また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3207113 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

貴重な梅雨晴れに・・・ 再度公園~森林植物園

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年05月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
再度公園無料Pから周回。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に問題ありません。
その他周辺情報再度公園に茶屋"森の四季" 森林植物園にカフェ:ルピック。
トイレは再度公園から森林植物園迄数ヶ所に有ります。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

写真

梅雨時の久し振りの晴れ間に自宅から30分少々走れば
再度公園無料P(50台以上止められます)
既に30台以上の車が止まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨時の久し振りの晴れ間に自宅から30分少々走れば
再度公園無料P(50台以上止められます)
既に30台以上の車が止まっています。
1
支度を済ませ歩き出せば駐車場傍のトイレ脇に
ヤマボウシ(山法師・山帽子)ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
花弁の様に見える総包片はマダ淡い萌黄色だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支度を済ませ歩き出せば駐車場傍のトイレ脇に
ヤマボウシ(山法師・山帽子)ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。
花弁の様に見える総包片はマダ淡い萌黄色だ。
2
外国人墓地への遊歩道は既に深緑模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外国人墓地への遊歩道は既に深緑模様。
1
辺りはコガクウツギ(小額空木:小萼空木)
アジサイ科、アジサイ属の落葉性の低木。
が咲き始めてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りはコガクウツギ(小額空木:小萼空木)
アジサイ科、アジサイ属の落葉性の低木。
が咲き始めてる。
4
修法ヶ原池の畔で大勢の方がいらっしゃる。
どうもヨガ教室の様だね^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修法ヶ原池の畔で大勢の方がいらっしゃる。
どうもヨガ教室の様だね^^)
3
一時、コロナ禍で休業していた茶屋:森の四季も営業を再開した様だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時、コロナ禍で休業していた茶屋:森の四季も営業を再開した様だ。
2
←仙人谷・外国人墓地↑分岐。
何時もの様に左折して仙人谷方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
←仙人谷・外国人墓地↑分岐。
何時もの様に左折して仙人谷方面へ
1
早くもコアジサイ(小紫陽花)アジサイ科アジサイ属の落葉低木。
が咲き始めてる。
今年は何もかもが早いね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くもコアジサイ(小紫陽花)アジサイ科アジサイ属の落葉低木。
が咲き始めてる。
今年は何もかもが早いね。
4
仙人谷のモミジ林を抜けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人谷のモミジ林を抜けて
1
洞川湖畔を辿れば対岸に釣り人多数。
半月前には見頃だったセトウチウンゼンの白い花も
今はコガクウツギの白い花に取って代ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞川湖畔を辿れば対岸に釣り人多数。
半月前には見頃だったセトウチウンゼンの白い花も
今はコガクウツギの白い花に取って代ってる。
3
洞川湖に流れ込む小さな流れを渡って
森林植物園:学習の森へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞川湖に流れ込む小さな流れを渡って
森林植物園:学習の森へ
1
咲き始めたユキノシタ(雪の下・虎耳草・鴨脚草・鴨足草・金糸荷)
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めたユキノシタ(雪の下・虎耳草・鴨脚草・鴨足草・金糸荷)
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。
7
此方も咲き始めたマルバウツギ(丸葉空木)
アジサイ科ウツギ属の落葉低木。
関東地方以西の本州、四国及び九州に分布する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此方も咲き始めたマルバウツギ(丸葉空木)
アジサイ科ウツギ属の落葉低木。
関東地方以西の本州、四国及び九州に分布する。
5
森林植物園:学習の森から森林植物園:西門へと緩やかに登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林植物園:学習の森から森林植物園:西門へと緩やかに登ります。
1
左手に種苗園を見送り階段道を登れば
再度山ドライブウェイに飛び出しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に種苗園を見送り階段道を登れば
再度山ドライブウェイに飛び出しました。
1
再度山ドライブウェイに沿って少し歩けば森林植物園:西門。
県内在住の65歳以上の方は無料で入園できます。
因みに大人の入園料は300円也。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度山ドライブウェイに沿って少し歩けば森林植物園:西門。
県内在住の65歳以上の方は無料で入園できます。
因みに大人の入園料は300円也。
2
森林植物園:西門からは時計回りに遊歩道を歩きます。
直ぐに新緑のメタセコイア並木。
ヒノキ科メタセコイア属の落葉樹。
和名はアケボノスギ(曙杉)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林植物園:西門からは時計回りに遊歩道を歩きます。
直ぐに新緑のメタセコイア並木。
ヒノキ科メタセコイア属の落葉樹。
和名はアケボノスギ(曙杉)
2
淡いピンク色はアケボノウツギ(曙空木)
スイカズラ科ツクバネウツギ属 。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淡いピンク色はアケボノウツギ(曙空木)
スイカズラ科ツクバネウツギ属 。
3
キソケイ(黄素馨)
モクセイ科ソケイ属 常緑低木でヒマラヤ原産でジャスミンの仲間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キソケイ(黄素馨)
モクセイ科ソケイ属 常緑低木でヒマラヤ原産でジャスミンの仲間。
2
林床にはナルコユリ(鳴子百合)が点在。
キジカクシ科ナルコユリ属の多年草。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林床にはナルコユリ(鳴子百合)が点在。
キジカクシ科ナルコユリ属の多年草。
2
遊歩道を飾るのはヤマボウシ。
此処のヤマボウシは既に真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道を飾るのはヤマボウシ。
此処のヤマボウシは既に真っ白。
2
ハコネウツギ(箱根空木)
タニウツギ科タニウツギ属の落葉性低木。
花は白から次第に赤へと変化します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハコネウツギ(箱根空木)
タニウツギ科タニウツギ属の落葉性低木。
花は白から次第に赤へと変化します。
1
やがてあじさい坂に合流しました。
此処は←正門方面・長谷池→分岐。
文字通り両側には紫陽花花壇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてあじさい坂に合流しました。
此処は←正門方面・長谷池→分岐。
文字通り両側には紫陽花花壇。
2
カフェ:ルピックに到着です。
此処もコロナ禍で一時休業でしたが再開していました。
お昼時なので此処で軽くランチタイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カフェ:ルピックに到着です。
此処もコロナ禍で一時休業でしたが再開していました。
お昼時なので此処で軽くランチタイム。
3
カフェ:ルピック横のロックガーデンには
シライトソウ(白糸草)シュロソウ科シライトソウ属の多年草。
それにしても大きなシライトソウです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カフェ:ルピック横のロックガーデンには
シライトソウ(白糸草)シュロソウ科シライトソウ属の多年草。
それにしても大きなシライトソウです。
4
カフェ:ルピック横のロックガーデンに
キエビネ(黄海老根)ラン科エビネ属の多年草。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カフェ:ルピック横のロックガーデンに
キエビネ(黄海老根)ラン科エビネ属の多年草。
2
カフェ:ルピック横のロックガーデンに
エビネ(海老根)ラン科エビネ属の多年草。
ジエビネ・ヤブエビネとも呼ばれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カフェ:ルピック横のロックガーデンに
エビネ(海老根)ラン科エビネ属の多年草。
ジエビネ・ヤブエビネとも呼ばれます。
3
カフェ:ルピック横のロックガーデンに
サイハイラン(采配蘭)ラン科サイハイラン属の多年草。
和名の由来は花序の様子を指揮官が指揮する采配に見立てたもの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カフェ:ルピック横のロックガーデンに
サイハイラン(采配蘭)ラン科サイハイラン属の多年草。
和名の由来は花序の様子を指揮官が指揮する采配に見立てたもの。
3
ロックガーデンを後にしてツツジ・シャクナゲ園へ向かうと
ジングウツツジ(神宮躑躅)ツツジ科ツツジ属の落葉低木。
伊勢神宮の神域から発見された事での命名。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンを後にしてツツジ・シャクナゲ園へ向かうと
ジングウツツジ(神宮躑躅)ツツジ科ツツジ属の落葉低木。
伊勢神宮の神域から発見された事での命名。
3
ベニドウダン(紅満天星)
ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。
紀伊半島から山陽地方の西日本の太平洋側に分布。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニドウダン(紅満天星)
ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。
紀伊半島から山陽地方の西日本の太平洋側に分布。
2
ツツジ・シャクナゲ園を抜けると
オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華)
モクレン科モクレン属の落葉低木。
オオヤマレンゲとオオバオオヤマレンゲの区別は雄蕊の色で判別。
オオバオオヤマレンゲの方の雄蕊の色が濃い赤紫色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ・シャクナゲ園を抜けると
オオバオオヤマレンゲ(大葉大山蓮華)
モクレン科モクレン属の落葉低木。
オオヤマレンゲとオオバオオヤマレンゲの区別は雄蕊の色で判別。
オオバオオヤマレンゲの方の雄蕊の色が濃い赤紫色です。
8
長谷池への遊歩道のヒメアジサイ(姫紫陽花)は色付き始め。
ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。
ホンアジサイとエゾアジサイの交雑種と言われてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷池への遊歩道のヒメアジサイ(姫紫陽花)は色付き始め。
ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。
ホンアジサイとエゾアジサイの交雑種と言われてる。
3
オオベニウツギ(大紅空木)にクロアゲハ(黒揚羽)が給密中。
スイカズラ科タニウツギ属で中国原産の落葉低木。
チョウ目アゲハチョウ科の蝶。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオベニウツギ(大紅空木)にクロアゲハ(黒揚羽)が給密中。
スイカズラ科タニウツギ属で中国原産の落葉低木。
チョウ目アゲハチョウ科の蝶。
2
漸く長谷池に到着です。
水面にはコウホネ(河骨)やアサザ(浅沙)の黄色い花。
コウホネはスイレン科コウホネ属の水生植物。
アサザはミツガシワ科アサザ属の水生植物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く長谷池に到着です。
水面にはコウホネ(河骨)やアサザ(浅沙)の黄色い花。
コウホネはスイレン科コウホネ属の水生植物。
アサザはミツガシワ科アサザ属の水生植物。
2
長谷池畔にカキツバタ(杜若)アヤメ科アヤメ属の植物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷池畔にカキツバタ(杜若)アヤメ科アヤメ属の植物。
2
水面にはスイレン(睡蓮)スイレン科スイレン属の水生多年草。
日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水面にはスイレン(睡蓮)スイレン科スイレン属の水生多年草。
日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。
2
長谷池を時計回りに半周し西門へと戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長谷池を時計回りに半周し西門へと戻ります。
1
満開の花を咲かせるのはセイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)
ツツジ科ツツジ属の小低木。
西洋で品種改良された石楠花の園芸品種の総称。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開の花を咲かせるのはセイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)
ツツジ科ツツジ属の小低木。
西洋で品種改良された石楠花の園芸品種の総称。
3
直ぐ傍にカルミア(ツツジ科カルミア属)
金平糖の様な形をした蕾を持っています。
花が開くと皿形になり色は薄く模様が入ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ傍にカルミア(ツツジ科カルミア属)
金平糖の様な形をした蕾を持っています。
花が開くと皿形になり色は薄く模様が入ってる。
5
ライトアップされたトンネルを抜けると森林植物園:西門に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライトアップされたトンネルを抜けると森林植物園:西門に戻ります。
2
森林植物園:西門から森林植物園:学習の森へと戻る手前で
再度山ドライブウェイを渡れば分水嶺道口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林植物園:西門から森林植物園:学習の森へと戻る手前で
再度山ドライブウェイを渡れば分水嶺道口。
1
分水嶺道口から緩やかに登れば木柵。
森林植物園に分断された山田道跡と此処で合流しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分水嶺道口から緩やかに登れば木柵。
森林植物園に分断された山田道跡と此処で合流しました。
1
山田道跡と合流してからは下り坂が続きます。
やがて←トウェンティクロス:布引・洞川湖→分岐。
旧山田道は此処を右折した先、10数m先で左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山田道跡と合流してからは下り坂が続きます。
やがて←トウェンティクロス:布引・洞川湖→分岐。
旧山田道は此処を右折した先、10数m先で左折します。
1
砂防堰堤湖に架かる木橋を渡ります。
昨夜来の大雨で砂防堰堤湖は満水状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防堰堤湖に架かる木橋を渡ります。
昨夜来の大雨で砂防堰堤湖は満水状態。
1
砂防堰堤湖に架かる木橋を渡って再び登りに転じます。
コツクバネウツギ(小衝羽空木)リンネソウ科ツクバネウツギ属の落葉低木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防堰堤湖に架かる木橋を渡って再び登りに転じます。
コツクバネウツギ(小衝羽空木)リンネソウ科ツクバネウツギ属の落葉低木。
3
眼下に再度山ドライブウェイが見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に再度山ドライブウェイが見えて来ました。
1
再度山ドライブウェイを横断し外国人墓地への分岐を右に見送り
再度山ドライブウェイを下ると小さな池にキショウブ(黄菖蒲)群生。
アヤメ科アヤメ属の多年草で帰化植物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度山ドライブウェイを横断し外国人墓地への分岐を右に見送り
再度山ドライブウェイを下ると小さな池にキショウブ(黄菖蒲)群生。
アヤメ科アヤメ属の多年草で帰化植物。
2
やっと修法ヶ原池に戻って来ました。
修法ヶ原池畔にもキショウブやカキツバタが咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと修法ヶ原池に戻って来ました。
修法ヶ原池畔にもキショウブやカキツバタが咲いていました。
3

感想/記録
by k2kobe

5月16日に異様に早い梅雨入り宣言。
それから毎日の様に不安定な空模様が続く。
更に前日の金曜日には24時間降水量が5月にしては最多の117mm。
再度公園へと向かう有馬街道も所々流れる水で洗われてます。
貴重な梅雨晴れに再園された神戸市立森林植物園へと向かいました。
大半のツツジやシャクナゲには遅かったですが咲き始めたばかりの
オオバオオヤマレンゲが見られました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:157人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ