また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3513522 全員に公開 ハイキング 槍・穂高・乗鞍

赤牛岳-水晶岳周回(海からスタート)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月13日(月) [日帰り]
メンバー
天候終日高曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
22.30 0m 常願寺河口日本海発
0.05 390m 有峰林道ゲート着
1.10 1100m 有峰ダム
2.00 1350m 折立着
2.10 1350m 折立発
3.26 1870m 三角点
5.03 2350m 太郎平
6.36 1912m 薬師沢小屋
8.37 2243m 高天原峠
9.10 2123m 高天原山荘
11.33 2986m 温泉沢の頭
12.56 2864m 赤牛岳
14.28 2986m 温泉沢の頭
15.15 2986m 水晶岳
16.03 2733m 岩苔乗越
16.37 2825m 祖父岳
17.27 2542m 雲ノ平
18.53 1912m 薬師沢小屋 
20.45 2300m 太郎平小屋
22.03 1870m 三角点
22.58 1350m 折立
23.30 390m 有峰林道ゲート着
0.59 0m 常願寺河口日本海

26時間半の戦いでした。 
コース状況/
危険箇所等
温泉沢は徒渉必須、雨天時は厳しそう

写真

深夜22時半、日本海をスタート
折立まで50km、標高差1350m
2021年09月11日 22:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜22時半、日本海をスタート
折立まで50km、標高差1350m
25
闇夜の常願寺川沿いをガンガン向かい風を裂いて行く。
2021年09月11日 23:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇夜の常願寺川沿いをガンガン向かい風を裂いて行く。
5
荷物は重いが心は軽い
2021年09月11日 23:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物は重いが心は軽い
13
コーエーはデカイサドルバックに荷物満載
2021年09月12日 00:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーエーはデカイサドルバックに荷物満載
11
何だかんだで3時間半かけて折立到着、すでにお腹いっぱい
2021年09月12日 02:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だかんだで3時間半かけて折立到着、すでにお腹いっぱい
11
満天の星がきれいだった
2021年09月12日 03:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満天の星がきれいだった
27
富山の夜景越しに海を挟んで能登の明かりが
2021年09月12日 04:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山の夜景越しに海を挟んで能登の明かりが
23
太郎小屋はまだ寝静まっていた
2021年09月12日 05:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎小屋はまだ寝静まっていた
8
薬師沢目指し、一部凍りかけた木道で大ゴケして腰を強打
2021年09月12日 05:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師沢目指し、一部凍りかけた木道で大ゴケして腰を強打
10
北ノ俣岳方面、紅葉は始まりかけてた
2021年09月12日 05:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳方面、紅葉は始まりかけてた
15
これからドンドン色づいていく
2021年09月12日 05:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからドンドン色づいていく
6
黒部川右岸沿いを下流に進む
2021年09月12日 06:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部川右岸沿いを下流に進む
6
アドベンチャーもあるよ
2021年09月12日 07:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アドベンチャーもあるよ
19
登山道じゃないんで意外と時間は掛かる
2021年09月12日 07:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道じゃないんで意外と時間は掛かる
13
はしごもあるし
2021年09月12日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はしごもあるし
12
黒部川を離れ高天原峠へ、この道も時間はかかる
2021年09月12日 07:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部川を離れ高天原峠へ、この道も時間はかかる
14
高天原峠 AからE 5つの沢を横断してようやく到着、中々ここまでもしんどい
2021年09月12日 08:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高天原峠 AからE 5つの沢を横断してようやく到着、中々ここまでもしんどい
17
高天原から見る水晶岳
2021年09月12日 09:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高天原から見る水晶岳
14
高天原から見る薬師岳
2021年09月12日 09:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高天原から見る薬師岳
18
露天風呂では登山者がまったり、羨ましい
2021年09月12日 09:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露天風呂では登山者がまったり、羨ましい
17
稜線目指して沢を登っていく
2021年09月12日 09:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線目指して沢を登っていく
10
途中で沢から尾根に取り付く
2021年09月12日 10:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で沢から尾根に取り付く
8
尾根は少し藪っぽい箇所も、概ね快適
2021年09月12日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は少し藪っぽい箇所も、概ね快適
8
温泉沢の頭へ
2021年09月12日 11:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉沢の頭へ
8
赤牛は左から二番目、遠い
2021年09月12日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛は左から二番目、遠い
19
尾根から見る薬師岳 Big!
2021年09月12日 11:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から見る薬師岳 Big!
18
稜線に出て赤牛目指す
2021年09月12日 12:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出て赤牛目指す
14
振り返ると水晶
2021年09月12日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると水晶
13
日本海から14時間かけて赤牛到着
2021年09月12日 13:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海から14時間かけて赤牛到着
41
山頂から望遠で日本海が見えた遠かった!
2021年09月12日 13:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から望遠で日本海が見えた遠かった!
12
黒部湖も見える
2021年09月12日 13:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖も見える
14
赤牛から水晶へ こっちも遠いな!
2021年09月12日 13:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛から水晶へ こっちも遠いな!
17
頭上でヘリが何度も旋回していてその後温泉沢頭付近でホバリングして遭難者をピックアップ、居合わせた人が言うには遭難者は滑落して頭部に重症をおったらしい、メットの重要性を再認識!
2021年09月12日 14:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上でヘリが何度も旋回していてその後温泉沢頭付近でホバリングして遭難者をピックアップ、居合わせた人が言うには遭難者は滑落して頭部に重症をおったらしい、メットの重要性を再認識!
20
赤牛も遠くになりにけり
2021年09月12日 14:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤牛も遠くになりにけり
14
水晶ピクッたでゴンス、眠くて自分は目が開かない、コマツのおじさん一睡もしてないのに目だけぱっちり
2021年09月12日 15:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶ピクッたでゴンス、眠くて自分は目が開かない、コマツのおじさん一睡もしてないのに目だけぱっちり
53
雲ノ平遠いなぁ〜 行かなくっちゃ
2021年09月12日 15:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ノ平遠いなぁ〜 行かなくっちゃ
14
水晶さらばじゃ
2021年09月12日 15:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶さらばじゃ
11
水晶小屋と野口五郎岳
2021年09月12日 15:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶小屋と野口五郎岳
22
ワリモ岳と鷲羽岳
2021年09月12日 16:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワリモ岳と鷲羽岳
16
祖父岳直下からの水晶岳
2021年09月12日 16:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖父岳直下からの水晶岳
15
夕暮れ迫る雲ノ平 後は時間との戦い
2021年09月12日 17:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ迫る雲ノ平 後は時間との戦い
14
庭園越しの水晶は雲ノ平の定番
2021年09月12日 17:24撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庭園越しの水晶は雲ノ平の定番
21
水晶も遠くになりにけり
2021年09月12日 17:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶も遠くになりにけり
10
黒部五郎にも夕暮れが迫る
2021年09月12日 17:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎にも夕暮れが迫る
14
槍の夕焼け このあと薬師沢小屋手前で暗闇となる 帰るしかない!
2021年09月12日 17:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の夕焼け このあと薬師沢小屋手前で暗闇となる 帰るしかない!
22
深夜0時半 26時間の戦いが終わった
2021年09月13日 01:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜0時半 26時間の戦いが終わった
40

感想/記録
by YSHR

昨年チャリオと海から水晶をやった。今年足を骨折したチャリオは未だにリハ中である。昨年の山行に触発されたコーエーは究極の海から登山をやりたいと言う。なら赤牛しかないだろう、更に水晶もピクって周回だな、そんな成り行きで今回決行となった。

自分もコーエーも土曜は夕方まで仕事で集合が21時半だからほとんど寝れないのは確実、厳しい戦いになるであろう。深夜22時半常願寺川河口の日本海をスタート、折立まで50km、標高差1350m漕ぐしかない、安定の夜の山風で今日も向かい風との戦い、チャリで足を使い切ると登山が辛いのでスローペースで足を温存して3時間半で無事日本海から折立に着いた。

いつものことだがチャリの後の登山は足が重い、足が軽くなるまでペースを抑えて登っていく。五光岩手前の登山道はかなり下まできれいに階段状に整備されていた。満天の星と富山の夜景を楽しみ太郎小屋に着いたがまだ寝静まっていた。太郎の先はコーエーは初めてだと言う。薬師沢まですでに紅葉が始まっていた。薬師沢小屋から黒部川を下って峠を超えて高天原に行くがこの道は歩きにくくてアップダウンも多くて難儀な道だ。

ようやく高天原峠に着いたかと思うとまた200m下って高天原へここは秘境で温泉も湧いている。入りたいのは山々だがそんな呑気なことを言ってられない、赤牛に行かなくっちゃ、温泉沢を何度も渡渉して進んでいく。分かりづらい箇所も、途中で沢から尾根に取り付き頭を目指す。実に2900mの標高がある。尾根はザレててズルズル、ただ眺めは抜群に良い。右に水晶、左に赤牛、後ろに薬師マンダムである。

頭から左に折れて赤牛を目指すがアップダウンの多い難儀な稜線だ。日本海を出て14時間で無事到着、ただ今日はこれから水晶もピクらなければならない、写真を撮ったらGO、頭の手前でヘリが旋回してホバリングを始めた。救助者が吊り下げられヘリは消えていく。居合わせた人が言うには岩場で滑落した登山者が頭部に大怪我をしたらしい、メットの重要性を再認識した。この山行でもメットをしている登山者はほぼ皆無、自分は怖くてメットは外せない。

赤牛から水晶も長かった。水晶着は15時、薬師沢まで日が持ってくれと願ったが甘くはなく雲ノ平の下降でライトが必要となった。ライトは常時2つあるが一つが登りで壊れてハラハラであった。ライトなしでは帰れない。雲ノ平の下りは滑りまくりのコケコケ岩の連続で難儀して登るより遅いペースだった。

暗闇の中薬師沢小屋、太郎小屋をスルーして折立着は23時、かみさんには帰宅は深夜2時過ぎとラインした。折立からは最後の日本海チャリ、安定の山風に乗り常願寺川沿いを爆走した。深夜1時に無事日本海にたどり着き26時間の最長登山記録を更新した。やればできる、やるしかない!

感想/記録

昨年、先生が海から水晶岳を達成された時に僕もやってみたいと思った。今度やるなら赤牛だという話になったが、先生は次はないなと言われていた。一人で挑戦しようと思い、計画を立ててはいたものの、八月は雨などでなかなか実行できなかった。ルートは太郎平小屋から先は行ったことがなかったので特に大東新道、温泉沢あたりは一度偵察で歩いてみたいと思っていたが天候でそれも出来なかった。やっとチャンスが巡って休日に一日中天気を気にせずに行動できる日が来たので実行することにした。直前で先生も同行していただけるということになったので心強かった。

釣り人で賑わう常願寺川河口を22時30分に出発する。始めは先生に引っ張ってもらい体力を温存、後半僕が先頭になりヒルクライム。折立には2時過ぎに到着し登山の支度をする。いつもならばガンガン漕いでいるが今回は登山もかなり長丁場になるので全体的に温存ペースだった。

2時30分、登山スタート。太郎平小屋までは何度か夜中ハイクをしているので問題なく進む。太郎平小屋から先は僕は初めてなのでワクワクする。その頃には明るくなっていて秋の気配を感じながら歩いた。薬師沢小屋から先は沢沿いを歩くのでちょっとアドベンチャー感があり楽しかった。高天原温泉では温泉につかっている方が羨ましく見えたが僕らは先を進む。

温泉沢からは破線るーとなので特に温泉沢が分かりにくかった。一人だったらかなり右往左往したかもしれないが、先生は経験が豊富なのでズンズン進んで沢を離れ尾根に取りついた。この尾根もなかなか急で最後のザレ場は崩れやすく慎重に歩く。ここまで樹林帯が多く景色はなかったが森林限界を越えると迫力のある景色が広がりテンションは上がる。赤牛岳は遥か遠くに聳えていた。

天気は高曇りなので稜線に近づくと風が強く、防寒して先を進む。アップダウンはあるがさっきまでの急登の後なのでヴィクトリーロードだった。日本海を出発してから14時間でついに赤牛岳にたどり着いた。感傷に浸る間もなく山頂を後にする。今回は水晶岳も周回するので時間も気にしなければいけない。しかし赤牛岳から見る景色は北アルプスのど真ん中という感じで感動的だった。

水晶岳までも長い道のりだった。小屋から先は登山者もいなくなり静かな山歩きを楽しんだ。祖父岳を登ったら最後の太郎小屋までしばらく下るのみ。雲の平の景色は夕方ということもありとても雰囲気の良い空間だった。暗くなるまで景色を存分に楽しみながら先を急いだ。薬師沢小屋までの下降時で暗くなってきた。木道が終わるところでヘッデンを準備し、急下りにあるところでヘッデンを灯した。

ゴロゴロ岩がまた苔むしていて滑りやすい。明るくてもペースは上がらないだろうけど暗闇なのでさらに慎重に歩いた。ここで怪我したら元も子もないのでとにかく時間がかかってもいいから怪我せずに下山することだけ考えた。無事薬師沢小屋を通過し、ここからは行きも通っているところなので大丈夫だろう。しかし少し安心すると急に眠気が襲ってくる。ここから先は気力だけで歩いているようなものだった。

太郎小屋で奥さんにラインして最後の下り。眠気はMaxだったけどなんとか無事折立に着いた。ここまで来ればもうあとは自転車で海に行くだけ。ダウンヒルに備えカッパを着こんでここも慎重にダウンヒル。一般道に出てしばらく進むと暑くなってきたのでカッパを脱いで最後の巡航。海に近づくにつれ眠気はとれてきた。

1時前に無事帰還。釣り人はいなくて先生と二人で粛々と写真を撮り海から赤牛岳は無事に達成することが出来た。正直な感想は二度目はないということだけど、誰か行きたいと思う人がいればまた完全燃焼するかもしれない。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:4677人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/2/25
投稿数: 21
2021/9/13 22:20
コーエーさんとの水曜友の会をいつも楽しみに拝見しております。
コーエーさんとのコラボが久しぶりに晴天だと思えば、まさかの常願寺川河口からの赤牛〜水晶〜雲ノ平周回とは壮絶過ぎます!
しかも、ヤマレコのアップが早いのにも驚きです!
登録日: 2015/1/19
投稿数: 74
2021/9/14 5:28
ありえない山旅です。すごすぎでやばいです
本当に強い人ってこういうことができる人なんですね。尊敬です。
チャリの後の登山がどれだけきついか経験ありますし、海から剱でもヘロヘロだったので、普通の人よりより、過酷さがわかります(つもりです)
いやーすごい。パクミンさんの冬の赤牛もびっくりしましたが
赤牛でもすごいのに水晶までいって日帰り…
言葉を失います。
一泊でも真似できません
お疲れ様でした
登録日: 2015/1/19
投稿数: 74
2021/9/14 5:28
ありえない山旅です。すごすぎでやばいです
本当に強い人ってこういうことができる人なんですね。尊敬です。
チャリの後の登山がどれだけきついか経験ありますし、海から剱でもヘロヘロだったので、普通の人よりより、過酷さがわかります(つもりです)
いやーすごい。パクミンさんの冬の赤牛もびっくりしましたが
赤牛でもすごいのに水晶までいって日帰り…
言葉を失います。
一泊でも真似できません
お疲れ様でした
登録日: 2013/5/30
投稿数: 178
2021/9/14 6:24
レス有難うございます。最近水曜は雨続きでコーエーと二人悶々してましたがようやく日曜晴れたので日曜友の会で完全燃焼しました。1日で3日分楽しめて大満足です。レコも早くアップしてなんぼ、鉄は熱いうちに打て、できる男は仕事も早い、なんてコーエーにもアドバイスしています。
登録日: 2013/5/30
投稿数: 178
2021/9/14 6:28
レス有難うございます。パクが厳冬期赤牛ワンディしましたからね。若いパクには勝てないけど悔しいから海から周回という馬鹿馬鹿しい山行を考えました。終わってみて正直まだ余裕はありました。最後海まで自転車で爆走できました。24時間くらいなら連続して戦えることが分かったのでまた何か馬鹿馬鹿しい企画を考えてみます。
登録日: 2015/9/16
投稿数: 1
2021/9/20 18:45
良い子は真似をしないように。
登録日: 2019/2/25
投稿数: 21
2021/9/21 21:34
いやいや、真似をする若者どんどん出て来て欲しいですね!
登録日: 2014/6/18
投稿数: 1
2021/10/1 15:33
いつも驚愕をもってレポートを拝見しておりますが、
これまでにも増して、今回はあまりにもド肝を抜かれました。
とても同じ人間の所業とは思えないですね。
同じ山を愛する者ではありますが、レベルがあまりにも違い真似をする気にもならず、残念ながら私の山行に取り入れるべき参考点など皆無でございます。
ただただ驚嘆しております。
これからも楽しませて下さい。
しかし、これはすごすぎる!!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ