また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3395683 全員に公開 ハイキング 丹沢

大山 見晴台から表参道

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年07月29日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
56分
合計
5時間5分
S大山ケーブルバス停06:3406:41西の茶屋06:4206:47大山ケーブル駅07:25阿夫利神社下社07:2607:33大山の二重の滝07:3407:51見晴台08:0809:04不動尻分岐09:25大山09:4909:5925丁目10:1420丁目10:1610:2316丁目10:55阿夫利神社下社11:0311:19大山寺11:2011:29大山ケーブル駅11:34西の茶屋11:3511:39大山ケーブルバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<男坂>
雨が降った後なのか、濡れている。
石やコケなど滑りやすい。
湿度が高い。熱中症注意。

<男坂、女坂分岐から見晴台>
濡れているが泥にはなっていなかった。
見晴台ベンチで、メンバーの靴にヒルがいた。

<見晴台から大山山頂>
ガスで眺望なし。
木道や階段など歩きやすい。

<大山山頂から下社>
全体的に湿っていて滑りやすい。
段差があるところもあるので注意。

<下社から女坂経由で駒参道まで>
こちらも滑りやすさは変わらず。
男坂より下りやすい。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水550ml×4本(消費1本 下社で補給1本)

写真

大山ケーブルバス停。
山頂は雲。
今日は眺望が望めなそう…。
2021年07月29日 06:34撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山ケーブルバス停。
山頂は雲。
今日は眺望が望めなそう…。
見晴台。
山頂は雲だけど、青空も見えている。
2021年07月29日 07:52撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台。
山頂は雲だけど、青空も見えている。
あれれ!?
眺めていると雲が黙々と沸いてきた。
見晴台に着いて10分。眺望が様変わり!
2021年07月29日 08:04撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ!?
眺めていると雲が黙々と沸いてきた。
見晴台に着いて10分。眺望が様変わり!
1
ガスの登山道。神秘的。
雨でも降ってきそうでドキドキする。
2021年07月29日 09:11撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの登山道。神秘的。
雨でも降ってきそうでドキドキする。
ヤビツ分岐から、少しイタツミ尾根に入ったところ。
表尾根方面も、今日は雲。
2021年07月29日 10:00撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ分岐から、少しイタツミ尾根に入ったところ。
表尾根方面も、今日は雲。
下社から相模湾方面。
やっとこ晴れた景色を見ることができた。
2021年07月29日 10:57撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下社から相模湾方面。
やっとこ晴れた景色を見ることができた。
大山寺。下から見ると急!
緑がきれい。
2021年07月29日 11:20撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山寺。下から見ると急!
緑がきれい。

感想/記録

先日の畦が丸でブヨにボコボコに刺され、眼、耳が腫れ上がり病院送りに。
その後、10日ぶりの登山になった。
山頂を見上げると雲がかかっていて、眺望は諦めるが、
間があくと登れなくなるので、トレーニングとして登る事に。

駒参道、男坂、見晴台までは湿気と暑さで、かなり辛かった。
まあ、これは予想通り。
見晴台に着くと、涼しい風が吹いてきた。
ベンチで休んでいると、メンバーが「ヒルがいた!」との叫び声が!!
靴に一匹乗っかっていたらしい。幸い被害はなかったようだが。
前日、ヤマビルファイターをしておいて良かった…。

見晴台から急に雲が湧いてきて、見る見るガスの世界に。
山頂まで一瞬眺望が見えても、すぐにガスの世界。
それはそれで神秘的な感じで、たまにはいいかも。
途中、涼しい風が吹いてきて、「秋」を感じるくらい、涼しく登れた。

表参道の下山は、登山道が濡れていて、気を付けて下山した。
下社からの下山は、男坂で下る事が多くなっていたので、
久しぶりに女坂を利用。
男坂より下りやすく、スピードが出てしまいがちなので、注意しないと。
大山寺も久しぶりにきた。

下社から下は、登りも下りも、とにかく暑い。
湿気もあり、かなりの体力が消耗する。

【ここからは個人的な話、その2】 
そして、先日買った登山靴。
これで3回目だが、きついところ、当たるところ、擦れるところは全くなし。
登りに関しては安定感もあって言うことなし。
なのだが、下山になると、つま先というか、母子球付近に突き返しみたいな痛みがある。
足には余裕があるのだが、これでは困る。
私の下山時の足の突き方に問題があるのだろうか…?




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:218人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス ヤマビル 熱中症 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ