また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3273685 全員に公開 トレイルラン 富士・御坂

7年ぶり富士山 水ヶ塚から須山ルート

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年06月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り。登頂の頃は曇っていて寒かったです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下り旧二合八勺から暫くは踏み跡が標柱より30m程下にズレています。標柱も所々欠損があるので、悪天候時は注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2021年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 バックパック OMM CLASSIC25 アッパーシェル OMMイーサージャケット アッパー モンベル プラズマ1000ダウンジャケット(携行のみ)+スキンズA200ロングスリーブ ロワーシェル Patagonia フーディニパンツ(携行のみ) ロワー CW-Xレボリューション+TNFショートパンツ TNFバイザー+モンベルUVスクリーン+TNFネックゲイター サングラス オークリー Jawbreaker PrizmTrail Torch グローブ Millet シューズ リーボックZIGTECH ソックス Dex Shell防水ショート アイゼン モンベル チェーンスパイク ポール BDウルトラディスタンス ファーストエイドキット 水1.5L(1L消費) 明日香野あんこ餅(草餅)1袋(5個中3個消費)) 塩熱サプリ 携行トイレ3 日焼け止め アルコールスプレー ツエルト ファイントラック FAG0104 iPhoneX(Map+Compass+GPS)
備考 ショートゲイターを忘れたので、下山中2回シューズの石出しをしました。

写真

曇っているところが残念ですが、夜が明けたのでスタートします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っているところが残念ですが、夜が明けたのでスタートします。
須山登りルート、ピンクテープと&土手上通行区間が増えた印象。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須山登りルート、ピンクテープと&土手上通行区間が増えた印象。
1
短いハイマツ帯に入ると視界が開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短いハイマツ帯に入ると視界が開けます。
1
箱根は中央火山以外雲の中。西伊豆にポコポコ見える米塚が印象的でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根は中央火山以外雲の中。西伊豆にポコポコ見える米塚が印象的でした。
八合目から雪渓。ここは巻くので、好んで直登しない限りアイゼン不要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目から雪渓。ここは巻くので、好んで直登しない限りアイゼン不要です。
1
山頂直下から割れ目火口の火口壁、雪渓、駿河灘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下から割れ目火口の火口壁、雪渓、駿河灘。
1
富士宮山頂直下の鳥居、現行型を初めて潜ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮山頂直下の鳥居、現行型を初めて潜ります。
2
浅間大社奥宮、冬季休業中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間大社奥宮、冬季休業中。
1
富士宮山頂から剣ヶ峰取り付きまでは除雪されています。こうやってコノシロ池に重機の履帯の後があるわけだな。足元は凍ってます。寒いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮山頂から剣ヶ峰取り付きまでは除雪されています。こうやってコノシロ池に重機の履帯の後があるわけだな。足元は凍ってます。寒いです。
1
剣ヶ峰到着。先着者が意外に多かったというか、ハケなくてシャッターチャンス少。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰到着。先着者が意外に多かったというか、ハケなくてシャッターチャンス少。
2
三等三角点はこのプレートでなく左奥の白い石です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点はこのプレートでなく左奥の白い石です。
2
南アルプス全景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス全景。
最高点と大日岳・伊豆岳・成就岳(かな)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点と大日岳・伊豆岳・成就岳(かな)。
1
その奥に相模灘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その奥に相模灘。
大内院はまだ何とか降りられる積雪です。今日は降りる気がありませんが、キックが効き難いチェーンスパイクで降りるなら、もう少し気温が上がる時間帯/日の方がいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大内院はまだ何とか降りられる積雪です。今日は降りる気がありませんが、キックが効き難いチェーンスパイクで降りるなら、もう少し気温が上がる時間帯/日の方がいいです。
三島岳を右に巻いてブル道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三島岳を右に巻いてブル道へ。
どんどん離れる剣ヶ峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん離れる剣ヶ峰。
この高度感が富士山ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この高度感が富士山ですね。
1
結構しつこく駿河灘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構しつこく駿河灘。
ごく一部に大量の積雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごく一部に大量の積雪。
1
三日月の山中湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日月の山中湖。
宝永山と双子山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山と双子山。
2
伊豆半島の海岸線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆半島の海岸線。
大砂走りに入りました。標高は2,600mくらい。上方向。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砂走りに入りました。標高は2,600mくらい。上方向。
2
トレースはありますが、標柱は見当たりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはありますが、標柱は見当たりません。
これを富士山と言って誰が信じようか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを富士山と言って誰が信じようか。
画面中央に水ヶ塚駐車場。まだ遠いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画面中央に水ヶ塚駐車場。まだ遠いです。
四辻を過ぎると途端にルートが親切になります。それまでは、、、まあ点線ですから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四辻を過ぎると途端にルートが親切になります。それまでは、、、まあ点線ですから。
砂の川。これの下流に幕岩があるんだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂の川。これの下流に幕岩があるんだと思います。
整備の行き届いた区間は気持ちいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備の行き届いた区間は気持ちいいです。
計画通り、再利用不能なくらいのダメージを受けました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
計画通り、再利用不能なくらいのダメージを受けました。
2
下山しました。11時頃から晴れてきたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。11時頃から晴れてきたようです。
1

感想/記録
by ABi-R

久し振りに富士山登りました。登頂回数で言うと通算11回目。今回も過去3回の登頂と同じく須山ルートでした。
雪の上を歩くために冬装備を用意してGW明けからずーっと待っていましたが、週末は雨や強風予報が続き、結局今週まで延びました。長かったですね。その間に雪融けが進み、予想気温も上がったので、結局トレラン装備での山行にしました。
希望天気の晴れでなく曇天のなか5時前スタートし、1時間半程で火口縁に届き、本日初めて他のハイカーに会ったので、「おはようございます。」と声を掛けました。が、2人連れの2人両方に無視されました。うん、、、富士山に帰ってきた気がしますね。オフシーズンとはいえ予報もよかった今日は結構な数の入山者がいましたが、富士山の日本人ハイカーは、挨拶しても半分以上の人は無視です。それに比べると外国人の皆さんは気持ちがいいです。挨拶をしないことがマスクしない山行におけるニューノーマルなんでしょうか。

登頂までの所要時間は3時間50分、前回2014年10月トレランよりも6合目からずっとアイゼン・ピッケルだった2014年5月に近かったです。在宅勤務の運動不足の影響は大きいですね。何よりも登る機会がありません。
で山頂も曇りでした。格別に強くはないものの終始冷たい西風が吹き付け、写真を撮るためにetipのないレイングローブを外すとすぐ手が悴む寒さでした。高曇りで結構遠景が効いたのがまだ幸いでしたけども。

雪渓歩きは9合5勺から富士宮山頂手前までの区間のみです。今日は思いの他気温が低く、Zポールのラバーティップが刺さり難かったですが、先行者の足跡が階段状に続くため、歩くにはアイゼン無しでも歩けます(擦れ違いがあるのでマナー的にも危機管理的にもなしですが)。私はチェーンスパイクを使用しました。6本爪軽アイゼンの人もいましたが、あれはさっさと手放してチェーンスパイクにした方がいいです。なお、作業が入っている時の通行は自粛すべきですが、ブル道を使えば滑り止めの持参自体不要です。
大内院(お釜)はギリギリ雪が繋がっているので、まだ降りることができる状態でした。どうやらこの日(この時間帯)は降りている人いませんでしたが。

下りは、1番走れるルート選択で、ブル道〜御殿場7合目から大砂走りを通り、正規須山ルートとして旧2合8勺から須山下山道に入り、その後は正規ルートを外して通ったことのない下り1合5勺〜南山休憩所〜廃林道と思しき整備の行き届いていない南下路(地図には実線で載ってますが、この道と御胎内を繋ぐルートは通行止めになっているようです)を経由して水ヶ塚駐車場に戻りました。
下り所要時間は2時間30分でした。意外に速かったのは、シューズの砂出しをしたり目に入ったゴミで動けなくなったりで時間が掛かっても、やはり大砂走りはスピードが出るということでしょう。
ペースは遅かったですが、それでも午前中に下山できました。

12時過ぎに帰路に就き、自宅には14時頃に着きました。
ああ、やっぱり富士山はいいな。

今週末にはこの2倍の距離を日帰りしたいので、翌14日も本日と同じくらいの距離・標高差の山に行くことも考えていたくらいだったのですが、紫外線か温度差か給水不足は標高か土埃か、それとも単なる体力不足か、帰宅した後から主に目の痛みから始まり、翌日まで頭痛と倦怠が続きました。筋肉のダメージは殆どなく、もう1山問題なくいけそうだったんですが、やっぱり富士山は手強いです。

さて、富士山で重要なのはシューズとソックスです。
アウトソールへの攻撃性が多大で、何回洗っても足を真っ黒にする程砂が入る富士山では、再利用を考えない捨てる予定のシューズの最後の御奉公になってもらうのが1番です(下山まで壊れないことが前提)。高価なトレッキングシューズは勿体無いです。本日のシューズはランニングシューズ退役済のリーボックZIGTECHでした。2015年に村山古道ルートで使いましたが、履き潰す前に強風で途中下山し、捨てればいいものを大事にとってありました。
ソックスも、爪先が切れて目的の用をなさなくなったDex Shellの防水ソックスを使用しました。メンブレンが砂の進入をシャットし、またあまり砂を取り込まない素材のテキスタイルなので、富士山用としては何回も使えます。
それで成果ですが、シューズはミッドソールまでガリガリ削れました。もう履けません。ソックスを脱いだ足は真っ白でした。
カンペキ。
シューズはあと2足、もう少しトレランの距離を伸ばしたら更に1足出るので、当面富士登山の足元は安泰です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:255人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ