また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3355995 全員に公開 ハイキング 東北

算用師峠

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年07月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道の入口には立派な標柱が立てられています。

登山口の手前の駐車スペースに車を停めましたが、
登山口にも10台は楽に停められる駐車スペースがあります。
林道の路面は未舗装のわりに、掘れ込みなどは少ないため走行は可能ですが、
道の両脇の草木が伸び放題なので、強引に突破するとキィ〜と音が聞こえる事もあります。
一般的には林道の入口付近に車を停めるのが無難でしょう。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
03:36
距離
6.2 km
登り
394 m
下り
389 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間31分
休憩
1時間5分
合計
3時間36分
Sスタート地点09:3609:43みちのく松陰道小泊側遊歩道起点09:4811:13算用師峠11:5712:49みちのく松陰道小泊側遊歩道起点13:0513:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は刈払いも行われており、所々に標識もあるので安心して歩く事ができます。
問題はアプローチの林道脇の草木。
その他周辺情報下山後の温泉は、今回は竜飛崎にある「ホテル竜飛」を利用しました。
通常の入浴時間 11:00〜20:00 (受付終了 19:00)
小学生 300円   中学生から大人 500円
龍飛崎温泉の名前が付けられている天然温泉で、脱衣所には温泉飲用専用の蛇口があり飲む事もできます。
https://www.hoteltappi.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スパイク長靴 雨具 防寒着 帽子・バンダナ タオル・手拭い 手袋 ザックカバー ヘッドランプ ナイフ・スコップ(小) サバイバルブランケット 笛・鈴 カットバン・包帯・テーピング トイレットペーパー・ティッシュ 携帯トイレ 身分証明書・保険証 ハンディー無線機 予備電池 地形図・コンパス 筆記用具 時計 デジカメ 携帯電話 コッヘル ガスストーブ ガスカートリッジ 水分 おやつ(非常食) 食事 ツェルト GPS スリング カラビナ インリーチ

Myアイテム  

shun-s 重量:6.15kg

写真

草木が生い茂る林道を通り
何とか登山口手前の駐車スペースまで来ました
2〜3台は駐車可能
指はナンバープレートを隠すため(^^ゞ
2021年07月18日 09:34撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草木が生い茂る林道を通り
何とか登山口手前の駐車スペースまで来ました
2〜3台は駐車可能
指はナンバープレートを隠すため(^^ゞ
それでは出発
おそらく今日は貸切でしょう
2021年07月18日 09:35撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは出発
おそらく今日は貸切でしょう
2
林道を少し歩くと立派な橋がありました
2021年07月18日 09:41撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し歩くと立派な橋がありました
2
林道わきには立派な石垣
草で覆われていますが
シッカリした物です
2021年07月18日 09:42撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道わきには立派な石垣
草で覆われていますが
シッカリした物です
この上を森林鉄道が通っていたんでしょう

今日は森林鉄道の遺構を見るのも目的の一つです
2021年07月18日 09:42撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上を森林鉄道が通っていたんでしょう

今日は森林鉄道の遺構を見るのも目的の一つです
登山口に到着
2021年07月18日 09:42撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着
2
林の中に森林鉄道の橋脚が見えた
2021年07月18日 09:43撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中に森林鉄道の橋脚が見えた
登山口のほんの少し先に広場あり
余裕で10台くらいは車が停められます
この先の林道は通行禁止のようです
2021年07月18日 09:44撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のほんの少し先に広場あり
余裕で10台くらいは車が停められます
この先の林道は通行禁止のようです
1
広場側から見た橋脚
立派ですね
使われなくなってから
既に50年以上
2021年07月18日 09:44撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場側から見た橋脚
立派ですね
使われなくなってから
既に50年以上
2
石垣も立派
角は算木積だね
ブラタモリでやってた(笑)
2021年07月18日 09:44撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣も立派
角は算木積だね
ブラタモリでやってた(笑)
3
線路は奥へと上段を進む
2021年07月18日 09:45撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
線路は奥へと上段を進む
沢沿いの石垣も
素晴らしく立派なまま残ってます
2021年07月18日 09:45撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの石垣も
素晴らしく立派なまま残ってます
沢の合流分なので
増水時を考慮して橋を架けたのでしょう
ビバ材だから残っているんでしょうね
2021年07月18日 09:45撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の合流分なので
増水時を考慮して橋を架けたのでしょう
ビバ材だから残っているんでしょうね
4
komaは夢中になってます

ろまんよ、ろまん〜(k)
2021年07月18日 09:45撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
komaは夢中になってます

ろまんよ、ろまん〜(k)
1
奥へと続く林道ですが
すぐそこにロープのバリケードがあり
奥は通行止めのようです

歩いては行かれます
森林鉄道はこちらの林道に模様替えされて姿を消しました(k)
2021年07月18日 09:46撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥へと続く林道ですが
すぐそこにロープのバリケードがあり
奥は通行止めのようです

歩いては行かれます
森林鉄道はこちらの林道に模様替えされて姿を消しました(k)
天然石を巧みに積み重ね
2021年07月18日 09:47撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然石を巧みに積み重ね
2
この登山道は奥津軽トレイルコースになってます
所々にコノ標柱あり
2021年07月18日 09:47撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登山道は奥津軽トレイルコースになってます
所々にコノ標柱あり
橋脚を上から
さすがに枕木は痛みが進んでいますね
2021年07月18日 09:49撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋脚を上から
さすがに枕木は痛みが進んでいますね
どこを見ても素晴らしい作り
2021年07月18日 09:49撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを見ても素晴らしい作り
3
惚れ惚れする仕事っぷりの遺構です
2021年07月18日 09:49撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惚れ惚れする仕事っぷりの遺構です
2
立派なヒバを使って造られてますね
だから今でも残っているんでしょう

この地のヒバを得るために人はこんなところまで鉄道を通しました
その情熱に脱帽します
2021年07月18日 09:51撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なヒバを使って造られてますね
だから今でも残っているんでしょう

この地のヒバを得るために人はこんなところまで鉄道を通しました
その情熱に脱帽します
ふむふむ
かれこれ50年以上前ですね
2021年07月18日 09:50撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふむふむ
かれこれ50年以上前ですね
1
ちょっと崩れた所がありましたが
ココだけですし
ちゃんと迂回できます
2021年07月18日 09:57撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと崩れた所がありましたが
ココだけですし
ちゃんと迂回できます
は〜い
がんばりましょう
2021年07月18日 10:03撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
は〜い
がんばりましょう
森の中は日差しを遮ってくれる
2021年07月18日 10:03撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中は日差しを遮ってくれる
所々にある標識
2021年07月18日 10:05撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々にある標識
2
ヒバの若木が登山道を守っている
2021年07月18日 10:08撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒバの若木が登山道を守っている
2
道は立派で歩きやすい
所々で刈払いの跡も確認できました
2021年07月18日 10:12撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は立派で歩きやすい
所々で刈払いの跡も確認できました
防虫ネットを被っていたけど
途中で外しました
ヒバ林だからそんなに虫は多くありません
2021年07月18日 10:13撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防虫ネットを被っていたけど
途中で外しました
ヒバ林だからそんなに虫は多くありません
エンレイソウの
その後ですよね
2021年07月18日 10:13撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンレイソウの
その後ですよね
1
立派なブナの木もアチコチに
2021年07月18日 10:15撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なブナの木もアチコチに
4
ココは丸太橋だから大丈夫
2021年07月18日 10:27撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココは丸太橋だから大丈夫
1
空は夏!
2021年07月18日 10:30撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は夏!
2
清々しいヒバの若木の中を進む
2021年07月18日 10:37撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清々しいヒバの若木の中を進む
とは言っても
最近歩いていないから
ヒィーヒィー
2021年07月18日 10:37撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とは言っても
最近歩いていないから
ヒィーヒィー
何を撮ったんだっけ?

一旦沢に下って登り返す
(帰り道も同様)
2021年07月18日 10:40撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何を撮ったんだっけ?

一旦沢に下って登り返す
(帰り道も同様)
あと700m
この辺りから登りがキツメになります
2021年07月18日 10:46撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと700m
この辺りから登りがキツメになります
かわいいお花をパシャ
2021年07月18日 10:54撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいいお花をパシャ
3
出た
峠のようです
2021年07月18日 11:12撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た
峠のようです
2
峠の標識
根本は折れているけど
木に立て掛けられてます
2021年07月18日 11:13撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の標識
根本は折れているけど
木に立て掛けられてます
1
到着写真
一名ヘロヘロです
2021年07月18日 11:14撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着写真
一名ヘロヘロです
3
こんな小さな広場がありましたが
日差しが厳しすぎて
木陰に逃げ込む
2021年07月18日 11:14撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな小さな広場がありましたが
日差しが厳しすぎて
木陰に逃げ込む
算用師岳
三厩側の海も見えていました
2021年07月18日 11:14撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
算用師岳
三厩側の海も見えていました
4
さて、下山しましょう
2021年07月18日 11:56撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山しましょう
こんな登り返しが2〜3か所あり
結構厳しい
2021年07月18日 12:03撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな登り返しが2〜3か所あり
結構厳しい
サンカヨウの実
2021年07月18日 12:13撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウの実
1
分かる人にはわかる
ミズ畑(笑)
2021年07月18日 12:16撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かる人にはわかる
ミズ畑(笑)
1
ミズミズしいね
2021年07月18日 12:16撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズミズしいね
1
近くにあるヒバの木で連ドラごっこ
奥にはもっと立派なヒバがゴロゴロ
立派なヒバに慣れちゃってるから、
連ドラを見ても何とも・・・・・
2021年07月18日 12:30撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くにあるヒバの木で連ドラごっこ
奥にはもっと立派なヒバがゴロゴロ
立派なヒバに慣れちゃってるから、
連ドラを見ても何とも・・・・・
こんな渡渉がちょこっとありますが
浅いので登山靴でも大丈夫
2021年07月18日 12:40撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな渡渉がちょこっとありますが
浅いので登山靴でも大丈夫
ココの橋は使えそう
2021年07月18日 12:43撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココの橋は使えそう
長靴だから使わなかったけど
2021年07月18日 12:46撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長靴だから使わなかったけど
1
きのこが沢山の木
2021年07月18日 12:49撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこが沢山の木
1
登山口の手前で発見!
ポイントを切り替える
アレだよね
2021年07月18日 12:47撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の手前で発見!
ポイントを切り替える
アレだよね
2
「犬釘」も残っている!!
コレは貴重品らしいね
2021年07月18日 12:50撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「犬釘」も残っている!!
コレは貴重品らしいね
2
しかし立派な石積みだこと
全くビクともしていませんよ
2021年07月18日 12:50撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし立派な石積みだこと
全くビクともしていませんよ
2
へぇ〜生活道路だったんだ。
なに〜、吉田松陰は冬に通ったと!
2021年07月18日 13:05撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へぇ〜生活道路だったんだ。
なに〜、吉田松陰は冬に通ったと!
現在位置は真ん中の赤丸のところ
2021年07月18日 13:05撮影 by RICOH GR III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在位置は真ん中の赤丸のところ
ちょっと林道を歩いて
駐車スペースまで戻ります
2021年07月18日 13:05撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと林道を歩いて
駐車スペースまで戻ります
1
林道脇の草木はこんな感じの所もあり
でも、道そのものは森林鉄道だった事もあって
そこそこシッカリしています
2021年07月18日 13:08撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の草木はこんな感じの所もあり
でも、道そのものは森林鉄道だった事もあって
そこそこシッカリしています
ハイ到着
暑かったけどお疲れ様でした
2021年07月18日 13:12撮影 by RICOH GR III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイ到着
暑かったけどお疲れ様でした
1

感想/記録
by shun-s

天気予報は晴れ!
しかも気温も30℃超えの真夏日との事。
高い山に涼みに行くのも良いが、体力的に不安あり(^^ゞ
それならばと言う事で、低山の森の中に逃げ込みつつ、ちょっと気になっていた森林鉄道の遺構を見に行ってみる事にしました。
ヤマレコの記録を見ると、最近は林道の入口付近から歩き出している人が多いけど、登山口手前の駐車スペースに車が入っているようだったので、とりあえずソコを目標に車を進めてみる。
道路脇の草木が生い茂り、林道の真ん中付近まで伸びてきているが、路面そのものはそれほど掘れていない。
普通の人なら車での進入を諦めるのであろうが、多少の傷は気にしない私(笑)。
この車は山に登るための車であり、今回もその目的のために働いてもらう。
フロントガラスに覆いかぶさってくる草木に、自然に身をかがめてしまう自分が面白い。
助手席のkomaは硬直している様子だが、ズンズン車を前に進める。
一か所路面の石が草木で見えず、ゴツンとタイヤが乗り上げてしまったが、後は想定内の路面状況だったようです。
基本的に今回の林道は、森林鉄道が通っていた所を使っていたためか、路盤が頑丈だったんでしょうね。
そんな感じで目標の駐車スペースに到着し、素直にそこに車を停めて歩き出す事にしましたが、歩いてみるとその先も車で進む事は可能でしたし、登山口にも余裕で車を停めるスペースがありました。
まあ、歩いて10分弱だったので、準備運動には良かったかな?

登山口の周辺には森林鉄道の遺構がありました。
沢をまたぐ線路の橋脚や、土止めの石積みが確認できます。
どちらも年代を感じる物ですが、とても立派な造りで感動もの!
昔の人の仕事は素晴らしいですね。
暫しあれこれと観察してから登山のスタート。

最初は沢沿いに道が続き、渡渉も何か所かあるけど問題ないレベル。
二、三 橋も架けられているけど、踏板がヤバイ感じなので使わない方が無難かな?
そんな沢沿いから左岸に渡ると、一旦尾根に登る道になりました。
ある程度ジグを切りながら尾根に登って行くと、尾根の途中からはトラバースの道に変わります。
そんなトラバースの道沿いには若いヒバが多く、厳しい真夏日の日差しを遮ってくれていました。
春先には珍しい花が咲くようですが、今の時期は所々にアジサイの仲間が咲く程度。
わかる人にはわかる、イイ感じのミズが生えている沢を越えると、峠に詰め上がる登りに入る。
一気に登るような急傾斜ではなかったけど、結構堪えた登りでした。。。。。

峠には小さな広場がありましたが、日差しが強すぎたので木陰に逃げ込んで昼食。
ゆ〜くり休んでから下山して、登山口近くでポイントの切換器を発見し、この辺りの昔の景色を想像しつつ車まで戻りました。

感想/記録

いやあ、夏山でした!!
ばってばて
でも気持ちいいハイキング道でした

この地に行きたいとは以前からずーっと、ずーっと言い続けていました
何のためかといえば、森林鉄道の遺構がまだあるから!
この津軽半島に伸びる森林鉄道は、海岸沿いを進む世にもまれなる(日本唯一)海岸森林鉄道だった
海岸線のいくつかの難所を切り抜け、トンネルを掘り、それでも美しいヒバを求めて人は鉄道を通した
今は国道に挿げ替えられ、七つ滝の近辺でははっきりとした遺構として簡単に目にすることができる(滝の途中をぶった切って進む鉄道、、、、)

国道、林道に身をやつし、痕跡的な森林鉄道だが、ここにはそのはっきりとした姿をまだ目にすることができる
でも、一体いつまで持つのかはわからない
だから、行きたかったのだ
実際は傾石沢の林道そのものなのだが、沢を渡る部分がそっくりそのまま、レールだけを外して残っているというのだ
林道を行けるところまで車で通り、少しの歩きで本日の(私的な)ハイライトに到達した
木漏れ日の中に、すらっと立つ橋脚はヒバ
まだ木目がしっかりと見える
つなぐ石垣で作られた橋台は整然と石の面が並ぶ
是非、晴れた日に木漏れ日の中に見てもらいたい
自然の恵みを求める人の欲と、その帰着としての美しい構造、そして今の静かな景色
これこそ、ロマンだと感じるのだ
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:182人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ