また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3275249 全員に公開 ハイキング 札幌近郊

砥石山〜藻岩山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年06月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
北の沢会館前(じょうてつバス 南97 山水団地前行き)
南34西11(じょうてつバス 南54or南4 真駒内駅行き)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
1時間15分
合計
8時間35分
S北の沢会館前08:0508:25中ノ沢登山口08:3009:10T4分岐点09:1510:00三角山10:0510:40砥石山10:5511:50T4分岐点11:5512:45小林峠登山口12:5512:55小林峠口14:00T6分岐点14:15馬の背14:2014:55藻岩山15:2016:20藻岩山スキー場ルート登山口16:40南34西11G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良好 ただし、T4分岐と小林峠の間でヒグマの糞を二つ確認。
その他周辺情報小林峠に飲み物を提供してくれる出張カフェがありました。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 筆記用具 時計 タオル ストック カメラ

写真

北の沢会館前で下車した後に左折して15分くらいで標識があります。
2021年06月13日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の沢会館前で下車した後に左折して15分くらいで標識があります。
中ノ沢登山口からスタートです。
2021年06月13日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢登山口からスタートです。
1
八垂別の滝はどこにあるのか、わかりませんでした。小川を渡りながら歩道は続きます。
2021年06月13日 08:34撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八垂別の滝はどこにあるのか、わかりませんでした。小川を渡りながら歩道は続きます。
1
トンボ・・・何トンボかはわかりません。
2021年06月13日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンボ・・・何トンボかはわかりません。
蝶だと思いますが、こちらも種類はわかりません。珍しく写真に納まってくれました。
2021年06月13日 08:41撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶だと思いますが、こちらも種類はわかりません。珍しく写真に納まってくれました。
T4分岐に到着。
2021年06月13日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T4分岐に到着。
1
三角山に到着。帰りに寄ると登りがきついので、往路で寄ったほうがいいみたですね。
2021年06月13日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山に到着。帰りに寄ると登りがきついので、往路で寄ったほうがいいみたですね。
1
三角山からの展望。気温が上がった中で登ったせいか、すでにバテ気味でした。
2021年06月13日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山からの展望。気温が上がった中で登ったせいか、すでにバテ気味でした。
2
山頂に到着。先客が数組いらっしゃいました。
2021年06月13日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。先客が数組いらっしゃいました。
4
砥石山山頂からの展望。無意根山、中岳、喜茂別岳あたりでしょうか。
2021年06月13日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥石山山頂からの展望。無意根山、中岳、喜茂別岳あたりでしょうか。
4
こちらの真ん中は神威岳と思われます。左は天狗山?、右は白井岳なのか余市岳なのか。
2021年06月13日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの真ん中は神威岳と思われます。左は天狗山?、右は白井岳なのか余市岳なのか。
4
T4分岐から小林峠へ向かいます。
2021年06月13日 11:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T4分岐から小林峠へ向かいます。
T4分岐から小林峠に向かう途中でヒグマの糞らしきものを二つ見ました。こちらの写真は二つ目の糞。一つ目のほうが大きくて、そんなに乾いた感じがありませんでした。いるんでしょうね。
2021年06月13日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T4分岐から小林峠に向かう途中でヒグマの糞らしきものを二つ見ました。こちらの写真は二つ目の糞。一つ目のほうが大きくて、そんなに乾いた感じがありませんでした。いるんでしょうね。
2
小林峠に無事到着。
2021年06月13日 12:47撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小林峠に無事到着。
2
今度は小林峠口から藻岩山に登ります。
2021年06月13日 12:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は小林峠口から藻岩山に登ります。
T6分岐に到着。あとは馬の背を経由して山頂に向かうだけです。
2021年06月13日 14:00撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
T6分岐に到着。あとは馬の背を経由して山頂に向かうだけです。
山頂間近のガレ場ではバテてしまい、小休止を重ねながら、やっとの思いで山頂に到着。砥石山方面を振り返ります。
2021年06月13日 15:20撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂間近のガレ場ではバテてしまい、小休止を重ねながら、やっとの思いで山頂に到着。砥石山方面を振り返ります。
3
帰りは市民場スキーコースをたどります。スキー場を縦断するコースではなく、尾根筋にある自然歩道を下りていきました。
2021年06月13日 15:40撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは市民場スキーコースをたどります。スキー場を縦断するコースではなく、尾根筋にある自然歩道を下りていきました。
1
無事に登山口に着きました。16時ごろの下山でしたが、10名ぐらいの方とすれ違いました。
2021年06月13日 16:21撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に登山口に着きました。16時ごろの下山でしたが、10名ぐらいの方とすれ違いました。
2
帰りの駐車場ですが、まだ10台以上の車が駐車していました。藻岩山の人気の高さを改めて感じた1日でした。
2021年06月13日 16:23撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの駐車場ですが、まだ10台以上の車が駐車していました。藻岩山の人気の高さを改めて感じた1日でした。
1

感想/記録

砥石山に初めて登頂しました。下山後は小林峠経由で藻岩山に登る計画を立てましたが、気温も上がったせいか、前半から体力をずいぶんと消耗しながらの山行となりました。最後のほうはフラフラでしたので、もう少し体力をつけたいところです。気温が上がると発汗量も多くなりますが、水分補給が間に合わなくなりましたので、小林峠にあった出張カフェで水分を補給できたのは大助かりでした。
T4分岐から小林峠に向かう間にヒグマの糞を二つ見ました。T4分岐から15分程度のところと、35分程度のところでした。最初の発見でT4分岐に戻ったほうがよかったのかもしれません。小林峠に出るのに残り30〜40分ぐらいだしと思って進んでしまいました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:158人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ヒグマ 馬の背 山行 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ