもうすぐ電車到着するから検札しつつ開けるとか言ってた。なんだよそれ。出る時もそうだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父鉄道・お花畑駅、秩父駅から徒歩5分位。驚いたのは切符買っても改札閉じてて入れない。どうやって入るのですか?と窓口で聞いたら、ああもうすぐ電車到着するから検札しつつ開けるとか言ってた。なんだよそれ。出る時もそうだった。
1
この駅舎たまらん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この駅舎たまらん
3
休日は早く開けるかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休日は早く開けるかも
帰りみたら食堂みたいだったが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りみたら食堂みたいだったが
よしバス来た。休日とかこんなんで乗れるんだろうか。乗れないこともあるとか書いてある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よしバス来た。休日とかこんなんで乗れるんだろうか。乗れないこともあるとか書いてある。
1
乗客俺ひとり。途中ばーさんが乗ってきたが、薬師の湯いくつか手前の小森で降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗客俺ひとり。途中ばーさんが乗ってきたが、薬師の湯いくつか手前の小森で降りる。
こっちへすぐ薬師の湯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちへすぐ薬師の湯
30分も歩かなかったような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分も歩かなかったような
平日なので工事してるのかトラックと車がひっきりなしに通行していた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なので工事してるのかトラックと車がひっきりなしに通行していた
荒れてるというほどではない。参考までに写真あげとく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒れてるというほどではない。参考までに写真あげとく
1
丸太がみえてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太がみえてきた
倒れてるのはいいが枝とか根が危ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れてるのはいいが枝とか根が危ない
つづら折りに登って行ったりする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りに登って行ったりする
こういうのが危ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのが危ない
ここが登り切ったとこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登り切ったとこ
1
こっちはなんだっての
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちはなんだっての
山居への分岐。ここから通行禁止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山居への分岐。ここから通行禁止
これより上級者コース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより上級者コース
岩のクサリがみえる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩のクサリがみえる
いたずらやめようね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いたずらやめようね
2
テープがよくある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープがよくある
ここやってんの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここやってんの?
休憩所へ降りれるのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所へ降りれるのか。
展望台ってこっち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台ってこっち
こっちへすすむ。鹿の電気柵とか触れたらびりびりいくんかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちへすすむ。鹿の電気柵とか触れたらびりびりいくんかな
この左横から山頂へいけるんだけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この左横から山頂へいけるんだけど
こっちからもいけません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちからもいけません
こっちへいきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちへいきます
どんどん下げていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下げていきます
今回の絶景スポット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の絶景スポット
1
両神神社。おみくじひいた。小吉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神神社。おみくじひいた。小吉
1
とても古そう
2021年03月18日 13:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても古そう
こんな道路わきにある
2021年03月18日 13:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道路わきにある
そして薬師の湯で浸かって、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして薬師の湯で浸かって、
薬師そば。そばがもっちりで旨かった
2021年03月18日 14:26撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師そば。そばがもっちりで旨かった
1

感想/記録

参考までにつつじ新道を中心に写真上げときます。追加編集予定。

またまた急転の休み。前にちょろっと目に止まっていた四阿屋山へ。標高は771mと低めではあるものの頂上直下の岩、クサリ場がいい訓練になるかとヘルメットも持参する。

が、山行直前の最新のレコに頂上の写真があったのでなんの疑いもなしに計画して朝に出発したはいいが、電車の中で他のレコも確認するとみな通行禁止で手前で巻いたり戻ったりと。はーん、さては通行禁止を無視して頂上までいったのかな。非常識というかなんというか。

両神山へ変更も考えたが時間的に余裕なくなるし、まあ下山して薬師堂と薬師の湯でゆっくりするのも第2の目的だったので偵察がてらつつじ新道入口から登って奥社まへ巻いて鳥居山コースを回ってみることに。地図でいうと逆コの字になる。

三峰口は昭和レトロな駅。なんもありません。休日は駅前の店とか早くから開いてるのかも。今回は時間的余裕がかなりあるので遅くなっても気にしません。8時55分のバスを待ちます。薬師の湯いくつか前の小森バス停で降りて大堤バス停まで歩きます。こっち方面のバスは激少で時間が合いません。30分もしたらすぐ着いたけど。トラックとか通りすぎて怖かった。そしてつづじ新道登山口へ。さっそく頂上への上級者コースは通行禁止の注意表示が。まあ山居分岐まではいけるのでそこから巻けばいいと出発。

最初はお約束の急登。ぐんぐん高度をあげれます。荒れてるというほどでもないが倒木が多く、その根や枝の先が鋭角だったりするので転んで刺さる危険もあるので注意。40分ほど登って尾根道のようなものに出て先を進みます。

そして山居分岐。また通行禁止の表示が。先の岩場をみたらクサリもみえて入口ですでに岩とクサリとはなかなかの威圧はあった。おそらく足場をしっかりしての通行再開かと。当面は無理だろう。

山居まではいったん下げてまた登り、ここの登りはそれほどきつくはない。この山は標柱が頻繁にある。それだけ踏み外ししやすいのかも。道も尾根道、巻き道あったりする。終始最低3方向標識で「山道」ってのがあるが伐採などの道なのだろうか。花菖蒲園なども通過。花はそれほど咲いてない。ここへいかないよう歩いたつもりだが結局は通らずばいけないのだろうか。とにかくあずまや山へとの方向へ進みます。

さていくつかの標柱を過ぎて丸太の一本あがり道みたいのが奥社への参道。というか参道っぽいから勝手に思ったんだが。すぐに到着。拝みます。奥はまたまた通行禁止の表示が。ここでランチ。あとは鳥居山コースを下ります。

最初は急坂、一度だけ登り返しがあったような。あとは急坂が何度か続く。がこれほど歩きやすい急坂はなかったかも。落葉が堆積してるとこだけすべったかな。なにか雲取山の富田新道を思わせる。ひろいとこもあり。途中の鉄塔が今回の一番の絶景スポットだった。ここでやっと人に会った。

そしてさらに下って枯れ樹木、緑の樹木と樹林帯を進み、朽ち果てた祠を通過して中華風の庭園に出て中華風の門をくぐって、下山終了。あっという間だった。

そして古くさくて圧巻の薬師堂をみて、薬師の湯へ。ゆっくり浸かって蕎麦食べて。バスで帰りました。地元まで4時間かかったけど。今回頂上へ行けなかったのは残念でしたが気持ちよくハイキングできた。頂上は通行が再開されてからまたの機会に。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:453人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ