また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3149572 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

水根駐車場〜御前山〜境橋バス停

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年05月04日(火) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー5人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
水根駐車場に駐車、復路で境橋バス停から滝のり沢バス停までバス乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.4~1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間26分
合計
6時間56分
S水根バス停08:4308:47奥多摩湖バス停08:55小河内ダム展望塔09:00サス沢山登山口09:0810:21サス沢山10:3312:02惣岳山12:1012:23富士山展望所12:2412:25御前山12:5813:02御前山避難小屋13:1614:26トチノキ広場14:3214:33ゴハンギョウノ滝15:15御前山登山口(栃寄沢コース)15:1915:39境橋バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
往路は岩や砂利の急斜面がある。砂利でやや滑る。

装備

個人装備 軽登山靴 トレッキングポール

写真

朝8:30前に水根駐車場に到着、既に1〜2台ぶんしか空きがない状態でした。
2021年05月04日 08:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝8:30前に水根駐車場に到着、既に1〜2台ぶんしか空きがない状態でした。
小河内ダムの手前です。一番奥に見える山がたぶん御前山だと思います。
2021年05月04日 08:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内ダムの手前です。一番奥に見える山がたぶん御前山だと思います。
小河内ダム。ここを奥に向かって進みます。
2021年05月04日 08:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小河内ダム。ここを奥に向かって進みます。
ダムを越えた先にある案内です。藤の花がきれいに咲いていました。
2021年05月04日 08:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムを越えた先にある案内です。藤の花がきれいに咲いていました。
まずはこの案内の先にある展望台を目指します。
2021年05月04日 08:59撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはこの案内の先にある展望台を目指します。
ジグザグと一気に尾根まで登ります。
2021年05月04日 09:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグと一気に尾根まで登ります。
展望台です。風通しがよく気持ちがよい場所でした。
2021年05月04日 09:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台です。風通しがよく気持ちがよい場所でした。
展望台からダムを見下ろすことができます。
2021年05月04日 09:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からダムを見下ろすことができます。
ここから最初のサス沢山まで尾根沿いを進みます。
2021年05月04日 09:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから最初のサス沢山まで尾根沿いを進みます。
結構頻繁に急斜面があり序盤から体力を奪われます。
2021年05月04日 09:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構頻繁に急斜面があり序盤から体力を奪われます。
このルートは尾根沿いということもあり全般的に明るく、風通しもよく気持ちがいいです。
2021年05月04日 10:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートは尾根沿いということもあり全般的に明るく、風通しもよく気持ちがいいです。
最初のチェックポイント。サス沢山。
2021年05月04日 10:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のチェックポイント。サス沢山。
きれいに奥多摩湖が見渡せます。
2021年05月04日 10:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいに奥多摩湖が見渡せます。
3
ひたすら尾根沿いを進みます。
2021年05月04日 10:41撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら尾根沿いを進みます。
途中、気の根元に見つけました。きれいだったので写真に収めておきました。
2021年05月04日 10:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、気の根元に見つけました。きれいだったので写真に収めておきました。
岩がごつごつした急斜面。
2021年05月04日 11:03撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がごつごつした急斜面。
このルートはこんな雰囲気の場所が多いです。
2021年05月04日 11:26撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートはこんな雰囲気の場所が多いです。
また急斜面を登ります。
2021年05月04日 11:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また急斜面を登ります。
ゴール直前の惣岳山。御前山まであと一息ですが、この時点で疲労が最大限に蓄積した状態できつかったです。
2021年05月04日 12:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール直前の惣岳山。御前山まであと一息ですが、この時点で疲労が最大限に蓄積した状態できつかったです。
いったんちょっと降りて、またちょっと登ってという感じで御前山を目指します。
2021年05月04日 12:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったんちょっと降りて、またちょっと登ってという感じで御前山を目指します。
1405m。ダムの標高が540mなので、865m登ったことになります。結構疲れました。
2021年05月04日 12:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1405m。ダムの標高が540mなので、865m登ったことになります。結構疲れました。
カタクリの花。往路より復路の方が多くみかけました。
2021年05月04日 13:00撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリの花。往路より復路の方が多くみかけました。
往路は砂利の急斜面もあり、子どもたちには危険、という判断で境橋バス停を目指すルートに変更。このルートは8割、こんな舗装された道を歩くことになります。
2021年05月04日 14:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路は砂利の急斜面もあり、子どもたちには危険、という判断で境橋バス停を目指すルートに変更。このルートは8割、こんな舗装された道を歩くことになります。
下りの斜面で膝に疲労を蓄積しながらひたすら歩きます。
2021年05月04日 14:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの斜面で膝に疲労を蓄積しながらひたすら歩きます。
ようやく到着。
2021年05月04日 15:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく到着。
境橋バス停です。
2021年05月04日 15:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境橋バス停です。
ここから水根駐車場までバスで戻ります。休日は1時間に2本ほど運行しているようです。今回は5〜6分の待ちですみました。
2021年05月04日 15:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから水根駐車場までバスで戻ります。休日は1時間に2本ほど運行しているようです。今回は5〜6分の待ちですみました。

感想/記録

妻と友人、小学4年生1名、中学1年生2名の子どもたちを連れての登山でした。
水根駐車場から御前山をピストンする予定でしたが、予想以上の急斜面と砂利で滑りそうな箇所があったり、想定外の疲労も相まって、復路で同じ道を通るのは危険という判断をしました。途中でアドバイスをくださった方、ありがとうございました。
電波の届くところで境橋バス停から水根駐車場までバスで戻れることが確認できたので急遽復路のコースを変更しました。もしピストンするならトレッキングポールは必須です。
小河内ダムから御前山の尾根コースは急斜面で厳しいですが、尾根沿いの明るく風通しの良い私好みのコースだったのでとても楽しめました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:248人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

カタクリ ピストン クリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ