また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3366735 全員に公開 ハイキング 道東・知床

標津岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
道道505号線養老牛温泉向かい側のシモベツ川の林道を5.8卞ると登山口に達する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
13分
合計
3時間29分
Sモシベツ川林道登山口04:0004:38四合目05:09六合目渡渉点05:1005:34八合目05:59標津岳06:1106:26八合目06:39六合目渡渉点07:09四合目07:29モシベツ川林道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的になだらかな登山道で標高差の割に山頂までの距離は6劼板垢
登山口に登山ポストあり
その他周辺情報立ち寄り湯:養老牛温泉\1,000

写真

モシベツ川林道登山口
2021年07月18日 07:26撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モシベツ川林道登山口
樹林の隙間から標津岳(1,061m)を望む
2021年07月18日 04:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の隙間から標津岳(1,061m)を望む
まだらな樹林と笹原の登山道
2021年07月18日 05:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだらな樹林と笹原の登山道
六合目渡渉点
2021年07月18日 05:07撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目渡渉点
標津岳(1,061m)
2021年07月18日 05:41撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標津岳(1,061m)
標津岳(1,061m)はもうすぐ
2021年07月18日 05:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標津岳(1,061m)はもうすぐ
ゴゼンタチバナ
2021年07月18日 05:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
標津岳(1,061m)山頂
狭い樹林の中
2021年07月18日 05:57撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標津岳(1,061m)山頂
狭い樹林の中
山頂付近の展望所の標識
2021年07月18日 06:02撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の展望所の標識
藻琴山(1,000m)
2021年07月18日 06:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藻琴山(1,000m)
斜里岳(1,547m)
2021年07月18日 06:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜里岳(1,547m)
斜里岳(1,547m)、海別岳(1,419m)、サマッケヌプリ山(1,062m)
2021年07月18日 06:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜里岳(1,547m)、海別岳(1,419m)、サマッケヌプリ山(1,062m)
西竹山(698m)
2021年07月18日 06:05撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西竹山(698m)
養老牛岳(846m)の後方に西別岳(799m)、摩周岳(857m)
2021年07月18日 06:16撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老牛岳(846m)の後方に西別岳(799m)、摩周岳(857m)
硫黄山(512m)、マクワンチサップ(574m)、サワンチサップ(520m)
2021年07月18日 06:17撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄山(512m)、マクワンチサップ(574m)、サワンチサップ(520m)

感想/記録

 早朝、標津川の林道に間違えて入り時間をロスしてしまった。モシベツ川の林道を5.8卅り登山口に達すると登山ポストやトイレが設置されていたが、トイレは使用禁止となっていた。登山届ノートに記帳すると昨日は2名の記帳がされていた。今日は勿論誰もなし。猛暑を避け、宿の朝食までに戻るべく4時丁度に歩き出した。
登山道に踏み出すと平坦に近いなだらかさで快調に進んだ。標高差731mの割に登山距離が長く片道6劼發△襦E仍蓋付近登山道は地形図と少しズレているようだ。一合目から九合目までしっかり標識が立てられ、山頂までの距離を示す標識もしっかり整い「これより頂上まであと2辧廚良玄韻らあと6劼泙任1劼瓦箸棒瀉屬気譴討い拭
 一合目から四合目までは何の変哲もない樹林帯の中で、所々笹が被っていた。昨日の辺計礼山の蜹のことがあるので時々チェックするが、殆ど付いていなかった。五合目はP672の手前尾根の先端にあり、P672は東側を巻いて登山道が付けられていた。モシベツ川の源頭部を巻き込むように右に弧を描き谷の縁を進んだ。谷側は切れたっているが反対側の稜線は緩傾斜が続いている。六合目は渡渉点でモシベツ川へと流れていく。七合目あたりから等高線が詰りジグザグに登って行く。八合目で稜線の先端に達した。植生は這松と笹になり、足元にゴゼンタチバナが咲いていた。
 山頂域に達したことを実感するがここからが長かった。もうそろそろ山頂では? と考えていると九合目標識が現れまだ先は長いことにがっかりした。標津岳山頂は登山道から分岐する形で這松に覆われた中に山頂標識が立っていた。展望はなくがっかりで分岐の先に踏み跡があり入って行くと展望所があり、「Mt.SHIBETSU」の標識が立っていた。展望が良く、養老牛岳(846m)、摩周岳(857m)、藻琴山(1,000m)、斜里岳(1,547m)などを望むことができた。
 連日の猛暑登山でかなり参っていたが早朝の涼しい時間で今日はマシだった。宿の朝食を目指してさあ下山と歩き出したら山頂にストックを忘れたことに気づき取りに戻って5分のロス、気を取り直して下りだした。七合目までの一番傾斜の強い部分を下ると後はなだらかな稜線、再びピッチを上げて下った。P672の登り返しは案外きつく感じた。五合目以降は少し被った笹に気を付けて合目標識を目印に下った。走りはしないが急ぎ足で1時間18分で下山した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:82人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ