また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3093600 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳頂上山荘まで。爆風でリベンジならず

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年04月21日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴 されど爆風。
4/20はゴンドラ リフト 終日運休
八方池山荘まで行けず。

4/21も爆風 特に丸山ケルンから上。
アクセス
利用交通機関
バス
新宿から往復バスで八方へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間6分
休憩
20分
合計
5時間26分
S八方池山荘08:4709:08石神井ケルン09:0809:18第2ケルン09:1909:24八方ケルン09:2509:35第三ケルン09:3610:57丸山10:5812:13唐松岳頂上山荘12:3213:07丸山13:0713:43第三ケルン13:4313:48八方ケルン13:4813:56石神井ケルン13:5714:08八方池山荘14:0814:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
所々 雪無し。アイゼン要注意。
雪を探して歩く。
ガレ ザレ ハイマツなど要注意。

強風で稜線は特に注意。
耐風姿勢を取るも体ごと持っていかれる。
その他周辺情報ゴンドラの終日運休で八方池山荘を断念して
急きょ「源泉の宿 まるいし」へ。
アルカリ温泉 最高。
食事も美味しかった。
コスパも良い。

写真

前日は八方池山荘に宿泊の予定だったが爆風でゴンドラとリフトが終日運休。日の出とモルゲンロートは次の機会に。
翌日、スキー場の下から白馬三山のちょいモルゲンロートっぽい。
2021年04月21日 05:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は八方池山荘に宿泊の予定だったが爆風でゴンドラとリフトが終日運休。日の出とモルゲンロートは次の機会に。
翌日、スキー場の下から白馬三山のちょいモルゲンロートっぽい。
1
前回の週末は1時間以上の長蛇の列。今日は07:30に並んで10分待ち。
2021年04月21日 08:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回の週末は1時間以上の長蛇の列。今日は07:30に並んで10分待ち。
八方池山荘からアイゼン装着。雪のあるところを選んで登る。
2021年04月21日 08:59撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘からアイゼン装着。雪のあるところを選んで登る。
左側の尾根を登ってゆく。
左から尖ったピークが唐松岳。
そして不帰ノ劍III峰、II峰南峰と北峰、1番右のピークがI峰。

風が今日も強い。頂上まで行けるか。
2021年04月21日 09:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の尾根を登ってゆく。
左から尖ったピークが唐松岳。
そして不帰ノ劍III峰、II峰南峰と北峰、1番右のピークがI峰。

風が今日も強い。頂上まで行けるか。
3
白馬三山。
雲ひとつない快晴。
されど強風 というか 爆風。
2021年04月21日 10:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山。
雲ひとつない快晴。
されど強風 というか 爆風。
1
グイグイ標高を上げてゆく。
2021年04月21日 10:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グイグイ標高を上げてゆく。
2
丸山ケルンを過ぎて、風はますます強くなる。
耐風姿勢を取りつつ登らないと体を持っていかれる。
2021年04月21日 11:14撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンを過ぎて、風はますます強くなる。
耐風姿勢を取りつつ登らないと体を持っていかれる。
3
爆風ゆえ引き返すパーティーも出てきた。
2021年04月21日 11:14撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風ゆえ引き返すパーティーも出てきた。
1
不帰ノ劍 II峰 北峰。
爆風で雪が舞い上がっている。
2021年04月21日 11:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ劍 II峰 北峰。
爆風で雪が舞い上がっている。
2
爆風で登山者が減った。前に1人。
耐風姿勢で慎重に登る。
雪が固くてストックが刺さらない。
ピッケルを下に置いてきた。しまった。
2021年04月21日 11:44撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風で登山者が減った。前に1人。
耐風姿勢で慎重に登る。
雪が固くてストックが刺さらない。
ピッケルを下に置いてきた。しまった。
1
峰は爆風。
雪が舞い上がり容赦なく体に打ち付ける。
痛い 寒い この体感温度ははじめて。残雪期とはいえ、厳冬期の準備は必須。
2021年04月21日 11:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰は爆風。
雪が舞い上がり容赦なく体に打ち付ける。
痛い 寒い この体感温度ははじめて。残雪期とはいえ、厳冬期の準備は必須。
白馬乗鞍方面
空がいい感じ。この爆風の中、前進は12:30までと決めた。なんとか剱岳は見てみたいと淡い期待。
2021年04月21日 11:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍方面
空がいい感じ。この爆風の中、前進は12:30までと決めた。なんとか剱岳は見てみたいと淡い期待。
2
ついに来た、剱岳。言葉にならない。これが見たかった。
2021年04月21日 12:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに来た、剱岳。言葉にならない。これが見たかった。
4
唐松岳頂上山荘の上に到着。あとチョットの登ると唐松岳頂上だが。あまりの爆風に撤退を決定。
2021年04月21日 12:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘の上に到着。あとチョットの登ると唐松岳頂上だが。あまりの爆風に撤退を決定。
3
ここから唐松岳山頂まで30ー40分か。また来る。
2021年04月21日 12:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから唐松岳山頂まで30ー40分か。また来る。
3
剱岳。
早月尾根 北アルプス三大急登。いつが登ってみたい。「試練と憧れ」
2021年04月21日 12:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳。
早月尾根 北アルプス三大急登。いつが登ってみたい。「試練と憧れ」
2
あの遠くの山塊は何だろう?
2021年04月21日 12:22撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの遠くの山塊は何だろう?
1
剱岳と唐松岳。
2021年04月21日 12:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳と唐松岳。
2
パノラマで。
大絶景。
名残惜しい。
2021年04月21日 12:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで。
大絶景。
名残惜しい。
3
唐松岳と不帰ノ劍
2021年04月21日 12:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と不帰ノ劍
剱岳の早月尾根。今度登ってみたい。
「試練と憧れ」
2021年04月21日 12:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳の早月尾根。今度登ってみたい。
「試練と憧れ」
4
いざ下山。爆風注意。
2021年04月21日 12:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ下山。爆風注意。
1
爆風に背中を押されて。ピッケル欲しいね。
2021年04月21日 12:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風に背中を押されて。ピッケル欲しいね。
1
遠見尾根方面。
2021年04月21日 12:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根方面。
1
今季 見納めでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今季 見納めでした。
2
2637m
今日の最高標高到達点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2637m
今日の最高標高到達点。
帰りの高速バスの車窓から。
甲斐駒ヶ岳。黒戸尾根にも登りたい。
2021年04月21日 17:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの高速バスの車窓から。
甲斐駒ヶ岳。黒戸尾根にも登りたい。
同じく甲斐駒ヶ岳。角度を変えて。
2021年04月21日 18:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく甲斐駒ヶ岳。角度を変えて。

感想/記録

週末に唐松岳を目指したがゴンドラの長蛇の列で出遅れて丸山ケルンの先で撤退したの2週間前。

今回はそのリベンジで八方池山荘に宿泊して、夕日、星空、日の出、モルゲンロートなど盛り沢山の計画だったが、前日は爆風のためゴンドラ リフトが終日運休。八方池山荘に辿り着けず計画変更。

翌朝、ゴンドラ10分待ちでリフトトップへ。
今日も爆風だ。耐風姿勢を取りつつ標高を上げる。丸山ケルンから更に爆風に。引き返すパーティーも。稜線では危険を感じるくらいの爆風。
唐松岳頂上山荘まで登って剱岳を視界に収めて撤退を決断。

唐松岳への再度のリベンジを誓って下山の途へつく。

教訓
残雪期の快晴、なめてはいかん。爆風で体感温度は厳冬期。備えは大切。顔が痛冷たく、うまく喋れない。アウターグラブ、ハードシェルも必要。
耐風登山にはピッケルも必須と痛感。得難い教訓であった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:206人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2020/10/16
投稿数: 0
2021/4/23 21:53
 本当に残念でしたね😞
私のレコへのコメントありがとうございます。
KASHITAKUです。
2日違いで天国と地獄とはまさにこのことですね。お気持ちお察しします。10日前にもチャレンジされていたのですね。私の先輩も今回4度目の挑戦でようやく登頂に成功しました。
私はたまたま1回目で完登できましたが、World_of_walkさんや先輩の例をみると本当に雪山の難しさを痛感します。
来年是非リベンジして下さい!
P.S. 私もこの夏剱岳登頂目指しています。山の魅力に取り憑かれた者同士、今後も更なる高みを目指してお互い頑張りましょう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ