また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3015092 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

笙ヶ岳↑西尾根↓大洞林道 〜早春の花満載

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年03月22日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴 時々 曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・大垣市上石津町側の大洞林道のゲート前の路肩に駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

■保護対象のため一部ルートのログを除去しています
大洞林道ゲートP - 西尾枝尾根 - 西尾根合流部(三角点487.6m) - 送電線鉄塔(西幹線No.29)展望地 - 鉱山跡 - 笙ヶ岳 - 大洞谷 - 大洞谷林道終点 - 石切場跡地 - 送電線巡視路入口 - 大洞林道ゲートP
コース状況/
危険箇所等
・往路はバリエーションルートで一部でやぶ漕ぎ
・西尾根を送電線が横断し、一部が中部電力の送電線の巡視路
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

写真

大垣市上石津町側の大洞林道のゲートからスタート
ツキノワグマ出没注意の看板がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大垣市上石津町側の大洞林道のゲートからスタート
ツキノワグマ出没注意の看板がありました
今回は尾根を直登し、西尾根の三角点(486.7m)のピークに向かいました
倒木は多数ありましたが、この季節では厳しいヤブ漕ぎとなることはなさそうでした
下山時の方が遭難のリスクが高そうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は尾根を直登し、西尾根の三角点(486.7m)のピークに向かいました
倒木は多数ありましたが、この季節では厳しいヤブ漕ぎとなることはなさそうでした
下山時の方が遭難のリスクが高そうです
1
稜線部の展望地からの笙ヶ岳の山頂手前のピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線部の展望地からの笙ヶ岳の山頂手前のピーク
藤原岳から冷川岳への稜線、右手前に烏帽子岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳から冷川岳への稜線、右手前に烏帽子岳
西尾根の北側に緩やかな落葉広葉樹の谷面がありました
新録のシーズンに訪問したい場所ですが、ヤマビルが出るのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根の北側に緩やかな落葉広葉樹の谷面がありました
新録のシーズンに訪問したい場所ですが、ヤマビルが出るのかな?
1
西尾根上の送電線鉄塔(西部幹線No.29)、西尾根の一部が送電線の巡視路になっています
下部の大洞林道から、送電線の巡視路入口があり、途中に送電線鉄塔(西部幹線No.28)があります
黒いプラスチック製の階段が設置してある場所も少しありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根上の送電線鉄塔(西部幹線No.29)、西尾根の一部が送電線の巡視路になっています
下部の大洞林道から、送電線の巡視路入口があり、途中に送電線鉄塔(西部幹線No.28)があります
黒いプラスチック製の階段が設置してある場所も少しありました
送電線鉄塔部の少し上からの雪が少なくなっていた霊仙山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔部の少し上からの雪が少なくなっていた霊仙山
2
西尾根上には、多数の大垣市の市行造林の杭が設置してありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根上には、多数の大垣市の市行造林の杭が設置してありました
西尾根の北側は植林地のところが目立ちました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根の北側は植林地のところが目立ちました
1
樹間からの笙ヶ岳の山頂手前のピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間からの笙ヶ岳の山頂手前のピーク
1
西尾根上部の樹間からの雪がほどんど無くなっていた伊吹山の南斜面
右手前に関ケ原町中心部の街並み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根上部の樹間からの雪がほどんど無くなっていた伊吹山の南斜面
右手前に関ケ原町中心部の街並み
1
山麓の牧田川と大垣市立一之瀬小学校の周辺、手前に国道365号の橋
堤防では桜が咲いていて、河原でテントを張っている方がいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓の牧田川と大垣市立一之瀬小学校の周辺、手前に国道365号の橋
堤防では桜が咲いていて、河原でテントを張っている方がいました
2
西尾根の上部でトラバース道(旧作業道?)で鉱山跡に向かいました
上部では高木の下がアセビのシャングルとなっている場所が目立ちました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根の上部でトラバース道(旧作業道?)で鉱山跡に向かいました
上部では高木の下がアセビのシャングルとなっている場所が目立ちました
1
鉱山跡の内部
以前ヘッドライトを付けて中を探検したら、10m程で行き止まりとなっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱山跡の内部
以前ヘッドライトを付けて中を探検したら、10m程で行き止まりとなっていました
4
笙ヶ岳の山頂が見えてきました
植林地の一部で最近間伐作業が行われたようでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳の山頂が見えてきました
植林地の一部で最近間伐作業が行われたようでした
1
左:リョウブ
右:ナツツバキ
木肌が似ている木が並んでいました、果実の形状から識別が簡単にできるようです
リョウブは山中のあちこちで見られますが、山頂部ではナツツバキも結構見られました
全体としてナツツバキの方が幹が太くなっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:リョウブ
右:ナツツバキ
木肌が似ている木が並んでいました、果実の形状から識別が簡単にできるようです
リョウブは山中のあちこちで見られますが、山頂部ではナツツバキも結構見られました
全体としてナツツバキの方が幹が太くなっていました
2
笙ヶ岳の山頂
養老山地の最高峰
四等三角点『笙ヶ岳』908.33m
近くの木に小さなヒョウタンがかけられていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳の山頂
養老山地の最高峰
四等三角点『笙ヶ岳』908.33m
近くの木に小さなヒョウタンがかけられていました
2
笙ヶ岳から大洞谷に向かう登山道脇の炭焼き窯跡の石組
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳から大洞谷に向かう登山道脇の炭焼き窯跡の石組
2
養老山方面のもみじ峠分岐点
・もみじ峠まで 0.4km 15分
・大洞登山口まで 1.2km 30分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山方面のもみじ峠分岐点
・もみじ峠まで 0.4km 15分
・大洞登山口まで 1.2km 30分
モミジ峠方面の谷は水量が多めでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジ峠方面の谷は水量が多めでした
2
大洞谷を何回も渡渉しながら下って行きました
橋も数か所ありました
沢沿いではミソサザイが大声で鳴いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞谷を何回も渡渉しながら下って行きました
橋も数か所ありました
沢沿いではミソサザイが大声で鳴いていました
2
大洞谷登山口(林道終点)
養老山頂登山道案内板
養老山ハイキングコース入口(もみじ峠まで1.6km)
林道歩きが長いため、養老山にここから登る方は少なそうで、大部分は養老の滝の方から養老山に登るのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞谷登山口(林道終点)
養老山頂登山道案内板
養老山ハイキングコース入口(もみじ峠まで1.6km)
林道歩きが長いため、養老山にここから登る方は少なそうで、大部分は養老の滝の方から養老山に登るのかな?
林道で遭遇したニホンヒキガエル(手のひらより少し大きめサイズ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道で遭遇したニホンヒキガエル(手のひらより少し大きめサイズ)
3
林道脇の石切場の跡地
裸地ではオオバヤシャブシが進出していて、花を付けていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の石切場の跡地
裸地ではオオバヤシャブシが進出していて、花を付けていました
2
林道脇の岩壁の岩清水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の岩壁の岩清水
4
林道下部から振り返る笙ヶ岳の山頂方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道下部から振り返る笙ヶ岳の山頂方面
2
■笙ヶ岳の植物
シハイスミレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■笙ヶ岳の植物
シハイスミレ
4
タチツボスミレの花が沢山見られました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレの花が沢山見られました
4
ミツバツツジの仲間(雄蕊10本)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジの仲間(雄蕊10本)
5
ホンシャクナゲの蕾
一之瀬のホンシャクナゲ群落(国の天然記念物)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホンシャクナゲの蕾
一之瀬のホンシャクナゲ群落(国の天然記念物)
4
イワウチワは咲き始めのようでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワは咲き始めのようでした
5
コチャルメルソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コチャルメルソウ
3
キンキマメザクラを訪問中のハチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンキマメザクラを訪問中のハチ
4
ネコノメソウ
葉が対生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコノメソウ
葉が対生
4
ヤマネコノメソウ
葉が互生
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマネコノメソウ
葉が互生
5
コガネネコノメソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コガネネコノメソウ
4
ツルネコノメソウとヨゴレネコノメソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルネコノメソウとヨゴレネコノメソウ
3
ボタンネコノメソウの仲間(アカヒダボタン?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンネコノメソウの仲間(アカヒダボタン?)
4
ミノコバイモの群落
うまく成長すれは、全部の個体が開花するのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミノコバイモの群落
うまく成長すれは、全部の個体が開花するのかな?
3
ミノコバイモの花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミノコバイモの花
9

感想/記録

【ニホンヒキガエルの歩行】水溜まりに長い卵塊が産み付けられていました


冷たい風が吹いていましたが、行動中には心地よい程度の寒さでした。
西尾根の上っている時には、青空となる時間帯もあり、鈴鹿山脈や伊吹山に日が差す時間帯もありました。
山頂部の樹間からは金華山は見えていましたが、遠景の山は雲に隠れていました。
この日に見られたスプリング・エフェメラルは、ショウジョウバカマ、カタクリ、ミノコバイモで他のものはまだ全く姿が確認できませんでした。山の上部では、カタクリの蕾が少し見られた程度で、葉はあちこちで沢山出始めていました。

【 バックナンバー 笙ヶ岳周辺】
・2月21日 (2010年)『養老山地北部全山縦走(表山-裏山-笙ヶ岳-養老山-志津山-二之瀬越) 』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-57509.html
・3月3日 (2012年)『表山-裏山-笙ヶ岳〜養老の滝』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-172480.html
・3月22日 (2021年)『笙ヶ岳↑西尾根↓大洞林道 〜早春の花満載』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3015092.html
・3月28日 (2020年)『笙ヶ岳↑西尾根↓大洞林道 〜イワウチワ開花』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2279918.html
・3月30日 (2019年)『表山-養老山 〜本家の美濃でミノコバイモ祭り始まる』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1774997.html
・4月6日 (2019年)『笙ヶ岳(くレイワさん 908.3m)-裏山-表山 〜鉱山跡を探検』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1782985.html
・4月10日 (2018年)『笙ヶ岳↑表山↓三方山〜花の宝庫にびっくり!』https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1425443.html
・4月11日 (2020年)『笙ヶ岳・裏山↑西尾根↓大洞林道 〜いきもの観察』https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2296849.html
【大洞谷源流で泳ぐアマゴ】


・4月14日 (2017年)『表山-裏山-笙ヶ岳 〜カタクリの山に春を探しに』https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1104409.html
・5月8日 (2010年)『笙ヶ岳 MTBでヒルクライム養老ノ滝〜一之瀬林道』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-63680.html
・9月3日 (2014年)『小倉山(養老山) 山で献血・いきもの図鑑』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-503733.html
・9月7日 (2013年)『養老山 〜ヤマジノホトトギスと野鳥』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-341595.html
・9月13日 (2012年)『小倉山〜養老の滝から野鳥観察』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-224125.htmll
・11月4日 (2014年)『表山-裏山-笙ヶ岳(白山〜御嶽山の冠雪観望)』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-542429.html
・11月21日 (2017年)『小倉山-三方山(養老山地) 〜真白な白山と北アルプス』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1317791.html
・12月3日 (2012年)『表山-裏山-笙ヶ岳 〜養老の滝からヤブ漕ぎ周回』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-250363.html
・12月31日 (2015年)『表山-裏山-笙ヶ岳 霧氷とわずかな冠雪』http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-787478.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:304人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ