また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3166739 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

ロッコウタウンでエンテイをゲットだぜ!

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年05月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
8分
合計
4時間27分
S東おたふく山登山口バス停09:2309:29東おたふく山、土樋割峠への分岐09:3109:55東お多福山09:5510:04土樋割峠10:0511:02一軒茶屋11:0211:06六甲山11:0711:11一軒茶屋11:1211:37本庄堰堤北側の分岐11:3811:41土樋割峠11:4212:12一軒茶屋12:1212:18六甲山12:1812:53一軒茶屋12:5413:05石の宝殿13:0613:15蛇谷北山13:1513:29土樋割峠13:3313:46東おたふく山、土樋割峠への分岐13:4713:52東おたふく山登山口バス停13:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

低気圧の影響で風は強めですが、雨は降らなさそう
2021年05月09日 07:01撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低気圧の影響で風は強めですが、雨は降らなさそう
1
上空の寒気は大きな影響なさそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空の寒気は大きな影響なさそう
東おたふく山でウォームアップ
2021年05月09日 09:56撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東おたふく山でウォームアップ
2
黒岩谷ルートに入った途端現れる巨岩
2021年05月09日 10:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩谷ルートに入った途端現れる巨岩
4
朽ちてる。ここは右を通過
2021年05月09日 10:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちてる。ここは右を通過
1
でたー「ホチキス」
2021年05月09日 10:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でたー「ホチキス」
3
堰堤の上から
2021年05月09日 10:23撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上から
1
ホチキスは管理用ステップという名前らしい
2021年05月09日 10:26撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホチキスは管理用ステップという名前らしい
2
雲の流れが早い
2021年05月09日 10:28撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の流れが早い
2
黒岩谷ルートは赤テープを探しながら。助かる
2021年05月09日 10:34撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岩谷ルートは赤テープを探しながら。助かる
1
堰堤。テープの通り右から巻く
2021年05月09日 10:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤。テープの通り右から巻く
1
堰堤とはしご
2021年05月09日 10:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤とはしご
2
最後の堰堤から離れ、左に階段
2021年05月09日 10:48撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の堰堤から離れ、左に階段
1
隣の尾根道は岩っぽい
2021年05月09日 11:53撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の尾根道は岩っぽい
2

感想/記録
by Nitsu

ドビワリ峠から続くクロイワ谷の沢沿いに伝説のエンテイが大量発生しているという情報をゲットした。早速行ってみるぞー。

ロッコウタウンのサイコウホウに続くマイナールートが二つあって、一つはクロイワ谷コース、もう一つはその西隣のクロイワ尾根コース。
クロイワ谷コースは赤テープを辿っていく秘境的コースで、以前行ったニシヤマ谷コースのようなおもむきがあるぜ。ニシヤマ谷でも大量のエンテイに出会ったから、ここでも期待だ! ワクワクすっぞ!

沢沿いに進むと早速エンテイが出てきた! このエンテイは右に、次のエンテイは左に巻くぞ。赤テープを頼りに進めば問題なし!
おっと、今度はキョダイマックスのエンテイだ! これは巻けない…。

目の前が真っ暗になった…。

どうしよう。
そういえばニシヤマ谷もこういう時は「ホチキス」があったっけ。探してみよう!
エンテイの左…は無し。右は…、あったー、ホチキス! これでキョダイマックスのエンテイをゲットだ! たのし〜!

最後のエンテイを左の階段から避ければ、クロイワ谷は攻略完了だ! もうエンテイ(堰堤)をどれだけゲットオーバーしたか(乗り越えたか)わからないくらい、大量のエンテイに出会ったぞ。

ニシヤマ谷より道がわかりやすい、楽しいコースだったぞ。でも、マップによってルートとして紹介されていないから、いく時はポケセンでしっかり準備して、GPSは必須だ!


さて最高峰に寄ってから、いったん土樋割峠に降って、今度は黒岩尾根ルートに取り付いた。こちらはヤセ尾根だが谷コースよりしっかりしている。七曲や蛇谷北山ルートより岩っぽくて、ロックガーデンの延長のようなコースで人も少ない。それでも降りで二人とすれ違った。最後は穴抜けの紐ならぬロープが張ってあったりして、楽しめるコースだった。

はじめてのコースを2往復でき、とても新鮮でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:124人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ GPS ヤセ尾根 堰堤
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ