また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3504205 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 十勝連峰

十勝岳/美瑛岳/オプタテシケ

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年09月11日(土) ~ 2021年09月12日(日)
メンバー
天候9/11(土) 晴れ のち 曇り
9/12(日) 稜線上は雨 時々止む。南東より強風 (煽られるほどではない)
     稜線から下ると晴天。
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 飛行機
■往路 (前日、旭岳下山後)
旭川電気軌道バス 66番線 旭岳15:30→東神楽バスセンター16:30
タクシー 東神楽バスセンター横16:45→西神楽18号BS16:53 (2030円)
道北バス 美瑛・白金線 西神楽18号17:10→保養センター前17:54
■復路
同バス 白金野営場前13:06→美瑛駅13:35
ふらのバス ラベンダー号 美瑛駅15:23→旭川空港15:39
JAL 旭川16:39→羽田18:32
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間17分
休憩
1時間12分
合計
9時間29分
S白金温泉 (ゲストハウス美瑛白金の湯)05:0906:13望岳台06:1607:20十勝岳避難小屋08:11昭和火口09:38十勝岳10:1610:29平ヶ岳11:17美瑛谷3稜の頭11:1811:24美瑛谷2稜の頭11:2511:32美瑛谷1稜の頭12:21美瑛岳分岐12:3212:45美瑛岳13:0213:16美瑛岳分岐13:1713:56美瑛富士分岐14:38美瑛富士避難小屋
2日目
山行
6時間40分
休憩
1時間9分
合計
7時間49分
美瑛富士避難小屋04:3505:00石垣山05:24ベベツ岳06:23オプタテシケ山06:3707:28ベベツ岳07:58石垣山08:21美瑛富士避難小屋09:1611:41美瑛富士登山口12:24白金野営場前 バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・昭和火口から十勝岳山頂への途中、もろに噴煙が流れてきて、ちょっと咳き込みました。
その他周辺情報■ 美瑛富士避難小屋
・木造。ドアの下に数cm隙間あって風スースー。窓のサッシも普通に一重なので、寒めです。(積雪期は絶対使えなさそう。東北地方の避難小屋は重厚なのに、関東並みに簡素な造りで意外でした)
・この日は小屋2名、テン泊2名。みなさん翌朝オプタテシケ往復。
・横に携帯トイレブースあり。携帯トイレ持参要。
・水場無し。2.7L担ぎ上げました。

写真

白金温泉から望岳台までは、ダラダラこんな道が続く。
2021年09月11日 05:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白金温泉から望岳台までは、ダラダラこんな道が続く。
望岳台に至り視界が広がって、お〜っ! となるが、煙吐いてて驚く。活火山だったのか。
2021年09月11日 06:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望岳台に至り視界が広がって、お〜っ! となるが、煙吐いてて驚く。活火山だったのか。
1
青空の中、ずっと上見ながら登れる。避難小屋。
2021年09月11日 07:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の中、ずっと上見ながら登れる。避難小屋。
徐々に噴煙の火口に近づいてきて、登っても大丈夫?と不安と期待。
2021年09月11日 07:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に噴煙の火口に近づいてきて、登っても大丈夫?と不安と期待。
3
下界はすっきり良い天気
2021年09月11日 07:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界はすっきり良い天気
1
左にはすらっと尖った美瑛岳。
2021年09月11日 08:27撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左にはすらっと尖った美瑛岳。
2
十勝岳山頂。右から噴煙が流れて来てすっきり見えない。
手前の砂地斜面が異様な感じ (”グラウンド火口”)。
2021年09月11日 08:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳山頂。右から噴煙が流れて来てすっきり見えない。
手前の砂地斜面が異様な感じ (”グラウンド火口”)。
左脇は分かりやすい大火口 (”スリバチ火口”)。奥は美瑛岳。
2021年09月11日 08:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左脇は分かりやすい大火口 (”スリバチ火口”)。奥は美瑛岳。
2
山頂へ砂の回廊を行く。右からの噴煙の中でちょっと咳き込む。
2021年09月11日 08:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ砂の回廊を行く。右からの噴煙の中でちょっと咳き込む。
十勝岳登頂。
2021年09月11日 09:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳登頂。
5
北西:火口を見下ろす。右の砂道を登ってきた。
2021年09月11日 09:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西:火口を見下ろす。右の砂道を登ってきた。
4
南西へ続く稜線。上ホロ〜富良野岳。いつか歩きたい
2021年09月11日 09:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西へ続く稜線。上ホロ〜富良野岳。いつか歩きたい
1
美瑛方面へ。まず、だだっ広い平原を横断。
2021年09月11日 10:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛方面へ。まず、だだっ広い平原を横断。
2
振り返ると十勝岳、変な形。
2021年09月11日 10:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると十勝岳、変な形。
1
ギザギザ地形。月灯りの下だったら、月面みたいかもしれん
2021年09月11日 10:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギザギザ地形。月灯りの下だったら、月面みたいかもしれん
左下には、砂漠が広がる。
2021年09月11日 10:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下には、砂漠が広がる。
1
急に右折し、柔らかい砂地を、富士山の”砂走り” みたいに走って下る
2021年09月11日 10:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に右折し、柔らかい砂地を、富士山の”砂走り” みたいに走って下る
2
美瑛岳へは、斜度はゆったりした登りですが、長い道のり
2021年09月11日 10:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛岳へは、斜度はゆったりした登りですが、長い道のり
2
左右の砂斜面にはオレンジの草紅葉がへばりついてる
2021年09月11日 10:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右の砂斜面にはオレンジの草紅葉がへばりついてる
3
岩だらけな稜線。ここで左側を巻いていこうとして行き詰りました。そのまま岩によじ登って進むのが正解だった
2021年09月11日 11:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩だらけな稜線。ここで左側を巻いていこうとして行き詰りました。そのまま岩によじ登って進むのが正解だった
1
ようやく美瑛岳。
2021年09月11日 12:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく美瑛岳。
2
雲増えて、十勝岳への稜線は見えず。
2021年09月11日 12:47撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲増えて、十勝岳への稜線は見えず。
北の美瑛富士向けて下る。
2021年09月11日 12:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の美瑛富士向けて下る。
2
美瑛富士の右側を巻いていく。
2021年09月11日 14:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美瑛富士の右側を巻いていく。
1
紅葉以外にも、お花畑も。チングルマ(綿毛)、キキョウ、ウサギギク。
2021年09月11日 14:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉以外にも、お花畑も。チングルマ(綿毛)、キキョウ、ウサギギク。
紅葉の間を歩いていく
2021年09月11日 14:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の間を歩いていく
1
今日の宿・美瑛富士避難小屋に到着。(背後は美瑛富士)
2021年09月11日 14:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿・美瑛富士避難小屋に到着。(背後は美瑛富士)
2
思ったより古い造り&通気性抜群(笑
2021年09月12日 09:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより古い造り&通気性抜群(笑
4
【Day2】オプタテシケ山にピストン。4時半、空が白み始める中出発。夜半は風雨の音がすごかったが、出発時点ではぱらつく程度に。
2021年09月12日 05:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【Day2】オプタテシケ山にピストン。4時半、空が白み始める中出発。夜半は風雨の音がすごかったが、出発時点ではぱらつく程度に。
1
強風の稜線
2021年09月12日 06:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の稜線
ベベツだけよりガレの下り。ホントは前方にオプタテシケが見えてるんだろーなー
2021年09月12日 05:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベベツだけよりガレの下り。ホントは前方にオプタテシケが見えてるんだろーなー
オプタテシケ山頂。360° 真っ白。
2021年09月12日 06:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オプタテシケ山頂。360° 真っ白。
6
稜線上は強風&風で最悪なのだが、西側の平野部は天気よいらしい
2021年09月12日 07:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は強風&風で最悪なのだが、西側の平野部は天気よいらしい
1
避難小屋に戻ってきた (右端に小さく小屋)
2021年09月12日 08:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋に戻ってきた (右端に小さく小屋)
1
本降り前に下山を急ぐ。紅葉が散りばめられたハイマツ道。
2021年09月12日 09:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本降り前に下山を急ぐ。紅葉が散りばめられたハイマツ道。
1
”庭園” というてますが、岩だらけで歩きにくいだけ
2021年09月12日 10:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”庭園” というてますが、岩だらけで歩きにくいだけ
1
11時過ぎたらすっかり晴れた。あれ? (ウェザーニュース、大外れ)
2021年09月12日 11:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時過ぎたらすっかり晴れた。あれ? (ウェザーニュース、大外れ)
2
登山口。さらに舗装道を40分歩いてバス停へ
2021年09月12日 11:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。さらに舗装道を40分歩いてバス停へ
2

感想/記録

・日程的に本格縦走はムリでしたが、ちょっとでも北海道で縦走してみたくて (縦走こそ登山の醍醐味!)、泊り道具背負って、十勝岳〜オプタテシケ間歩いてきました。

・楽しみが減るので、行く山の情報を事前にあまり見ないようにしてるのですが (計画立てるために地図で危険箇所やコースタイムとかは調べます)、今回、登山口(望岳台)に立って、思いっきり噴煙上げてるのを見て、あぜんとしました。火山だったのかー。前日の旭岳の紅葉もびっくりでしたが、慣れない山域に飛び込むと、想定外で驚くこと多いですね。遠くに行く時はもうちょっとしっかり調べるようにしよう。

・登山口の望岳台以降、ずっと周りが開けて爽快。噴煙を見ながら登り、複数の火口の間を通る黒い砂礫道を進む火山満喫コースでした。そこから美瑛岳へ向かう縦走線も、裏砂漠あり、砂走りあり、草紅葉あり、と火山シーンのフルコース。昼には雲増えて眺望は残念な感じになりましたが、美瑛富士の山腹を巻いて避難小屋に至る道も、紅葉やお花畑を抜けていく道でよい感じでした。

・翌日のオプタテシケは、天気よくない中ピストン。風も強くて眺めもダメでしたが、草紅葉は結構キレイでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:243人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2018/10/9
投稿数: 129
2021/9/17 20:43
タイトなスケジュールでの北海道お疲れ様でした。
天気も良くて最高でしたね!
素晴らしい!!
登録日: 2017/3/21
投稿数: 76
2021/9/17 23:11
ありがとうございます。ただ、北海道の山はカラッと乾いてて終日天気いいのだろう、と思ってたんですが、そんなことはなく、関東甲信越と同じように、朝は快晴でも段々雲が上がってきて、昼頃から稜線雲まみれになる、ということを身をもって学びました。はい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ