また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 308689 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八幡平・岩手山・秋田駒

乳頭山、秋田駒ヶ岳 孫六・大釜温泉

情報量の目安: A
-拍手
日程 2013年06月08日(土) 〜 2013年06月09日(日)
メンバー
天候曇り時々晴れ、8日は曇り時々晴れで一時雨
アクセス
利用交通機関
飛行機
8日、羽田発 8:50秋田空港着、レンタカーでアルパこまくさ10:30着、11:17発のバスで駒ヶ岳7合目へ。
9日大釜温泉16:00発、17:30秋田空港着、19:15発の飛行機で羽田へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8日は午後のお遊びハイクで駒ヶ岳往復、登り50分、下り40分、あとはお山の上でぶらぶら散策です(なので省略)

9日大釜温泉7:30、孫六温泉7:40、田代平山荘9:00in/9:30out、乳頭山10:00、千沼ガ原分岐10:40、千沼ガ原の手前大雪渓でウロウロ40分して戻り、乳頭山12:00in/12:40out、田代平孫六分岐13:15、途中雪渓でパス探しで30分以上時間ロスし孫六温泉着14:50、大釜温泉15:00。後はまったりお風呂タイム
コース状況/
危険箇所等
夏山装備で行きましたが、残雪が多く例年にない量だそうです。
雪渓に覆われて夏道が見つからない個所多かったです、以下の箇所がそうです。
\蘊促原の乳頭山側大雪渓での夏道、特に原側はクレパス状(崖状)の急傾斜で夏装備では超えるの困難で戻りました。方向自体は解りやすいのですが。
孫六コースは往復したのですが、復路小雪渓で夏道見つからず迷いました西側の沢筋に踏み跡あったのですが、夏道ではなく下方に傾斜が増すので、尾根筋へトラバース。藪漕ぎ15分で夏道に戻りました。孫六コースはすべて尾根筋ですので迷ったらそちらに出れば良いです。

まだ夏山でなく雪山でした。

それにしても30年ぶりの秋田駒と乳頭山、天上の美しさで東北の名だたる名山のパノラマを楽しめました。

初投稿ですので、見苦しい箇所ご容赦くださ〜い。
過去天気図(気象庁) 2013年06月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
1/25,000地形図 1
コンパス 1
筆記具 1
保険証 1
飲料 1
携帯電話 1
個人装備品
数量
備考
雨具 1
防寒着 1
ストック 1 三脚兼用
時計 1
GPS 1 NEXUX-7

共同装備

共同装備品
数量
備考
カメラ 2 EOS-M, EOS-X3
共同装備品
数量
備考
1 レンタカー

写真

6月8日のハイキング記録です。
駒ヶ岳バス終点から阿弥陀池までの途中の雪渓です。ここはしっかり確保された道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6月8日のハイキング記録です。
駒ヶ岳バス終点から阿弥陀池までの途中の雪渓です。ここはしっかり確保された道です。
男岳肩からの阿弥陀池、この辺りは雪が無いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳肩からの阿弥陀池、この辺りは雪が無いです。
阿弥陀如来が棲む天上の極楽ですね。
私、紅ダイヤも化け物?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀如来が棲む天上の極楽ですね。
私、紅ダイヤも化け物?
山ボーイもうっとり、ウルル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ボーイもうっとり、ウルル
6月9日記録です。
孫六ルート途中から夏道も残雪で埋もれます。残雪はゆるくて踏み抜きやすいのでルート取に気を使います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6月9日記録です。
孫六ルート途中から夏道も残雪で埋もれます。残雪はゆるくて踏み抜きやすいのでルート取に気を使います。
田代平らから乳頭山への途中、尾根の横には雪渓が、夏道がつかみにくいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平らから乳頭山への途中、尾根の横には雪渓が、夏道がつかみにくいです。
1
これは、千沼が原の横の大雪渓からの眺望、望遠なので雪渓が写っていませんが大規模。雪渓の千沼が原側には1メートル以上の大きな段差もあって降りると登れなくなりそう、しかも夏道も認識できず、夏山装備なので原へ行くのは断念しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、千沼が原の横の大雪渓からの眺望、望遠なので雪渓が写っていませんが大規模。雪渓の千沼が原側には1メートル以上の大きな段差もあって降りると登れなくなりそう、しかも夏道も認識できず、夏山装備なので原へ行くのは断念しました。
1
千沼が原分岐からの乳頭山、右に雪渓があって撮り付きは傾斜がきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千沼が原分岐からの乳頭山、右に雪渓があって撮り付きは傾斜がきつい。
1
乳頭山の雪渓を登りました。右が夏道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳頭山の雪渓を登りました。右が夏道です。
南西側は残雪も消えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西側は残雪も消えました。
3
田代平の入り口。ガスが出て神秘的過ぎ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代平の入り口。ガスが出て神秘的過ぎ!
孫六分岐を降りると林の中の小雪渓。夏道が分かりにくく、西側の沢筋に降りて道を外しました。藪漕ぎで尾根筋の夏道に戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫六分岐を降りると林の中の小雪渓。夏道が分かりにくく、西側の沢筋に降りて道を外しました。藪漕ぎで尾根筋の夏道に戻りました。
夏道で休憩フォト。新緑のブナも素敵!
山スカート?で失礼します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道で休憩フォト。新緑のブナも素敵!
山スカート?で失礼します。
1
孫六温泉脇の沢、雪解け水が勢いよく流れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孫六温泉脇の沢、雪解け水が勢いよく流れます。
夕方の飛行機にのりましたが、秋田空港近くの一般道路。信号なく車もほとんど走っていないのが秋田県!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の飛行機にのりましたが、秋田空港近くの一般道路。信号なく車もほとんど走っていないのが秋田県!
1
付けたしですが大釜温泉の夕食。豪華です。
2013年06月08日 18:11撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
付けたしですが大釜温泉の夕食。豪華です。
2
きりたんぽ鍋が付きます。
2013年06月08日 18:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きりたんぽ鍋が付きます。
3
大釜温泉のお風呂は極楽。温度が絶妙。湯質も青みがかった乳白色のかけ流し最高です。素敵な露天風呂もあってふやけましたわ。
やはり温泉は東北に限りますね。
2013年06月10日 21:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大釜温泉のお風呂は極楽。温度が絶妙。湯質も青みがかった乳白色のかけ流し最高です。素敵な露天風呂もあってふやけましたわ。
やはり温泉は東北に限りますね。
2
御宿で頼んだ昼食用おにぎりです。乳頭山で食べちゃった!
2013年06月09日 12:13撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御宿で頼んだ昼食用おにぎりです。乳頭山で食べちゃった!
撮影機材:

感想/記録

はじめまして、紅ダイヤです。
初投稿です。すみませんが見苦しい箇所どうかご容赦くださ〜い

乳頭山はまだ夏山でなく雪山でした。
私、大学は東北の地質専門で、山行はそれなりに慣れていた筈??でした。結局大丈夫でしたが、雪の多さ、夏道見つからず戸惑いました。まあ沢筋で一人うろうろは慣れてますが。

今の時期はこのルート、やはり経験者向きかしら。もしくはそのようなリーダー付き山行向きといえます。

30年ぶりの秋田駒乳頭山でした、どちらかのグループで行きたいです!
関東でしたら車で直行します。

昔はニッカポッカに尻皮、今はスパッツに山スカートなので
個性派?山ボーイ?で日焼けが苦手ですが、どうかよろしくお誘い下さい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1259人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/28
投稿数: 2381
2013/6/11 8:24
 petro1985さん
おはようございます。
確か、乳頭山山頂でお会いしましたね。

田代平分岐から孫六温泉に降りてブナ帯に入ったあたりで・・・小雪渓ありましたね。

私の記録でも写真付きで紹介していますが、危険な箇所ですね。
ご苦労様でした。ご無事でなによりでした。
登録日: 2013/6/4
投稿数: 3
2013/6/11 17:53
 750RSさん、乳頭山頂ですね
こんにちは、あのお天気の良い山頂で昼食中の方ですね
今回は思いがけず藪漕ぎしてしまい、学生時代に戻りました。記録拝見しましたが、夏道がわかりにくい箇所がいくつかあるようで、初めて一人では地図と山の勘が頼りでした。
  今度は下調べ十分して行くようにします。今回の失敗は踵が効かない靴でした。ショートスキーがあっても便利なくらいの雪でしたね。
 ともあれ雪の季節も良さそうだし、夏も良し、ホントに素晴らしい山です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ