また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3027452 全員に公開 ハイキング 東海

笙ヶ岳から養老山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年03月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間9分
休憩
1時間23分
合計
8時間32分
Sスタート地点08:1008:31養老神社08:46養老ノ滝08:5008:57滝上駐車場09:0009:47栗の木平10:25旧牧場(アセビ平)10:3710:43もみじ峠11:48笙ヶ岳12:1613:04もみじ峠13:13旧牧場(アセビ平)13:2314:13笹原峠14:25小倉山14:2814:41養老山15:0015:12小倉山15:1415:23笹原峠15:28三方山16:12養老ノ滝16:18滝上駐車場16:2016:29養老ノ滝16:42養老神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
モミジ峠から笙ケ岳間、登山道を倒木が道をふさいでいて、歩きにくい。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ テープシュリンゲ1.2m2本 細引き1.5m1本 カラビナ4個 ココヘリ
共同装備 補助ロープ20m1本

写真

養老公園入口の、無料駐車場に駐車。
サクラは見ごろでした。
2021年03月27日 08:11撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老公園入口の、無料駐車場に駐車。
サクラは見ごろでした。
1
養老の滝までは、舗装の道を登る。
2021年03月27日 08:32撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老の滝までは、舗装の道を登る。
妙見端を過ぎると、景色が変わる。
2021年03月28日 07:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見端を過ぎると、景色が変わる。
遊歩道の脇には、カタバミの白い花が沢山咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道の脇には、カタバミの白い花が沢山咲いていた。
カタバミのはな、まだ陽が差さないので、蕾んだ花が多い。
2021年03月28日 07:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタバミのはな、まだ陽が差さないので、蕾んだ花が多い。
1
養老の滝に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老の滝に到着。
滝の水量も多く、迫力がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の水量も多く、迫力がある。
花桃かな、ピンクの花が青い空に生える。
2021年03月28日 07:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花桃かな、ピンクの花が青い空に生える。
1
ジグザグの林道をひたすら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグの林道をひたすら歩く。
アセビ平到着。
2021年03月27日 10:34撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビ平到着。
名前の通り、アセビの花が沢山咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前の通り、アセビの花が沢山咲いていた。
1
笙ケ岳へ進む。春がまだ早いのか、新緑は見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ケ岳へ進む。春がまだ早いのか、新緑は見えない。
大洞谷の流れが眼下の見える。深い谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞谷の流れが眼下の見える。深い谷。
笙ケ岳到着。眺望は無い。
此処で昼食をとる。
2021年03月27日 11:41撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ケ岳到着。眺望は無い。
此処で昼食をとる。
ニリンソウかな、まだ花はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウかな、まだ花はない。
登山道の脇に、カタクリの葉っぱは、多く見る事が出来たけれど、花は中々見れなかった。
見る事が出来た唯一の、カタクリの花。
2021年03月28日 07:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の脇に、カタクリの葉っぱは、多く見る事が出来たけれど、花は中々見れなかった。
見る事が出来た唯一の、カタクリの花。
2
笙ケ岳から大洞谷に降りる所、倒木が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ケ岳から大洞谷に降りる所、倒木が多い。
落ち葉の積もった谷、落ち葉が落とし穴になって、嵌らない様注意して歩く。
新緑が茂ったら、きっと綺麗だろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の積もった谷、落ち葉が落とし穴になって、嵌らない様注意して歩く。
新緑が茂ったら、きっと綺麗だろう。
アセビ平に到着。
此処までで、倒木を跨いだ時に、足が吊り激痛に襲われる。
2021年03月27日 13:17撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビ平に到着。
此処までで、倒木を跨いだ時に、足が吊り激痛に襲われる。
養老山への登りは、景色が一変。
2021年03月27日 14:06撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山への登りは、景色が一変。
アセビの白い花。
2021年03月27日 14:10撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビの白い花。
1
奥に見えるのが、笙ケ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのが、笙ケ岳。
小倉山に到着。
天望スポット、天気が悪く景色は今一でした。
2021年03月27日 14:25撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山に到着。
天望スポット、天気が悪く景色は今一でした。
養老山頂上。
此処は一等三角点でした。
2021年03月27日 14:45撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山頂上。
此処は一等三角点でした。
1
笙ケ岳の山並みが綺麗だ。
2021年03月27日 15:12撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ケ岳の山並みが綺麗だ。
登山口まで降りて来た。
階段の連続の下りでした。
此方から登ったら、疲れて笙が岳に行けなかったかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで降りて来た。
階段の連続の下りでした。
此方から登ったら、疲れて笙が岳に行けなかったかもしれない。
沢の水で顔を洗ってスッキリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の水で顔を洗ってスッキリ。
カタバミの花が沢山咲いていた。
2021年03月28日 07:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタバミの花が沢山咲いていた。
1
猛毒のキノコだそうです。名前をメモしたのですが、データーが消えてました。
2021年03月28日 07:43撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猛毒のキノコだそうです。名前をメモしたのですが、データーが消えてました。
登山口に到着。
2021年03月27日 16:11撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
養老神社、名水百選の水、菊水泉。
水を汲んで持ち帰りました。
2021年03月27日 16:42撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老神社、名水百選の水、菊水泉。
水を汲んで持ち帰りました。
到着。今日は良く歩きました。累積標高はかなり有ったと思います。甘くない山でした。
2021年03月27日 16:55撮影 by SC-03K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。今日は良く歩きました。累積標高はかなり有ったと思います。甘くない山でした。
2

感想/記録

養老公園の桜の開花時期と思い、計画を立てた。養老山脈登山。最高峰の笙ケ岳を登り養老山山頂を踏む登山を行った。最初から分かっていた事だけど、歩行距離18km、、登り下りの連続は大変基きつかった。
 養老の滝は、水量が多く見応えあった。そして滝迄の遊歩道は、カタバミの白い花が、清々し気持ちにしてくれた。
 養老山付近は、鈴鹿山脈のように、鹿の食害かひどく、山の下草がほとんど無い禿げ山なのが寂しかった。アセビの木は、鹿が食べないのか、至るところで、アセビの白い花を目にすることができた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:280人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/29
投稿数: 0
2021/3/29 16:42
 無題
ありがとうございました!
思いの外良い歩きで疲れました〜(笑)
登録日: 2016/10/13
投稿数: 1
2021/3/29 21:04
 楽しかったです。
翌日は太ももふくらはぎパンパンでした。
養老山、なかなかの山でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ