また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3085744 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 関東

古賀志山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
無風・微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宇都宮市森林公園の駐車場を利用。6時過ぎに到着したときはスペースに余裕があったが、帰りの時点(10時頃)はほぼ満車状態。観光客も利用するので、花の時期は一杯になるのかもしれない。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:19
距離
8.1 km
登り
413 m
下り
405 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間38分
休憩
35分
合計
3時間13分
S赤川ダム駐車場06:2306:38古賀志山・北コース登山口06:47反省岩06:4807:27富士見峠07:3307:45東稜展望台07:4807:50古賀志山07:5808:10アルマヤ堂跡08:1308:13御岳山08:2708:32猪落09:36赤川ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:23駐車場-7:27富士見峠-7:56古賀志山山頂-8:14御嶽山山頂-9:35駐車場
コース状況/
危険箇所等
踏み跡は明瞭だが、コースが入り組んでいるため、途中の道標を見落とさずに進むとよいと思う。また樹林内で樹木の伐採をしていて、通行止めの箇所があった。現場の指示に従って進む。
過去天気図(気象庁) 2021年04月の天気図 [pdf]

写真

朝の駐車場のようす。道路が濡れている。
2021年04月18日 06:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の駐車場のようす。道路が濡れている。
朝の森の様子
2021年04月18日 06:44撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の森の様子
沢を渡る橋
2021年04月18日 06:51撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る橋
富士見峠
2021年04月18日 07:28撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠
トウゴクミツバツツジ
2021年04月18日 07:40撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ
別のツツジ
2021年04月18日 07:42撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別のツツジ
展望台からの眺め
2021年04月18日 07:47撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め
古賀志山山頂
2021年04月18日 07:51撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古賀志山山頂
古賀志山山頂のようす
2021年04月18日 07:53撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古賀志山山頂のようす
古賀志山山頂からの展望
2021年04月18日 07:53撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古賀志山山頂からの展望
樹林からみた男体山
2021年04月18日 08:01撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林からみた男体山
御嶽山手前の岩場
2021年04月18日 08:10撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山手前の岩場
御嶽山から男体山
2021年04月18日 08:14撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山から男体山
御嶽山から高原山
2021年04月18日 08:16撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山から高原山
アカヤシオ
2021年04月18日 08:24撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオ
ヤマブキ
2021年04月18日 08:47撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキ
ダムのほとり
2021年04月18日 09:21撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムのほとり
八重桜満開
2021年04月18日 09:23撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八重桜満開
好天の日曜日
2021年04月18日 09:32撮影 by RICOH WG-6 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
好天の日曜日

感想/記録

今週は山スキーができそうなところはどこも週末天気が荒れ無理そうだったので、近場の低山へ向かった。宇都宮市の古賀志山は初訪問。途中の道の駅で準備をしつつ赤川ダム近くの駐車場には6:13に到着。広大な駐車場は時間前のため施錠してあって入れなかったが、外の駐車スペースでは、既に準備中のハイカーやランナーが多数。地元に親しまれている山のようだ。Zさんはここは何度か訪問したことがあるので頼りにしつつ、6:23に出発。天気は、ここに来るまでは曇っていたりガスが出ていたりして、本当にハイキングに行く?と思うようなものだったが、歩き始める頃にはすっかり晴れて青空に。例年この時期はまだ山スキーをしているか、スキーをしていなくても残雪の山を歩くことが多く、4月中旬に無雪期装備で歩くのはとても久し振り。それでも家でふて寝しているよりはこのほうがよほど気分が良い。

初めはアスファルトの車道歩き。傾斜も緩く足慣らしにちょうど良い。ローカットシューズでの歩行は、先週の至仏山へのアプローチ以来なので2週連続。先週はスキー道具一式背負って18kgくらいの重さがあったが、今日はその1/3にも満たないだろう。身はとても軽い。しばし後に林道から登山道へ入るが、入ると踏み跡が交錯していて一部分かり難い。恐らくどれをたどっても同じところへたどり着くと思うのだが、当然確信はないので慎重にGPSなども参考にしながら進む。それでも何度か間違え来た道を引き返すこともあった。Zさんは過去に来たことがあるとは言え、だいぶ前のようなので、細かいところまで覚えていなくても仕方ない。登山道は昨夜の大雨で荒れていることを懸念したが、案外普通というか、特に難しいところや水が溢れているところはなかった。シーズン最初の無雪期山行としては好適かもしれない。スキーをする筋肉はできていても、トレッキング向けの筋肉がまだできていないような気がする。沢沿いの道を進み沢から離れると富士見峠への登りに入る。ここの登りは若干きつかったが無事にこなし峠に到着。峠への登りでは風がなくて暑かったが、ここに至ると涼風が吹いている。ベンチがあったので座って休憩するが、そのままだとちょっと寒いくらい。Zさんがしっかりジャケットを着て防寒していた。自分は面倒なのでそのままで持参したパンを囓り麦茶を飲んだ。しかしやはり寒いので休憩もそこそこに行動再開。ここまで登れば古賀志山は目と鼻の先。途中展望が開けたところがあるとのことだったが、自分は億劫に感じてZさんのみ往復。写真を見たところ、確かに展望は良さそうだった。ベンチもあったし、自分も行けば良かったかも。でもそうこうしているうちに7:56に今日の目的地である古賀志山に到着。8時前と時間が早いせいか山頂は無人。写真撮影などした後にベンチに座って休む。この後ここは多くのハイカーで賑わい密な状態になるのだろう。10分ほどの休憩の後に南に向かう。御嶽山のピークへ向かう。途中は岩場があり今シーズン初の鎖場だった。スキーに慣れた体には、鎖場は新鮮だった。8:14に御嶽山到着。ベンチなどはないが、古賀志山と比べて樹木が少なく、日光連山の眺望が良かった。男体山や日光白根山はまだ冠雪しているようだった。4月の中旬なので当然と言えば当然だろう。ここも無人。早い時間に訪問するとこんなものなのかもしれない。

御嶽山では特に座って休憩せずにそのまま来た道を戻る。古賀志山山頂付近ではトウゴクミツバツツジやアカヤシオが咲いていて、また一部新緑も始まっていて彩りがきれいだった。この時期残雪の山しか訪問したことがないのでとても新鮮に映る。更に南に向かい林道に至る。一時の林道歩きの後に再度樹林帯歩きをするが、樹木の伐採をしているらしく、登山道は通行止め状態。致し方ないので林道に戻り駐車場まで林道歩きで戻る。途中ダムのほとりは八重桜が満開で、なかなかきれいだった。桜が満開の頃にきたら更にきれいだろう。9:35に駐車場戻る。広大な駐車場はほぼ満車状態。宇都宮市民の憩いの場、と言ったところだろうか。帰りの道もこれから森へ向かうハイカー多数とすれ違った。

この時期の里山山行は、重度のスギヒノキ花粉症の自分に取っては正直なところあり得ない選択だったし、実際歩いたことがなかった。今日は既に花粉がなくなった後だったためか、行動中も往復の車中も一度もくしゃみが出ることはなく、目の痒みもなかった。偶然か何かはもちろん分からないが、花の多い里山山行が楽しいと思えたことは間違いない。ただ来週以降は残雪の山スキーを再開したいと思う。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:380人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ