また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3387765 全員に公開 沢登り 奥秩父

笛吹川東沢釜ノ沢西俣 #21

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月24日(土) ~ 2021年07月25日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅みとみで車中泊 23時
翌朝西沢渓谷駐車場に移動。
バッテリー上がり。バッテリーブースターケーブル備えててよかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間19分
休憩
1時間44分
合計
9時間3分
S西沢渓谷駐車場05:3705:58ねとりインフォメーション06:0506:08近丸新道登山口06:13徳ちゃん新道登山口06:21二俣吊橋06:2206:33鶏冠谷出合07:0309:33東のナメ沢09:3410:07西のナメ滝10:1910:58釜ノ沢11:2112:08両門ノ滝12:3814:40宿泊地
2日目
山行
8時間47分
休憩
1時間15分
合計
10時間2分
宿泊地06:2310:06水師10:1310:282353m地点11:02甲武信ヶ岳11:4311:56甲武信小屋12:1212:27木賊山まき道分岐12:2812:31戸渡尾根分岐12:3313:57徳ちゃん新道分岐13:5915:55近丸新道登山口15:59ねとりインフォメーション16:0516:23西沢渓谷入口バス停16:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
倒木、崩壊箇所が一部あるがいたって良好
近丸新道は一般登山道だが崩壊している箇所多数、一部徒渉あり
その他周辺情報三富温泉 白龍閣 日帰り入浴500円
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
沢靴 1
沢靴下・スパッツ 1
1/25000地図 1
ヘルメット 1
コンパス 1
1
筆記具 1 油性マジック
保険証 1 コピー
飲料 2 スポドリ500mlx2
ティッシュ 1
バンドエイド 1
タオル 1
携帯電話 1
雨具 1 上下
アプローチシューズ 1 ワークマンローカット
沢用ハーネス 1
ワイヤーゲートカラビナ 2
120cmスリング 1
下着上 1 ミレーのアミアミ
下着下 1 アイスブレイカーのウールタイツ
シャツ 1 ファイントラックのシャツ
パンツ 2 コロンビアの7分丈
個人装備品
数量
備考
宿泊着 1 長袖Tシャツ、半袖綿シャツ
ダウンベスト 1
速乾長袖Tシャツ 1
シュラフ 1 ファイントラック1x1
マット 1 サーマレストパタパタ
毛布 1 フリース生地
携帯カイロ 1 もらいもの
サングラス 1
帽子 1
ツエルト 1
350ml缶ビール 2
ワイン720ml 1
塩タブレット 20 人数x4
棒ラーメン 2
白米アルファ米 1
五目アルファ米 1
鮭の水煮缶詰め 1
サンマのかば焼きパウチ 1
カット野菜 1
ちくわ 1
菓子パン 2
浄水器 1 空ペットボトル

共同装備

共同装備品
数量
備考
バーナー 2
燃料 2 OD缶250/110
30mロープ 1
共同装備品
数量
備考
タープ 2 5mx3m
レジャーシート 4
張綱 数本
備考 モバイルバッテリーの水没対策

写真

スタート
2021年07月24日 05:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート
徳ちゃん新道
2021年07月24日 06:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道
二俣吊橋3晴れて来た!
2021年07月24日 06:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣吊橋3晴れて来た!
鶏冠谷出合
2021年07月24日 06:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠谷出合
鶏冠谷出合より入渓
2021年07月24日 07:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠谷出合より入渓
魚留の滝
2021年07月24日 07:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚留の滝
ホラ貝高巻き
2021年07月24日 07:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホラ貝高巻き
トラローブで頑張って降りたさき
2021年07月24日 08:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラローブで頑張って降りたさき
ようやく沢の中を歩き始めます
2021年07月24日 08:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく沢の中を歩き始めます
今度は泳ごうかな。
2021年07月24日 08:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は泳ごうかな。
2
青空はいつ見ても気持ちがいい
2021年07月24日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空はいつ見ても気持ちがいい
逆層スラブ
2021年07月24日 09:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆層スラブ
西のなめ
2021年07月24日 10:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西のなめ
釜の沢の標識
2021年07月24日 10:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜の沢の標識
良い所だ
2021年07月24日 11:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い所だ
1
三段の滝
2021年07月24日 11:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝
両門の滝。
ここから左俣を攻めます
2021年07月24日 12:09撮影 by iPhone XS Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両門の滝。
ここから左俣を攻めます
タープ泊
5人仲良くタープの下で就寝
ファイントラックのポリゴンシールドで寒さに負けずに寝れた。焚き火と離れてるので焚き火の暖は取れない。
2021年07月24日 17:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タープ泊
5人仲良くタープの下で就寝
ファイントラックのポリゴンシールドで寒さに負けずに寝れた。焚き火と離れてるので焚き火の暖は取れない。
1
やっぱり焚き火でしょ。メラメラメラ
2021年07月24日 19:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり焚き火でしょ。メラメラメラ
10mの滝なのかな。
2021年07月25日 07:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mの滝なのかな。
滝の連続
2021年07月25日 07:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の連続
苔ヌルヌル
ここは右側から登った
左の流心も気になるが周りの岩は全部ヌルヌルして見送った。
2021年07月25日 07:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔ヌルヌル
ここは右側から登った
左の流心も気になるが周りの岩は全部ヌルヌルして見送った。
この時期でも石楠花は適当に咲いてます。トンネルってわけにはいかないけど
2021年07月25日 08:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期でも石楠花は適当に咲いてます。トンネルってわけにはいかないけど
詰めは続く
2021年07月25日 09:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めは続く
石楠花と水師山頂
2021年07月25日 10:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石楠花と水師山頂
甲武信の三角点
2021年07月25日 11:44撮影 by iPhone XS Max, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信の三角点

感想/記録

初めての沢泊の沢登りを経験できた。
学ぶ点が多数あった。タープの張り方、焚火、食事その他もろもろ。
まだまだ自分で成立させるのは経験が必要とも知った。
リーダが集めた4人は初顔合わせではあったが、リーダはそれぞれと沢に入っているので、技術レベルの不安はない。友達の友達ではなかなか難しいこともあるが、リーダが連れて行けると判断したメンバーなのでお互い不安を感じずに遡行ができた。
魚留滝までは沢沿いを歩いていく。とはいえ、一般登山道ではないので、そこそこ緊張感のある道のり。よくネットでみかけるホラ貝と呼ばれるゴルジュでは少し水に入って涼をとった。先が長いので、体力は温存して先に進んだが、正解だった。
両門滝からは、どこが幕営地なのかそればかりが気になってきた。つまり疲れてきている。はじめは初めて顔ということでいろいろと沢の情報交換などに話の花が咲いていたが、だんだんと無口に黙々と登っていく。リーダーがようやく適地到着と決めたとき。安堵が広がった気がしたの自分だけかなぁ。
たき火も楽しかったし、初めてするタープ泊も十分楽しめた。虫が多くいるのかと思ったが、そんなこともなかった。薄手のシュラフカバーのようなものととフリース毛布だけで就寝をとった。みなは3シーズン用のダウンシュラフ。寒くて寝れないかと思ったが、1度寒さで目が覚めたが、そのあとはぐっすり寝れた。乾いた服に着替えているおかげだろうと思う。ミレーの下着は着たまま乾かした。特に不快な感じはなかった。

翌日は小滝の連続。よく寝たせいもあって、元気いっぱいに甲武信が岳の山頂を目指し、沢を詰め、途中登山道を踏んで山頂、小屋、近丸新道をつかって駐車場まで一気に行動した。徳ちゃん新道に比べると人の入りがすくないのか、誰にも会うことはなかった。
両門滝からのルートだが、メジャーな東俣とはちがい、左俣は焚き火用の木々も多く夜過ごし勝った。若干遡行レベルが上がるようだが、今回のメンバーでは問題個所は数カ所にとどまった。両門の滝で数組にあったが皆東俣を遡上していくということだった。今度はそちらにも行ってみようと思う。

全体を思い返すと、限りなく美しい沢登りを経験できた。沢泊の装備や酒がやや重いということもあるが、順調な足取りで5人で安全に遡行ができた。一部高巻きが必要な滝もあるが概ね小滝が続く沢ルートとなり、ノーロープで遡行可能。今回30mロープを装備としたが、20mでも十分と思われる。懸垂を行う場所もないのでガチャ類も最低限で歩けるのはありがたい。
今回初導入した浄水器はとても便利だった。
沢登りなので、どこでも採水できるが近くには動物のフンもあるところなので、安全においしい冷たい水が飲めるのは有難い。

もう少しお手軽にコースを組むなら、今回入渓した魚留滝よりも早めに入渓して沢遡行を楽しみ、両門滝あたりで沢泊をし、翌日遡行したところを戻るというコースなら
今回よりも標高差が少なくて初心者や体力に不安がある場合のコース取りとすることもできるかも知れない。

今回荷物がやや浸水。一番浸水してほしくないモバイルバッテリが死亡。
流石にこれはやばかった。ソロだったりすると、その時点でかなり不安。iPhoneのバッテリーが無くなれば、GPS機能も使えないし、下山連絡も、万が一の緊急連絡も出来なくなる。防水対策の徹底とバッテリの冗長化を考える必要があるかもと思うのは職業病か。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:397人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/6/20
投稿数: 1
2021/7/26 7:33
楽しく過ごせました2日間
色々有難うございました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ