また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3031521 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 十勝連峰

下ホロ見学の旅

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年03月27日(土) ~ 2021年03月28日(日)
メンバー
 _u3(記録)
天候晴そよ風~強風~晴微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間11分
休憩
55分
合計
11時間6分
S十勝岳温泉凌雲閣05:4407:02上富良野岳分岐08:05旧D08:1209:24上ホロ避難小屋10:0912:09境山12:1014:55境山14:5716:50上ホロ避難小屋
2日目
山行
4時間21分
休憩
56分
合計
5時間17分
上ホロ避難小屋07:3508:09上ホロカメットク山08:2708:40上富良野岳08:5409:37三峰山09:4110:38三峰山11:19上富良野岳11:2812:22新D12:2312:40十勝岳温泉凌雲閣12:5012:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今時期に関して言うと、その場所がどこかということより、その時行動する時間帯により、アイゼン、スキー、ワカン(スノーシュー)など使い分けの必要があるように思われる。上富良野岳への斜面は、気温が上がれば楽しいスキーゲレンデだが、朝早いとカチカチなのでスキーアイゼンがあった方が断然楽だし、上富良野岳とカミホロから境山方面へ抜ける辺りのハイマツは、日中踏み抜きがひどく、ワカンでも大変苦労した。
その他周辺情報上富良野町の最終コンビニと思われる、セブンイレブン上富良野東町店は、4月から営業時間が5:00~24:00になるようです。
過去天気図(気象庁) 2021年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 スキーアイゼンが欲しかった

写真

朝日に輝く広大なバーン
朝早いと凍っているということがすっかり抜け落ちており、早々にスキーを担ぐ羽目になってしまった
アイゼンがあってもスキーアイゼンは全く別物なので、やはり持った方が楽できた
2021年03月27日 07:00撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝く広大なバーン
朝早いと凍っているということがすっかり抜け落ちており、早々にスキーを担ぐ羽目になってしまった
アイゼンがあってもスキーアイゼンは全く別物なので、やはり持った方が楽できた
3
上富良野岳からカミホロに向かう途中にあるボウル状の緩斜面
雪が緩むと楽しいでしょう
2021年03月27日 08:57撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上富良野岳からカミホロに向かう途中にあるボウル状の緩斜面
雪が緩むと楽しいでしょう
カミホロ小屋へ向かうルートをちょっと失敗して、結構なアップダウン
2021年03月27日 09:11撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミホロ小屋へ向かうルートをちょっと失敗して、結構なアップダウン
1
何年か前の冬、カミホロ小屋の扉が開きっぱなしになっていて、扉を押すことも引くこともできなくなっていたが、今回も似たようなことになっていた
しかし中の雪がやわらかかったのと、本日ここをあてにしてテントを持ってきていなかったので、イグルー作るよりは小屋をサルベージしようということになった
2021年03月27日 09:23撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何年か前の冬、カミホロ小屋の扉が開きっぱなしになっていて、扉を押すことも引くこともできなくなっていたが、今回も似たようなことになっていた
しかし中の雪がやわらかかったのと、本日ここをあてにしてテントを持ってきていなかったので、イグルー作るよりは小屋をサルベージしようということになった
2
入り口の雪を掘り出してなんとか中へ
一階は泊まれる状態ではなかった
2021年03月27日 09:39撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口の雪を掘り出してなんとか中へ
一階は泊まれる状態ではなかった
3
2階のようす
3~4人用一張くらいなら行けそう
雪にまみれていない毛布や銀マットが少しあったので使わせていただき、ツェルトを張って泊まることにした
外からはしごがかけてある窓は、内側から釘が打たれていてその役割を果たしていなかった
2021年03月27日 09:40撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階のようす
3~4人用一張くらいなら行けそう
雪にまみれていない毛布や銀マットが少しあったので使わせていただき、ツェルトを張って泊まることにした
外からはしごがかけてある窓は、内側から釘が打たれていてその役割を果たしていなかった
3
小屋のサルベージに時間がかかってしまったので、とりあえず今回は行けるところまで調査に行くことに
2021年03月27日 11:09撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のサルベージに時間がかかってしまったので、とりあえず今回は行けるところまで調査に行くことに
1
境山までのハイマツ帯の踏み抜きにやられていじけていると、生きているクモ発見!!
何を食べているのか?どこからわいたのか?すべて謎…
1僂らいの大きさで、細かな毛の生えたクモでした
2021年03月27日 11:42撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境山までのハイマツ帯の踏み抜きにやられていじけていると、生きているクモ発見!!
何を食べているのか?どこからわいたのか?すべて謎…
1僂らいの大きさで、細かな毛の生えたクモでした
1
境山山頂で一息
2021年03月27日 12:11撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境山山頂で一息
3
すでに同じルートから下ホロピークを踏んできたという方とスライド
話をいろいろ聞いて、とりあえず下ホロ手前でガクッと標高が落ちるポイントの、稜線の末端を目標とすることにした
2021年03月27日 12:13撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに同じルートから下ホロピークを踏んできたという方とスライド
話をいろいろ聞いて、とりあえず下ホロ手前でガクッと標高が落ちるポイントの、稜線の末端を目標とすることにした
下ホロに向かう稜線の右側は急峻な岩場などが多かったが、左にはいい感じの沢型が多数あった
2021年03月27日 12:14撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ホロに向かう稜線の右側は急峻な岩場などが多かったが、左にはいい感じの沢型が多数あった
1
意外と広くて安定
2021年03月27日 12:30撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と広くて安定
4
三つ目が下ホロ
こうしてみると近いのですが
2021年03月27日 12:38撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ目が下ホロ
こうしてみると近いのですが
2
一番狭かったところでこんな感じ
厳冬期でカリカリだとちょっと怖いかも
この日はもう雪がやわらかいので、ひたすらワカンで進みました
アイゼンも着けず
2021年03月27日 12:47撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番狭かったところでこんな感じ
厳冬期でカリカリだとちょっと怖いかも
この日はもう雪がやわらかいので、ひたすらワカンで進みました
アイゼンも着けず
3
稜線の末端到着
ここに到達するのにトラバースしたのだが、それが一番厳しかったです
ワカン脱いで歩けば余裕なんですが、脱ぎ履きがおっくうで頑張ってしまった
2021年03月27日 13:27撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の末端到着
ここに到達するのにトラバースしたのだが、それが一番厳しかったです
ワカン脱いで歩けば余裕なんですが、脱ぎ履きがおっくうで頑張ってしまった
4
うまく写らなかったけど、これをおりてまた登るというのが精神的に遠い…
この日は確か満月の二日前だった
経験上、天気がよかったことと、ルートがさほど厳しくないことから、月明かりでもある程度歩けると考え、1日目アタックとしていたが、この時点で下ホロまで行くと、小屋着が21:00位になりそうだと計算してここで引き返しとした
19:00位までに小屋に着けそうなら行ったかもしれないけど、無理は禁物ですね
2021年03月27日 13:29撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うまく写らなかったけど、これをおりてまた登るというのが精神的に遠い…
この日は確か満月の二日前だった
経験上、天気がよかったことと、ルートがさほど厳しくないことから、月明かりでもある程度歩けると考え、1日目アタックとしていたが、この時点で下ホロまで行くと、小屋着が21:00位になりそうだと計算してここで引き返しとした
19:00位までに小屋に着けそうなら行ったかもしれないけど、無理は禁物ですね
3
もうこんなに雪溶けてる…
2021年03月27日 13:53撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうこんなに雪溶けてる…
1
稜線から富良野岳方向
厳しく美しい山容の間に、よさそうな雪を抱く美しい沢型が多数
2021年03月27日 14:27撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から富良野岳方向
厳しく美しい山容の間に、よさそうな雪を抱く美しい沢型が多数
2
山々は冬の長い眠りから目覚めようとしているのですね
2021年03月27日 14:42撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々は冬の長い眠りから目覚めようとしているのですね
2
境山山頂直下
エビの尻尾が春の色になっていて、イカとかタコとかの卵みたいだった
2021年03月27日 14:54撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境山山頂直下
エビの尻尾が春の色になっていて、イカとかタコとかの卵みたいだった
3
境山三角点は、石と木の棒で守られている
2021年03月27日 14:56撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境山三角点は、石と木の棒で守られている
帰る途中、遠くから洞穴みたいなところを見つけたので近寄ってみる
地図で崖になっているところで、一番深いところから雪庇の上端まで10~20メートルくらいありそう
あまり前にせり出していないタイプの雪庇なので、いい風よけになりそう
下が岩なので、多少整地してテント張る感じかな
傾斜もないので、上からの雪庇が直撃しない限りは安全にテントを張れそうだった
2021年03月27日 15:19撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰る途中、遠くから洞穴みたいなところを見つけたので近寄ってみる
地図で崖になっているところで、一番深いところから雪庇の上端まで10~20メートルくらいありそう
あまり前にせり出していないタイプの雪庇なので、いい風よけになりそう
下が岩なので、多少整地してテント張る感じかな
傾斜もないので、上からの雪庇が直撃しない限りは安全にテントを張れそうだった
2
崖の雪庇の別角度
2021年03月27日 15:27撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の雪庇の別角度
カミホロの向こうに日が沈んでいく
私も小屋に帰って晩ご飯を作ろう
2021年03月27日 16:47撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミホロの向こうに日が沈んでいく
私も小屋に帰って晩ご飯を作ろう
2
翌朝
夜の間ものすごい風だったが、朝には止んでくれた
2021年03月28日 05:25撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
夜の間ものすごい風だったが、朝には止んでくれた
2
一晩お世話になりました
小屋に備え付けてあった鉄の棒で、できるだけ厳重に扉を固定できるようにする
2021年03月28日 07:26撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一晩お世話になりました
小屋に備え付けてあった鉄の棒で、できるだけ厳重に扉を固定できるようにする
1
ドア枠の雪や氷を大分取り除いたけど、扉はぴったりとは閉まらない
根性で押したり引いたりして、ドアの金具がどうにか引っかかるレベル
しかし夜中の風でこの状態でも開かなかったので、多分なんとかなるでしょう
2021年03月28日 07:26撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドア枠の雪や氷を大分取り除いたけど、扉はぴったりとは閉まらない
根性で押したり引いたりして、ドアの金具がどうにか引っかかるレベル
しかし夜中の風でこの状態でも開かなかったので、多分なんとかなるでしょう
1
美しきカミホロ
2021年03月28日 07:33撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しきカミホロ
1
十勝岳方面
前十勝なのかな?工場の煙突みたいに煙が噴き上がっているところがあった
こんなところがあったんだなぁ…
2021年03月28日 08:16撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳方面
前十勝なのかな?工場の煙突みたいに煙が噴き上がっているところがあった
こんなところがあったんだなぁ…
2
三段山の雪も大分減ってしまった
2021年03月28日 08:19撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段山の雪も大分減ってしまった
時間が早いので、来期のスキーのために三峰のあたりまで斜面チェックにお出かけ
2021年03月28日 08:46撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間が早いので、来期のスキーのために三峰のあたりまで斜面チェックにお出かけ
上富良野岳から三峰のあたりの斜面方向
2021年03月28日 09:02撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上富良野岳から三峰のあたりの斜面方向
広い稜線を歩き三峰へ
2021年03月28日 09:04撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い稜線を歩き三峰へ
白くきれいな斜面だけど、岩が出てるので厳しいものがあるかな…
2021年03月28日 09:16撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白くきれいな斜面だけど、岩が出てるので厳しいものがあるかな…
1
三峰山沢の下の方、ここを登り返しなしで徒渉できるポイントを見つけておきたい
2021年03月28日 09:17撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山沢の下の方、ここを登り返しなしで徒渉できるポイントを見つけておきたい
1
三峰山沢上部、2月くらいならこの沢型はふかふかの雪がたまって楽しいのだ
2021年03月28日 09:38撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山沢上部、2月くらいならこの沢型はふかふかの雪がたまって楽しいのだ
2
まだパウダーの名残を残すところもほんのちょっとだけ
この辺で滑ったあとも見かけた
ここにくる労力の方が結構要ったと思うが…
2021年03月28日 10:39撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだパウダーの名残を残すところもほんのちょっとだけ
この辺で滑ったあとも見かけた
ここにくる労力の方が結構要ったと思うが…
1
帰りのスキーはシャバ雪でまずまず
2021年03月28日 12:00撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのスキーはシャバ雪でまずまず
徒渉地点は雪が締まって前より安定した感じ
2021年03月28日 12:44撮影 by arrowsRX, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徒渉地点は雪が締まって前より安定した感じ
1

感想/記録
by _u3

万全に計画したつもりだったけど、意外とスキーで歩けなかったり、小屋がサルベージしなくちゃならなかったりと、ちょっとしたことの積み重ねで下ホロには届かなかった。が、確かな手応えを得て帰着、来期の下調べもしたし、久しぶりにたくさん歩いて満足。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:197人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ