また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 327375 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

富田新道で雲取へ、帰りは日蔭名栗からヤケト尾根下降

日程 2013年07月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁橋先のゲート前に路肩駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

5:18八丁橋-6:23富田新道入口-6:31吊り橋6:42-7:03唐松谷分岐7:09-7:59栂ノ平8:11
-9:01椹ノ平9:18-9:44権衛ノ頭-10:03小雲取手前の分岐10:08-10:34雲取山12:27-
13:11ブナ坂13:21-13:34七ツ石山13:48-14:37高丸山-15:08日蔭名栗山-
15:13ヤケト尾根下降点15:28-18:03日原林道18:15-18:30八丁橋
コース状況/
危険箇所等
・八丁橋から富田新道入口
現在はゲートが常時閉じていて、車は入れない。途中、林道工事会社のプレハブ小屋にトイレが在った。ヤマレコ地図だと大ブナ別れの少し先、標高点964の辺り。一般者利用可。
・富田新道
踏み跡明瞭、道標完備で問題なし。利用者は少ないだろうと思っていたが、3グループ合計10人位とすれ違った。林道から吊り橋に下る道が1箇所崩落していた。現在は跨げる程度だが、今後大きくなる可能性は有る。
・ヤケト尾根
雨が降っていたせいもあり、踏み跡は全くと言って良い程感じられなかった。但し、標高1160m辺りで偶然山道にぶつかってからは、ずっと山道で下った。この道は上部だと普通なのだが、川音が聞こえる位まで下るとどんどん切れ落ちた斜面になり、危険を感じる。転落したら命は無い。最後に渡る吊り橋は、富田新道のと比べて凄く滑る。転倒注意。
過去天気図(気象庁) 2013年07月の天気図 [pdf]

写真

八丁橋のゲートから出発。
2013年07月30日 22:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁橋のゲートから出発。
下って来る予定の道を偵察。この標識は…見なかった事にしよう。
2013年07月30日 22:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って来る予定の道を偵察。この標識は…見なかった事にしよう。
こんな所にも道が在る。
2013年07月30日 22:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所にも道が在る。
このトイレは一般者利用可だった。
2013年07月30日 22:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトイレは一般者利用可だった。
ここからも天祖山に登れるのだろうか。
2013年07月30日 23:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも天祖山に登れるのだろうか。
6.5kmの標識が在ったら富田新道入口は近い。
2013年07月30日 23:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6.5kmの標識が在ったら富田新道入口は近い。
富田新道入口。
2013年07月30日 23:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富田新道入口。
崩落箇所が在った。今の所は跨いで行ける程度。
2013年07月30日 23:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所が在った。今の所は跨いで行ける程度。
吊り橋を渡る。
2013年07月30日 23:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡る。
1
吊り橋から上流の眺め。
2013年07月30日 23:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋から上流の眺め。
1
ここで唐松谷林道と分かれる。
2013年07月30日 23:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで唐松谷林道と分かれる。
この木肌は榧だな。近所の300年物と比べて随分大きい。500年は行ってるんじゃなかろうか。
2013年07月30日 23:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木肌は榧だな。近所の300年物と比べて随分大きい。500年は行ってるんじゃなかろうか。
年季の入った指導標。
2013年07月30日 23:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年季の入った指導標。
ここは栂ノ平というらしい。ここと言うか、ここから暫く続く平坦地だろうけど。
2013年07月30日 23:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは栂ノ平というらしい。ここと言うか、ここから暫く続く平坦地だろうけど。
椹(さわら)ノ平に到着。鰆(さわら)ではない。勘違いした人は自分以外にもいる筈だー。
2013年07月30日 23:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椹(さわら)ノ平に到着。鰆(さわら)ではない。勘違いした人は自分以外にもいる筈だー。
夏草に一筋の踏み跡。いい感じ。
2013年07月30日 23:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏草に一筋の踏み跡。いい感じ。
2
権衛ノ頭。
2013年07月30日 23:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権衛ノ頭。
小雲取が見えて来た。
2013年07月30日 23:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取が見えて来た。
縦走路に合流。
2013年07月30日 23:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に合流。
雲取山は雲の中。
2013年07月30日 23:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山は雲の中。
山梨県の標柱。
2013年07月30日 23:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨県の標柱。
曇り空も美しい。
2013年07月30日 23:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇り空も美しい。
2
埼玉県の。
2013年07月30日 23:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埼玉県の。
2
東京都のと三角点。
2013年07月30日 23:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都のと三角点。
1
マルバダケブキは咲きはじめ。
2013年07月30日 23:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキは咲きはじめ。
1
飛龍山がカッコいい。
2013年07月30日 23:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山がカッコいい。
2
ブナ坂。
2013年07月30日 23:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂。
唐松谷林道を下り始めると日が差してきた。
2013年07月30日 23:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松谷林道を下り始めると日が差してきた。
引き返して七ツ石山。
2013年07月30日 23:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して七ツ石山。
千本ツツジは巻く。
2013年07月30日 23:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千本ツツジは巻く。
開けた所に出た。
2013年07月30日 23:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた所に出た。
良い眺め。
2013年07月30日 23:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い眺め。
一斉に咲いたら雲取山以上の花畑だね。
2013年07月30日 23:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一斉に咲いたら雲取山以上の花畑だね。
2
ここから稜線へ。遠くに高丸山が見える。
2013年07月30日 23:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから稜線へ。遠くに高丸山が見える。
1
高丸山に到着。
2013年07月30日 23:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高丸山に到着。
ジェットコースターみたいな下り。
2013年07月30日 23:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジェットコースターみたいな下り。
1
日蔭名栗山。この辺が山頂だが通過する。
2013年07月30日 23:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日蔭名栗山。この辺が山頂だが通過する。
大岳山と御前山。
2013年07月30日 23:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山と御前山。
1
三頭山。
2013年07月30日 23:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山。
1
鷹ノ巣山は雲を被ってた。
2013年07月30日 23:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山は雲を被ってた。
1
ここからヤケト尾根に入る。
2013年07月30日 23:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからヤケト尾根に入る。
1
雨で濡れている所為もあり、踏み跡は殆んど分からない。
2013年07月30日 23:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で濡れている所為もあり、踏み跡は殆んど分からない。
何か巨樹が在った。
2013年07月30日 23:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か巨樹が在った。
林班界標の所に下れた。
2013年07月30日 23:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林班界標の所に下れた。
よーく見ても分かり難いが、左に道が分岐している。
2013年07月30日 23:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よーく見ても分かり難いが、左に道が分岐している。
やった!ちゃんとした道に出た。
2013年07月30日 23:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった!ちゃんとした道に出た。
2
下段の水平道に着いた。下ってきた道を見上げているが…分からないな。
2013年07月30日 23:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段の水平道に着いた。下ってきた道を見上げているが…分からないな。
唯一の目印は木の根元にこの杭。
2013年07月30日 23:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の目印は木の根元にこの杭。
1
言葉的に変だが、右に登っているのが水平道。左の道はこの先で下りに変わる。
2013年07月30日 23:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
言葉的に変だが、右に登っているのが水平道。左の道はこの先で下りに変わる。
1
通過してから振り返って。ちょっと頼りない木桟道を渡る。
2013年07月31日 00:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過してから振り返って。ちょっと頼りない木桟道を渡る。
ここも振り返って。小崩壊地を通る。
2013年07月31日 00:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも振り返って。小崩壊地を通る。
ほぼ真下を撮っている。落ちたらあの世逝き。
2013年07月31日 00:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ真下を撮っている。落ちたらあの世逝き。
1

感想/記録

雲取山に登った。三度目となる今回は、以前から興味の有った富田新道だ。5時頃に八丁橋へ着くと、ゲート前の路肩スペースは既に3台の車が止まっていた。残された隙間は僅かだが、何とか車をねじ込み駐車する事が出来た。他に孫惣谷線が分岐する所にもスペースが有るが、あちらは林道工事の重機や砂利が置かれていて車は止め難い。身支度をしていると、車で待機していたらしい単独行者がゲートを越えて行った。先行者が居るとは心強い。

10分ほど遅れてこちらも出発。覚悟していた事だが、林道区間はやはり嫌になるほど長い。1時間以上掛かってようやく富田新道入口に達した。ここから吊り橋に向けて一旦下る。地形図を見ると70〜80mは下っている様だ。道は確りしていて歩き易かったが、時々横に張られた蜘蛛の糸を切った。先行者と思っていた人は、どうやら別の所に向かった様だ。こうなると突然出くわす熊が怖い。吊り橋を渡り終えた所で、休憩がてら熊鈴を装着した。

吊り橋からいきなり急登が始まる。唐松谷林道の分岐で早くもTシャツが汗でずぶ濡れになってしまい着替えた。早朝の山とは言え、標高の低い所ではやはり暑い。栂ノ平(P1414)で厳しい登りは一旦緩む。再び着替えて休憩にした。そこから暫く緩やかな登りが続くが、徐々に急登となって椹ノ平(P1708)に登り着く。ようやく厳しい登り区間の終わりだ。再びずぶ濡れとなったTシャツを着替え、長目の休憩を取った。

椹ノ平から先は、幾つかの小ピークを越えつつ、緩やかに登り上げる。落ち着いた雰囲気で感じが良い。昔は権衛ノ頭から旧道が権衛尾根を下っていたそうだが、今は僅かな踏み跡さえ見られなかった。林床が笹に変わり、小雲取山が近くなると奥多摩小屋への巻き道が分岐する。ここで再びTシャツを着替えた。今回はTシャツとタオルをそれぞれ5枚持って行ったが、どちらも4枚目である。水気を含んで信じられないほど重い。

雲取山で昼食を摂り、さあ寛ごうかという時になって、突然パラパラと雨が降って来た。慌てて荷物を片付け避難小屋に退避すると、どしゃ降りの雨になった。天気予報では夕方から夜にかけて雨だったのだが、だいぶ早い。これでは早朝出発した意味が無いではないか。通り雨である事を願って暫く待ったが、一向に止む気配が無い。さて困った。雨具の代わりに撥水ジャケットを持って来ているが、どしゃ降りでは対応出来ない。そうこうしている内に屋根へ打ち付ける雨音が小さくなった。

これ以上待っても好転しそうに無いので出発した。小雨に変わったので、濡れても汗で濡れるのと大差ない。しかし、この天候でバリエーションルートを行くのは危険に思い、予定変更して唐松谷林道を下る結論に至った。ところが、唐松谷林道を下り始めた途端に日が差し始めた。変わらず雨は降っているが、見上げると空が青い。単純に時間差が有るだけだろう。幸い大して下っていなかったので、ブナ坂へ引き返し予定通り七ツ石山に向かった。

七ツ石山に着く頃には雨が完全に上がっていた。ジャケットを脱ぎ、最後のTシャツに着替えると気分一新、俄然やる気が出て来た。さっきまでの弱気が嘘の様である。千本ツツジは巻いたが高丸山は登った。これははっきり言って失敗だった。防火帯を登るので、ジリジリと照り付ける太陽から逃れる術が無い。おまけに日蔭名栗側のとんでもない下りだ。雨でぬかるんだ激坂を半ば滑り降りなければならない。山頂への強い拘りが無いのなら、巻くべき山とお伝えしておく。

日蔭名栗山へ登り返し、ピークを越えた少し先からヤケト尾根は派生している。眺めの良い草原で休憩していると、再び雲行きが怪しくなって来た。トラロープで進入を規制している所から下り始める。初めだけ獣道みたいな薄い踏み跡が見られるが、進むうちに分からなくなってしまった。再び雨が降り始め、ガスって来た。もう最悪のコンディションだ。こうなるとGPSだけが頼りだ。しかし、電池残量が気になるのでそう頻繁に見る訳にはいかない。兎に角、尾根を外さない事だけを考え、ひたすら下った。1450m辺りに水平道が通っている筈だ。そこまで行けば何とかなる。

時々方向を修正しつつ、何とか狙った所に下れた。期待通りの水平道が通っている。調べでは1050m辺りにも水平道が在り、その間を繋ぐ山道が存在する筈である。情報通り46/47林班界標から少し西へ行った所にそれらしい道が在った。しかし、想像していたのと違い頼りない道だ。だが、これを下るよりほか無い。もう踏み跡の感じられない尾根筋を行くのに嫌気が差していた。もっと余裕の有る時なら良いが、今の状態では一発勝負。失敗は許されない。

ところが、下り始めて直ぐに背の高い雑草で道が見えなくなってしまった。季節的な変化を考慮に入れなかった失敗だ。仕方ないのでP1247へ方向を修正し、再び尾根筋を下った。この尾根は登りにコース取りするべきだった。下りは難し過ぎる。

P1247から西方向に踏み跡が有った。進むべき方向からずれるのは不安だが、元々下るつもりだった道が在る方だ。上手く行けばその道に出るかも知れない。無かったとしても水平道には行き着くだろうと考え、踏み跡を辿った。暫くして踏み跡が分からなくなってしまい、再び尾根筋方向に修正して進むと、唐突に立派な山道へ飛び出した。考えられるのは下るつもりだったあの道しかない。もう飛び上がる勢いで喜んだ。そこからは順調に道だけを使ってくだった。いつの間にか雨も上がり、再び顔を出した太陽が木漏れ日を落としていた。

訪問者数:2181人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ