また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3211484 全員に公開 ハイキング 近畿

トキソウ・・・爆咲き^^) あびき湿原

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月25日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あびき湿原P
経路を調べる(Google Transit)
GPS
00:48
距離
2.1 km
登り
33 m
下り
20 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間9分
休憩
0分
合計
1時間9分
Sあびき湿原P13:3314:42あびき湿原PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に問題ありません。
その他周辺情報駐車場からあびき湿原への途中にバイオトイレ。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 日よけ帽子 飲料 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

午前中に所用を済ませ自宅で昼食後に一っ走りであびき湿原P。
5-6台止められるが既に3台が駐車中。
立ち入れるのは午前9時から午後5時迄です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に所用を済ませ自宅で昼食後に一っ走りであびき湿原P。
5-6台止められるが既に3台が駐車中。
立ち入れるのは午前9時から午後5時迄です。
2
農道脇にスイカズラ(吸葛)
スイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。
別名にニンドウ(忍冬)やキンギンカ(金銀花)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農道脇にスイカズラ(吸葛)
スイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。
別名にニンドウ(忍冬)やキンギンカ(金銀花)
1
車止めチェーンを跨いで農道を辿ると辺りは大麦畑。
今まさに麦秋の季節を迎えてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車止めチェーンを跨いで農道を辿ると辺りは大麦畑。
今まさに麦秋の季節を迎えてる。
1
あびき湿原入口には確りした獣除けフェンス。
閂等を外して立ち入ります。
直ぐに流れを木橋で渡ると紐を引っ張る手動式の計数カウンター。
因みに何時からの計数なのか判らないが345人目だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あびき湿原入口には確りした獣除けフェンス。
閂等を外して立ち入ります。
直ぐに流れを木橋で渡ると紐を引っ張る手動式の計数カウンター。
因みに何時からの計数なのか判らないが345人目だ。
1
流れを渡れば雑木林が続く。
林床にはシライトソウ(白糸草)が点在する。
シュロソウ科シライトソウ属の多年草。
和名は糸屑を束ねたような花の姿に由来。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れを渡れば雑木林が続く。
林床にはシライトソウ(白糸草)が点在する。
シュロソウ科シライトソウ属の多年草。
和名は糸屑を束ねたような花の姿に由来。
3
おっと、花芽を上げたコバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)?
それともオオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)?
湿った草原や貧栄養な湿地に生えるのがコバノトンボソウ。
咲いてる環境からオオバノトンボソウだろう???
何れもラン科ツレサギソウ属の多年草。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、花芽を上げたコバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)?
それともオオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)?
湿った草原や貧栄養な湿地に生えるのがコバノトンボソウ。
咲いてる環境からオオバノトンボソウだろう???
何れもラン科ツレサギソウ属の多年草。
2
やがて前方にフェンスに囲まれた第一湿原。
手前の小川で外来種等の持ち込み禁止の為
靴底を洗いましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて前方にフェンスに囲まれた第一湿原。
手前の小川で外来種等の持ち込み禁止の為
靴底を洗いましょう。
2
流れの傍にタツナミソウ(立浪草)
シソ科タツナミソウ属の多年草。
和名は花の咲く様子が寄せてくる波を思わせるから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れの傍にタツナミソウ(立浪草)
シソ科タツナミソウ属の多年草。
和名は花の咲く様子が寄せてくる波を思わせるから。
3
小川を渡れば直ぐに第一湿原。
此処も獣除けフェンスを開けて立ち入ります。
湿原には丸太で組まれた木道。
目当てのトキソウが思いの外群生しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川を渡れば直ぐに第一湿原。
此処も獣除けフェンスを開けて立ち入ります。
湿原には丸太で組まれた木道。
目当てのトキソウが思いの外群生しています。
3
第一湿原を抜ければ奥池。
奥池横に遊歩道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一湿原を抜ければ奥池。
奥池横に遊歩道が続く。
2
奥池横の遊歩道脇にトウカイモウセンゴケ(東海毛氈苔)が花芽を上げています。
モウセンゴケ科モウセンゴケ属の多年草。
食虫植物の一種。
モウセンゴケの花色は白ですがトウカイモウセンゴケは赤っぽい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥池横の遊歩道脇にトウカイモウセンゴケ(東海毛氈苔)が花芽を上げています。
モウセンゴケ科モウセンゴケ属の多年草。
食虫植物の一種。
モウセンゴケの花色は白ですがトウカイモウセンゴケは赤っぽい。
2
奥池から更に辿ると第二湿原。
此方も丸太で組まれた木道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥池から更に辿ると第二湿原。
此方も丸太で組まれた木道が続きます。
3
第二湿原は第一湿原以上にトキソウが群生してる。
写真では判りにくいが点々と見える白いのが全てトキソウです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二湿原は第一湿原以上にトキソウが群生してる。
写真では判りにくいが点々と見える白いのが全てトキソウです。
3
足元の木道傍のトキソウ(朱鷺草・鴇草)
ラン科トキソウ属の多年草。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元の木道傍のトキソウ(朱鷺草・鴇草)
ラン科トキソウ属の多年草。
5
トキソウ(朱鷺草・鴇草)アップ。
和名は花色がトキの翼の色であるトキ色から。
環境省によりレッドリストは準絶滅危惧(NT)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トキソウ(朱鷺草・鴇草)アップ。
和名は花色がトキの翼の色であるトキ色から。
環境省によりレッドリストは準絶滅危惧(NT)
6
第二湿原ではハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)が飛び回ってますが
例え望遠ミラーレスでも小さくて撮影が難しい^^)
おっと、ラッキーな事に足元の木道に止まってくれた。
此れはハッチョウトンボの雄です。
トンボ科ハッチョウトンボ属のトンボ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二湿原ではハッチョウトンボ(八丁蜻蛉)が飛び回ってますが
例え望遠ミラーレスでも小さくて撮影が難しい^^)
おっと、ラッキーな事に足元の木道に止まってくれた。
此れはハッチョウトンボの雄です。
トンボ科ハッチョウトンボ属のトンボ。
5
ハッチョウトンボの雌は居合わせた常連さんに教えて頂き撮影出来ました。
♀は♂に比べ地味なので見付けるのが難しい。
ハッチョウトンボ日本一小さなトンボとして知られ世界的に見ても最小の部類に属する。
因みに体長は♀・♂共に一円玉の中に収まる大きさです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハッチョウトンボの雌は居合わせた常連さんに教えて頂き撮影出来ました。
♀は♂に比べ地味なので見付けるのが難しい。
ハッチョウトンボ日本一小さなトンボとして知られ世界的に見ても最小の部類に属する。
因みに体長は♀・♂共に一円玉の中に収まる大きさです。
5
第二湿原に続いて第三湿原も歩いて見ましょう。
第三湿原にもトキソウは咲いているが中央部に多く流石に撮影出来ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二湿原に続いて第三湿原も歩いて見ましょう。
第三湿原にもトキソウは咲いているが中央部に多く流石に撮影出来ませんでした。
2
第三湿原の先は立ち入り禁止なので戻りましょう。
おっと、白花のタツナミソウがもうすぐ咲きそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三湿原の先は立ち入り禁止なので戻りましょう。
おっと、白花のタツナミソウがもうすぐ咲きそうだ。
3
ん?えッ!!此れってもしかしてヤマトキソウ(山朱鷺草)じゃねっ!?
丘陵〜山地の日当たりの良い湿った草地や湿地の周縁部に生えるラン科トキソウ属の多年草 。
トキソウよりも小型で花は花茎の頂端に上向きに単生するがほとんど開かない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?えッ!!此れってもしかしてヤマトキソウ(山朱鷺草)じゃねっ!?
丘陵〜山地の日当たりの良い湿った草地や湿地の周縁部に生えるラン科トキソウ属の多年草 。
トキソウよりも小型で花は花茎の頂端に上向きに単生するがほとんど開かない。
6

感想/記録
by k2kobe

皆さんのレポからあびき湿原のトキソウが見頃だと知り
午前中に所用を済ませ急ぎ一っ走りであびき湿原へ
レポ通り数え切れない程のトキソウにビックリです。
おまけにヤマトキソウらしき個体にも出逢い後日再訪しましょう。

今迄何か所かのトキソウ咲く湿原を歩きましたが
これ程の群生は見た事が有りませんでした。
お世話下さる方々に感謝感謝です。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:381人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ